10月の国内旅行特集 | おすすめツアー・三連休に泊まれる宿

10月3連休に泊まれる宿
国内旅行特集

出発地

  • 北海道発
  • 東北発
  • 首都圏発
  • 中部発
  • 北陸発
  • 関西発
  • 中国四国発
  • 九州発

検索から探す

エリアランキング TOP3

  • 富山・長野
    立山黒部アルペンルート
    電気バスやトロリーバス、ケーブルカー、ロープウェイなど様々な乗り物で、移動しながら大自然を満喫できる「立山黒部アルペンルート」。標高2,300m以上の高地にある室堂や大観峰が例年9月に入ると色づき始め、10月には弥陀ヶ原、黒部平と順にアルペンルート全体が色づき、紅葉の見ごろを迎えます。1日で通り抜けることもできますが、せっかくならアルペンルート内のホテルに宿泊して、ゆっくりと各所で景色を堪能するというのもおすすめです。宇奈月温泉まで足を伸ばせば、黒部峡谷の紅葉もトロッコ列車に乗りながら楽しむことができます。
  • 長野
    上高地
    新緑の美しい初夏や、花々が咲く夏シーズンはもちろん、紅葉シーズンも毎年多くの人で賑わいます。「上高地」のバス停からほど近い大正池~河童橋まではスニーカーでも散策が可能で、気軽に美しい紅葉を楽しむことができます。梓川に沿ってウォーキングコースがあり、大正池や田代池の湖面に映りこむ色鮮やかな紅葉や、焼岳の景色などを満喫できます。例年9月下旬頃から穂高連峰や周りの山々が色づき始め、河童橋を中心とした梓川沿いは10月中旬~下旬にかけてカラマツが黄金色に染まり、見ごろとなります。10月下旬には初冠雪となる年もあり、雪の白、紅葉の黄金色、針葉樹の緑のコントラストを楽しむことができます。
  • 宮城
    鳴子峡
    JR鳴子温泉駅から車でおよそ10分のところにある鳴子峡は、宮城県の名勝に指定されている峡谷で、紅葉の名所としても大変有名です。深さ約100mの断崖絶壁が2.5kmほど続く峡谷は、例年10月に入って色づき始め、10月中旬から11月上旬に見ごろを迎えます。また、例年紅葉の時期には、鳴子温泉駅~鳴子峡~中山平温泉駅まで臨時バス「紅葉号」が運行されます。大深沢遊歩道の起点となる鳴子峡レストハウスの見晴台からの眺めは絶景で、大深沢橋とV字の峡谷に広がる景色は圧巻です。大深沢遊歩道は一周約2.2km(徒歩約50分)あり、ゆっくりと散策することができます。紅葉を満喫した後は、鳴子温泉郷でのんびりと旅の疲れを癒すのもおすすめです。

テーマから探す

一緒に行く人から探す

価格重視のプランから探す

連休・人気の日程の空室を探す!