シンガポールの観光情報

ファミリーでシンガポール旅行

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールのリゾートアイランドといえば、セントーサ島。なかでも、人気の上位にランクされるアトラクションがユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)。以前にも、USSについては、取り上げていますが、今回は、必ず体験したいアトラクションを厳選してJTB現地スタッフがご案内します!

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールのリゾートアイランドといえば、セントーサ島。ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)などの人気お遊びスポットが点在しています。自然が好きで、身体を動かすのが大好きな人、スリル満点アドベンチャー好きな人におすすめしたい、アドレナリン全開、迫力マックスのアクティビティをJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールの目抜き通りオーチャードロード。世界に知られた高級ブランドから、地元デザイナーの各種ブランド、アジアン雑貨など、ショッピングの魅力は尽きません。ショッピングフリーク向け、オーチャードロードとサマセット界隈の便利で快適なホテル5選をJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    旅行者にとって公共エリアで気軽に、しかも無料でWi-Fiを利用できるというのは、とてもありがたいこと。シンガポールでは空の玄関口チャンギ空港はもちろん、ホテル、観光施設、カフェやショッピングセンター、MRTの駅など、公共の場で気軽に、無料でインターネットに接続できます。シンガポールのWi-Fi事情についてJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールの夜のお楽しみといえば、煌びやかな夜景!ビル群のライトアップだけでなく、時には水と音、光の演出が加えられ、印象深い美しい夜景が広がります。とりわけ、マリーナベイ地区の夜景は、圧倒的な迫力と想像以上の光の演出に息をのむほど。マリーナベイ地区の三大夜景スポットをJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    夜でも外にいると汗ばむシンガポールで、冷えたタイガービールは乾いた喉をすっきりと潤してくれます。多くのものを輸入に頼っているシンガポールですが、タイガービールはこの国の数少ない「ご当地もの」。工場見学とビールの試飲、そしてシンガポールならではのお土産としてタイガービールのグッズが豊富に揃う工場見学ツアーをJTB現地スタッフが紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポール滞在中に日帰りで隣国マレーシアの世界遺産都市マラッカ観光を楽しみませんか? 大航海時代の面影を残す世界遺産の古都マラッカへはシンガポールからバスで便利にアクセスできます。マラッカの魅力とシンガポールからの行き方をJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールのリゾートアイランド、セントーサ島は、誰もが楽しめるアトラクションやアクティビティ満載です。ユニバーサル・スタジオ・シンガポールに代表されるテーマパーク、水族館、ビーチとビーチ沿いのカフェ、ラグジュアリーなリゾートホテルでのホテル滞在やスパ、子供向けのスペースも。セントーサ島のアトラクション&アクティビティにフォーカスし、遊びつくしたいスポットをJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    清潔で社会インフラが整備されているシンガポールは子連れ旅行先としてもおすすめ。動物や植物、野鳥などをテーマにしたテーマパークは「学び」や「気づき」も多く、大いに好奇心を刺激してくれます。またビーチや自然保護区は無料で楽しめます。JTB現地スタッフが数あるファミリー向け観光スポットの中から厳選してご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールといえば、近代都市のイメージが強いのですが、中心街から少し離れるだけでマングローブの林が広がる自然が保全され、カワウソ、昆虫、爬虫類など水辺の生物も数多く生息しています。シンガポールリピーターや家族連れ、野鳥愛好家におすすめのバードウォッチングとネイチャーウォーキングが楽しめるスンゲイ・ブロウ湿地保護区をJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    年中暑いシンガポールでは、公園や町を歩いていて季節の移り変わりを感じることはありません。でも、お祭りやイベントに参加することで、月日の移り変わりを感じます。今回は、日本でいう秋(9~11月)にシンガポールで開催予定の宗教色豊かな祭りと、スポーツイベントをJTB現地スタッフが紹介します。ライトアップされた通りは光が溢れる華やかな時間と空間に彩られます。もちろん、この時期ならではの味覚も楽しめます!

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールにもビーチがあります! しかも砂浜とヤシの木、静かな波際、そして意外(!?)にも透明度のある穏やかな海が広がります。ビーチクラブやバー、レストランで食事をしつつ、ビールを飲みつつ、ビーチで潮風を感じませんか。雰囲気の良いシンガポールのビーチをJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    ロバートソンキーからマリーナベイまでシンガポールリバークルーズを楽しみませんか。川沿いにずらりと並ぶショップハウスと背後の高層ビル、マリーナベイ地区の特徴的な建物など、"古きと新しき"を知るシンガポールらしい風景が楽しめるリバークルーズ。JTB現地スタッフがシンガポール川クルーズを紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポール滞在中、シンガポール市街地のほぼ全域をカバーするMRT(= Mass Rapid Transit)は旅行者にとっても移動手段として強い味方。路線拡張、延伸工事は今も続けられており、地元の人々だけでなく、観光客にとってもより使い勝手の良い公共交通機関になっています。MRTの乗り方と料金について、旅行者向けのパスなども含め、JTB現地スタッフが紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    清潔で緑豊かな国を目指すシンガポール。街の美観を損ねる行為は基本的に禁止です。細かい規則が設けられ、時には高額な罰金が科せられます。でも、こうした規則をあらかじめ知っていれば、なにも心配することはありません。シンガポールを訪れるなら、ぜひ知っておきたい規則をJTB現地スタッフが紹介します。これでシンガポール旅行中も安心です!

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールでは年間の祝日が何日あると思いますか?11日間(※2019年)です。日本の祝日は現在、年間16日間ですので、少ない印象があるかもしれません。シンガポールの祝日は、この国が多民族、多宗教の国であることを思い出させてくれ、町が華やかな雰囲気に包まれます。シンガポールの祝日と、春節(旧正月)について、JTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    旅行前に気になるのはお金のこと。シンガポールの通貨をはじめ、両替やチップ、現地の物価まで、気になるシンガポールの「お金」事情をJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    今やマリーナベイ地区は、シンガポール滞在中に必ず1度は訪れたいスポットです。イベントが開催されていたり、新しい発見があったりと、いつも何か楽しみがあります。今回は、世界最大級、アジア最大の観覧車「シンガポール・フライヤー」をJTB現地スタッフがご紹介します。2008年に一般公開されて以来、シンガポールでもトップ10の人気を誇るアトラクションです。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    常夏の国シンガポール。年間を通して高温多湿、雨季と乾季があり、雨季にはスコールと呼ばれる短時間の激しい雨に見舞われます。スコール、気温、屋内の冷房、高級レストランやカジノ、宗教施設など、シンガポールの知っておきたい天気と服装、ドレスコードについてJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールは多民族、多文化国家です。中華、マレーシア、インド、アラブ、そして英国と、様々な文化が入り混じっています。当然、食文化もしかり。美食の国シンガポールを訪れたら、絶対食べたい、食べないと後悔するシンガポールの名物料理が数々ありますが、その中から5品を現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    今やシンガポールでぜひとも訪れたいスポットとなった一大エンターテイメント観光施設マリーナベイ・サンズ。「屋上展望デッキの絶景プールからシンガポールの摩天楼を見下ろしたい!」と思っている人も多いのではないでしょうか。カジノ、劇場、ミュージアム、地上200mの絶景プールまで、マリーナベイ・サンズの設備を紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    旅先でのお土産選びは、時に大変と思えることもありますが、やはり楽しいものです。家族へ、同僚へ、友人へ、そして自分へのお土産も!数あるお土産グッズや食品の中から、「これなら間違いない!」と思えるシンガポール土産TOP5を現地スタッフが紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    星の数ほどホテルが点在するシンガポール。世界的に展開するホテルチェーンから、リーズナブルなホテル、ブティックホテル、歴史的な建造物を改装したホテルも。これらの中から5選を紹介するのは、ある意味至難の業ですが、泊まってみたいシンガポールの人気ホテル5軒を選び、特におすすめのポイントを紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールの一の繁華街がオーチャード・ロード周辺に広がっているのですが、一歩裏手に入れば、閑静な住宅街になっています。表の通りとは打って変わって、そこには、周辺住民の憩いの場になっている公園やおしゃれなカフェ、ローカルフードの美味しい店があります。今回は、地元住民ならではのお散歩コースをご紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    物価が高いシンガポールは、観光も一苦労?!ちょっと待ってください。お金をかけずに楽しむことができる観光地シンガポールにはありますよ!


  • JTBシンガポール支店

    自然が少ないと言われるシンガポール。確かに、道路も街路樹も全てが整理され、近代的なビルが立ち並び、国全体が統一されていいます。マウントフェーバー(Mount Faber)は、そんな統治されたシンガポールならではの、近代と自然が融合したハイキングコースです。少し早起きして、健康的なシンガポールの午前中を満喫してみませんか?


  • JTBシンガポール支店

    シンガポール内のゆっくりお散歩してみたくなるような場所をご紹介します。観光やショッピングだけではないシンガポールの魅力をお届します。


  • JTBシンガポール支店

    日本とシンガポールは2016年、外交関係樹立50周年(SJ50)を迎えました。年間を通してさまざまな記念イベントや事業、キャンペーンなどの実施が期待されます。すでにSJ50記念として、シンガポールでは割引きや無料サービスなどがスタート。今後、映画祭やフードフェスティバルなども予定されています。


  • JTBシンガポール支店

    2015年11月末にオープンしたナショナル・ギャラリー・シンガポールへ行ってきました。MRTシティホール駅からも至近で、アクセスも抜群。東南アジア最大の現代アートの美術館で、シンガポールと東南アジアの現代アートにフォーカスしています。歴史的建造物と現代建築が融合したシンガポールらしさを感じるギャラリーの外観もステキ。JTB現地スタッフがご紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    MRTダウンタウン線(DT Line)の延伸区間、ブギス駅~ブギバンジャン駅まで(12駅)が2015年12月27日、開業しました。これにより、延伸区間上にある、リトルインディア駅ではMRT北東線に、ニュートン駅ではMRT南北線に、ボタニックガーデンズ駅ではMRTサークル線にそれぞれ接続でき、中心部での移動がよりスムーズになりました。JTB現地スタッフが紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールを訪れたら、ぜひ一度は行ってほしいのがホーカーです!早朝から夜遅くまで、年中無休で営業するホーカーは、シンガポール人の胃袋を満たしてくれる強い味方。安くて美味しくて、味のバリエーションも豊富なホーカーとその定番メニューからおすすめの品5選をJTB現地スタッフが紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    交通網が発達して旅行者も移動しやすいシンガポールですが、もっと便利だったら...と思うことはありませんか?例えばタクシースタンドに並んで順番が来るのをずっと待っている時や、路線バスでもっとお得に旅したいのにいまイチ利用法がわからない時...。そんな時のお役立ちアプリがいろいろとできています。中でも簡単で旅行者にも使いやすいおすすめのアプリを、JTB現地スタッフがご紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールが世界に誇るチャンギ国際空港は、その使い勝手の良さとともに、空港のターミナルに滞在することが楽しくなるような設備が揃っています。突然の飛行機の遅延などで空港ターミナル内で待たなければならない時にも退屈することなく、楽しく便利に過ごすことができるはず。チャンギ国際空港の"お得"と"便利"をJTB現地スタッフが紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールに待望の世界遺産が誕生しました。シンガポール初となる世界遺産は、市街地中心部にある都会のオアシス、シンガポール植物園(Singapore Botanic Gardens)です。JTB現地スタッフが世界文化遺産「シンガポール・ボタニックガーデン(シンガポール植物園)」を紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールから日帰りで行けるインドネシア領ビンタン島が、これまで以上に気軽に出かけられるビーチリゾートになりました。日本国籍のパスポート所持者は、観光目的でビンタン島を訪れる場合、到着ビザとビザ取得料(Visa Fee)が不要となりました。


  • JTBシンガポール支店

    きらめく夜景はシンガポールの代名詞。今回は、JTB現地スタッフが厳選した「夜景を楽しむシンガポールの高い所ベスト5」をご紹介します。市街地を一望にし、光り輝く夜景を見に高い所へ行こう!


  • JTBシンガポール支店

    赤道直下の国シンガポールはフルーツ天国。生活の身近なところにたくさんのフルーツがあって、おやつにスナックのようにして食べられます。日本で買うととても高価な果物であっても、シンガポールではとてもお安い!今回は、JTB現地スタッフが、シンガポールに来たら絶対食べたいフルーツ5選を紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    中秋節といえば、欠かせないのが月餅。中秋節の1カ月ほど前から町中至る所で月餅を目にします。焼きタイプと生タイプのほか、スターバックスやハーゲンダッツ、洋菓子店やカフェなどによるアレンジの利いた楽しい、ユニークな月餅も登場。JTB現地スタッフがシンガポールの月餅をご紹介。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールと言えば、マーライオン。シンガポールとマーライオンは切ってもきれない関係にあります。旅行中、マーライオンを見かけるチャンスはたくさん。シンガポールにはいったい何頭のマーライオン像が存在するのだろう? JTB現地スタッフがマーライオンを探しに町へ繰り出しました!


  • JTBシンガポール支店

    2015年、シンガポールは建国50周年(SG50)を迎え、お祝いムードに包まれています。マリーナベイ地区の宇宙船のようなホテルや、最新の未来的な植物園など、何をするにもその徹底ぶり(!?)が何かと話題のシンガポール。「SG50」関連の主なイベントや祭り、お得情報をJTB現地スタッフがご紹介!


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールの世界最大級の水族館、シー・アクアリウム内の癒やしスポットをJTB現地スタッフがご紹介!セントーサ島の人気スポット「マリンライフパーク」内にあり、癒やしを求める大人向けの水族館をご案内します。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールでも一番人気のナイトサファリの魅力は、一般的な動物園のように柵やオリがなく、2500以上もの動物を野生に近い状態で展示していること。夜行性動物の生態を間近に見ることができます。昼間の動物園とはまったく異なるナイトサファリは、大人が存分に楽しめる動物園。ここではその楽しみ方をJTB現地スタッフが紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    何度訪れても、毎回新たな楽しみや発見のあるシンガポール。想像力とスケールの大きさで他国を圧倒するシンガポールですが、ここではセントーサ島の楽しみ方をテーマ別にご紹介。セレブ感を味わう、スリルを味わう、癒されるなどテーマ別に見逃せないスポットをJTB現地スタッフが紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    クリスマスというと、ヨーロッパを思い浮かべる人も多いと思います。キリスト教徒が多く暮らす常夏のシンガポールでは、豪華なクリスマス・イルミネーションが楽しめます。シンガポールの目抜き通り、約2kmに及ぶオーチャードロードでの恒例のクリスマス・ライトアップは2014年は11月15日~2015年1月1日の間、行われることになりました。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールには、海洋水族園マリンライフ・パーク、ナイトサファリなど、いくつかテーマパークがありますが、セントーサ島にあるハリウッド映画のテーマパーク「ユニバーサルスタジオ・シンガポール(USS)」にも出かけてみませんか。ユニバーサルスタジオの行き方や日本のUSJにはないアトラクション、おすすめのお土産情報をJTB現地スタッフが紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    赤道直下のシンガポールにある海洋水族園マリンライフ・パーク。総水量世界一級を誇る水族館「シー・アクアリウム™」と、水のアドベンチャーパーク「アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク™」からなる一大海洋水族園です。シュノーケリングで魚たちを間近にみたり、全長620mの流れるプールがあったりと、驚きと楽しさ、そして涼しさいっぱいの水族館です。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポール旅行者の目的で案外多いのは食!中国系、マレー系、インド系など様々な民族が入り混じっている国家だからこそ、多種多様な料理を楽しむことができます。それぞれ違ったよさがあるのでおすすめを聞かれてもいつも迷ってしまうのですが、今回は日本人なら1度は食べたい、ペーパーチキン超有名人気店「ヒルマン・レストラン/嘉臨門大飯店」をご紹介します!


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールから簡単にアクセスできるマレーシア・ジョホールバル。シンガポールとは異なる雰囲気の町並みも魅力ですが、最新スポットは、子どもも大人も大好きなレゴのテーマパーク「レゴランド・マレーシア」と、「ジョホール・プレミアム・アウトレット」。シンガポールにはないアトラクションが魅力です。


  • JTBシンガポール支店

    しばし都会の喧騒を離れて、手付かずの自然が残るインドネシア領ビンタン島へと出かけませんか? 高級ホテルが点在し、マリンスポーツが存分に楽しめるビンタン島はシンガポールから日帰りで楽しめるビーチリゾートです。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールにはテーマが異なる動物公園がいくつもあります。隣接する人気の高いリバーサファリ、ナイトサファリ、シンガポール動物園それぞれの楽しみ方をご紹介します。どこに行くか迷っている読者必読です。


  • JTBシンガポール支店

    マンダイ地区に2013年にソフトオープンしていたリバーサファリがこのほどグランドオープン!見どころのライド系アトラクション「アマゾンリバー・クエスト」も本格稼働となりました。世界の8つの大河を再現し、6000以上の淡水性動物や川辺に生息する陸生動物を集めたアジア初の「川」をテーマにした動物公園です。ジャイアントパンダにも会えますよ。

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ