シンガポールの観光情報

シンガポールの特集

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    奇抜な建築物が立ち並び、常に“何かが起こり”、変化する街シンガポール。そんな奇抜なアイデアで知られたシンガポールですが、熱帯雨林の自然に親しむチャンスがあることもこの国のステキなところ。地図を開くと真ん中あたりに広がる緑色の地域があります。それがブキ・ティマ自然保護区です。最新アトラクションに目を奪われがちですが、今度...

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    爆音がシンガポールの街に響きわたる、毎年恒例となった「F1シンガポール・グランプリ」がいよいよ9月20~22日の3日間に渡って開催されます!夜開かれるナイトレースで、しかも、シンガポールらしい特徴的な夜景を背景に爆音を轟かせて疾走するカーレースは迫力満点、ただただ圧倒されるばかりだとか。世界各地からファンが押し寄せるの...

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールにはたくさんのテーマパークやアトラクションがあります。そんな中、イルカに触れ合うことで癒されたい!子供といっしょに思い出深い旅のひと時を過ごしたい!海洋生物が大好き!そんな人にぜひおすすめしたいのが、水のテーマパーク「アドベンチャーコーブ・ウォーターパーク」にあるドルフィンアイランド!イルカと直接触れ合った...


  • JTBシンガポール支店

    シンガポール観光中に語学学校で英語を学ぶ“プチ留学”を体験しませんか?観光やショッピング、エステ、グルメなど滞在中の過ごし方はさまざまですが、観光旅行にプラスαの体験を求める人にぴったりの留学気分で英語をブラッシュアップする、ワタシ磨きの旅をご提案します。


  • JTBシンガポール支店

    世界の空港ランキング(スカイトラックッス調査)で、7年連続で「世界ベスト空港」総合1位に選ばれたシンガポール・チャンギ国際空港。2019年4月には巨大複合商業施設「Jewel(ジュエル)」がオープンし、空港としての魅力がさらにアップしました。緑豊かな庭園と人工滝、遊び心満載のアトラクション、ショッピングにダイニング、ホ...

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    ユニークな形の建物が多く集まるマリーナベイ地区の夜景はピカイチ。ライトアップされた建物はもちろん、毎晩、マリーナベイ・サンズで行われる人気の光と水と音のシンフォニー【SPECTRA(スペクトラ)】は必見です。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    その治安の良さや英語圏であること、日本からも約6時間でアクセスできるなど、子供連れ家族での海外旅行先としても人気のあるシンガポール。ナイトサファリや水族館、ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイなど、ファミリー向けの見どころ満載ですが、今回はファミリーにお勧めしたいのが、職業体験テー...


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールには、テーマパークやアトラクション、動物園や植物園、庭園、水族館、そして各種テーマに沿った美術館や博物館、奇想天外な建造物など大人から子供まで遊べて、楽しめる施設がたくさんあります。数あるこれら施設の中から、巷で話題のイチオシの美術館と、セントーサ島の注目の体験型アトラクションをJTB現地スタッフがご紹介し...

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    「サロンケバヤ」をご存知ですか?シンガポール航空(SQ)のキャビンアテンダントが着用する制服というと思い浮かべる人も多いと思います。SQの女性客室乗務員が着用する、優雅なシルエットの、とても印象的な制服「サロンケバヤ」。シンガポールの伝統と文化を感じるデザインと色使い、そのスタイルは、シンガポール航空だけでなく、シンガ...

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールでゴルフしませんか? シンガポールでは、天気をそれほど気にすることなく、いつでもゴルフを楽しめます(ただし、暑さ対策は十分に!)。さらに、シンガポールは東京23区とほぼ同じぐらいの国土ということもあり、滞在先からゴルフ場までのアクセス時間が短く、1日でゴルフと市内観光を組み合わせることができるのもうれしいと...

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールの地元の人々に人気のローカルグルメを楽しむなら、迷わずホーカーへ。「安くて早い、しかも美味い!」という三拍子揃った優れもの。シンガポール人の胃袋を満たすホーカーは、観光客にとって強い味方。お財布にやさしいだけでなく、地元のソウルフードを食べる絶好のスポットでもあります。「シンガポールのホーカー探訪1」という...


  • JTB

    ※この記事は2018年11月現在の情報を元に加筆・修正を実施しました年中暑いシンガポールでは、カレンダーを見ても、公園や町を歩いていても、「あー、もう夏だ!」とか、「もう秋ですね」なんていう季節の移り変わりを感じることも、友人との会話もありません。でも、お祭りやイベントに参加することで、月日の移り変わりを感じます。今回...

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールには、動物を間近に見たり、接したりすることのできる動物園がいくつかあります。シンガポール動物園もそのうちのひとつ。開園45周年を迎え、それを記念した期間限定のプロジェクションマッピングを駆使したイベントが「レインフォレスト・ルミナ」です。とりわけ、この時期、日中の暑さが徐々に落ち着きをみせ、夜の帳が下りる頃...

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    この季節、シンガポール各地では、煌びやかなイルミネーションで街中はとても華やぎます。シンガポールの目ぬき通り、オーチャードロードはクリスマスイルミネーションでフェスティブ気分を盛り上げてくれます。12月から1月にかけてのスペシャルな気分を盛り上げてくれる、そしてシンガポールらしいシチュエーションで2019年の幕開けを楽...


  • JTBシンガポール支店

    もう12月、ホリデイシーズンに突入です。この季節、街中がソワソワ、ワクワク。煌びやかなイルミネーションシで街中はとても華やぎ、インスタ映えスポットで溢れます。イルミネーションもバーゲンもイベントも、なんでも徹底的(?)にやってくれるシンガポール。おもちゃ箱のようなシンガポールが一年でもっともキラキラと輝く季節。シンガポ...


  • JTB

    ※この記事は2018年11月現在の情報を元に加筆・修正を実施しましたチャンギ空港はシンガポール島の東に位置する24時間眠らない空港。今回はチャンギ空港からシンガポール市内ホテルへのアクセス方法をご紹介。シンガポールは交通機関がとても発達していて、市内へはMRT(電車)やタクシー、空港シャトルバスなどを使って移動できます...


  • JTB

    ※この記事は2018年11月現在の情報を元に加筆・修正を実施しましたシンガポールでは年間の祝日が何日あると思いますか?11日間(※2019年)です。日本の祝日は現在、年間16日間ですので、少ない印象があるかもしれません。シンガポールの祝日は、この国が多民族、多宗教の国であることを思い出させてくれ、町が華やかな雰囲気に包...

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールのリゾートアイランドといえば、セントーサ島。ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)や水族館シー・アクアリウム、アドベンチャー・コーヴ・ウォーターパーク、アンダーウォーター・ワールド・シンガポールなど、人気のパークを中心にお遊びスポットが点在しています。そんな中から自然が好きで、身体を動かすのが大好き...


  • JTBシンガポール支店

    ※この記事は2018年11月現在の情報を元に加筆・修正を実施しましたシンガポールに来たら絶対に訪れるマリーナベイエリアには、マーライオン像からマリーナベイサンズ、ガーデンズバイザベイなどなど、シンガポールのハイライトとも言える観光地がたくさん!よくよく散策してみると、これ以外にも見所がたくさんあるのがマリーナベイエリア...

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールのリゾートアイランドといえば、セントーサ島。なかでも、人気の上位にランクされるアトラクションがユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)。以前にも、USSについては、取り上げていますが、今回は、必ず体験したいアトラクションを厳選してJTB現地スタッフがご案内します!

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールの目抜き通りであり、ショッピングストリートと言えば、オーチャードロード。世界に知られた高級ブランドはもちろん、シューズに代表される地元デザイナーの各種ブランド、アジアン雑貨など、ショッピングの魅力は尽きません。ショッピングフリーク向け、オーチャードロードとサマセット界隈の便利で快適なホテル5選をJTB現地ス...

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    観光地として大人から子供まで人気のシンガポールですが、「女子旅デスティネーション」としても見逃せません。美味しいものを食べて、ショッピングして、スパでリラックス、観光もして、夜はナイトクラブへ。英国文化と中国文化、さらにはインドやマレー系といった多文化都市国家で過ごす充実の一時を楽しく満喫しませんか。多様な魅力のシンガ...


  • JTB

    旅行者にとって公共エリアで気軽に、しかも無料でWi-Fiを利用できるというのは、とてもありがたいこと。シンガポールでは、公共の場で気軽に、無料でインターネットに接続できます。シンガポールの空の玄関口チャンギ空港はもちろん、ホテル、観光施設、カフェやショッピングセンター、MRTの駅など。路上などで、あるいは店舗の出入り口...

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールの夜のお楽しみといえば、煌びやかな夜景!ビル群のライトアップだけでなく、時には水と音、光の演出が加えられ、印象深い美しい夜景が広がります。とりわけ、マリーナベイ地区の夜景は、圧倒的な迫力と想像以上の光の演出に息をのむほど。マリーナベイ地区の三大夜景スポットをJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    近代的な建物が並ぶシンガポールですが、伝統的な家屋も残されています。それがショップハウス!かわいいフォトジェニックな建物で、インスタ映えするのはもちろん、カラフルな色の外壁と優雅な装飾がほどこされた外観が印象的。今回は、そんな伝統のショップハウスとペラナカン(プラナカン)文化、歴史について、JTB現地スタッフが紹介しま...

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    夜でも外にいると汗ばむシンガポールで、冷えたタイガービールは乾いた喉を潤し、1日の疲れを吹っ飛ばしてくれます。タイガービールはシンガポールはもちろん、東南アジアでは絶大な人気を誇ります。その国土の狭さもあって、多くのものを輸入に頼っているシンガポールですが、タイガービールは、シンガポールの数少ない「ご当地もの」であるこ...


  • JTB

    清潔で緑豊かな国(Clean & Green Singapore)を目指すシンガポール。街の美観を損ねる行為は基本的に禁止。細かい規則が設けられ、違反すると時には高額な罰金が科せられます。でも、こうした規則をあらかじめ知っていれば、なにも心配することはありません。シンガポールを訪れるなら、ぜひ知っておきたい規則をJTB...


  • JTB

    その昔、シンガポール川を航行していた荷物運搬船バンボートを模したボートに乗って、シンガポールリバークルーズを楽しみませんか。シンガポール川は、近代シンガポール建国の父とよばれるスタンフォード・ラッフルズ卿が19世紀初頭の上陸した記念すべき場所。マリーナベイに注ぐシンガポール川沿いのボートキーやクラークキーは、昔ながらの...


  • JTB

    シンガポール滞在中、シンガポール市街地のほぼ全域をカバーするMRT(= Mass Rapid Transit)は旅行者にとっても移動手段として強い味方。路線拡張、延伸工事は今も続けられており、地元の人々だけでなく、観光客にとってもより使い勝手の良い公共交通機関になっています。MRTの乗り方と料金について、旅行者向けのパ...

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポール滞在中に日帰りで隣国マレーシアの世界遺産都市マラッカ観光を楽しみませんか? 大航海時代の面影を残す世界遺産の古都マラッカへはシンガポールからバスで便利にアクセスできます。シンガポールからの行き方とマラッカの魅力をJTB現地スタッフがご紹介します。


  • JTB

    シンガポールには、さまざまなタイプのテーマパークが点在しています。ファミリーや三世代親子向け、大人のグループや女子旅など、誰もが楽しめますが、今回は、一人旅でもぜひ訪れたいおすすめテーマパークを2カ所、厳選してJTB現地スタッフがご紹介します。


  • JTB

    「シンガポール」と「ビーチリゾート」はあまり結びつかないかもしれません。でも、シンガポールにもビーチがあります! しかも砂浜とヤシの木、静かな波際、そして意外(!?)にも透明度のある穏やかな海が広がります。ビーチクラブやバー、レストランで食事をしつつ、ビールやカクテルを飲みつつ、ビーチで潮風を感じませんか。雰囲気の良い...


  • JTB

    シンガポールといえば、高層ビルが立ち並び、最新技術を駆使したライトアップや煌びやかな夜景、近代都市のイメージが強いのですが、中心街から少し離れるだけでマングローブの林が広がる自然が保全され、野鳥が飛び交う自然を体験できます。シンガポール北西部のジョホール水道に面した保護区はマングローブの林が広がり、渡り鳥もやってくる保...


  • JTB

    シンガポールのリゾートアイランド、セントーサ島は、誰もが楽しめるアトラクションやアクティビティ満載です。ユニバーサル・スタジオ・シンガポールに代表されるテーマパーク、水族館、ビーチとビーチ沿いのカフェ、ラグジュアリーなリゾートホテルでのホテル滞在やスパ、子供向けのスペースも。セントーサ島のアトラクション&アクティビティ...


  • JTB

    シンガポールは、誰でも楽しめる海外旅行先のひとつ。清潔で社会インフラが整備されているシンガポールは子連れ旅行先としてもおすすめ。動物や植物、野鳥などをテーマにしたテーマパークは「学び」や「気づき」も多く、大いに好奇心を刺激してくれます。またビーチや自然保護区は無料で楽しめます。JTB現地スタッフが数あるファミリー向け観...


  • JTB

    旅行前に気になるのはお金のこと。シンガポールの通貨をはじめ、両替やチップ、現地の物価まで、気になるシンガポールの「お金」事情をJTB現地スタッフがご紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    リゾート・ワールド™・セントーサは、シンガポールの南端に位置するセントーサ島の中にある統合型リゾート施設。日本でもおなじみの「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」や、世界最大級の巨大水族館「シー・アクアリウム」、水のテーマパーク「アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク」で遊ぶのはもちろん、リゾートライフを満喫するた...


  • JTB

    今やマリーナベイ地区は、シンガポール滞在中に必ず1度は訪れたいスポットです。イベントが開催されていたり、新しい発見があったりと、在住者もちょこちょこ立ち寄ってその動向や変化をチェックしています。今回は、世界最大級、アジア最大の観覧車「シンガポール・フライヤー」をJTB現地スタッフがご紹介します。2008年に一般公開され...


  • JTB

    セントーサ島北部にあるリゾートワールド・セントーサ(RWS)の最高級スパESPA(エスパ)。世界的に展開する英国生まれのスパESPAがシンガポールに初上陸して2年が経ちました。アジアの旗艦店としてオープン以来、World Luxury Spa Awards やStyle Best Beauty Treatsなど数々の賞...


  • JTB

    女子旅で週末シンガポール! ならば、高級スパでリラックスする贅沢な時間は外せません。スパ先進国とも言われるシンガポール。有名ホテル内の高級スパから、リフレクソロジーまで、さまざまなタイプの“リラックス”が楽しめます。「心身ともにストレスから開放されたら、また明日からバリバリ働ける!」ということで、数あるホテルスパのなか...


  • JTB

    かつてイギリスの植民地だったシンガポール。イギリスの伝統文化が、変容しつつシンガポールで独特の文化となって定着していることも少なくありません。今回ご紹介するシンガポールのハイティも、もともとはイギリスの食文化。それがシンガポール流にカスタマイズされて楽しめるようになっているのです。


  • JTB

    シンガポールには美味しい名物がいろいろあります。たとえば、チキンライス、フィッシュヘッド・カレー、そしてチリクラブ! チリクラブを食べずしてシンガポールは語れません。とにかく一度食べてほしい!そんなシンガポール名物なのです。


  • JTB

    シンガポールを訪れたら、ぜひ一度は行ってほしいのがホーカーです。早朝から夜遅くまで、年中無休で営業するホーカーは、シンガポール人の胃袋を満たしてくれる強い味方。人気のホーカーとともに、安くて美味しくて、味のバリエーションも豊富な定番メニューからおすすめの品5選をJTB現地スタッフが紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    2005年にオープンした、シンガポールのローカルグルメ紙がプロデュースした屋台村。行列の絶えない有名店ばかりが集約されているので、味はお墨付きです。地元の人たちに人気店であればあるほど、本店は観光客には踏み入れにくい場所や郊外にありがちなのですが、ここマカンスートラはシティのど真ん中と言ってもいいほど、マーライオンもす...


  • JTB

    シンガポールは多民族、多文化国家です。中華、マレーシア、インド、アラブ、そして英国と、様々な文化が入り混じっています。当然、食文化もしかり。美食の国シンガポールを訪れたら、絶対食べたい、食べないと後悔するシンガポールの名物料理が数々ありますが、その中から5品をご紹介します。ここで紹介する料理は、シンガポール人なら誰もが...


  • JTB

    ほぼ赤道直下と言えるシンガポールは、一年を通して暑い暑い夏、常夏の国です。テレビで見る天気予報で、「最高気温が29度、30度、31度以外、見たことない!」というのは極端な話ですが、それに近いものがあります。年間を通して高温多湿、雨季と乾季があり、雨季にはスコールと呼ばれる短時間の激しい雨に見舞われます。今回はシンガポー...


  • JTB

    今やシンガポールでぜひとも訪れたいスポットとなった一大エンターテイメント観光施設「マリーナベイ・サンズ」。その一角をなし、建物の常識を覆す(!?)ほどのインパクトで圧倒するマリーナベイ・サンズホテル。「屋上展望デッキの絶景プールからシンガポールの摩天楼を見下ろしたい!」と思っているひとも多いのではないでしょうか。カジノ...


  • JTB

    旅先でのお土産選びは、時に大変と思えることもありますが、やはり楽しいものです。家族へ、同僚へ、友人へ、そして自分へのお土産も!数あるお土産グッズや食品の中から、「これなら間違いない!」と思えるシンガポール土産TOP5を現地スタッフが紹介します。


  • JTB

    東京23区と同じくらいの国土シンガポールには、星の数ほどホテルが点在しています。世界的に展開するホテルチェーンから、ブティックホテル、リーズナブルな価格帯のホテル、コスパに優れたデラックスホテル、シンガポールの代名詞とも言えるラッフルズホテルや歴史的な建造物を改装したホテルも。これらの中から5選を紹介するのは、ある意味...


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールの一の繁華街がオーチャード・ロード周辺に広がっているのですが、一歩裏手に入れば、閑静な住宅街になっています。表の通りとは打って変わって、そこには、周辺住民の憩いの場になっている公園やおしゃれなカフェ、ローカルフードの美味しい店があります。今回は、地元住民ならではのお散歩コースをご紹介します。MRTオーチャー...


  • JTBシンガポール支店

     この記事のテーマはズバリ、ドリアン! 強烈な匂いで知られるドリアンは、その甘くてマイルドな味が堪らないと思う方も居れば、匂いを嗅いだだけで、、、、なんて方も。実に、極端に好き嫌いが分かれる果物なのです。日本の方はドリアンに対し好意を抱かない方が多いようですが、かたやシンガポールでは愛され果物なのです。下記の数々のな写...


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールの観光スポットに入場する場合、入場料がシンガポールドルで30ドル以上かかる場所が多いのですが、その反面、無料で入場できる場所もあるんです。無料で入場できる場所の一つで、あの有名ホテル「マリーナ・ベイ・サンズの隣にある「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」があります。園内を散策するだけなら無料で入れますよ。「ガーデン...


  • JTBシンガポール支店

    オーチャード地区より車で10分ほどの郊外にあるシンガポールのオシャレタウン「デンプシー・ヒル(Dempsey Hill)」。可愛い雑貨店やカフェ、バー等が立ち並ぶ街並みの中に「ピーエスカフェ(PS.Cafe)」という有名なカフェがあります。今回はそんなピーエスカフェの魅力を皆様にお伝えいたします!


  • JTBシンガポール支店

     シンガポールに来たけれど、セントーサ島も、マリーナベイサンズも、三大動物園も、リトルインディアも、チャイナタウンも、アラブストリートも既に訪問済!何かほかに訪問箇所は?!という方は、シンガポールからアイランドホッピングしてみませんか?! シンガポール駐在員がいくつか行きやすい島々をピックアップしました。たまには、陸地...


  • JTBシンガポール支店

    今回はプラナカン陶器を買うために、オーチャード近辺からバスで約40分、イーストコーストのカトンというエリアに来てみました。市内の都会的な雰囲気とは打って変わり、プラナカン様式の建物が立ち並ぶ落ち着いた街並みをのんびり散歩してみました。シンガポールには、チャイナタウン、アラブストリート、リトルインディアと、様々な人種が暮...


  • JTBシンガポール支店

    シンガポール発のゴルフはいくつかの選択肢があります。一つ目は、市内から車で30分以内で行くことができる、シンガポール市内のゴルフ場。こちらは何と言ってもその利便性が群を抜いています。市内観光と合わせてゴルフも楽しむことができるので、とっても人気の定番コースです。、二つ目は、車で行くことができるお隣の国マレーシア/ジョホ...


  • JTBシンガポール支店

     シンガポールに来たけれど、セントーサ島も、マリーナベイサンズも、三大動物園も、リトルインディアも、チャイナタウンも、アラブストリートも既に訪問済!何かほかに訪問箇所は?!という方は、シンガポールからアイランドホッピングしてみませんか?! シンガポール駐在員がいくつか行きやすい島々をピックアップしました。たまには陸地を...


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールの「セブンイレブン」は、日本と比べると間口が小さく、店舗の外に大きな看板はありません。少し見つかりづらい場所もあるかもしれません。しかし、駅前はもちろん、街中の至るところにセブンイレブンがあります。必ずと言って良い程売っているのが、パイ。中でもツナパイ(Tuna Puff)とカレーパイ(Curry Puff...


  • JTBシンガポール支店

    日本でも名が知られている、ジョエル・ロブションのシンガポール店はなんとセントーサ島にあります。本店Joël Robuchon Restaurantのほか、カジュアルでリーズナブルな価格で楽しめる姉妹店・L'Atelier de Joel Robuchonのふたつの店舗で構成されています。L'Atelie...


  • JTBシンガポール支店

    プラナカン文化をご存知ですか?マレー半島で栄えた、東洋と西洋の文化が融合して繁栄を築いた文化です。シンガポールでは、プラナカン博物館やカトンと呼ばれるエリアで当時の文化の面影を知ることができます。プラナカン博物館やカトンエリアに足を運んだ際に目を引くのが、カラフルでユニークなデザインの食器類です。女性の多くは、プラナカ...


  • JTBシンガポール支店

    住所(最寄駅):10 Bayfront Ave, 018956(Bayfront駅)建築家:モシェ・サフディー氏マーライオンに次ぐ、シンガポールのランドマークともなりつつあるマリーナベイサンズ。三つのタワーは、横から見ると実は2枚の重ね板に沿ったように客室が湾側とガーデン側に傾いており、その間にできた吹き抜けスペースが...


  • JTBシンガポール支店

    MRTのBras Basah駅周辺は、教会や美術館がたくさんあり、一度にシンガポールの歴史を学べるスポットになっています。今回は、Bras Basah駅周辺を散歩しながら、シンガポールの歴史や文化に触れてみました。


  • JTBシンガポール支店

    自然が少ないと言われるシンガポールは、道路も街路樹も全てが整理され、近代的なビルが立ち並び、国全体が統一されています。そんな統治されたシンガポールならではの、近代と自然が融合したハイキングコース、それがマウントフェーバー(Mount Faber)の頂上へと続くサザン・リッジス(The Southern Ridges)と...


  • JTBシンガポール支店

    ■おすすめの時間帯:朝 7時~10時国内唯一の世界遺産であるボタニックガーデン。開園時間は朝5時と早く、夜が明けると多くのランナーや太極拳などのサークルで賑わっています。緑が生い茂るなか、たっぷりとマイナスイオンを吸いながらランニングを楽しむことができます。ナッシムゲートのインフォーメーションセンターにはロッカー完備、...


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールは、新しく近未来的な建築物も多く、都会なイメージが強いのですが、少し足を伸ばすとお散歩をしたくなるような市民の憩いの場所がいっぱいあります。そんな、のんびりお散歩をしたくなるようなシンガポールの癒し系スポットをご紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    マリーナベイサンズの展望台(サンズ・スカイパーク)でサンライズヨガを体験してみませんか?サンズ・スカイパークといえば、シンガポールを代表するビュースポットの1つとして、マリーナベイサンズの屋上から景色が楽しめることで有名です。眼下には人気観光地であるガーデンズバイザベイや、マーライオン公園を始めとした美しいシンガポール...


  • JTBシンガポール支店

    日本には少ないテラス席が多いシンガポール。せっかく年中あたたかい国へ訪れるので、気持ちのいい場所でカフェを楽しみたいですよね。そんな方に、テラス席があるカフェ・バーが多いエリアをご紹介いたします。①デンプシーヒルオーチャードから西に車で10分ほどの場所に位置するこの場所は、元英国陸軍のキャンプ地を再開発したおしゃれエリ...


  • JTBシンガポール支店

    旅行中お土産を選ぶときに、たくさん種類があってどれにしようか迷ってしまいますよね。シンガポールにも多くの土産店があり種類も様々。でも旅行中の貴重な時間を割いて、お土産探しに夢中になって気づいたら1日が終わっていた・・・そんな経験はありませんか??JTBシンガポールでは厳選したおみやげをオンラインで販売しております!JT...


  • JTB

    2015年11月末にオープンしたナショナル・ギャラリー・シンガポールへ行ってきました。MRTシティホール駅からも至近で、アクセスも抜群。東南アジア最大の現代アートの美術館で、シンガポールと東南アジアの現代アートにフォーカスしています。歴史的建造物と現代建築が融合したシンガポールらしさを感じるギャラリーの外観もステキ。J...


  • JTBシンガポール支店

    その快適な空間に、自分が熱帯雨林気候帯にいることを忘れてしまうシンガポール。折角赤道近くまで来ているなら、日本とは異なる本来の南国らしい雰囲気を味わいたいもの。そうは言っても、時間や手間をかけられない…。ただそんな時は、シンガポール本島から離れて、フェリーで向かうウビン島へ半日プチトリップがおススメです!


  • JTBシンガポール支店

    日中は30度以上まで気温が上昇する常夏のシンガポールでは、朝の涼しい時間帯は貴重な屋外での活動時間。シンガポールの日の出は意外に遅く、朝7時~7時半にかけてですが、シンガポール植物園の開園時間はなんと朝5時。そのほかの観光名所のほとんどが10時以降にオープンする中、朝一番に楽しめるスポットでもあります。日が昇り切った朝...


  • JTBシンガポール支店

    高層ビルが並び、洗練された都市国家のイメージの強いシンガポール。そのイメージを覆すディープなB級スポットがあることはご存知でしょうか。その名は「ハウパーヴィラ」。一度訪れたら、その異様な光景がきっと脳裏に焼きつくことでしょう…。


  • JTB

    シンガポールでアジアン雑貨ショッピングを楽しめるところといえば、ホランドビレッジです。雑貨類のショップが充実していて、居心地のよいカフェやレストランも集まっています。シンガポールに暮らす人々、とりわけ在住欧米人や日本人にも人気のホランドビレッジをJTB現地スタッフが紹介します。


  • JTB

    どこに行くにも便利で簡単なシンガポールですが、日本に近いような感覚で乗れる地下鉄(MRT)はともかく、タクシーや路線バスに乗るのは、旅行者には少し勇気がいります。例えばタクシー。繁華街など人気のエリアでは、タクシースタンドに多くの人が並んでいてなかなか順番が来ないこともしばしば。また路線バスは、全土をほぼ網羅していてと...


  • JTB

    これまで数々のランキングで数えきれないほどの受賞歴を誇るシンガポール・チャンギ国際空港。シンガポールが世界に誇るチャンギ国際空港は、その使い勝手の良さとともに、空港のターミナルに滞在することが楽しくなるような設備が揃っています。突然の飛行機の遅延などで空港ターミナル内で待たなければならない時にも退屈することなく、楽しく...


  • JTB

    多民族国家シンガポールの公用語は英語、マンダリン(北京語)、マレー語、タミル語の4言語です。ショップやレストラン、ホテルなどでは一般的に英語がよく使われますが、シンガポールの英語は、「シングリッシュ」と呼ばれるほど、独特の言い回しやアクセント、発音を含みます。そう、これは英語のひとつの形、方言のようなものといえるでしょ...


  • JTB

    2015年7月、シンガポールに待望の世界遺産が誕生しました。シンガポール初となる世界遺産は、市街地中心部にある都会のオアシス、シンガポール植物園(Singapore Botanic Gardens)。JTB現地スタッフが世界文化遺産「シンガポール・ボタニックガーデン(シンガポール植物園)」を紹介します。


  • JTB

    シンガポールから日帰りで行けるインドネシア領ビンタン島が、これまで以上に気軽に出かけられるビーチリゾートになりました。日本国籍のパスポート所持者は、観光目的でビンタン島を訪れる場合、到着ビザとビザ取得料(Visa Fee)が不要となりました。


  • JTB

    きらめく夜景はシンガポールの代名詞。今回は、JTB現地スタッフが厳選した「夜景を楽しむシンガポールの高い所ベスト5」をご紹介!市街地を一望にし、光り輝く夜景を見に高い所へ行こう!


  • JTB

    赤道直下の国シンガポールには、南国らしいフルーツがたくさんあります。ホテルの朝食ビュフェで、食後のデザートとして、市場に行けば、形も色も異なるさまざまな種類のフルーツを見かけますし、デパートやフードコートにも彩も鮮やかなカットフルーツが並んでいます。シンガポールでは生活の身近なところにたくさんのフルーツがあって、おやつ...


  • JTB

    中華系が国民の70%以上を占めるシンガポールでは、中秋節はとても大切な年中行事のひとつです。中秋節といえば、欠かせないのが月餅。中秋節の1カ月ほど前からデパートやショッピングモールには特設売り場が設けられ、チャイナタウンや中華系レストラン、さらに大手ホテルのベーカリーなどでも、自慢の月餅が売られます。近年では、スターバ...


  • JTB

    「アクアセラピー」や「アクアリウムセラピー」という言葉を聞いたことありませんか?水の音を聞いたり、水に触ったり、スイスイと泳ぐ魚を見たりすることで、癒しの効果が得られるというもの。日本では、優雅に泳ぐ魚を見ながら寝たり、ヨガをしたりするイベントを行う水族館も徐々に増えてきています。また大学の研究室が行ったアンケート調査...


  • JTB

    中華系の国民が大勢を占めているせいか、シンガポールの多くの建築物やビル建設では、風水がとても重要な役割を果たしています。風水によって建物の位置や角度、形などを決めて、強いプラスの運気をたっぷりと吸収しているのです。シンガポールのパワースポットを巡って、観光しながら素晴らしく良い「気」を十二分に吸収しましょう。


  • JTB

    Fineには「洗練された」や「罰金を課す」といった意味がありますが、シンガポールはその両方の意味からFine city(ファインシティ)なんて呼ばれています。東京23区ほどの面積しかなく、赤道直下の南国シンガポールでは、なにかとルールがあって、こうした規則を破ると、罰金が課せられるだけでなく、ムチ打ちや禁固刑に処せられ...


  • JTB

    シンガポールにはさまざまなアトラクションがありますが、中でも人気の高いナイトサファリは世界各地から年間110万人以上の人が訪れます。ここではそのナイトサファリの魅力や人気の秘密をじっくりご紹介しましょう。


  • JTB

    マリーナベイ地区の煌めく夜景は、シンガポールの大きな魅力です。滞在中、1度はうっとりするほどの夜景を楽しみながら、食事をしたり、カクテルやワインを楽しみませんか。ここでは食べて飲んで夜景が楽しめるルーフトップバーを中心に、シンガポールで大人向けの夜のスポットをJTB現地スタッフがご紹介します。


  • JTB

    シンガポールには、通りを一本隔てると雰囲気ががらりと異なる、民族色豊かな街角がたくさんあります。今回は、アラブストリート(カンポン・グラム地区)とブギス地区界隈の見逃せない観光スポットをJTB現地スタッフがご紹介します。コーランが響き、カラフルな色のヒジャブを被った女性が行き交う異空間でエキゾチックな体験を楽しみません...


  • JTB

    中華系の人々が全人口の7割以上を占めるシンガポールでは、春節(旧正月)はさまざまなイベントが開かれるなど、とても盛大な祝祭で、大いに賑わいます。春節とは、旧暦の1月1日のことです。この時期、チャイナタウンを中心に春節を祝うライトアップやデコレーション、イベントで町中は華やぎ、縁起の良いといわれる赤色の正月用飾り付けを至...


  • JTB

    シンガポールには、通りを一つ隔てると雰囲気ががらりと異なる、民族色豊かな街角が数多くあります。今回は、リトルインディア(インド人街)の見逃せない観光スポットをご紹介します。週末、民族衣装であるサリーを身にまとった女性がショッピングをしたり、家族連れで食事をする姿をよく見かけます。細い路地に入れば、スパイスやジャスミンの...


  • JTB

    シンガポールには、海洋水族園マリンライフ・パーク、ナイトサファリなど、友達同士でもカップルでもファミリーでも楽しめる観光スポットは数多くありますが、ここでご紹介するのは、シンガポールのセントーサ島北西部のアジア有数の複合リゾート「リゾート・ワールド・セントーサ」にある、ユニバーサルスタジオ・シンガポール(USS)。ユニ...


  • JTB

    このところ大人気の「一人旅」。「自由気ままに自分のペースで、人に気を遣うことなく旅したーい!」と思っている人にオススメしたい「シンガポールおひとり様の旅」を紹介します!多民族多文化国家で、安全、旅行者でも簡単に使いこなせる公共交通機関が充実するシンガポール。女子旅も、仲間同士の旅でも、ファミリーも、オトナ母娘旅でも、老...


  • JTB

    トライショーってご存知ですか?トライショーは自転車の横にサイドカーのようなものを付けた乗り物で、 シンガポールの町中の一般道を走ります。中国語では、そのまま「三輪車」と書くそうです。これもシンガポール名物のひとつです。風をきって走るトライショー。トライショーでディープなシンガポールを体験しませんか?  起源は日本の人力...


  • JTB

    「シンガポール・スリング」ってご存知ですか?このカクテルは、シンガポールの名門ホテル、ラッフルズのロング・バーで、1915年に誕生しました。それから約100年後の現在では、すっかりシンガポールを代表するカクテルになりました。沈む夕日をイメージしたとされる、濃いピンク色をしたカクテルは、ロング・バーだけでなく、多くのバー...


  • JTB

    マレーシア最南端にあるジョホールバル州は、シンガポールからわずか1kmほどのコーズウェイ橋でつながっています。陸路で国境を越えてマレーシアへと簡単にアクセスできます。モスクがあり、コーランの響くジョホールバルの街角は、多民族国家シンガポールとは異なる雰囲気です。今、ジョホールバルだけでなくマレーシアで話題なのが、レゴの...


  • JTB

    シンガポールの国土面積は、東京23区とほぼ同じぐらい。コンパクトにまとまっています。公共交通機関はとても発達しているものの、限られた滞在時間を楽に便利に効率よく観光するには、やはり車が便利。赤道直下のシンガポールでは歩いたり、タクシーを待ったりするだけでも体力を消耗してしまいます。チャンギ国際空港にはレンタカーの事務所...


  • JTB

    シンガポール随一のナイトスポットといえば、クラークキーです。蛇行して流れるシンガポールリバー沿のかつての倉庫街が、今ではすっかりトレンディな人気スポットに。熱帯地域のまったりとした空気を感じつつ、川沿いで食べる美味なる料理。そして、キラキラと輝くイルミネーション。食事の後は、リバーボートでシンガポール川からマリーナベイ...


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールにはたくさんの観光地とお買い物スポットがありますが、残念ながら「世界遺産」は今のところありません。しかしお隣のマレーシアまで少し足を伸ばすだけで、2008年にUNESCO世界文化遺産に登録されたマラッカへ日帰りで行くことができるのです。ということで、JTBのマイバス(オプショナルツアー)を使って実際に行って...


  • JTB

    驚きと楽しみに溢れたシンガポールは、まるでおもちゃ箱のよう。シンガポールのテーマパークというと、ユニバーサル・スタジオ・シンガポール™(USS)がよく知られていますが、世界最大級の水族館があるのをご存知ですか?シンガポールが世界に誇る一大海洋水族園マリンライフ・パークです。水族館の総水量は世界有数。メイン水槽も世界最大...


  • JTB

    2012年のオープン以来、世界各国で雑誌表紙を飾り、テレビで紹介されてきた「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。皆さんはもう行きましたか? 総面積101haの公園には、高さ20~50mもの人工の木「スーパーツリー」が18本も立ち並び、全面ガラス張りの巨大なドーム型の温室が2つ並んでいます。その斬新な発想と圧倒的な存在感に世界...


  • JTB

    東京23区ほどの小さな国シンガポールでは、その街角に多様な文化を垣間見ることができます。チャイナタウンやリトルインディア、アラブストリート、プラナカン文化が残されたカトン地区など、それぞれに街角の雰囲気がガラリと変わり、多民族国家シンガポールらしい、チャンプル感に溢れています。チャンプルとは、マレー語で「ごちゃ混ぜ」と...


  • JTB

    旅行口コミサイトの大手トリップアドバイザー(TripAdvisor)で、シンガポールの観光名所の1位は、シンガポール国立蘭園(National Orchid Garden)。日本では温室でしか見ることのできないランの花々。さまざまな種類の色とりどりのランが無数に咲く国立蘭園は、癒やしの空間でもあり、観光客だけでなく、地...


  • JTB

    シンガポールでシティリゾートを満喫しつつ、ビーチリゾートも楽しみたい! そんなちょっと欲ばり派にオススメが、インドネシア領ビンタン島です。シンガポールからは高速フェリーで約50分でアクセスできるビンタン島。シンガポールから日帰りでも十分に楽しめるビンタン島の魅力、ご紹介します。


  • JTB

    東京23区の広さに収まってしまいそうな小さな島国、シンガポール。国土が狭いこともあり、住宅事情の厳しさも並大抵ではありません。近年、不動産価格は高騰し続けて、20億円、30億円のバンガロー(一軒家)も珍しくないそうです。2013年には、オーチャードロードにも程近いナッシムロードにある高級バンガロー(約2万平方メートル)...


  • JTB

    皆さん、「ハラール」あるいは「ハラル」って聞いたことありますか? シンガポールでは、人口約540万人のうちマレー系の人は約13.3%を占め、そのほとんどがイスラム教徒です。彼らはイスラムの厳格な教えを守りながら生活しています。豚肉とアルコールを忌避するイスラム教徒は、口にするものにも大変気を遣っています。最近、日本の大...


  • JTB

    訪れた人を驚かせワクワクさせることではピカいちのシンガポール、ディナーだって例外ではありません。なかでも日本ではなかなか体験できないのが“天空”でディナーを楽しむ「スカイダイニング」ではないでしょうか?“天空”と言っても、高層ビルでの食事ではありません、なんと観覧車やケーブルカーに乗って、その極上の夜景を眺めつつ食事も...


  • JTB

    超高層ビルが林立するシンガポールは、実は動物園パラダイスでもあります。自然に近い環境での飼育を世界に先駆けて導入したシンガポール動物園はもちろん、最近は夜の動物の迫力を体験できるナイトサファリも人気です。そして2014年2月28日にグランドオープンしたリバーサファリは早くも新しい観光名 所として注目度アップ、野生動物を...


  • JTB

    シンガポールと言えば、マーライオン。マーライオンと言えば、シンガポール!シンガポールとマーライオンは切ってもきれない関係にあります。町中を散策中、マーライオン像を見かけるチャンスはたくさん。シンガポールにはいったい何頭のマーライオン像が存在するのだろう?マーライオンを探しに町へ繰り出しました!


  • JTB

    シンガポールはスイーツ天国。シンガポール伝統のスイーツはもちろん、欧米系、日本をはじめアジア各国由来の美味しいスイーツもたくさんあります。暑い国ですので、やはり気軽に食べられる冷たいスイーツは定番です。せっかくシンガポールに来たのだから、この国ならではのスイーツはぜひとも食べてみたいもの。独断と偏見で、絶対食べたいシン...


  • JTB

    2015年、シンガポールは建国50周年(SG50)を迎え、お祝いムードに包まれています。マリーナベイ地区の宇宙船のようなホテルや、最新の未来的な植物園など、何をするにもその徹底ぶり(!?)が何かと話題のシンガポール。そんなシンガポールが国を上げて建国50周年を祝うのだから、どのようなイベントが企画、開催されるのか。住ん...


  • JTBシンガポール支店

    先日、シンガポールの隣国マレーシアのジョホールバルに行ってみました。きっかけは「物価が高いシンガポールを離れて、ランチ食べに行こう!」と軽い気持ちから。シンガポールからジョホールバルへ行く方法はバスや電車など幾つかの手段があり、一口にバスといっても、バス会社が運行しているいわゆる観光バスタイプの車両のものや、通常街中を...


  • JTB

    「シンガポール」と聞いてはじめに想像するものは何ですか?マーライオン、F1、最近ではマリーナ・ベイ・サンズもシンガポールのシンボルになりつつありますね。でも忘れてはいけないのがずばり「食」!チキンライス、チリクラブ、バクテーなどの定番料理はもちろんのこと、ホーカーズや大衆食堂にも安くておいしい食事が溢れているので、あら...

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ