トルコ
旅行・ツアー

トルコ旅行ならJTBのトルコツアー!トルコ観光は、ブルーモスクやアヤ・ソフィアが見どころのイスタンブール、洞窟ホテルや熱気球体験もしたいカッパドキア、トロイ・エフェソスなどの古代遺跡など見所満載。JTBなら価格重視ツアーから添乗員同行ツアーまで旅のスタイルに合わせたトルコ旅行がきっと見つかる!

ギョレメ国立公園
ギョレメ国立公園

ルックJTBで行く
トルコ旅行・ツアー

特典・サポート付き

  • 北海道発
  • 東北発
  • 東京発
  • 中部発
  • 関西発
  • 九州発

トルコおすすめ
海外添乗員同行ツアー

添乗員付きだから初めての旅行先でも安心

  • 出発前・旅行中の不安は最小限に!
    経験豊かな添乗員がご案内します
  • ルックJTBならではのこだわり観光をご用意!
    バスで快適に、複数の観光地・国をめぐります
  • ルックJTB安心パックで
    出発前からサポート充実!

トルコおすすめツアー

旅の目的に合わせて自分好みにアレンジ

  • 選べる
    フライトパターン
  • 選べる
    ホテル
  • 選べる現地プラン
    便利な送迎サービス
  • ルックJTB安心パックで
    出発前からサポート充実!

詳しく見る

ルックJTBならではの特典・サービス

トルコ旅行・ツアーをもっと快適に

ご挨拶コール
海外添乗員同行ツアーご挨拶コール
出発前に 同行する添乗員よりご挨拶を兼ねて、契約の代表者の方にお電話をいたします。旅の不安をすっきり解消してご出発の日をお迎えいただけます。
往復の国際線では並び席をご用意
海外添乗員同行ツアー往復の国際線では並び席をご用意
同行されるご家族、ご友人と近くの座席に座りたいものです。往復の国際線で「ルックJTBの並び席※」をご用意します。
※お2人なら通路を挟まない横並び、3名以上であれば縦並び、通路を挟んだ横並びを含みます。
スマートフォンアプリ「Trip Loop」
海外添乗員同行ツアースマートフォンアプリ「Trip Loop」
スマートフォンに「Trip Loop(トリップループ)」アプリをインストールいただくと、旅行中に添乗員とチャットや緊急電話ができたり、観光地の日本語オーディオガイドを聞くことのできる便利なサービスがご利用いただけます。

ルックJTB安心パック

トルコ旅行・ツアーの問題や心配事をサポート

困ったときでも安心サポート
例えば新型コロナ罹患の際はクリニックの紹介などお客様の状況に応じてサポート。困った時には現地JTBへご相談ください。
ルックJTB RAKUなびサポート
日本ご出発前から、最新情報や現地情報について現地スタッフと直接ご相談いただけます。

トルコの過ごし方
モデルプラン

JTB担当者が提案する

JTBで行くおすすめ
海外航空券・海外ホテル

  • 北海道発
  • 東北発
  • 東京発
  • 中部発
  • 関西発
  • 九州発

海外ホテル

ノヴァ プラザ クリスタル ホテル & スパ

Bグレード

  • イスタンブール

ノヴァ プラザ クリスタル ホテル & スパ

新市街、タクシム広場から約500Mと絶好の立地。レストラン、バー、ビジネスセンター、ハマム、サウナあり。

ディレク カヤ ホテル

Bグレード

  • カッパドキア

ディレク カヤ ホテル

美しい眺望を楽しむことができるホテル。オープンビュッフェのレストランがある。公共スペースにてWi-Fi利用可能。

トルコの観光情報

イスタンブール

アジアとヨーロッパの架け橋の都市で、トルコきっての大都市。アヤ・ソフィア大聖堂、ブルーモスク、トプカプ宮殿、地下宮殿など見どころ満載の旧市街は世界遺産に認定されています。グランド・バザールでは地元の人々と触れ合うこともできます。ボスポラス海峡クルーズも人気です。

アクセス
日本からイスタンブールまで直行便で約13時間

トロイ遺跡(イリオス)

ギリシャ神話に登場する古代都市イリオスは、かつては架空の都市と思われていましたが、シュリーマンの情熱によって発掘され、実在したことが証明されました。物語に出てくるトロイの木馬の複製が遺跡の入り口にそびえたち、観光客を出迎えます。世界遺産にも認定されています。

アクセス
イスタンブールから車で約7時間

イズミール

エーゲ海に面した町で、しばしば「エーゲ海の真珠」と称される風光明媚なリゾート地。その歴史は古く、紀元前1000年ごろにまでさかのぼることができます。偉大な吟遊詩人ホメロスも暮らしていたといわれ、歴史上、また貿易・交通上重要な都市でもありました。

アクセス
イスタンブールで国内線に乗り継いで約1時間

エフェソス

イズミール近くの古代都市で、多くの遺跡が遺されている世界遺産です。紀元前3世紀の大劇場、かつて世界三大図書館のひとつに数えられたセルシウス図書館、2世紀のローマ皇帝ハドリアヌス神殿など、大型の建物の保存状態が比較的良好で、当時の暮らしを想像し、歴史ロマンに浸ることができます。

アクセス
イスタンブールで国内線に乗り継いでイズミールへ、そこから車で約2時間

パムッカレ

一面を真っ白に覆う石灰棚の温泉地で、棚田に湯がたまり天然のお風呂のようになっています。現在は自然保護のため浸かることはできませんが、足湯などが楽しめます。また、2世紀のローマ帝国の都市ヒエラポリスの遺構もあり、合わせて世界遺産に登録されています。

アクセス
イスタンブールで国内線に乗り継いでデニズリまで約1時間15分、そこから車で移動

アンタルヤ

地中海リゾートとして主にヨーロッパ人に人気があります。付近にはクサントス-レトーンと呼ばれる古代都市遺跡があり、世界遺産に登録。紀元前1250年ごろの古代リュキアの街並みが遺されており、太陽神アポロンや月の女神アルテミスの神殿も見ることができます。

アクセス
イスタンブールで国際線に乗り継ぎ約1時間15分

コンヤ

ジャラール・ウッディーン・ルーミーによって13世紀に開かれたメヴレヴィー教団の総本山で、現在は博物館となっているメブラーナ霊廟もあります。スカートをはいた男性がくるくると回転する独特な祈りのスタイルはイスラム教の神秘主義哲学のひとつで、スーフィズムといいます。

アクセス
イスタンブールで国内線に乗り継ぎ、空路約1時間25分。イスタンブールからバス利用の場合、所要約9時間。

カッパドキア

地面からにょきにょき生えたかのような奇岩群が広がるギョレメ国立公園。岩窟群は内部が教会や住居となっており、不思議な景観が広がります。教会が集中する野外博物館まで徒歩で行くなら、洞窟ホテルに宿泊するのがおすすめ。気球も人気のアトラクションです。

アクセス
イスタンブールで国内線に乗り継ぎカイセリまで約1時間25分、そこから車で移動

アンカラ

トルコの首都で、同国第2の都市です。建国の父でイスタンブールの空港の名前にもなっているムスタファ・ケマル・アタテュルクの墓「アタテュルク廟」は現在博物館にもなっており、初代大統領ゆかりの品が収められています。また、古代文明が学べるアナトリア文明博物館もあります。

アクセス
イスタンブールで国内線に乗り継ぎ約1時間

アヤソフィア・ジャーミイ

ビザンチン帝国の最盛期を統治した皇帝ユスティニアヌス1世の命により、537年に完成したキリスト教の大聖堂。震災や略奪、モスクへの改築など、その波乱に満ちた歴史はイスタンブールの変遷をそのまま物語っている。

アクセス
トラムヴァイT1番線スルタンアフメット駅から徒歩2分

スルタンアフメット・ジャーミイ(ブルー・モスク)

オスマン朝14代スルタン、アフメット1世の命により1609年に着工し、1616年に完成した巨大モスク。正式名はスルタンアフメット・ジャーミイだが、内部を飾るイズニック産タイルの素晴らしさから「ブルー・モスク」の名で知られている。設計は天才建築家スィナンの直弟子メフメット・アー。大小のドームが連なる重厚な本堂と、6本のミナレットが美しいシルエットを見せる。

アクセス
トラムヴァイT1番線スルタンアフメット駅から徒歩2分

トプカプ宮殿

様々な建物が迷路のようにつながった、かつてのオスマン帝国の中心。ボスフォラス海峡とマルマラ海、金角湾に囲まれた丘にある。樹木の茂げる庭園、調理場、ハーレムの女たちの部屋、スルタンたちの部屋などが散在し、当時の贅を極めた生活が垣間見える。

アクセス
トラムヴァイT1番線スルタンアフメット駅から徒歩5分

ボスフォラス海峡

イスタンブールを東西に隔てるボスフォラス海峡。マルマラ海から黒海までのび、古来より交通・運搬の手段に使われた。全長35kmで、幅は狭いところで660mほど。海峡には一番新しい第3大橋を含め、3つの橋が架かっている。ヨーロッパとアジアとを二分する歴史深い海峡を、ぜひクルーズで堪能してみたい。

アクセス
両サイドに多くの桟橋あり

トルコの基本情報

正式名称

トルコ共和国(Republic of Turkey)

首都

アンカラ (ANKARA)

言語

トルコ語

時差

日本との時差は-6時間。トルコの方が遅れている。サマータイムはない。

水事情

不可。ミネラルウォーターが望ましい。

通貨

トルコリラ

チップ


ホテル:ポーター、ルームメイドにTRY5程度 レストラン:サービス料が含まれていない場合は料金の10~15% タクシー:メーターから端数を切り上げてチップとする その他:特になし

電圧・周波数

220V・50Hz

観光査証および渡航認証

不要(180日間で90日以内の観光は査証不要。)

残存有効期間

入国時150日以上必要。

トルコ旅行のよくある質問

トルコ旅行に必要な日数はどのくらいですか?

トルコ旅行は6~8日間程度の日程が人気です。
ブルーモスクやアヤ・ソフィアが見どころのイスタンブール、洞窟ホテルや熱気球体験もしたいカッパドキア、トロイ・エフェソスなどの古代遺跡など各都市ごとに魅力的な観光地が多々ありますので、最低でも6日程度あるとそれぞれの都市を楽しむことが出来ます。 巡る都市の数によっては、もう少し日数を増やすこともお勧めします。

トルコ旅行のベストシーズンはいつですか?

4月~11月
夏は暑いが、湿度は低い。冬は摂氏-10度位まで下がる。4月と10月以外は雨はあまり降らない。人気シーズンは4~11月で一般観光に適している。

トルコ旅行をお得に予約できる方法はありますか?

海外旅行のネット予約で使えるお得なクーポンが配布されている場合がございます。期間限定や先着順など臨時更新されていますので、ご予約前にクーポンページをご確認いただくことをおすすめいたします。詳細はこちら

トルコ旅行の予約について相談はできますか?

リモートコンシェルジュお近くのお店で旅のプロに相談しながら、じっくり旅行をご検討いただけます。ご希望に叶う旅行をご提案いたします!

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE