香港の観光情報

香港 現地レポート

香港在住のJTBスタッフが、
旅のテクニックや現地発の最新情報などをお伝えします。

What's New

オールド香港!クラシックでモダンな水上レストラン「JUMBO」でお食事♪

これまで、「イギリスの文化を受けた香港」や、「大都市香港」にて香港の魅力をお伝えしていましたが、本日は「オールド香港」の代表とも言える水上レストラン「JUMBO」をレポートします。海に浮かぶなんともきらびやかな「JUNBO」はオープン当初はその大きなレストランにもかかわらず、予約も取れず大人気だったとのこと。現在の「JUNBO」をお伝えいたします!

2018-11-21

ニュース

現地在住のスタッフが、最新の香港の情報をお知らせします!

香港 現地スタッフ テーマ別おすすめ情報

  • すべて
  • 見る
  • 食べる
  • 買う
  • 泊まる
  • 癒される
  • 体験する
  • これまで、「イギリスの文化を受けた香港」や、「大都市香港」にて香港の魅力をお伝えしていましたが、本日は「オールド香港」の代表とも言える水上レストラン「JUMBO」をレポートします。海に浮かぶなんともきらびやかな「JUNBO」はオープン当初はその大きなレストランにもかかわらず、予約も取れず大人気だったとのこと。現在の「JUNBO」をお伝えいたします!

  • 香港のランドマーク「ザ・ペニンシュラ香港」は1928年に創業。今では世界10都市に展開するペニンシュラホテルのフラッグシップホテルでもあります。2013年に大規模な改装を終え、最先端の設備を誇るホテルに生まれ変わりました。歴史とモダンさを兼ね備え、長きにわたり香港トップの座に君臨するザ・ペニンシュラの魅力をご紹介します。

  • 最近流行のインスタとは、若い方を中心に写真映えが流行っていますが、少しだけ大人の視点で見る香港を意識したコースとなっております。香港で公園?香港で博物館??と王道コースとは少し離れますが、すでに香港の人気観光地は行きつくした方や、旅先から何か学びたい方、旅行からお子様の教育につなげたい方などにおススメです。もちろん、インスタ映えも意識したコースになっております!

  • 最近流行のインスタとは、若い方を中心に写真映えが流行っていますが、少しだけ大人の視点で見る香港を意識したコースとなっております。香港で公園?香港で博物館??と王道コースとは少し離れますが、すでに香港の人気観光地は行きつくした方や、旅先から何か学びたい方、旅行からお子様の教育につなげたい方などにおススメです。もちろん、インスタ映えも意識したコースになっております!

  • 訪れた国や土地の文化に触れ、感じることも大きな醍醐味です。香港はイギリスの植民地であった時を経て現在は中華人民共和国「香港特別行政区」であり、中国の一部ではありながら、香港独自の通貨や政治が2047年までは保証されています。そんな香港はどんな軌跡を経て今があるのか、香港の中でも今やおしゃれで洗練されたエリア「湾仔」にスポットをあてました。

  • 尖沙咀の立地の良いスターハウス内にある潮庭料理のお店「潮庭/満州ガーデン」のご紹介です。香港といえば食の都!世界の美味しいグルメが堪能できますが、やはり中華料理は奥が深いです。美味しい中華が食べたい!といっても香港では中華の種類が沢山があります。香港人に美味しい中華が食べたい!というと何中華が食べたい?と聞きかれることもしばしば!その中でもあっさりした素材の旨みをいかす潮庭料理は上品で胃もたれもせず美味しいです!今回は立地抜群の「潮庭」をご紹介いたします。

  • これまで、「イギリスの文化を受けた香港」や、「大都市香港」にて香港の魅力をお伝えしていましたが、本日は「オールド香港」の代表とも言える水上レストラン「JUMBO」をレポートします。海に浮かぶなんともきらびやかな「JUNBO」はオープン当初はその大きなレストランにもかかわらず、予約も取れず大人気だったとのこと。現在の「JUNBO」をお伝えいたします!

  • 訪れた国や土地の文化に触れ、感じることも大きな醍醐味です。香港はイギリスの植民地であった時を経て現在は中華人民共和国「香港特別行政区」であり、中国の一部ではありながら、香港独自の通貨や政治が2047年までは保証されています。そんな香港はどんな軌跡を経て今があるのか、香港の中でも今やおしゃれで洗練されたエリア「湾仔」にスポットをあてました。

  • 尖沙咀の立地の良いスターハウス内にある潮庭料理のお店「潮庭/満州ガーデン」のご紹介です。香港といえば食の都!世界の美味しいグルメが堪能できますが、やはり中華料理は奥が深いです。美味しい中華が食べたい!といっても香港では中華の種類が沢山があります。香港人に美味しい中華が食べたい!というと何中華が食べたい?と聞きかれることもしばしば!その中でもあっさりした素材の旨みをいかす潮庭料理は上品で胃もたれもせず美味しいです!今回は立地抜群の「潮庭」をご紹介いたします。

  • アジアのエキゾチックな雰囲気の中にヨーロッパの洗練を感じさせる香港。お土産のテイストも多種多様ですが、香港の駐在員が特にお勧めする逸品を探してみました。バラマキ土産とはひと味違いお値段もそこそこしますが、もらった人がきっと喜ぶ香港の旅の思い出が詰まったお土産をご紹介します。

  • 海外旅行のお土産は意外と迷うもの。旅のお土産は食べ物が無難ですが、個性的すぎる味のものは好き嫌いがありそうです。持ち帰るのにかさばらず、気軽に渡せて喜ばれるお土産とは?香港のお勧めお土産を5つ選んでみました。

  • 面積は小さいながら、見どころがギュッとつまった香港。国際都市としての華やかな一面だけでなく、イギリス統治下で培われた文化、昔ながらの人々の生活など多彩な表情を見せてくれます。そんな香港で、ぜひ押さえておきたいフォトジェニックスポットをご紹介します。

  • 香港のランドマーク「ザ・ペニンシュラ香港」は1928年に創業。今では世界10都市に展開するペニンシュラホテルのフラッグシップホテルでもあります。2013年に大規模な改装を終え、最先端の設備を誇るホテルに生まれ変わりました。歴史とモダンさを兼ね備え、長きにわたり香港トップの座に君臨するザ・ペニンシュラの魅力をご紹介します。

  • 香港島の南西にある島「南Y島(ラマ島)」は自然がいっぱい。高層ビルが建ち並ぶ香港とは異なり、ビーチがあってハイキングも楽しめるのんびりした雰囲気が香港在住の欧米人に大人気です。お洒落なカフェや雑貨店、海鮮料理のお店もたくさん。香港島の中環からフェリーで30分と気軽に行けるので観光客にもお勧めのエリアです。

  • 面積は小さいながら、見どころがギュッとつまった香港。国際都市としての華やかな一面だけでなく、イギリス統治下で培われた文化、昔ながらの人々の生活など多彩な表情を見せてくれます。そんな香港で、ぜひ押さえておきたいフォトジェニックスポットをご紹介します。

  • 香港のランドマーク「ザ・ペニンシュラ香港」は1928年に創業。今では世界10都市に展開するペニンシュラホテルのフラッグシップホテルでもあります。2013年に大規模な改装を終え、最先端の設備を誇るホテルに生まれ変わりました。歴史とモダンさを兼ね備え、長きにわたり香港トップの座に君臨するザ・ペニンシュラの魅力をご紹介します。

  • 近年高層住宅が続々と建設され、ベッドタウンとして急発展している新界(ニューテリトリー)地区。一本路地を入ると、昔懐かしい下町の雰囲気が残っています。なかでも元朗(ユンロン)はグルメタウンとしても知られているほか、イギリス入植前の歴史的建造物なども残っており、ノスタルジックな香港を感じられる街です。

  • 香港最強の見どころといえば夜景!と言っても過言ではありません。ビクトリア湾をはさんでそびえたつ高層ビルが放つ光の絵を、山頂から、海から、両岸から堪能することができるのが香港です。何度見ても見飽きない香港とっておきの夜景スポットをご紹介します。

  • これまで、「イギリスの文化を受けた香港」や、「大都市香港」にて香港の魅力をお伝えしていましたが、本日は「オールド香港」の代表とも言える水上レストラン「JUMBO」をレポートします。海に浮かぶなんともきらびやかな「JUNBO」はオープン当初はその大きなレストランにもかかわらず、予約も取れず大人気だったとのこと。現在の「JUNBO」をお伝えいたします!

  • 最近流行のインスタとは、若い方を中心に写真映えが流行っていますが、少しだけ大人の視点で見る香港を意識したコースとなっております。香港で公園?香港で博物館??と王道コースとは少し離れますが、すでに香港の人気観光地は行きつくした方や、旅先から何か学びたい方、旅行からお子様の教育につなげたい方などにおススメです。もちろん、インスタ映えも意識したコースになっております!

  • 訪れた国や土地の文化に触れ、感じることも大きな醍醐味です。香港はイギリスの植民地であった時を経て現在は中華人民共和国「香港特別行政区」であり、中国の一部ではありながら、香港独自の通貨や政治が2047年までは保証されています。そんな香港はどんな軌跡を経て今があるのか、香港の中でも今やおしゃれで洗練されたエリア「湾仔」にスポットをあてました。

現地レポートをスポットマップから探す!

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ