ベトナムの観光情報

ベトナム 現地レポート

ベトナム在住のJTBスタッフが、
旅のテクニックや現地発の最新情報などをお伝えします。

What's New

古のベトナムを感じる世界遺産ホアルー

ハノイの南約114キロにあるホアルーは、かつて都がおかれていた由緒ある町。現在でもその残り香を、そこここに感じることができます。それまでも、ハノイから日帰りで観光できるため、ベトナムのローカルの人々にはよく知られた観光地でしたが、2014年に、近郊のチャンアンなどとともに世界複合遺産として登録されて以降、多くの外国人観光客にも知られるようになりました。情緒漂う古都ホアルーの魅力をご紹介しましょう。

2018-10-26

ニュース

現地在住のスタッフが、最新のベトナムの情報をお知らせします!

特集

ベトナム旅行に役立つ特集や、現地の体験レポートはここからチェック!現地ツウがナビゲートします。

ベトナム 現地スタッフ テーマ別おすすめ情報

  • すべて
  • 見る
  • 食べる
  • 買う
  • 泊まる
  • 癒される
  • 体験する
  • ハノイの南約114キロにあるホアルーは、かつて都がおかれていた由緒ある町。現在でもその残り香を、そこここに感じることができます。それまでも、ハノイから日帰りで観光できるため、ベトナムのローカルの人々にはよく知られた観光地でしたが、2014年に、近郊のチャンアンなどとともに世界複合遺産として登録されて以降、多くの外国人観光客にも知られるようになりました。情緒漂う古都ホアルーの魅力をご紹介しましょう。

  • ホーチミン市内観光、ドンコイ通りでお買い物、ベトナム料理、スパ・・・市内を満喫したあとは足を伸ばしてメコンデルタまで出かけてみませんか?メコン川は中国、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムを流れる東南アジア最長の川(4,350km)です。今回は、悠然と流れるメコン川の終着地メコンデルタへの旅を具体的にご紹介します!

  • ハノイの近郊にあるバッチャン村は、人気の陶器「バッチャン焼」の本場です。村全体が陶器市場と言っても過言ではないほど、村のいたるところに陶器店が並んでいます。とんぼや金魚、花などかわいい絵柄とそぼくな風合いで日本でも人気の高いバッチャン焼を、現地でぜひ見てみませんか。JTB現地スタッフが魅力をご案内します。

  • ハノイの南約114キロにあるホアルーは、かつて都がおかれていた由緒ある町。現在でもその残り香を、そこここに感じることができます。それまでも、ハノイから日帰りで観光できるため、ベトナムのローカルの人々にはよく知られた観光地でしたが、2014年に、近郊のチャンアンなどとともに世界複合遺産として登録されて以降、多くの外国人観光客にも知られるようになりました。情緒漂う古都ホアルーの魅力をご紹介しましょう。

  • ホーチミン市内観光、ドンコイ通りでお買い物、ベトナム料理、スパ・・・市内を満喫したあとは足を伸ばしてメコンデルタまで出かけてみませんか?メコン川は中国、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムを流れる東南アジア最長の川(4,350km)です。今回は、悠然と流れるメコン川の終着地メコンデルタへの旅を具体的にご紹介します!

  • ハノイの近郊にあるバッチャン村は、人気の陶器「バッチャン焼」の本場です。村全体が陶器市場と言っても過言ではないほど、村のいたるところに陶器店が並んでいます。とんぼや金魚、花などかわいい絵柄とそぼくな風合いで日本でも人気の高いバッチャン焼を、現地でぜひ見てみませんか。JTB現地スタッフが魅力をご案内します。

  • ホーチミン市内観光、ドンコイ通りでお買い物、ベトナム料理、スパ・・・市内を満喫したあとは足を伸ばしてメコンデルタまで出かけてみませんか?メコン川は中国、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムを流れる東南アジア最長の川(4,350km)です。今回は、悠然と流れるメコン川の終着地メコンデルタへの旅を具体的にご紹介します!

  • ベトナムを旅する楽しみは、プチプラなアジアン雑貨探し、そしてこちらも安くておいしいベトナムグルメ食べ歩き、ではないでしょうか。南北に細長いベトナムでは、北部ハノイと中部ダナン、南部ホーチミンでは料理の味つけや名物ががらりと変わります。 各地域でどんな味や料理になっているでしょう。JTB現地スタッフがご紹介します。

  • 2014年のオープン以来、ホーチミンで隠れた人気レストランとなっている暗闇レストラン「Noir(ノアール)」。ノアールとはフランス語で「黒い、暗闇」という意味ですが、このレストランはその名の通り、真っ暗な中で料理をいただく、不思議なレストラン。何も見えない中で食べる食事ってどんなものでしょう。JTB現地スタッフがご紹介しましょう。

  • ハノイの近郊にあるバッチャン村は、人気の陶器「バッチャン焼」の本場です。村全体が陶器市場と言っても過言ではないほど、村のいたるところに陶器店が並んでいます。とんぼや金魚、花などかわいい絵柄とそぼくな風合いで日本でも人気の高いバッチャン焼を、現地でぜひ見てみませんか。JTB現地スタッフが魅力をご案内します。

  • ベトナムに行くと、一度は目にする民族衣装「アオザイ」。可憐で清楚な姿に、思わず足を止めてしまいます。ホーチミンなど大都市では、アオザイをオーダーメードしたり、アオザイをレンタルしての写真撮影などあって、いろいろに楽しむことができます。また女性の服というイメージですが、実は男性用のものもあって、カップルで楽しむ旅行者も意外と多いのです。アオザイの魅力をJTB現地スタッフがご案内します。

  • 「安くてカワイイ」というイメージで語られがちのベトナムの雑貨や商品。お土産はどうしよう、と意外と悩んでしまう方も多いのでは。けれど散策してみると食品から雑貨、そしてコスメまで、手軽に買えるのにクオリティが高くて喜ばれるお土産にたくさん出合える、楽しい街なのです。JTB現地スタッフが、手軽で楽しくて喜ばれること太鼓判の品々を、ご紹介しましょう。

  • ハノイに世界文化遺産があるのをご存じですか?ホーチミン廟に隣接するタンロン城址です。1804年に都をフエに移すまで、およそ800年間ベトナム王朝の王宮が置かれていたのがこの城址。これまではあまり知られていませんでしたが2010年に世界文化遺産に指定され、観光客に注目され始めています。朝からランチを楽しむ半日の観光ツアーがございます。同じく世界文化遺産に指定されているハノイ郊外の胡朝城址とともにご紹介しましょう。

  • 2014年末にオープンした「ザ・レヴェリー・サイゴン(The Reverie Saigon)」は、設備はもちろんスタッフ、レストランなどあらゆるサービスが高く評価される注目のホテルです。ラグジュアリーホテルが充実してきたホーチミンは、ホテルライフの楽しみも増えてきました。その一方、クラシカルな佇まいでファンを引きつけるコロニアル時代のホテルも、見逃せません。ホーチミンのホテルの魅力を、現地スタッフが厳選してご案内します。

  • ホーチミン市内観光、ドンコイ通りでお買い物、ベトナム料理、スパ・・・市内を満喫したあとは足を伸ばしてメコンデルタまで出かけてみませんか?メコン川は中国、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムを流れる東南アジア最長の川(4,350km)です。今回は、悠然と流れるメコン川の終着地メコンデルタへの旅を具体的にご紹介します!

  • ベトナム中部のホイアンは、交易の中心として長く栄えてきた歴史ある街で世界文化遺産に指定されています。かつての、多くの外国人が行き交い活気に満ちていた頃の面影を今に残し、数百年前の街並みが美しく保存されています。ホイアンを訪れるとどこか懐かしくなって、ついつい長居してしまいます。そんな穏やかな時間が流れる古都の魅力を、近郊の遺跡観光とともにJTB現地スタッフがご案内します。

  • ベトナムに行くと、一度は目にする民族衣装「アオザイ」。可憐で清楚な姿に、思わず足を止めてしまいます。ホーチミンなど大都市では、アオザイをオーダーメードしたり、アオザイをレンタルしての写真撮影などあって、いろいろに楽しむことができます。また女性の服というイメージですが、実は男性用のものもあって、カップルで楽しむ旅行者も意外と多いのです。アオザイの魅力をJTB現地スタッフがご案内します。

  • ハノイの南約114キロにあるホアルーは、かつて都がおかれていた由緒ある町。現在でもその残り香を、そこここに感じることができます。それまでも、ハノイから日帰りで観光できるため、ベトナムのローカルの人々にはよく知られた観光地でしたが、2014年に、近郊のチャンアンなどとともに世界複合遺産として登録されて以降、多くの外国人観光客にも知られるようになりました。情緒漂う古都ホアルーの魅力をご紹介しましょう。

  • ホーチミン市内観光、ドンコイ通りでお買い物、ベトナム料理、スパ・・・市内を満喫したあとは足を伸ばしてメコンデルタまで出かけてみませんか?メコン川は中国、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムを流れる東南アジア最長の川(4,350km)です。今回は、悠然と流れるメコン川の終着地メコンデルタへの旅を具体的にご紹介します!

  • ベトナムを旅する楽しみは、プチプラなアジアン雑貨探し、そしてこちらも安くておいしいベトナムグルメ食べ歩き、ではないでしょうか。南北に細長いベトナムでは、北部ハノイと中部ダナン、南部ホーチミンでは料理の味つけや名物ががらりと変わります。 各地域でどんな味や料理になっているでしょう。JTB現地スタッフがご紹介します。

現地レポートをスポットマップから探す!

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ