シンガポールの観光情報

シンガポールで体験する

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールのリゾートアイランドといえば、セントーサ島。なかでも、人気の上位にランクされるアトラクションがユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)。以前にも、USSについては、取り上げていますが、今回は、必ず体験したいアトラクションを厳選してJTB現地スタッフがご案内します!

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールのリゾートアイランドといえば、セントーサ島。ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)などの人気お遊びスポットが点在しています。自然が好きで、身体を動かすのが大好きな人、スリル満点アドベンチャー好きな人におすすめしたい、アドレナリン全開、迫力マックスのアクティビティをJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    観光地として大人から子供まで人気のシンガポールですが、女子旅デスティネーションとしても見逃せません。美味しいものを食べて、ショッピングして、スパでリラックス、夜はナイトクラブへ。英国文化と中国文化、さらにはインドやアラブといった多文化都市国家で過ごす数日は充実の一時です。JTB現地スタッフが紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    近代的な建物が並ぶシンガポールですが、伝統的な家屋も残されています。それがショップハウス! かわいいフォトジェニックな建物で、インスタ映えするのはもちろん、カラフルな色の外壁と優雅さのある外観が印象的。今回は、そんな伝統のショップハウスとペラナカン(プラナカン)文化、歴史について、JTB現地スタッフが紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポール滞在中に日帰りで隣国マレーシアの世界遺産都市マラッカ観光を楽しみませんか? 大航海時代の面影を残す世界遺産の古都マラッカへはシンガポールからバスで便利にアクセスできます。マラッカの魅力とシンガポールからの行き方をJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールのリゾートアイランド、セントーサ島は、誰もが楽しめるアトラクションやアクティビティ満載です。ユニバーサル・スタジオ・シンガポールに代表されるテーマパーク、水族館、ビーチとビーチ沿いのカフェ、ラグジュアリーなリゾートホテルでのホテル滞在やスパ、子供向けのスペースも。セントーサ島のアトラクション&アクティビティにフォーカスし、遊びつくしたいスポットをJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    清潔で社会インフラが整備されているシンガポールは子連れ旅行先としてもおすすめ。動物や植物、野鳥などをテーマにしたテーマパークは「学び」や「気づき」も多く、大いに好奇心を刺激してくれます。またビーチや自然保護区は無料で楽しめます。JTB現地スタッフが数あるファミリー向け観光スポットの中から厳選してご紹介します。

  • JTBシンガポール支店
    安田晴美

    シンガポールといえば、近代都市のイメージが強いのですが、中心街から少し離れるだけでマングローブの林が広がる自然が保全され、カワウソ、昆虫、爬虫類など水辺の生物も数多く生息しています。シンガポールリピーターや家族連れ、野鳥愛好家におすすめのバードウォッチングとネイチャーウォーキングが楽しめるスンゲイ・ブロウ湿地保護区をJTB現地スタッフがご紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    物価が高いシンガポールは、観光も一苦労?!ちょっと待ってください。お金をかけずに楽しむことができる観光地シンガポールにはありますよ!


  • JTBシンガポール支店

    シンガポール初のユネスコ世界遺産として登録を受けたシンガポール植物園(Singapore Botanic Gardens)。52ヘクタールの広大な園内の見どころは、蘭園だけではありません!早朝の「太極拳」や夕暮れの「野外コンサート」など、ローカルシンガポーリアン風のちょっぴりコアなボタニックガーデンの休日の過ごし方を紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    交通網が発達して旅行者も移動しやすいシンガポールですが、もっと便利だったら...と思うことはありませんか?例えばタクシースタンドに並んで順番が来るのをずっと待っている時や、路線バスでもっとお得に旅したいのにいまイチ利用法がわからない時...。そんな時のお役立ちアプリがいろいろとできています。中でも簡単で旅行者にも使いやすいおすすめのアプリを、JTB現地スタッフがご紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    2015年、シンガポールは建国50周年(SG50)を迎え、お祝いムードに包まれています。マリーナベイ地区の宇宙船のようなホテルや、最新の未来的な植物園など、何をするにもその徹底ぶり(!?)が何かと話題のシンガポール。「SG50」関連の主なイベントや祭り、お得情報をJTB現地スタッフがご紹介!


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールの多くの建築物やビル建設では、風水がとても重要な役割を果たしています。風水によって建物の位置や角度、形などを決めて、強いプラスの運気をたっぷりと吸収しているのです。ここではサンテックシティ富の泉・シンガポールフライヤー・新加坡佛牙寺龍牙院など、シンガポールのパワースポットを、JTB現地スタッフがご紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールでも一番人気のナイトサファリの魅力は、一般的な動物園のように柵やオリがなく、2500以上もの動物を野生に近い状態で展示していること。夜行性動物の生態を間近に見ることができます。昼間の動物園とはまったく異なるナイトサファリは、大人が存分に楽しめる動物園。ここではその楽しみ方をJTB現地スタッフが紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    マリーナベイ地区の煌めく夜景は、シンガポールの大きな魅力です。滞在中、1度はうっとりするほどの夜景を楽しみながら、食事をしたり、カクテルやワインを楽しみませんか。食べて飲んで夜景が楽しめるルーフトップバーを中心に、大人向けのおすすめ夜のスポットをJTB現地スタッフが紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    多民族国家シンガポールの公用語は英語、マンダリン(北京語)、マレー語、タミル語の4言語です。ショップやレストラン、ホテルなどでは一般的に英語がよく使われますが、シンガポールの英語は、「シングリッシュ」と呼ばれるほど、独特の言い回しやアクセント、発音を含みます。ここではJTB現地スタッフが代表的なシングリッシュをご紹介しましょう。


  • JTBシンガポール支店

    中華系の人々が全人口の7割以上を占めるシンガポールでは、春節(旧正月)はとても盛大な祝祭となります。この時期開かれるイベントをJTB現地スタッフが紹介。


  • JTBシンガポール支店

    何度訪れても、毎回新たな楽しみや発見のあるシンガポール。想像力とスケールの大きさで他国を圧倒するシンガポールですが、ここではセントーサ島の楽しみ方をテーマ別にご紹介。セレブ感を味わう、スリルを味わう、癒されるなどテーマ別に見逃せないスポットをJTB現地スタッフが紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールには、通りを一本入ると雰囲気ががらりと異なる、民族色豊かな街角がたくさんあります。今回は、アラブストリート(カンポン・グラム地区)とブギス地区界隈の見逃せない観光スポットをJTB現地スタッフがご紹介します。水タバコの煙と香水が漂うなかで、異国情緒を楽しみつつ雑貨ショッピングするのが、アラブストリートの魅力。最寄り駅ブギス駅周辺は地元の若者に人気のショッピングエリアでもあります。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールには、通りを一つ隔てると雰囲気ががらりと異なる、民族色豊かな街角が数多くあります。今回は、リトルインディア(インド人街)の見逃せない観光スポットをご紹介します。週末、民族衣装であるサリーを身にまとった女性がショッピングをしたり、家族連れで食事をする姿をよく見かけます。細い路地に入れば、スパイスやジャスミンの花の豊かな香りが漂います。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールには、海洋水族園マリンライフ・パーク、ナイトサファリなど、いくつかテーマパークがありますが、セントーサ島にあるハリウッド映画のテーマパーク「ユニバーサルスタジオ・シンガポール(USS)」にも出かけてみませんか。ユニバーサルスタジオの行き方や日本のUSJにはないアトラクション、おすすめのお土産情報をJTB現地スタッフが紹介します。


  • JTBシンガポール支店

    赤道直下のシンガポールにある海洋水族園マリンライフ・パーク。総水量世界一級を誇る水族館「シー・アクアリウム™」と、水のアドベンチャーパーク「アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク™」からなる一大海洋水族園です。シュノーケリングで魚たちを間近にみたり、全長620mの流れるプールがあったりと、驚きと楽しさ、そして涼しさいっぱいの水族館です。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールは観光スポットも豊富で買い物天国ではあるものの、残念ながら「世界遺産」は今のところありません。しかしお隣のマレーシアまで少し足を伸ばすだけで、2008年にUNESCO世界文化遺産に登録されたマラッカへ日帰りで行くことができるのです!ヨーロッパとアジアを結ぶ貿易の中継点として繁栄し独自の文化を創り出したマラッカ、実際にマイバスで行って来ました!


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールの隣国マレーシアのジョホールバルに行ってみました。きっかけは「物価が高いシンガポールを離れて、ランチでも食べに行こう!」と軽い気持ちから。ところが予想外の大混雑で...


  • JTBシンガポール支店

    シンガポール随一のナイトスポット、クラークキー。食事の後、ボートに乗ってシンガポールリバーからマリーナベイへ。高層ビル群やマーライオン、マリーナベイ・サンズといったシンガポールを代表する建物群の煌めく夜景が存分に楽しめます。


  • JTBシンガポール支店

    自転車の横にサイドカーが取り付けられた乗り物、トライショーをご存じですか?シンガポール名物トライショーに乗って、リトルインディアなどディープな街角を巡ってみましょう!


  • JTBシンガポール支店

    英国生まれの最高級スパESPAは、オープン以来、業界でも高く評価され、セレブにも支持されています。シンガポール最大のスパ施設は贅沢な大人の癒やし空間。最高のスパトリートメントで至福の時を過ごしましょう。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールから簡単にアクセスできるマレーシア・ジョホールバル。シンガポールとは異なる雰囲気の町並みも魅力ですが、最新スポットは、子どもも大人も大好きなレゴのテーマパーク「レゴランド・マレーシア」と、「ジョホール・プレミアム・アウトレット」。シンガポールにはないアトラクションが魅力です。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポール発祥のセントグレゴリー・スパ。中国伝統療法を取り入れたマッサージがメインの施術は、根強い人気を誇ります。高級スパでの極上リラックスタイム。シンガポールに来たら、スパトリートメントは外せません。


  • JTBシンガポール支店

    しばし都会の喧騒を離れて、手付かずの自然が残るインドネシア領ビンタン島へと出かけませんか? 高級ホテルが点在し、マリンスポーツが存分に楽しめるビンタン島はシンガポールから日帰りで楽しめるビーチリゾートです。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポール生まれのカクテル「シンガポール・スリング」は、沈む夕日をイメージし、甘く濃いピンク色をした口当たりのいいカクテルです。この「シンガポール・スリング」を片手に、世界最大の展望観覧車シンガポールフライヤーに乗ることもできるのです。


  • JTBシンガポール支店

    街角で垣間見る多様な文化はシンガポールらしさのひとつ。チャイナタウンやリトルインディア、アラブストリート、プラナカン文化が残されたカトン地区など、街角ごとに雰囲気はガラリと変わり、多民族国家シンガポールらしいチャンプル感に溢れています。


  • JTBシンガポール支店

    シンガポールにはテーマが異なる動物公園がいくつもあります。隣接する人気の高いリバーサファリ、ナイトサファリ、シンガポール動物園それぞれの楽しみ方をご紹介します。どこに行くか迷っている読者必読です。


  • JTBシンガポール支店

    夜景を楽しめるディナーと言っても高層ビルのレストランではありません。なんと観覧車やケーブルカーに乗って光り輝く街並みを見下ろしながら食事できるのです。こんなことシンガポール以外では体験できません!名付けて「スカイダイニング」、それぞれの魅力に迫ります。


  • JTBシンガポール支店

    マンダイ地区に2013年にソフトオープンしていたリバーサファリがこのほどグランドオープン!見どころのライド系アトラクション「アマゾンリバー・クエスト」も本格稼働となりました。世界の8つの大河を再現し、6000以上の淡水性動物や川辺に生息する陸生動物を集めたアジア初の「川」をテーマにした動物公園です。ジャイアントパンダにも会えますよ。

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ