ミャンマーの観光情報

ミャンマー 現地レポート

ミャンマー在住のJTBスタッフが、
旅のテクニックや現地発の最新情報などをお伝えします。

What's New

シュエダゴンパゴダ参拝のおすすめは日暮れのライトアップ

ヤンゴンで観光と言えば、絶対にはずせないのはパゴダ観光。なかでもシュエダゴンパゴダはミャンマー最大の聖地で、黄金の光を放つ仏塔(パゴダ)は、ローカルも外国人も一度は必ず参拝する超有名スポットです。このシュエダゴンパゴダ、日の光に輝く日中もきらびやかでいいですが、時間があるならぜひ夕方~夜に訪れてみてください。日が暮れてライトアップされたパゴダの幻想的な魅力について、JTB現地スタッフがご紹介します!

2018-10-15

ニュース

現地在住のスタッフが、最新のミャンマーの情報をお知らせします!

特集

ミャンマー旅行に役立つ特集や、現地の体験レポートはここからチェック!現地ツウがナビゲートします。

ミャンマー 現地スタッフ テーマ別おすすめ情報

  • すべて
  • 見る
  • 食べる
  • 買う
  • 泊まる
  • 癒される
  • 体験する
  • ヤンゴンで観光と言えば、絶対にはずせないのはパゴダ観光。なかでもシュエダゴンパゴダはミャンマー最大の聖地で、黄金の光を放つ仏塔(パゴダ)は、ローカルも外国人も一度は必ず参拝する超有名スポットです。このシュエダゴンパゴダ、日の光に輝く日中もきらびやかでいいですが、時間があるならぜひ夕方~夜に訪れてみてください。日が暮れてライトアップされたパゴダの幻想的な魅力について、JTB現地スタッフがご紹介します!

  • ヤンゴンの北東にあるチャイティーヨー山には、ゴールデンロックと呼ばれる不思議な岩があります。標高1100mの山頂に、巨大な岩が落ちそうで落ちない、ギリギリのバランスでとどまっているのです。あまりの絶妙なバランスに、ミャンマーの人々はこの岩を聖なる岩として金箔を施して崇拝し、「一生のうちに3度お参りするとお金持ちになれる」ともいわれているとか。ヤンゴンに来たらぜひ足を延ばして訪れてみたいゴールデンロック。その魅力とアクセス等をご紹介しましょう。

  • アウンサン・スー・チー女史のお父さん「アウンサン将軍」は、ミャンマーでは知らない人はいない歴史的人物。「ビルマ(ミャンマーのかつての呼び方)建国の父」として、人々に深く尊敬されています。この国で長く続いた軍事政権の下では、アウンサン将軍のゆかりの地はほとんど立ち入ることができませんでしたが、近年いくつかが公開されるようになりました。ミャンマーの歴史に欠かせないアウンサン将軍の足跡を辿ってみませんか。

  • ヤンゴンで観光と言えば、絶対にはずせないのはパゴダ観光。なかでもシュエダゴンパゴダはミャンマー最大の聖地で、黄金の光を放つ仏塔(パゴダ)は、ローカルも外国人も一度は必ず参拝する超有名スポットです。このシュエダゴンパゴダ、日の光に輝く日中もきらびやかでいいですが、時間があるならぜひ夕方~夜に訪れてみてください。日が暮れてライトアップされたパゴダの幻想的な魅力について、JTB現地スタッフがご紹介します!

  • ヤンゴンの北東にあるチャイティーヨー山には、ゴールデンロックと呼ばれる不思議な岩があります。標高1100mの山頂に、巨大な岩が落ちそうで落ちない、ギリギリのバランスでとどまっているのです。あまりの絶妙なバランスに、ミャンマーの人々はこの岩を聖なる岩として金箔を施して崇拝し、「一生のうちに3度お参りするとお金持ちになれる」ともいわれているとか。ヤンゴンに来たらぜひ足を延ばして訪れてみたいゴールデンロック。その魅力とアクセス等をご紹介しましょう。

  • アウンサン・スー・チー女史のお父さん「アウンサン将軍」は、ミャンマーでは知らない人はいない歴史的人物。「ビルマ(ミャンマーのかつての呼び方)建国の父」として、人々に深く尊敬されています。この国で長く続いた軍事政権の下では、アウンサン将軍のゆかりの地はほとんど立ち入ることができませんでしたが、近年いくつかが公開されるようになりました。ミャンマーの歴史に欠かせないアウンサン将軍の足跡を辿ってみませんか。

  • 敬虔な仏教国ミャンマーとビール、ちょっとピンとこないかもしれませんが、実はミャンマーのビールはその味とクオリティで高く評価されています。暑くしっとりとした東南アジアの風に吹かれて、ヤンゴンの街を散策した後に飲むビールは、ひときわ美味しく感じられます。 そんなミャンマーのビール事情を、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • ミャンマー初の日本食フードコート「東京・ダイニング・シティ」が先月オープンしました。ダウンタウンの中心、スーレーパゴダストリートの複合施設「スーレースクエア」の地下1階。シャングリラホテルとも直通でアクセスできる便利な場所です。

  • 南北に長いミャンマーは、地域によって気候が異なり、1年を通していろいろなフルーツが楽しめます。中でも雨季を迎える5~8月にかけては多くが旬を迎える、まさにフルーツパラダイス。ミャンマーでこの時期に楽しめるフルーツの美味しさを、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • 旅行の楽しみと言えば、観光に食事、そして買い物ですよね。ヤンゴンでは、ボージョーアウンサンマーケットがお土産屋さんとして有名ですが、実は素敵な雑貨屋さんが他にもあるんです。 雑貨好きな方、必見です!ご紹介をした雑貨屋さんを巡るオプショナルツアーもあるので、個人ではちょっと難しいな...という方も安心です。

  • ミャンマーに来て驚く事のひとつに、多くの人々が顔に白いペイントをしています。 実はこれ「タナカ」と呼ばれるお化粧なんです。 この「タナカ」は柑橘系の木の一種で、専用の硯で擦って出てきた粉を水に溶いたものを顔や腕などに塗ります。タナカで顔に絵を書いている子供たちもいて、とっても微笑ましいです。

  • 経済発展著しいミャンマーで最近増えているのが輸入品などを多く取り揃えた高級志向のスーパーです。本当にここはミャンマーなのだろうかという気持ちになってしまうくらいお洒落なスーパーが誕生しています。夜遅くまで営業しているので、急な買い物も大丈夫。今回はそんな高級スーパーをご紹介します。

  • 敬虔な仏教徒の国ミャンマーには、様々な都市に仏教施設やパゴダがあり、毎日多くの人々が参拝しています。第一の都市ヤンゴンや古都バガンなどへは、日本からも多くの観光客が訪れています。外国人とはいえ、ローカルの人々が大切にしている宗教施設へは、マナーを守って参拝したいもの。JTB現地スタッフが、一般的な参拝のマナーをご案内しましょう。

  • いよいよ雨季も明け、乾季到来!ミャンマーでは長い雨季が明けると観光シーズンになります。今回はヤンゴン郊外の見学地、「ゴールデンロック」の情報と、初めてミャンマーに来航したPeace Boatのプチ情報をお届け致します。

  • ミャンマーでビーチリゾートというのはあまりイメージできないのではないでしょうか...実はミャンマーにもあるのです、世界を代表するビーチリゾートが!その名も「ガパリ(ンガパリ)」。世界最大の旅行口コミサイトTripAdviserが選ぶ「世界のベストビーチ2016」で堂々の世界8位、アジア1位に輝きました。ガパリよりも知名度は低いですが、現在徐々に注目を集めているビーチが「コ―タウン」というビーチリゾートです。今回はその2つのビーチをご紹介します。

  • 敬虔な仏教徒の国ミャンマーには、様々な都市に仏教施設やパゴダがあり、毎日多くの人々が参拝しています。第一の都市ヤンゴンや古都バガンなどへは、日本からも多くの観光客が訪れています。外国人とはいえ、ローカルの人々が大切にしている宗教施設へは、マナーを守って参拝したいもの。JTB現地スタッフが、一般的な参拝のマナーをご案内しましょう。

  • いよいよ雨季も明け、乾季到来!ミャンマーでは長い雨季が明けると観光シーズンになります。今回はヤンゴン郊外の見学地、「ゴールデンロック」の情報と、初めてミャンマーに来航したPeace Boatのプチ情報をお届け致します。

  • 敬虔な仏教国ミャンマーとビール、ちょっとピンとこないかもしれませんが、実はミャンマーのビールはその味とクオリティで高く評価されています。暑くしっとりとした東南アジアの風に吹かれて、ヤンゴンの街を散策した後に飲むビールは、ひときわ美味しく感じられます。 そんなミャンマーのビール事情を、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • ヤンゴンで観光と言えば、絶対にはずせないのはパゴダ観光。なかでもシュエダゴンパゴダはミャンマー最大の聖地で、黄金の光を放つ仏塔(パゴダ)は、ローカルも外国人も一度は必ず参拝する超有名スポットです。このシュエダゴンパゴダ、日の光に輝く日中もきらびやかでいいですが、時間があるならぜひ夕方~夜に訪れてみてください。日が暮れてライトアップされたパゴダの幻想的な魅力について、JTB現地スタッフがご紹介します!

  • ヤンゴンの北東にあるチャイティーヨー山には、ゴールデンロックと呼ばれる不思議な岩があります。標高1100mの山頂に、巨大な岩が落ちそうで落ちない、ギリギリのバランスでとどまっているのです。あまりの絶妙なバランスに、ミャンマーの人々はこの岩を聖なる岩として金箔を施して崇拝し、「一生のうちに3度お参りするとお金持ちになれる」ともいわれているとか。ヤンゴンに来たらぜひ足を延ばして訪れてみたいゴールデンロック。その魅力とアクセス等をご紹介しましょう。

  • アウンサン・スー・チー女史のお父さん「アウンサン将軍」は、ミャンマーでは知らない人はいない歴史的人物。「ビルマ(ミャンマーのかつての呼び方)建国の父」として、人々に深く尊敬されています。この国で長く続いた軍事政権の下では、アウンサン将軍のゆかりの地はほとんど立ち入ることができませんでしたが、近年いくつかが公開されるようになりました。ミャンマーの歴史に欠かせないアウンサン将軍の足跡を辿ってみませんか。

現地レポートをスポットマップから探す!

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ