カンボジアの観光情報

カンボジア 現地レポート

カンボジア在住のJTBスタッフが、
旅のテクニックや現地発の最新情報などをお伝えします。

What's New

カンボジア シェムリアップ 癒しのホテルスパ!

カンボジアの観光といえば世界遺産であるアンコール遺跡群巡り。遺跡巡りを満喫した後は疲れた体をスパで癒すのがおすすめです。街スパから高級リゾートホテルスパまでシェムリアップには魅力的なスパが盛りだくさん!その中でも今回はJTBカンボジアおすすめ「癒しのホテルスパ」をご紹介致します。

2018-09-22

特集

カンボジア旅行に役立つ特集や、現地の体験レポートはここからチェック!現地ツウがナビゲートします。

カンボジア 現地スタッフ テーマ別おすすめ情報

  • すべて
  • 見る
  • 食べる
  • 買う
  • 泊まる
  • 癒される
  • 体験する
  • たとえ時間が限られていても、シェムリアップに来たらぜひ訪れていただきたいのが小さな遺跡「バンテアイ・スレイ」。アンコール遺跡群の寺院などに比べるとはるかに小規模ですが、「東洋のモナリザ」とも称される女神像で世界的に知られている寺院です。そのほほえみのすばらしさは、この遺跡の後に作られることになるアンコールワットの壁画などにも受け継がれ、アンコール芸術を、いっそう華やかでふくいくとした香りに包んでいます。バンテアイ・スレイの魅力をJTB現地スタッフがご案内します。

  • 遺跡のイメージが強いカンボジアですが、観光都市であるシェムリアップには高級リゾートホテルも多く、質の高いアフタヌーンティーは在住者にも人気です。見た目にも華やか、高級リゾートホテルならではの空間とホスピタリティーを堪能して下さい!

  • カンボジアの観光といえば世界遺産であるアンコール遺跡群巡り。遺跡巡りを満喫した後は疲れた体をスパで癒すのがおすすめです。街スパから高級リゾートホテルスパまでシェムリアップには魅力的なスパが盛りだくさん!その中でも今回はJTBカンボジアおすすめ「癒しのホテルスパ」をご紹介致します。

  • たとえ時間が限られていても、シェムリアップに来たらぜひ訪れていただきたいのが小さな遺跡「バンテアイ・スレイ」。アンコール遺跡群の寺院などに比べるとはるかに小規模ですが、「東洋のモナリザ」とも称される女神像で世界的に知られている寺院です。そのほほえみのすばらしさは、この遺跡の後に作られることになるアンコールワットの壁画などにも受け継がれ、アンコール芸術を、いっそう華やかでふくいくとした香りに包んでいます。バンテアイ・スレイの魅力をJTB現地スタッフがご案内します。

  • アジアの、いや世界の至宝の一つとされるアンコールワット遺跡群は、いつ訪れてもすばらしいもの。朝、日中、そして夕暮れとそれぞれの魅力に触れられます。またアンコールワットだけでなく、その周辺の遺跡にも足を延ばすことができます。アンコールワット遺跡群の魅力を、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • カンボジア観光といえばアンコールワットがあまりにも有名ですが、ぜひ訪れていたい遺跡はさまざまにあります。そのひとつが「プレアヴィヒア寺院」。アンコール遺跡群と並びカンボジアの世界遺産に認定されている貴重な遺跡で、何よりそこから眺める絶景が素晴らしいのです!シェムリアップから数時間かかりますが、日帰りも可能です。その魅力をJTB現地スタッフがご紹介しましょう。

  • 遺跡のイメージが強いカンボジアですが、観光都市であるシェムリアップには高級リゾートホテルも多く、質の高いアフタヌーンティーは在住者にも人気です。見た目にも華やか、高級リゾートホテルならではの空間とホスピタリティーを堪能して下さい!

  • シェムリアップと言えばアンコール王朝時代の遺跡観光がメインですが、遺跡以外にも楽しめるんです。今回はそんな街の様子をご紹介しましょう!昔ながらのカンボジアらしい市場から、ヨーロピアンスタイルのおしゃれなカフェまで揃うオールドマーケット周辺。ノスタルジックな雰囲気に思わず、カンボジアのイメージが変わるのではないでしょうか。ここはアジアなのか?西洋なのか?そんな錯覚までしてしまうはずです。

  • シェムリアップ近郊には、東南アジア最大の湖・トンレサップ湖があります。この湖、なんと乾季と雨季で大きさが変わり、水量が増加する雨季にはその面積は3倍以上に膨張します。海と錯覚しそうな湖には、なんと2万戸以上の水上家屋があり、世界最大級の水上村が築かれています。日本では見ることができない巨大湖の水上生活に触れるクルーズを、ご紹介しましょう。

  • 旅のお楽しみといえば、やはりお買い物。「カンボジアといえばコレ!」という特産品についてはまだまだ日本ではイメージが薄いようで「おすすめのお土産」に関する質問をよく受けます。職場や友人へのお土産から、旅の思い出として自分への一品まで、シェムリアップお買い物巡りおすすめ店をご紹介致します!

  • シェムリアップと言えばアンコール王朝時代の遺跡観光がメインですが、遺跡以外にも楽しめるんです。今回はそんな街の様子をご紹介しましょう!昔ながらのカンボジアらしい市場から、ヨーロピアンスタイルのおしゃれなカフェまで揃うオールドマーケット周辺。ノスタルジックな雰囲気に思わず、カンボジアのイメージが変わるのではないでしょうか。ここはアジアなのか?西洋なのか?そんな錯覚までしてしまうはずです。

  • シェムリアップ近郊には、東南アジア最大の湖・トンレサップ湖があります。この湖、なんと乾季と雨季で大きさが変わり、水量が増加する雨季にはその面積は3倍以上に膨張します。海と錯覚しそうな湖には、なんと2万戸以上の水上家屋があり、世界最大級の水上村が築かれています。日本では見ることができない巨大湖の水上生活に触れるクルーズを、ご紹介しましょう。

  • 遺跡のイメージが強いカンボジアですが、観光都市であるシェムリアップには高級リゾートホテルも多く、質の高いアフタヌーンティーは在住者にも人気です。見た目にも華やか、高級リゾートホテルならではの空間とホスピタリティーを堪能して下さい!

  • カンボジアの観光といえば世界遺産であるアンコール遺跡群巡り。遺跡巡りを満喫した後は疲れた体をスパで癒すのがおすすめです。街スパから高級リゾートホテルスパまでシェムリアップには魅力的なスパが盛りだくさん!その中でも今回はJTBカンボジアおすすめ「癒しのホテルスパ」をご紹介致します。

  • 仏教、ヒンドゥー教、ネアックター(精霊信仰)、カンボジアはパワースポットやスピリチュアルポイントの宝庫です。折角カンボジアを訪れるなら遺跡はもちろん、パワースポットめぐりで心身のリフレッシュをしていきましょう!

  • 2017年、カンボジアに3つ目の世界遺産が誕生しました! 第1号「アンコール遺跡群」第2号「プレアヴィヒア遺跡」に続くカンボジア第3号の世界遺産に登録をされたのは、森の寺院「サンボープレイクック遺跡群」です。

  • たとえ時間が限られていても、シェムリアップに来たらぜひ訪れていただきたいのが小さな遺跡「バンテアイ・スレイ」。アンコール遺跡群の寺院などに比べるとはるかに小規模ですが、「東洋のモナリザ」とも称される女神像で世界的に知られている寺院です。そのほほえみのすばらしさは、この遺跡の後に作られることになるアンコールワットの壁画などにも受け継がれ、アンコール芸術を、いっそう華やかでふくいくとした香りに包んでいます。バンテアイ・スレイの魅力をJTB現地スタッフがご案内します。

  • カンボジアの観光といえば世界遺産であるアンコール遺跡群巡り。遺跡巡りを満喫した後は疲れた体をスパで癒すのがおすすめです。街スパから高級リゾートホテルスパまでシェムリアップには魅力的なスパが盛りだくさん!その中でも今回はJTBカンボジアおすすめ「癒しのホテルスパ」をご紹介致します。

  • アジアの、いや世界の至宝の一つとされるアンコールワット遺跡群は、いつ訪れてもすばらしいもの。朝、日中、そして夕暮れとそれぞれの魅力に触れられます。またアンコールワットだけでなく、その周辺の遺跡にも足を延ばすことができます。アンコールワット遺跡群の魅力を、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

現地レポートをスポットマップから探す!

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ