カンボジアの観光情報

カンボジア 現地レポート

カンボジア在住のJTBスタッフが、
旅のテクニックや現地発の最新情報などをお伝えします。

What's New

知って役立つ!カンボジアの「通貨・両替・チップ・物価」事情

世界中から観光客が訪れるカンボジアですが、通貨や物価、チップなどは、現地ではどうなっているの?と、行くまで意外とわからないのがお金に関する情報です。予算は?クレジットカードは?両替は?などなど旅に不可欠な、「お金にまつわるあれこれ」をJTB現地スタッフがご案内しましょう。

2018-07-02

特集

カンボジア旅行に役立つ特集や、現地の体験レポートはここからチェック!現地ツウがナビゲートします。

カンボジア 現地スタッフ テーマ別おすすめ情報

  • すべて
  • 見る
  • 食べる
  • 買う
  • 癒される
  • 体験する
  • 世界中から観光客が訪れるカンボジアですが、通貨や物価、チップなどは、現地ではどうなっているの?と、行くまで意外とわからないのがお金に関する情報です。予算は?クレジットカードは?両替は?などなど旅に不可欠な、「お金にまつわるあれこれ」をJTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • 2017年、カンボジアに3つ目の世界遺産が誕生しました! 第1号「アンコール遺跡群」第2号「プレアヴィヒア遺跡」に続くカンボジア第3号の世界遺産に登録をされたのは、森の寺院「サンボープレイクック遺跡群」です。

  • シェムリアップで最も熱いエンターテイメント! 笑いと感動を巻き起こす動き、表現、物語、在住者にもファンの多いカンボジアサーカス ファー、シェムリアップにお越しの際には是非ご覧下さい!

  • 世界中から観光客が訪れるカンボジアですが、通貨や物価、チップなどは、現地ではどうなっているの?と、行くまで意外とわからないのがお金に関する情報です。予算は?クレジットカードは?両替は?などなど旅に不可欠な、「お金にまつわるあれこれ」をJTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • 2017年、カンボジアに3つ目の世界遺産が誕生しました! 第1号「アンコール遺跡群」第2号「プレアヴィヒア遺跡」に続くカンボジア第3号の世界遺産に登録をされたのは、森の寺院「サンボープレイクック遺跡群」です。

  • シェムリアップで最も熱いエンターテイメント! 笑いと感動を巻き起こす動き、表現、物語、在住者にもファンの多いカンボジアサーカス ファー、シェムリアップにお越しの際には是非ご覧下さい!

  • シェムリアップと言えばアンコール王朝時代の遺跡観光がメインですが、遺跡以外にも楽しめるんです。今回はそんな街の様子をご紹介しましょう!昔ながらのカンボジアらしい市場から、ヨーロピアンスタイルのおしゃれなカフェまで揃うオールドマーケット周辺。ノスタルジックな雰囲気に思わず、カンボジアのイメージが変わるのではないでしょうか。ここはアジアなのか?西洋なのか?そんな錯覚までしてしまうはずです。

  • シェムリアップ近郊には、東南アジア最大の湖・トンレサップ湖があります。この湖、なんと乾季と雨季で大きさが変わり、水量が増加する雨季にはその面積は3倍以上に膨張します。海と錯覚しそうな湖には、なんと2万戸以上の水上家屋があり、世界最大級の水上村が築かれています。日本では見ることができない巨大湖の水上生活に触れるクルーズを、ご紹介しましょう。

  • シェムリアップと言えばアンコール王朝時代の遺跡観光がメインですが、遺跡以外にも楽しめるんです。今回はそんな街の様子をご紹介しましょう!昔ながらのカンボジアらしい市場から、ヨーロピアンスタイルのおしゃれなカフェまで揃うオールドマーケット周辺。ノスタルジックな雰囲気に思わず、カンボジアのイメージが変わるのではないでしょうか。ここはアジアなのか?西洋なのか?そんな錯覚までしてしまうはずです。

  • シェムリアップ近郊には、東南アジア最大の湖・トンレサップ湖があります。この湖、なんと乾季と雨季で大きさが変わり、水量が増加する雨季にはその面積は3倍以上に膨張します。海と錯覚しそうな湖には、なんと2万戸以上の水上家屋があり、世界最大級の水上村が築かれています。日本では見ることができない巨大湖の水上生活に触れるクルーズを、ご紹介しましょう。

  • 2017年、カンボジアに3つ目の世界遺産が誕生しました! 第1号「アンコール遺跡群」第2号「プレアヴィヒア遺跡」に続くカンボジア第3号の世界遺産に登録をされたのは、森の寺院「サンボープレイクック遺跡群」です。

  • シェムリアップと言えばアンコール王朝時代の遺跡観光がメインですが、遺跡以外にも楽しめるんです。今回はそんな街の様子をご紹介しましょう!昔ながらのカンボジアらしい市場から、ヨーロピアンスタイルのおしゃれなカフェまで揃うオールドマーケット周辺。ノスタルジックな雰囲気に思わず、カンボジアのイメージが変わるのではないでしょうか。ここはアジアなのか?西洋なのか?そんな錯覚までしてしまうはずです。

  • 2017年、カンボジアに3つ目の世界遺産が誕生しました! 第1号「アンコール遺跡群」第2号「プレアヴィヒア遺跡」に続くカンボジア第3号の世界遺産に登録をされたのは、森の寺院「サンボープレイクック遺跡群」です。

  • シェムリアップで最も熱いエンターテイメント! 笑いと感動を巻き起こす動き、表現、物語、在住者にもファンの多いカンボジアサーカス ファー、シェムリアップにお越しの際には是非ご覧下さい!

  • カンボジアの遺跡はシェムリアップだけにあるのではありません。かつて東南アジアに一大帝国を築いたアンコール王朝は、ベトナムからタイに至るまで、インドシナ半島各地にさまざまな建造物を残しました。そのひとつが「バンテアイチュマール」。アンコールワットから北西に約150km、タイ国境近くにある壮大な遺跡です。その魅力と行き方を、JTB現地スタッフがご案内します。

現地レポートをスポットマップから探す!

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ