ビール好きにおすすめ! シンガポールのご当地ビール「タイガービール」工場見学ツアー

JTBシンガポール支店
安田晴美

さまざまなアイテムのオリジナルグッズが揃う工場併設のショップ

夜でも外にいると汗ばむシンガポールで、冷えたタイガービールは乾いた喉を潤し、1日の疲れを吹っ飛ばしてくれます。タイガービールはシンガポールはもちろん、東南アジアでは絶大な人気を誇ります。その国土の狭さもあって、多くのものを輸入に頼っているシンガポールですが、タイガービールは、シンガポールの数少ない「ご当地もの」であることに間違いありません。工場見学とビールの試飲、そしてシンガポールならではのお土産としてタイガービールのグッズが豊富に揃う工場見学ツアーをJTB現地スタッフが紹介します。

タイガービール工場への行き方とツアー時間

タイガービール工場はシンガポール西部に位置しています。MRTを利用するなら、東西線ブーンレイ(Boon Lay)駅で下車し、バス路線182/182M番に乗って約15分。オーチャードロードなどからはタクシーで約30分です。
見学ツアーは約90分で、祝日を除く火曜~土曜の13時、14時、15時、16時、17時にスタート。参加者は、ツアー開始の遅くとも10分前までに受け付けのこと。この際、18歳以上であることを証明するために顔写真付きの身分証明証(パスポートなど)が必要です。

Tiger Brewery
URL: https://tigerbrewerytour.com.sg/

タイガービール誕生からの歴史と原料や製造過程を見学

展示を見て回るだけでタイガービールの歴史が分かります。

ツアーは工場見学と試飲タイムの大きく2つのパートに分かれています。約45分間の工場見学では、映像を見たり、実際に手で触ってその感触や匂いを確かめたり、クイズなどがあったりと、楽しみながらタイガービールを知ることができます。
タイガービールは、Asia Pacific Breweries(アジアパシフィック・ブリュワリーズ社)が製造しており、約80年の歴史を誇ります。現在、タイガー以外にもABC、アンカー、バロン・ストロングブリュー、ギネス・フォーリン・エクストラスタウト、ハイネケンといった計6タイプのビールを製造。ビジターセンターには、古い時代のビールのラベルやグラスなどが展示されているほか、ブリューハウスでは、モルト、ホップ、イースト、水にといったビールの原料を実際に見て触って匂いを嗅ぐことができます。さらに、製造工場内では、香ばしい独特の匂いを感じながら、実際にビールを製造し、出荷するまでの行程を見学。最後にビールサーバーから美味しいビールの注ぎ方を教えてもらいつつ、注いだばかりの冷えたタイガービールを試飲させてもらいます。

ビール試飲タイムは約45分、レアものオリジナルグッズも販売

ビールの試飲はこちらのパブで!

そして最後に、イギリスのパブを思わせる、ウッディーな家具と落ち着いた調度品がステキなタイガータバーンで、数種類のビールを好きなだけ飲めます。1杯目は、ビールサーバーから注がれた生のタイガービール。2杯目以降は、タイガービール、ABC、アンカー、バロン、ギネスやハイネケンなどの飲み放題となる数種類のビールから選ぶことができます。1杯飲んだら次の1杯へ。空いたグラスをカウンターにもっていくと、もう1杯。これらビール以外にも有料で生のギネスやデスペラードス、エルディンガー、ストロングボウなどのビールが楽しめます。試飲タイムは約45分!
また、タバーンの近くには、タイガービール関連のグッズを売るショップが併設されています。ミュージアムショップのようなもので、タイガービールのロゴが入りオリジナルグッズが盛りだくさん。Tシャツやバッグ、帽子(キャップ)、キーホルダー、タイガービール缶の形をしたペン、マグネットやコースター、財布や時計、USBドライブ、傘などの雑貨類のほか、ビールジョッキやグラス、アルミ製のボトル、シャトルディスペンサー、スワロフスキーのクリスタルなどを販売しています。

いかがでしょう。ビール好きに、シンガポールリピーターにおすすめのタイガービール工場見学ツアー。JTBマイバスは、英語ツアー《ツアーイースト社主催》のタイガービール工場見学ツアーも予約代行しています。マイバスでは、現地発着の各種オプショナルツアーを取り揃えています。ぜひご利用ください。

その他、日本へのお土産にタイガービールを持って帰りたいという方には、日本宅配ギフト《シンガポールセレクション》も是非ご覧下さい。かさばるお土産もご自宅まで楽々配送 ♪ 詳細は、こちらで ↓

https://www.mybus-asia.com/singapore/souvenir_search.php?inp_country=SGP&inp_location=2

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

安田晴美

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ