家族旅行におすすめ!セントーサ島でイルカと触れ合えるドルフィンディスカバリー

JTBシンガポール支店
安田晴美

シンガポールにはたくさんのテーマパークやアトラクションがあります。そんな中、イルカに触れ合うことで癒されたい!子供といっしょに思い出深い旅のひと時を過ごしたい!海洋生物が大好き!そんな人にぜひおすすめしたいのが、水のテーマパーク「アドベンチャーコーブ・ウォーターパーク」にあるドルフィンアイランド!イルカと直接触れ合ったり、一緒に泳いだりもできる、そんな体験プログラム。子供が楽しめるのはもちろん、大人の方がもっと楽しいかもしれない、そんなドルフィンアイランドの魅力をJTB現地スタッフがご紹介します。

ボディボードに乗ってイルカと一緒に泳ごう!

イルカに癒されたーい!
触れ合い&一緒に泳ぐドルフィンアイランドのアトラクション

ドルフィンアイランドでは、イルカと触れ合う各種プログラムを提供しているほか、トレーナーやスタッフたちが、イルカの生息地と移動パターン、食事や飼育など、イルカの生態について分かりやすく解説するなど、遊びながら、イルカをはじめとした海洋生物についてより深く知ることのできる観光スポットでもあります。
日本ではなかなか体験できないイルカと触れ合うプログラムの中でも、特に小さな子供連れの家族や泳げない人におススメなのが、「ドルフィン・ディスカバリー」です。ドルフィンアイランドに”暮らす“ミナミバンドウイルカと握手をしたり、撫でたり、触ったり。ウェットスーツに着替えてオリエンテーションを受けたら、浅い専用プールで腰あたりまで水に浸かって水中を歩きながら、人懐っこく賢いイルカたちと約30分間触れ合います。イルカや海がより身近に感じられるプログラムで、4歳以上で参加可能です。

もっとイルカと触れ合いたい人におススメしたいのが、「ドルフィン・アドベンチャー」です。イルカに直接触れたり、キスしたりできるほか、ラグーンプールでボディボードに乗ってイルカといっしょにスイミングも!ボディボードに上半身を乗せて足を水中でだらりとしていると、2頭のイルカがその鼻先で2本の足の裏を押してくれます!まるでイルカと一緒に遊んでいる感覚、そのスピード感を体験できるはず。泳ぎが得意な人が対象ですが、4歳以上の身長115cm以上であれば参加可能。いずれのプログラムでも、参加者にはウェットスーツが貸し出されるため、水着さえ持参していれば、OKです。

愛らしいイルカにノックアウト!子供も大人も楽しめます。

子供も大人も楽しい
アドベンチャーコーブ・ウォーターパークを遊び尽くす

ドルフィンアイランドは、セントーサ島の巨大リゾート施設・リゾート・ワールド™・セントーサ内に位置する水のテーマパーク「アドベンチャーコーブ・ウォーターパーク」(ACW)の中にあります。ACWは、6種類ものウォータースライダーや14ものエリアを通り抜ける全長620mの流れるプールなどエキサイティングなアトラクションが目白押し。特に人気が高いエリアが、シュノーケルを付けて2万匹もの熱帯魚と一緒に泳ぐ「レインボー・リーフ」。キラキラと輝く色とりどりの魚たちが泳ぐ姿を手に触れんばかりの距離で見ることができます。また、磁力で斜面を上ってから滑降する迫力満点の「リップタイド・ロケット」なども見逃せません。同ウォーターパークでは、1日中遊んでいても飽きません。

魚や海を感じながらプールで遊ぼう!

因みに、年間平均気温は24~27度で、昼間は30度超になることもある常夏のシンガポールは、乾季(3~9月頃)と雨季(10~2月頃)の2シーズン。ただ、雨季といっても、1~2時間ほど集中して激しい雨が降るだけで、1日中雨ということはほとんどありません。もっとも、水のテーマパークとドルフィンアイランドで遊ぶので、雨が降ってもへっちゃらです!

いかがでしょう。イルカと触れ合うことで「癒されたーい」人、家族みんなで一緒に海洋生物に触れ合いたい人、暑いシンガポールで“水遊び”したい人にイチオシのドルフィンアイランド。シンガポールで高い人気を誇るアトラクションの1つです。JTBでは、アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークの入場(1日券)とイルカと触れ合うプログラムのチケットをセットにしてご提供中!ぜひご利用ください。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

安田晴美

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ