地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

タイの観光情報

タイ 現地レポート

タイ在住のJTBスタッフが、
旅のテクニックや現地発の最新情報などをお伝えします。

What's New

プーケット周辺の美しい海に囲まれた離島で過ごすラグジュアリーなバカンス!

プーケット島は、子ども連れファミリーからグループ旅行まで、ホテルやアクティビティーが豊富であらゆる旅行者が楽しめるのが魅力です。今回は中でも、賑やかさや喧騒からちょっと離れて静かにゆったりと過ごしたい人におすすめの、まるで隠れ家のような離島ホテルをご案内します。ラチャヤイ島の「ザ・ラチャ」、ヤオヤイ島の「サンティア・リゾート」、そしてナカノイ島の「ザ・ナカ・アイランドリゾート」を、JTB現地スタッフがご案内します。

2017-09-14

ニュース

現地在住のスタッフが、最新のタイの情報をお知らせします!

タイ 現地スタッフ テーマ別おすすめ情報

  • すべて
  • 見る
  • 食べる
  • 買う
  • 泊まる
  • 癒される
  • 体験する
  • プーケット島は、子ども連れファミリーからグループ旅行まで、ホテルやアクティビティーが豊富であらゆる旅行者が楽しめるのが魅力です。今回は中でも、賑やかさや喧騒からちょっと離れて静かにゆったりと過ごしたい人におすすめの、まるで隠れ家のような離島ホテルをご案内します。ラチャヤイ島の「ザ・ラチャ」、ヤオヤイ島の「サンティア・リゾート」、そしてナカノイ島の「ザ・ナカ・アイランドリゾート」を、JTB現地スタッフがご案内します。

  • ご家族でプーケットを訪れたら、ホテルやビーチでのんびりした後に、少し足を延ばして観光にでかけませんか。JTBでは大人はもちろん子どもたちも楽しめるスポットを、安くてお得なオプショナルツアーとしてご案内しています。離島を訪れてのんびりと砂浜で過ごしたり、動物と触れ合ったりと、ファミリーならではのプーケットの一日の楽しみ方をご紹介します。

  • タイで3番目に大きな島・サムイ島はリゾートとして知られていますが、実はこの島からさらに、さまざまな島へ行くことができます。フェリーで訪れると、そこはダイビング、シュノーケリングのパラダイス!個人で行くのに不安を感じる方は、アイランドホッピングツアーもいろいろと用意されています。サムイ島からフェリーで行く離島の魅力を、JTB現地スタッフがご案内しましょう!

  • プーケット島は、子ども連れファミリーからグループ旅行まで、ホテルやアクティビティーが豊富であらゆる旅行者が楽しめるのが魅力です。今回は中でも、賑やかさや喧騒からちょっと離れて静かにゆったりと過ごしたい人におすすめの、まるで隠れ家のような離島ホテルをご案内します。ラチャヤイ島の「ザ・ラチャ」、ヤオヤイ島の「サンティア・リゾート」、そしてナカノイ島の「ザ・ナカ・アイランドリゾート」を、JTB現地スタッフがご案内します。

  • ご家族でプーケットを訪れたら、ホテルやビーチでのんびりした後に、少し足を延ばして観光にでかけませんか。JTBでは大人はもちろん子どもたちも楽しめるスポットを、安くてお得なオプショナルツアーとしてご案内しています。離島を訪れてのんびりと砂浜で過ごしたり、動物と触れ合ったりと、ファミリーならではのプーケットの一日の楽しみ方をご紹介します。

  • タイで3番目に大きな島・サムイ島はリゾートとして知られていますが、実はこの島からさらに、さまざまな島へ行くことができます。フェリーで訪れると、そこはダイビング、シュノーケリングのパラダイス!個人で行くのに不安を感じる方は、アイランドホッピングツアーもいろいろと用意されています。サムイ島からフェリーで行く離島の魅力を、JTB現地スタッフがご案内しましょう!

  • タイのプーケットは島の北から南まで、多くのビーチが連続して続く魅力的なリゾートアイランドです。しかし、中心となるパトンビーチを離れるとクラブなどもぐっと数が減り、夜遊びしたい人にはちょっと物足りなさがあるかもしれません。そんな中でおすすめしたいのが、パトンビーチの北側のバンタオビーチに面した「キャッチビーチクラブ」。週末にはライブやDJによるクラブイベントなどが催され、また火・金曜日にはBBQビュッフェで大いに盛り上がります!

  • シュノーケリングやダイビングなど、マリンスポーツを満喫できるプーケットですが、この島の楽しみ方はそれだけではありません。ウォータースライダーやムエタイ、そしてちょっとハメをはずせるナイトクラブ、ディスコまで、いろいろな魅力をJTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • 楽しかったバカンスも最終日。帰国の日の過ごし方は旅行者の悩みどころの1つです。出発のギリギリまで楽しみたい、けれど荷物をどこに置いておくか、空港への移動は大丈夫か、できれば疲れを翌日に残したくない...などあれこれ考えてしまうものです。

  • タイ、特にバンコクでは飛行機から降り立った空港はもちろん、地下鉄や鉄道の駅、ホテル、もちろん街中にも、まさに至るところに両替できる場所があります。両替ショップや銀行などどこで両替するのがいいのか、ちょっと迷ってしまうかもしれません。 JTB現地スタッフが、タイとバンコクの両替事情についてご案内します。

  • 次々にショッピングモールがオープンしたり、ウィークエンドマーケットやナイトマーケット、郊外に行けば水上マーケットも体験できるバンコクは、お買いもの好きにはたまらない街。日本ではちょっと見られない形やド派手な色遣いだって、バンコクで買うと思えば許せちゃいます。そんなパラダイスな街でのお土産選び、どうしましょう?JTB現地スタッフが厳選してご案内しましょう。

  • 北部タイの中心都市チェンマイは「北方のバラ」と称される、美しい古都。バンコクやプーケットを訪れたタイファンが、一度は訪れたいと思っている街です。日本ではまだまだ現地情報の少ないチェンマイ、訪れたらどんなものが買えるの?チェンマイにしかないお土産は?そんな疑問に、JTB現地スタッフがお応えします。

  • プーケット島は、子ども連れファミリーからグループ旅行まで、ホテルやアクティビティーが豊富であらゆる旅行者が楽しめるのが魅力です。今回は中でも、賑やかさや喧騒からちょっと離れて静かにゆったりと過ごしたい人におすすめの、まるで隠れ家のような離島ホテルをご案内します。ラチャヤイ島の「ザ・ラチャ」、ヤオヤイ島の「サンティア・リゾート」、そしてナカノイ島の「ザ・ナカ・アイランドリゾート」を、JTB現地スタッフがご案内します。

  • のんびり滞在したいリゾートアイランド・プーケット。マリンアクティビティもグルメもナイトスポットも充実していますが、唯一、旅行者の不満があるとすると...移動手段かもしれません。特に空港~ホテルや市内中心部への移動は、公共交通網があまり整備されていないため、慣れない外国人観光客は、タクシーか乗り合いバスを使うしかありません。そんな時ありがたいのが送迎サービス。送迎付きホテルパッケージも含め、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • 進化し続けるプーケットのリゾート。最近では隠れ家のようなホテル、個性的なホテルが次々にオープンし、過ごし方がいっそう多彩になってきました。中でもJTBが自信を持ってお勧めするのがこれからご紹介する3つのホテル。贅沢なひと時を過ごせるもの、個性的なヴィラでゆったり過ごせるもの、家族で楽しめるものなどさまざまです。これらのホテルは、送迎サービスも含まれていますよ!

  • プーケット島は、子ども連れファミリーからグループ旅行まで、ホテルやアクティビティーが豊富であらゆる旅行者が楽しめるのが魅力です。今回は中でも、賑やかさや喧騒からちょっと離れて静かにゆったりと過ごしたい人におすすめの、まるで隠れ家のような離島ホテルをご案内します。ラチャヤイ島の「ザ・ラチャ」、ヤオヤイ島の「サンティア・リゾート」、そしてナカノイ島の「ザ・ナカ・アイランドリゾート」を、JTB現地スタッフがご案内します。

  • ツボを押して身体をほぐし、さらに全身ストレッチ...伝統的なタイ式マッサージは、少し疲れ気味な時にリラックスするのにぴったりです。日本人にも大人気のリゾート、プーケットを訪れたら身も心もとろけるような心地よさの本場のタイ式マッサージを体験してみませんか?JTB現地スタッフがその魅力をご紹介します。

  • 楽しかったバカンスも最終日。帰国の日の過ごし方は旅行者の悩みどころの1つです。出発のギリギリまで楽しみたい、けれど荷物をどこに置いておくか、空港への移動は大丈夫か、できれば疲れを翌日に残したくない...などあれこれ考えてしまうものです。

  • ご家族でプーケットを訪れたら、ホテルやビーチでのんびりした後に、少し足を延ばして観光にでかけませんか。JTBでは大人はもちろん子どもたちも楽しめるスポットを、安くてお得なオプショナルツアーとしてご案内しています。離島を訪れてのんびりと砂浜で過ごしたり、動物と触れ合ったりと、ファミリーならではのプーケットの一日の楽しみ方をご紹介します。

  • オープン以来、プーケットのジャングルをワイルドでスピード感たっぷりに体験できるアクティビティとして大人気の「ハヌマン・ワールド」。「ハヌマン」とは、タイの伝説の猿の神様のこと。まさにハヌマンさながらに、プーケットの山の自然を自在に楽しめるテーマパークです。ビーチやマリンスポーツを満喫した後は、ぜひ熱帯雨林の魅力を大いに味わってみてください。

  • タイにはサンゴの美しい島がいくつもありますが、中には期間限定、乾季のシーズンにだけ行けるスペシャルな島もいくつかあります。今回はその中でも随一の海の透明度とサンゴや生き物の豊富さで知られるスリン島、ロック島をご紹介しましょう。

現地レポートをスポットマップから探す!

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB