インドネシアの観光情報

インドネシア 現地レポート

インドネシア在住のJTBスタッフが、
旅のテクニックや現地発の最新情報などをお伝えします。

What's New

様々な乗り物で楽しむインドネシア・バリの大自然

海あり熱帯雨林あり、自然の宝庫であるバリ島ではこれらを様々な乗り物で楽しむことができます。海中をゆったりと鑑賞するサブマリン、海風に吹かれながらマリンスポーツも楽しめるクルーズ船、熱帯雨林の渓谷を滑り降りるチューブ、ジャングルを疾走するバギーなどバラエティも豊富。アクティブな休日を体験してみませんか。

2018-07-28

ニュース

現地在住のスタッフが、最新のインドネシアの情報をお知らせします!

特集

インドネシア旅行に役立つ特集や、現地の体験レポートはここからチェック!現地ツウがナビゲートします。

インドネシア 現地スタッフ テーマ別おすすめ情報

  • すべて
  • 見る
  • 食べる
  • 買う
  • 泊まる
  • 癒される
  • 体験する
  • 海あり熱帯雨林あり、自然の宝庫であるバリ島ではこれらを様々な乗り物で楽しむことができます。海中をゆったりと鑑賞するサブマリン、海風に吹かれながらマリンスポーツも楽しめるクルーズ船、熱帯雨林の渓谷を滑り降りるチューブ、ジャングルを疾走するバギーなどバラエティも豊富。アクティブな休日を体験してみませんか。

  • JTBバリ支店のカスタマーサービスで勤務するカヴァさんが、「アンバサダー・バリ2018」で優勝しました。これはバリ島活性化のためのチャリティープログラムを政府へプレゼンテーションする大会で、カヴァさんはゴミの分別・リサイクルでゴミから資金を生み出し、これから行うプログラムに活用したいと訴え、評価されました。

  • インドネシア南東部のコモド国立公園にはコモドドラゴンと呼ばれる巨大なトカゲが生息しています。コモドドラゴンは絶滅危惧種にもなっている希少な生物で、周辺の海は広大なサンゴ礁、透明度の高い海が広がっており、1991年に世界自然遺産に認定されています。バリ島から日帰りでコモドドラゴンに会いに行ってみませんか?

  • JTBバリ支店のカスタマーサービスで勤務するカヴァさんが、「アンバサダー・バリ2018」で優勝しました。これはバリ島活性化のためのチャリティープログラムを政府へプレゼンテーションする大会で、カヴァさんはゴミの分別・リサイクルでゴミから資金を生み出し、これから行うプログラムに活用したいと訴え、評価されました。

  • インドネシア南東部のコモド国立公園にはコモドドラゴンと呼ばれる巨大なトカゲが生息しています。コモドドラゴンは絶滅危惧種にもなっている希少な生物で、周辺の海は広大なサンゴ礁、透明度の高い海が広がっており、1991年に世界自然遺産に認定されています。バリ島から日帰りでコモドドラゴンに会いに行ってみませんか?

  • バリで最も歴史のある動物園、バリズー。動物との触れ合いができ、カップル、家族連れなど年齢を問わず楽しめるスポットですが、ますます利用しやすく、魅力的に進化し続けています。そんな最新のバリズーについてご紹介します。

  • 海あり熱帯雨林あり、自然の宝庫であるバリ島ではこれらを様々な乗り物で楽しむことができます。海中をゆったりと鑑賞するサブマリン、海風に吹かれながらマリンスポーツも楽しめるクルーズ船、熱帯雨林の渓谷を滑り降りるチューブ、ジャングルを疾走するバギーなどバラエティも豊富。アクティブな休日を体験してみませんか。

  • アヤナリゾート&スパは空港から車で約15分、1.3kmの海岸線を望む敷地に建つラグジュアリーリゾート。崖の上に作られたロックバーやスパヴィラ、世界最大級のアクアトニック海水プールなどユニークな施設のほか、変化に富んだロケーションを活かした各種レストラン&バーが至福の時間を提供します。同リゾートの特筆すべき施設をご紹介。

  • JTBは2018年新春特別企画として、バリ島を代表する舞楽団「ティルタ・サリ」による特別ステージを観賞しながらブッフェディナーを楽しむ夕べを実施します。催行は元旦のみで200名限定。お食事にはお正月らしくお雑煮もご用意しています。JTBのツアー以外でバリ島にお越しのお客様にもご参加いただけるスペシャルイベントです。

  • ジャワ島西側にあるバンドゥンはジャカルタ、スラバヤに続くインドネシア第3の都市。標高が高く一年中涼しいので避暑地としても人気が高いほか、有数の大学がある学園都市でカフェやショッピングエリアも充実したおしゃれな街です。郊外に出れば温泉リゾートもあって週末には首都ジャカルタから大勢の観光客が押し寄せます。

  • ジャカルタは世界でも「渋滞のひどい都市」として有名。電車などの公共交通機関がないことに加え、近年の経済成長で自家用車を持つ人が増えたこと、さらに立体交差などがなく車が流れにくいなど道路のレイアウトが悪いことも影響しているようです。今回はジャカルタ市内で旅行者が利用可能な交通手段についてお伝えします。

  • インドネシアの通貨はルピアです。米ドルやユーロなどのように日本で馴染みのない通貨だけに、レートがどのくらいなのか、両替はどうしたらいいのか、ピンとこない人が多いかもしれません。小さな商店や食堂などではクレジットカードが利用できないこともあります。今回は知っておくべきバリの両替事情についてご案内します。

  • 海外ゴルフ場として最近注目を浴びている東南アジア。日本から近く、手ごろな料金が魅力ですが、最近では著名なコース設計家の手によるゴルフ場も増えていて、初心者から上級者まで楽しめるのも魅力です。特にビジネス都市ジャカルタには数多くのゴルフ場があり、ここでゴルフを始める人も多いようです。

  • 2017年6月から話題のLCC(ローコストキャリア・格安航空会社 )エアアジアXが成田とバリ島間の運航を開始しました。スケジュールは成田発が8:25、バリ島着が14:25、バリ島発が23:00、成田着が7:10。ガルーダ・インドネシア航空と比較するとバリ島到着が3時間も早くなります。到着日も帰国日も無駄なく遊び尽くす特別プランをご紹介します。

  • 軽井沢の「星のや」をはじめ、京都や竹富島、最近では東京にまでブランド展開している星のやが、2017年1月20日に海外初の施設をオープンしました。「星のや」といえば、その土地の持つ特徴を最大限に生かしつつ非日常を提供する最上級のおもてなしを追及していますが、バリ島ではどんなコンセプトをどのように具現化しているのでしょうか。

  • 海あり熱帯雨林あり、自然の宝庫であるバリ島ではこれらを様々な乗り物で楽しむことができます。海中をゆったりと鑑賞するサブマリン、海風に吹かれながらマリンスポーツも楽しめるクルーズ船、熱帯雨林の渓谷を滑り降りるチューブ、ジャングルを疾走するバギーなどバラエティも豊富。アクティブな休日を体験してみませんか。

  • アヤナリゾート&スパは空港から車で約15分、1.3kmの海岸線を望む敷地に建つラグジュアリーリゾート。崖の上に作られたロックバーやスパヴィラ、世界最大級のアクアトニック海水プールなどユニークな施設のほか、変化に富んだロケーションを活かした各種レストラン&バーが至福の時間を提供します。同リゾートの特筆すべき施設をご紹介。

  • JTBでは学生旅行シーズンのキャンペーンとして、現地オプショナルツアーに多彩な特典をつけた「学生応援プロジェクト」を実施しています。 インドネシア・バリ島では、大人気リゾート「アヤナリゾート」内にあるスパで「アクアトニックプール」の120分利用、3名の申し込みなら1名が無料になります。

  • 海あり熱帯雨林あり、自然の宝庫であるバリ島ではこれらを様々な乗り物で楽しむことができます。海中をゆったりと鑑賞するサブマリン、海風に吹かれながらマリンスポーツも楽しめるクルーズ船、熱帯雨林の渓谷を滑り降りるチューブ、ジャングルを疾走するバギーなどバラエティも豊富。アクティブな休日を体験してみませんか。

  • インドネシア南東部のコモド国立公園にはコモドドラゴンと呼ばれる巨大なトカゲが生息しています。コモドドラゴンは絶滅危惧種にもなっている希少な生物で、周辺の海は広大なサンゴ礁、透明度の高い海が広がっており、1991年に世界自然遺産に認定されています。バリ島から日帰りでコモドドラゴンに会いに行ってみませんか?

  • バリで最も歴史のある動物園、バリズー。動物との触れ合いができ、カップル、家族連れなど年齢を問わず楽しめるスポットですが、ますます利用しやすく、魅力的に進化し続けています。そんな最新のバリズーについてご紹介します。

現地レポートをスポットマップから探す!

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ