ドイツ
旅行・ツアー

ドイツ旅行の予約ならJTBのドイツツアー!ドイツ観光は、人気都市のフランクフルト、ベルリン、ミュンヘンをはじめ、ロマンティック街道のハイライト・ノイシュバンシュタイン城、オクトーバーフェストやクリスマスマーケットなど季節イベントの楽しみもあり見所満載。スイスやフランスを巡る周遊ツアーから新婚旅行も安心の添乗員付きツアーまで旅のスタイルに合わせたドイツ旅行がきっと見つかる!

ノイシュバンシュタイン城
ノイシュバンシュタイン城

ルックJTBで行く
ドイツ旅行・ツアー

特典・サポート付き

  • 北海道発
  • 東北発
  • 東京発
  • 中部発
  • 関西発
  • 九州発

ドイツおすすめ
海外添乗員同行ツアー

添乗員付きだから初めての旅行先でも安心

ドイツおすすめツアー

旅の目的に合わせて自分好みにアレンジ

  • 選べる
    フライトパターン
  • 選べる
    ホテル
  • 選べる現地プラン
    便利な送迎サービス
  • ルックJTB安心パックで
    出発前からサポート充実!

詳しく見る

ルックJTBならではの特典・サービス

ドイツ旅行・ツアーをもっと快適に

ご挨拶コール
海外添乗員同行ツアーご挨拶コール
出発前に 同行する添乗員よりご挨拶を兼ねて、契約の代表者の方にお電話をいたします。旅の不安をすっきり解消してご出発の日をお迎えいただけます。
往復の国際線では並び席をご用意
海外添乗員同行ツアー往復の国際線では並び席をご用意
同行されるご家族、ご友人と近くの座席に座りたいものです。往復の国際線で「ルックJTBの並び席※」をご用意します。
※お2人なら通路を挟まない横並び、3名以上であれば縦並び、通路を挟んだ横並びを含みます。
スマートフォンアプリ「Trip Loop」
海外添乗員同行ツアースマートフォンアプリ「Trip Loop」
スマートフォンに「Trip Loop(トリップループ)」アプリをインストールいただくと、旅行中に添乗員とチャットや緊急電話ができたり、観光地の日本語オーディオガイドを聞くことのできる便利なサービスがご利用いただけます。

ルックJTB安心パック

ドイツ旅行・ツアーの問題や心配事をサポート

困ったときでも安心サポート
例えば新型コロナ罹患の際はクリニックの紹介などお客様の状況に応じてサポート。困った時には現地JTBへご相談ください。
ルックJTB RAKUなびサポート
日本ご出発前から、最新情報や現地情報について現地スタッフと直接ご相談いただけます。

ドイツの過ごし方
モデルプラン

JTB担当者が提案する

JTBで行くおすすめ
海外航空券・海外ホテル

  • 北海道発
  • 東北発
  • 東京発
  • 中部発
  • 関西発
  • 九州発

海外ホテル

コートヤード・バイ・マリオット・ミュンヘン・シティ・センター

Aグレード

  • ミュンヘン

コートヤード・バイ・マリオット・ミュンヘン・シティ・センター

ミュンヘンの中心部に位置する。客室はモダンで設備も整っている。

メルキュール ミュンヘン シティ センター

Bグレード

  • ミュンヘン

メルキュール ミュンヘン シティ センター

ミュンヘン中央駅から徒歩5分。客室はバイエルン様式のスタイリッシュな内装で、レストランではバイエルン料理も楽しめる。歩行者天国の入り口のカールス門へも徒歩圏内。

ヒルトン ガーデン イン フランクフルト シティ センター

Aグレード

  • フランクフルト

ヒルトン ガーデン イン フランクフルト シティ センター

フランクフルト中央駅から徒歩7分。周辺には、シュテーデル美術館、ドイツ映画博物館、ゲーテハウスなどの人気観光スポットがある。庭園、フィットネスセンター、バー、共用ラウンジ、レストランも併設。

ドイツの観光情報

フランクフルト

ドイツきっての商業の街で、ドイツだけでなくヨーロッパの金融・経済の中心地でもあります。年間に数多くの見本市が開催されることでも知られ、音楽や書籍の見本市では世界でも随一の規模を誇っています。文豪ゲーテの生家もあり、18世紀の雰囲気がそのまま残されています。

アクセス
日本から直行便で約12時間。

マインツ

古代ローマ人が築いた都市で、ドイツに初めてワインがもたらされた場所。着工は975年、実に1000年以上もの間この地の変遷を見守ってきたマインツ大聖堂はロマネスク様式の建築物としてよく知られています。活版印刷の発明者グーテンベルクの出身地で、彼の博物館もあります。

アクセス
フランクフルトから近郊電車で約40分。

リューデスハイム

中世よりワイン醸造の街として知られ、15世紀の小道を再現したつぐみ横丁にはワインを気軽に楽しめる居酒屋が密集しています。ワイン博物館で世界最古のブドウ栽培について学習してみましょう。ハイネの詩にも詠われる伝説の地、ローレライへの観光拠点としても便利です。

アクセス
フランクフルトから列車で約1時間10分。

ライン川

スイスからドイツ、フランスなどを経由して北海へと注ぎ込む川。ライン渓谷中流上部は世界遺産に認定されており、風光明媚な景色に古城が顔を出す様子はおとぎ話の中に迷い込んだよう。川幅が最も狭くなる場所に突出した岩、ローレライはハイネの詩にも詠われた伝説の場所です。

アクセス
ドイツ国内各都市からアクセス可能だが、人気区間のリューデスハイム~ザンクト・ゴアール観光なら、拠点となるリューデスハイムまでフランクフルトから列車で約1時間10分。フランクフルト発オプショナルツアーの利用も便利。

ケルン

その起源はローマ帝国にまでさかのぼる古都。建築に600年以上を費やしたというゴシック建築の最高峰、ケルン大聖堂は世界遺産に認定されています。ローマとゲルマン文化の融合を確認できるローマ・ゲルマン博物館は必見。この街の歴史の深さが伝わってくるでしょう。

アクセス
フランクフルトから列車で約1時間。

ハイデルベルク

ドイツ最古にして名門ハイデルベルク大学のある大学の街。かつての”反省室”学生牢などが今に残されているほか、学生酒場もいつもにぎわっています。古くから栄えた古都でもあり、ハイデルベルク城は半分が朽ちていながらもその美しさを一目見ようと訪れる人が絶えません。

アクセス
フランクフルトから列車で約50分。フランクフルト発のオプショナルツアーを組み合わせて訪れることもできる。

ニュルンベルク

12世紀中ごろに建設された城塞が圧倒的な存在感を誇る、中世の街。芸術の都、職人の街とさまざまな顔を持ち、特に画家アルブレヒト・デューラーの家やおもちゃ博物館が人気の観光名所です。また、クリスマスマーケットでもさまざまなおもちゃや工芸品に出合えるでしょう。

アクセス
フランクフルトから列車で約2時間。フランクフルトまたはミュンヘン発のオプショナルツアーを利用して、クリスマスマーケットなどを訪ねることもできる。

ロマンティック街道

ヴェルツブルク~フッセンを結ぶ全長366㎞の観光街道ルート。アウクスブルク、ディンケルスビュール、ローテンブルク、ビュルツブルクといった中世の街並みが残る町々をめぐり、大変人気があります。ワイン、城、城塞や隕石の街など見どころは盛りだくさんです。

アクセス
ロマンティック街道北部を目指すならフランクフルトから、南部にはミュンヘンからのアクセスが便利。小さな町を巡るには、観光つきツアーやツアーバス、ミュンヘン発のオプショナルツアーの利用が便利。

ヴュルツブルク

フランケン地方のワイン生産中心地として、古くから知られています。かつては薬効を求めて修道院で作られたというワイン。ぴりりとドライな白ワインは特産品として世界的な人気を誇ります。世界最大のフレスコ天井画のある宮殿レジデンツは世界遺産にも認定されています。

アクセス
フランクフルトから列車で約1時間10分、ミュンヘンからは約2時間半。

ローテンブルク

ロマンティック街道のハイライトともいうべき、中世の街並みが美しく残されている街。入り組んだ小道に沿って建てられた家々、貴族の館に公園など、ドイツらしい雰囲気が人気です。珍しい指ぬき博物館を見学したり、郊外へ出てピクニックをしたりとのんびり過ごすのがおすすめ。

アクセス
フランクフルトから列車でビュルツブルクまで約1時間10分、乗り換えて約1時間10分。ミュンヘン発のオプショナルツアーの利用も便利。

ミュンヘン

ドイツビールといえばミュンヘン! ビール醸造の街で、近年日本でも人気のビールの祭典、オクトーバーフェストの本家本拠地です。特別に醸造されたビールをいただきましょう。ビールのお伴、ドイツの主食として活躍のジャガイモ博物館なんていうおもしろい見学施設もあります。

アクセス
日本から直行便で約12時間。

ヴィース教会(シュタインガーデン)

フュッセン近く、シュタインガーデンにある教会で、ロココ様式の建築美と天井画はヨーロッパ随一とされています。18世紀、この地の農婦がキリスト像が涙を流したという目撃情報により礼拝所が建てられ、巡礼地となったことがこの教会の始まりです。世界遺産にも認定されています。

アクセス
ミュンヘンから列車で約2時間。

ノイシュバンシュタイン城

ロマンティック街道の終点、フッセン近くにあります。1869年、ワーグナーに心酔しその歌劇に登場する城を建設したいと、バイエルン王ルートヴィヒ2世が建立しました。美しさや物語世界を追及しているだけあって、ディズニーランドのお城のモデルになったともいわれています。

アクセス
ミュンヘンから列車で約2時間。ミュンヘン発のオプショナルツアーを組み合わせて訪れることもできる。

ホーエンシュバンガウ城

森に囲まれ湖を一望する、まさにヨーロッパの城といった風情。建設は12世紀ですが、19世紀にマクシミリアン2世によって改築されました。オペラ『ローエングリン』の題材とされた白鳥伝説が残る地でもあり、ここで育ったルートヴィヒ2世にも多大な影響を与えたといわれています。

アクセス
ミュンヘンから列車で約2時間。

ベルリン

ドイツの首都で、国際色豊かなコスモポリス。冷戦時代には東西に分断されてしまったことでも知られ、ベルリンの壁崩壊後は博物館が設置され当時の様子を知ることができます。公園や美術館、博物館も多く、施設が集中しているムゼウムスインゼルは世界遺産にも認定されています。

アクセス
日本からの直行便はないので、フランクフルトなどの都市で乗り継ぎ。

ドレスデン

優雅にたゆたうエルベ川のほとりにたたずむ旧市街は、かつてザクセン王国の都として栄えた古都。その栄華の名残はドレスデン城に見ることができます。ヨーロッパ随一の名窯マイセンのタイル2万5000枚に描かれた壁画や王宮内にある世界最大の宝物館「緑の円天井」は必見です。

アクセス
フランクフルトから空路で約1時間、ベルリンから列車で約2時間20分。ベルリンやチェコのプラハからのオプショナルツアーで訪れることもできる。

ポツダム

優美なロココ様式のサンスーシ宮殿、バロック様式の新宮殿など時の技術の粋を集めて建設された宮殿が数多く残り、その文化的景観が世界遺産となっています。荘厳な凱旋門や非常に保存状態のいいバロック広場といわれるノイアー・マルクト広場など、文化散歩を楽しみましょう。

アクセス
ベルリンから列車で約25分。ベルリン発のオプショナルツアーを組み合わせて訪れることもできる。

リューベック

ハンザ同盟の中心都市として栄えた都市で、かつての栄華を今に伝えるように美しいゴシック建築の建造物が数多く残されており、旧市街は世界遺産にも認定されています。19世紀から20世紀にかけて活躍した小説家でノーベル文学賞を受賞したトーマス・マンの生まれ故郷でもあります。

アクセス
ハンブルクから列車で約1時間。

ブレーメン

ブレーメン、と聞くとグリム童話『ブレーメンの音楽隊』。街かどにはロバの背に犬、猫、にわとりが乗った像がたたずんでいます。ほかに、世界遺産にも認定されている典型的なルネッサンス様式の市庁舎、かわいらしい木組みの家が立ち並ぶシュノア地区などが見どころです。

アクセス
フランクフルトから列車でケルンまで約1時間、乗り継いでブレーメンまで約3時間。

ドイツの基本情報

正式名称

ドイツ連邦共和国
Federal Republic of Germany

首都

ベルリン(BERLIN)

言語

ドイツ語

時差

日本との時差は-8時間。ドイツの方が遅れている。
サマータイム期間(2023/3/26~2023/10/29)は-7時間。[2023年情報]

水事情

水道水は飲めるが、石灰分が多い硬水のため、ミネラルウォーターの方が望ましい。

電圧・周波数

230V

通貨

ユーロ

チップ

ホテル:ポーター、ルームメイドに1ユーロ程度 レストラン:端数を切り上げる程度(場合により10%程度) タクシー:料金の10%程度 その他:トイレ:0.5ユーロ

宗教

キリスト教(プロテスタント、カトリック)

気候

温帯

観光査証および渡航認証

180日間で90日以内の観光は査証不要。

残存有効期間

シェンゲン協定加盟国出国時3ヵ月以上必要。

ドイツ旅行のよくある質問

ドイツ旅行に必要な日数はどのくらいですか?

ドイツ旅行は6~8日間程度の日程が人気です。ドイツ観光は、人気都市のフランクフルト、ベルリン、ミュンヘンをはじめ、ロマンティック街道のハイライト・ノイシュバンシュタイン城、オクトーバーフェストやクリスマスマーケットなど季節イベントの楽しみもあり見所満載。

ドイツ旅行のベストシーズンはいつですか?

6月~9月。日本ほどはっきりしていませんが、四季を楽しむことができます。湿度が低いため、夏でもあまり暑くならず快適に過ごせます。冬はかなり寒さが厳しくなりますが、12月はクリスマスマーケットで賑わいます。

ドイツ旅行をお得に予約できる方法はありますか?

海外旅行のネット予約で使えるお得なクーポンが配布されている場合がございます。期間限定や先着順など臨時更新されていますので、ご予約前にクーポンページをご確認いただくことをおすすめいたします。詳細はこちら

ドイツ旅行の予約について相談はできますか?

リモートコンシェルジュお近くのお店で旅のプロに相談しながら、じっくり旅行をご検討いただけます。ご希望に叶う旅行をご提案いたします!

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE