マレーシアの観光情報

マレーシア 現地レポート

マレーシア在住のJTBスタッフが、
旅のテクニックや現地発の最新情報などをお伝えします。

What's New

ここだけは押さえたい!クアラルンプールの必見スポット5選

成長著しいマレーシアの首都、クアラルンプール。亜熱帯植物の豊かな緑、イギリス統治時代の面影を残す歴史的建造物、近代的な高層タワー、各民族の寺院やモスクなど様々な顔が混在しているのが大きな魅力。そんなクアラルンプールの必見スポットを5か所ご紹介します。

2018-10-24

ニュース

現地在住のスタッフが、最新のマレーシアの情報をお知らせします!

特集

マレーシア旅行に役立つ特集や、現地の体験レポートはここからチェック!現地ツウがナビゲートします。

マレーシア 現地スタッフ テーマ別おすすめ情報

  • すべて
  • 見る
  • 食べる
  • 買う
  • 泊まる
  • 癒される
  • 体験する
  • 成長著しいマレーシアの首都、クアラルンプール。亜熱帯植物の豊かな緑、イギリス統治時代の面影を残す歴史的建造物、近代的な高層タワー、各民族の寺院やモスクなど様々な顔が混在しているのが大きな魅力。そんなクアラルンプールの必見スポットを5か所ご紹介します。

  • コタキナバルでは、ノースボルネオ号で行くサンセットクルーズの販売を開始しました。 人気急上昇中のクルーズについて詳しくお知らせします。

  • ディーパバリ(Deepavali)とは、別名「光の祭典」とも呼ばれるヒンドゥー教徒のお正月のこと。世界中のヒンドゥー教徒が新年を祝います。ディーパバリの日には、人々は新調した衣装を身にまとってお寺にお参りしたり、親戚や友人の家を訪ねて一緒に食事をしたりお菓子を食べたりします。2018年のディーパバリは11月6日です。

  • 成長著しいマレーシアの首都、クアラルンプール。亜熱帯植物の豊かな緑、イギリス統治時代の面影を残す歴史的建造物、近代的な高層タワー、各民族の寺院やモスクなど様々な顔が混在しているのが大きな魅力。そんなクアラルンプールの必見スポットを5か所ご紹介します。

  • コタキナバルでは、ノースボルネオ号で行くサンセットクルーズの販売を開始しました。 人気急上昇中のクルーズについて詳しくお知らせします。

  • ディーパバリ(Deepavali)とは、別名「光の祭典」とも呼ばれるヒンドゥー教徒のお正月のこと。世界中のヒンドゥー教徒が新年を祝います。ディーパバリの日には、人々は新調した衣装を身にまとってお寺にお参りしたり、親戚や友人の家を訪ねて一緒に食事をしたりお菓子を食べたりします。2018年のディーパバリは11月6日です。

  • KLから高速鉄道で2時間半ほどの場所に位置。「マレーシアで3番目に大きな都市」、水が綺麗で食事が美味しいとしてマレーシア人にも人気です。

  • マレーシアは多民族国家として知られていますが、食文化もバラエティに富んでいます。マレーシア発祥の「ニョニャ料理」は、15世紀前後に多くの中国人がマレー半島へ移り住み、現地(マレー)の女性と結婚することで生まれました。中華でもマレー料理でもない、ここでしか味わえないニョニャ料理をご紹介します。

  • スーパーには様々な種類のお土産が揃っていて、ローカルのものだけではなく、定番のお土産もお手ごろな価格で買うことができます。お土産を買い忘れた!もっと買いたいけれど時間がない!という方でも大丈夫。今回はスーパーマーケットで買うことのできる、おすすめのお土産を紹介します。

  • 1985年にマレーシアの西海岸で最初の海洋公園に指定されたパヤ島。ペナン島周辺の海は透明度がいまひとつですが、高速船に1時間45分乗れば、シュノーケリングで色とりどりの魚たちと泳いだり、白砂のビーチを散策したり、思う存分美しい海を満喫できます。ダイビングポイントもたくさんあるので初心者でも気軽に体験できます。

  • チャイナタウンにあるセントラルマーケットは、お土産を買わなくちゃいけないけど、あんまり時間を取られたくないという時にここだけで色々なお土産が揃うお薦めの場所です。 マレーシアらしいエスニックな小物や、名産のピューターやバティック商品、定番のチョコレートなど色々なお土産が揃っています。

  • スーパーには様々な種類のお土産が揃っていて、ローカルのものだけではなく、定番のお土産もお手ごろな価格で買うことができます。お土産を買い忘れた!もっと買いたいけれど時間がない!という方でも大丈夫。今回はスーパーマーケットで買うことのできる、おすすめのお土産を紹介します。

  • コタキナバルはマレーシアで2番目に大きなサバ州の州都であり、東マレーシア最大の都市。世界遺産のキナバル公園、美しいビーチやダイビングスポットなど自然豊かなボルネオ島観光の拠点でもあります。町はコンパクトで物価も安く、ショッピングも楽しめる穴場のリゾート。今回はおすすめのホテル5つを厳選してご紹介します。

  • ランカウイといえば、今や高級リゾートで知られるマレーシアの一大観光地。島内全体が免税地区のため質の高いショッピングが楽しめるほか、ヨットハーバーや街に近い華やかな雰囲気のリゾート、熱帯雨林に囲まれた静寂なリゾートもあり、旅の目的に合わせて様々な選択肢があります。今回はJTB現地スタッフがおすすめのホテルを厳選して、5つご紹介します。

  • 東南アジア有数の大都会、マレーシアのクアラルンプール。ビジネスや観光で訪れる人も多いため様々なタイプのホテルがあります。歴史ある優雅な建物、モダンで洗練された内装、ショッピングエリアや観光名所に至近、駅に近くて移動に便利などなど・・。今回は主に観光目的の方たちにおすすめのホテル5つをご紹介します。

  • コタキナバルでは、ノースボルネオ号で行くサンセットクルーズの販売を開始しました。 人気急上昇中のクルーズについて詳しくお知らせします。

  • KLから高速鉄道で2時間半ほどの場所に位置。「マレーシアで3番目に大きな都市」、水が綺麗で食事が美味しいとしてマレーシア人にも人気です。

  • クアラルンプールの動物園「ズー・ネガラ」では、今年1月14日に2頭目となるパンダの赤ちゃんが誕生しました。 5月26日から始まった一般公開では、ガラス越しの近距離で可愛らしい姿を見ることができます。

  • ディーパバリ(Deepavali)とは、別名「光の祭典」とも呼ばれるヒンドゥー教徒のお正月のこと。世界中のヒンドゥー教徒が新年を祝います。ディーパバリの日には、人々は新調した衣装を身にまとってお寺にお参りしたり、親戚や友人の家を訪ねて一緒に食事をしたりお菓子を食べたりします。2018年のディーパバリは11月6日です。

  • クアラルンプールの動物園「ズー・ネガラ」では、今年1月14日に2頭目となるパンダの赤ちゃんが誕生しました。 5月26日から始まった一般公開では、ガラス越しの近距離で可愛らしい姿を見ることができます。

  • ランカウイ諸島は104もの島から成っています。ランカウイ島に次いで大きな島、ダヤンブンチン島への日帰りトリップが要注目!淡水湖でのカヤックや魚釣りなど、ランカウイ島とはひと味違うネイチャーライフが楽しめます。ダヤンブンチン島へは船でわずか15~20分ほど。ランカウイ滞在の1日をより思い出深いものにしてみませんか。

現地レポートをスポットマップから探す!

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ