シンガポールの観光名所6選!定番からローカル気分を味わえるスポットまでご紹介


ケンケン

『シンガポール』といえば、近代的な高層ビルが立ち並ぶ摩天楼のイメージが強いですが、多民族国家ならではの多彩な文化や歴史を感じられる観光スポットも数多くあります。
今回は、そんなシンガポールの観光名所を6つ厳選してご紹介します。また、シンガポール観光に必要不可欠とも言える MRT(地下鉄)の使い方についても解説します。
シンガポール旅行を計画中の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

シンガポールは魅力的な観光地がいっぱい!おすすめの観光名所6選!

シンガポールは、多民族国家ならではの多彩な魅力を持つ、人気の観光地です。近代的な高層ビル群や、美しい自然、そして多様な文化が融合した、見どころ満載の街。
ここでは、シンガポールの観光名所を6つご紹介します。

①マーライオン公園

マーライオンは、ライオンの頭と魚の体を持つ伝説上の生き物です。シンガポールの守護神として、国のマスコットにもなっています。
「マーライオン公園」には、高さ8.6メートル、重さ70トンの「本家マーライオン」と、高さ2メートル、重さ3トンの「小マーライオン」の2体の像が設置されています。
本家マーライオンは、口から水を噴き出しています。水しぶきを浴びながら、記念撮影をするのがおすすめ!

《マーライオン公園の魅力》
・シンガポールのシンボル、マーライオン像を間近で見ることができる
・マリーナベイ・サンズやシンガポール・フライヤー、エスプラネードシアターなどのランドマークを一望できる
・水しぶきを浴びながら、遠近法を利用したトリック写真撮影を楽しむことができる

関連記事

本家マーライオンの裏手にひっそり佇む小マーライオン

思い思いのポーズでトリック写真撮影に挑戦しています

②オーチャードロード

「オーチャードロード」は、シンガポール最大のショッピング街で、高級ブランドからカジュアルブランドまで、さまざまなショップが軒を連ねています。また、映画館やレストラン、エンターテイメント施設も充実しており、一日中楽しめるスポットです。

おすすめのショッピングスポットとしては、シンガポール最大級のショッピングモール「アイオン・オーチャード」や、ニーアン・シティ内にある高島屋や伊勢丹などの日本系デパート、最近では、お手頃価格でショッピングができる「オーチャード・セントラル」や、カジュアルブランドが多く入店する「313@Somerset」なども人気です。

とりわけ11月・12月は煌びやかなイルミネーションで街中はとても華やぎ、インスタ映えスポットで溢れます。オーチャードロードのクリスマス・イルミネーションは毎年恒例で、その年ごとに趣向が凝らされ、今年のイルミネーションはどんなスタイルになるのか、地元の人々も楽しみにしています。

グルメの方も、オーチャードロードでさまざまな料理を楽しむことができます。シンガポール料理はもちろん、中華料理、日本料理、韓国料理など、世界各国の料理が揃っています。また、屋台やフードコートも充実しているので、気軽に食事を楽しめますよ。

関連記事

クリスマス時期はより一層華やぎます

なんといってもここはショッピング天国

お洒落なBARやレストランが軒を連ねるエメラルド・ヒル

③シンガポール植物園

「シンガポール植物園(シンガポール・ボタニック・ガーデン)」は、英植民地時代から150年以上の歴史があり、東南アジアのゴム生産や、蘭の花の栽培技術の発展に寄与しました。
東京ドーム13個分の広大な敷地面積を有するボタニックガーデンは、2015年7月にシンガポール初のユネスコの世界遺産に登録されています。

日中30℃を超えるシンガポールでは、朝早くから軽く汗を流すためにジョギングをしたり、ペットを連れて散歩する人、体操をするグループや音楽に合わせて体を動かす人の姿が見られる、住民の憩いの場になっています。園内にはいくつものウォーキングトレイルがあり、いずれも40~90分で歩くことができます。

植物園内には、さまざまな見どころがあります。中でも、シンガポール植物園を代表するスポットが「ナショナル・オーキッド・ガーデン(国立蘭園)」です。
ここでは、世界中から集められた約1,000の原種、約2,000の交配種の洋ランを見ることができます。
なかには、世界的に有名な「モーガン・ラン」や「ドリー・ラン」、シンガポールの国花「バンダ・ミス・ジョアキム」なども展示されています。

また、植物園内には、さまざまな種類の樹木や草花が植えられています。甘い香りに包まれる「フレグラント・ガーデン」、アロマセラピーやハーブに興味のある人におすすめの「ヒーリング・ガーデン」、
地球の進化を体験できる「エボリューション・ガーデン」など、さまざまなエリアがあります。

シンガポール植物園は、都会のオアシスとして、地元の人にも人気のスポットです。シンガポール旅行の際には、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

④ティオンバル

「ティオンバル」は、1930年代に開発されたシンガポール最古の住宅街です。当時は、広東人や客家人などの移民を対象とした住宅として造られました。現在は、レトロなアールデコ様式の建物が立ち並ぶ、フォトジェニックなスポットとして人気を集めています。

ティオンバルの魅力は、なんといってもそのレトロな雰囲気です。赤レンガの壁やアーチ型の窓が特徴的な建物は、まるで映画のセットのような美しさです。また、壁にはカラフルなウォールアートが描かれており、フォトスポットとしても人気です。

そんなティオンバルには、おしゃれなカフェや雑貨店、レストランなどが軒を連ねています。シンガポールのB級グルメファンにも人気の『ティオンバル・マーケット』では、地元の人たちの生活を覗くこともできます。こんな昔から今に受け継がれている伝統的な市場や公園もあり、さまざまな楽しみ方ができます。

ティオンバルは、シンガポール旅行の際にぜひ訪れたいおすすめのスポットです。レトロとモダンが融合した、独特の雰囲気をぜひ味わってみてください。

関連記事

シンガポールではなかなかお目にかかれない低層住宅

お洒落なお菓子屋さんの軒先

昔のティオンバル・マーケットが描かれたウォールアート

1階は庶民の台所ティオンバル・マーケット、2階はフードコート

⑤ハジレーン

「ハジレーン」は、シンガポールの中心部に位置する、細長い路地です。かつては、アラブ商人たちが住んでいたエリアで、その歴史を物語る古い建物が立ち並んでいます。

そんなハジレーンの魅力は、なんといってもカラフルなウォールアートです。こちらは、地元のアーティストや学生たちによって描かれており、ポップでキュートなデザインが特徴です。

また、ハジレーンには、おしゃれな雑貨屋やカフェ、レストランも軒を連ねています。
ショッピングやグルメを楽しむのにもぴったりのスポットです。
ハジレーンへのアクセスは、MRTブギス駅から徒歩約5分です。アクセスも良く、気軽に立ち寄れるのも魅力です。
シンガポール旅行の際には、ぜひハジレーンに足を運んでみてください。フォトジェニックなウォールアートや、おしゃれなお店の数々が、きっとあなたの思い出に残ることでしょう。

関連記事

ビビットな巨大ウォールアート

カラフルなショップハウスが並びます

ナイトタイムはヒップなBARで一層賑やかに

⑥リトルインディア

「リトルインディア」は、セラングーンロードを中心としたエリアに広がっています。カラフルな建物や寺院が立ち並び、どこよりも異国情緒あふれる雰囲気を楽しむことができます。

リトルインディアには、以下のようなフォトジェニックスポットがあります。
スリ・ヴィラマカリアマン寺院:極彩色のゴープラム(門)が印象的なヒンドゥー教寺院。
タン・テンニア氏の邸宅跡:19世紀に建てられた邸宅の跡。ひときわ目を惹く色使いが印象的で、美しい彫刻が施された壁や柱が残っています。
ムスタファセンター:インド系の食材や衣料品、雑貨などが揃う大型ショッピングセンター。ユニークなばらまき用のおみやげはここで一網打尽?!

リトルインディアでは、インド料理やスパイスなどの食事を堪能するのもおすすめです。また、ヒンドゥー教の寺院でプージャと呼ばれる儀式を見学するのも、貴重な体験になります。

関連記事

ひときわ目を惹く鮮やかなヒンドゥ寺院

安くて美味しいインド料理に舌鼓

タン・テンニア氏の邸宅跡

  • オプショナルツアー(現地発着)
    JPY13,918〜
    ※価格は予告なく変更になることがございます。
    “ティオンバル”は有名なマーケットをはじめ、古いものと新しいものがうまく混じり合っている 話題のエリア。“ハジレーン”の多彩なアーティスチックな壁画は見ているだけで心躍ります。エキゾチックな“リトルインディア”では、街歩きやムスタファセンターでのお買い物等をお楽しみください。

【番外編】 体験してみて!シンガポールのウォールアート

「ウォールアート」とは、街中の壁をキャンパスに描いたアート作品。
写真で見ても十分に感じるのですが、せっかくなら現地で作品の一部になって撮影してみたくはないですか?

ここ20〜30年、ものすごいスピードで発展を遂げたシンガポールですが、最近になって古き良き時代を振り返るムーブメントが起こっています。
その先駆者のひとりが「Heritage Mural Art(歴史的意味を持つ壁画)」で今シンガポールで一番熱いアーティスト、Yip Yew Chong さんです。
彼の描く「昔懐かしいシンガポールの原風景」の壁画は、シンガポール人だけではなく、シンガポールを訪れている人たちの心にも、どことなく懐かしく温かい気持ちを思い起こさせてくれます。
Yip さんの作品をはじめ、シンガポールで流行中の色とりどりのウォールアートをいろいろな場所で見つけることができます。

どのウォールアートもインスタ映え間違いなし!ウォールアートの魅力を存分に味わうなら、その街の雰囲気と一緒に自分の目で楽しみたいところ。
ここでしか味わえない景色をぜひ一度体感してみてはいかがでしょうか?

カラフルな灯篭に、テーブルに並ぶ月餅は「中秋節」の一風景

手紙の代筆屋:読み書きができなかった移民のための大切な仕事

昔のティオンバル・マーケットの様子

スーパーマーケットのカートを模したトリックアート

ローカルの暮らしを体験!シンガポール市街地のほぼ全域をカバーする鉄道(MRT)

シンガポールの「 MRT(Mass Rapid Transit)」は、シンガポールの公共交通システムで、地下鉄や高架鉄道を含む鉄道ネットワークのこと。MRTは、6つの路線からなり、それぞれの駅は、主要な地域や観光地、ビジネス地区などに配置されています。
MRTは非常にシンプルな仕組みですので、シンガポールの公共交通機関の中でも中心的な存在であり、観光やビジネス目的で訪れる人々にとって、便利な移動手段となっています。

▶【シンガポールMRTの詳しい乗り方】については以下の記事をご覧ください
https://www.jtb.co.jp/kaigai_guide/report/SG/2017/04/about-mrt.html

シンガポールの観光名所で心躍るひと時を

シンガポールは、よく知られている通り大人気の観光スポットです。今回はそんな大人気の観光名所を6つご紹介しました。
ぜひシンガポールへの観光の際には立ち寄ってみてください!
また、シンガポールの鉄道(MRT)に乗りさまざまな文化に触れてみるのも楽しみ方のひとつです!

シンガポールの魅力を知り尽くしたいならJTBツアーがおすすめです!
シンガポールのどこに行けばいいのか悩んでいる方もご安心ください。
JTBツアーなら大人気の観光スポットを確実に回れるので効率良くシンガポールの魅力に触れられますよ。
シンガポールへの観光のお考えの方はツアーの詳細ページをご覧ください。

  • オプショナルツアー(現地発着)
    JPY23,921〜
    ※価格は予告なく変更になることがございます。
    シンガポールでは絶対に食べておきたい蟹の王様“チリクラブ”のご夕食をお楽しみください。ご夕食後は、賑やかなナイトスポットで有名なクラークキーからリバーボートに乗船して流れる景観をご覧いただきます。マリーナ・ベイを舞台にした壮大な光と水のショー“SPECTRA(スペクトラ)”は圧巻です。

この記事を書いたレポーター

ケンケン

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ