シンガポールの観光情報

シンガポールで食べる


  • ケンケン

    多国籍であるシンガポールならではの食文化の代表ともなっている“プラナカン料理”ですが、今回はローカルの間でも人気を誇る美味しいお店をご紹介します。1995年創業のプラナカン料理の老舗店“ The Blue Ginger (ブルージンジャー)”。ビジネス街からも程近く、数々のレストランが建ち並ぶ“Tanjong Paga...


  • ケンケン

    リトルインディア駅(MRT)の隣にあり、ウェットマーケット、ホーカーセンター、ショップで構成されている「Tekka Centre(テッカセンター)」。1階にはウェットマーケット、2階には衣料品店、アクセサリー店が所狭しとずらりと並んでいます。シンガポールを訪れたら、ぜひ一度は行ってほしい“ホーカー”。シンガポール島内に...


  • ケンケン

    『ニョニャクエ』はプラナカンの代表的なお菓子。その意味は“プラナカン女性のお菓子”というシンプルなもの(プラナカンの女性=「ニョニャ」、お菓子=「クエ」)。パンダンリーフやブンガ・テランの花(Blue Pea Flower)やローズシロップなどの自然植物を用いて、緑・青・赤など鮮やかな色のお菓子に仕上げてあってとても華...


  • ケンケン

    シンガポールを訪れたら、ぜひ一度は行ってほしいのがホーカーです。早朝から夜遅くまで、年中無休で営業するホーカーは、シンガポール人の胃袋を満たしてくれる強い味方。人気のホーカーとともに、安くて美味しくて、味のバリエーションも豊富な定番メニューからおすすめの品5選をJTB現地スタッフが紹介します。


  • ケンケン

    シンガポールはスイーツ天国。シンガポール伝統のスイーツはもちろん、欧米系、日本をはじめアジア各国由来の美味しいスイーツもたくさんあります。暑い国ですので、やはり気軽に食べられる冷たいスイーツは定番です。せっかくシンガポールに来たのだから、この国ならではのスイーツはぜひとも食べてみたいもの。独断と偏見で、絶対食べたいシン...


  • ケンケン

    赤道直下の国シンガポールには、南国らしいフルーツがたくさんあります。ホテルの朝食ビュフェで、食後のデザートとして、市場に行けば、形も色も異なるさまざまな種類のフルーツを見かけますし、デパートやフードコートにも彩りも鮮やかなカットフルーツが並んでいます。シンガポールでは生活の身近なところにたくさんのフルーツがあって、おや...


  • ケンケン

    シンガポールには美味しい名物がいろいろあります。たとえば、チキンライス、フィッシュヘッド・カレー、そしてチリクラブ! チリクラブを食べずしてシンガポールは語れません。とにかく一度食べてほしい!そんなシンガポール名物なのです。


  • ケンケン

    今やシンガポールでぜひとも訪れたいスポットとなった一大エンターテイメント観光施設「マリーナベイ・サンズ」。その一角をなし、建物の常識を覆す(!?)ほどのインパクトで圧倒するマリーナベイ・サンズホテル。「屋上展望デッキの絶景プールからシンガポールの摩天楼を見下ろしたい!」と思っているひとも多いのではないでしょうか。カジノ...


  • ケンケン

    ほぼ赤道直下と言えるシンガポールは、一年を通して暑い暑い夏、常夏の国です。テレビで見る天気予報で、「最高気温が29度、30度、31度以外、見たことない!」というのは極端な話ですが、それに近いものがあります。年間を通して高温多湿、雨季と乾季があり、雨季にはスコールと呼ばれる短時間の激しい雨に見舞われます。今回はシンガポー...


  • ケンケン

    2015年7月、シンガポールに待望の世界遺産が誕生しました。シンガポール初となる世界遺産は、市街地中心部にある都会のオアシス、シンガポール植物園(Singapore Botanic Gardens)。JTB現地スタッフが世界文化遺産「シンガポール・ボタニックガーデン(シンガポール植物園)」を紹介します。


  • ケンケン

    最近歩いていると至る所でよく目にしていて、ず~と気になっていたアレ。それはシンガポール内に数多く設置されている"生絞りオレンジジュースの自動販売機″!日本では自動販売機がずらっと並らんでいる光景はなにひとつも珍しくありませんが、シンガポールでは日常生活で自動販売機を見かけることはそうそうありません。それが『生絞りジュー...


  • ケンケン

    『シンガポール』といえば、近代的な高層ビルが立ち並ぶ摩天楼のイメージが強いですが、多民族国家ならではの多彩な文化や歴史を感じられる観光スポットも数多くあります。今回は、そんなシンガポールの観光名所を6つ厳選してご紹介します。また、シンガポール観光に必要不可欠とも言える MRT(地下鉄)の使い方についても解説します。シン...


  • ケンケン

    シンガポールの朝ご飯メニューの1つとして、またランチやおやつにも味わえるマレー&インド系の定番メニューが『Prata(プラタ)』です。小麦粉と卵で生地をこねて、鉄板に生地を薄くのばし折りたたみながら焼いていきます。モチモチした食感に定評があります。定番のプレーン味のほか、エッグ入り、チーズ入り、オニオン入り、マッシュル...


  • ケンケン

    「シンガポールの料理といえば?」、チリクラブやチキンライス、バクテーにラクサ、フィッシュヘッドカレー、等々…が浮かんできますが、ローカル(地元民)の間でお馴染みのお財布にもやさしく、とっても手軽に食べられるものもたくさんあります。今回は高級レストランのメニューではあまり見かけることはない、ローカル屋台グルメをいくつかご...


  • ケンケン

    “Kampong Glam(カンポン・グラム)”は、多民族国家シンガポールの中でもひと際独特な雰囲気を醸すエリア。カンポン・グラムの魅力は、伝統とモダンが融合した多様性にあります。この界隈を散策すると、絨毯、香水、“ニョニャケバヤ”(ブラウスとワンピースを組み合わせたプラナカンの伝統衣装)、ジュエリー、雑貨を売る伝統的...


  • ケンケン

    お米をベースにした液体を薄くのばして蒸し、そこにエビやチャーシュー等の具材をおいてさらに蒸し、クルクルと巻いてできるのライスクレープが“猪腸粉(チーチョンファン)”。オリジナルは中国の南方が発祥で、プルプル&ツルツルした食感が特徴的なライスヌードルの点心です。お店によって異なる具材(エビ、叉焼、マッシュルーム等)をトッ...


  • ケンケン

    シンガポールのカルチャー発信地といえば、ティオン・バル(またはチョンバル)です。レトロな雰囲気とトレンディさが混在した個性的でオシャレなエリアで、市街地中心部からはMRT東西線(緑色のライン)で気軽にアクセスできます。オシャレな街歩きには、旬なティオン・バルがおすすめ。


  • ケンケン

    シンガポールには、通りを一本隔てると雰囲気ががらりと異なる、民族色豊かな街角がたくさんあります。今回は、アラブストリート(カンポン・グラム地区)とブギス地区界隈の見逃せない観光スポットをJTB現地スタッフがご紹介します。コーランが響き、カラフルな色のヒジャブを被った女性が行き交う異空間でエキゾチックな体験を楽しみません...


  • ケンケン

    年中暑いシンガポールでは、カレンダーを見ても、公園や町を歩いていても、「あー、もう夏だ!」とか、「もう秋ですね」なんていう季節の移り変わりを感じることも、友人との会話もありません。でも、お祭りやイベントに参加することで、月日の移り変わりを感じます。今回は、日本でいう秋(9~11月)にシンガポールで開催予定の主な宗教色豊...

  • 名月を愛でる中秋節

    • 食べる
    • 2023-08-06

    ケンケン

    中華系が国民の70%以上を占めるシンガポールでは、中秋節はとても大切な年中行事のひとつです。中国では旧暦の8月15日に家族や親しい友人が集まり、月を見ながらこのお菓子を食べる風習があります。現在では、中秋節が近づくと、日頃お世話になっている人に月餅を贈ることが習わしとなっています。中秋節の1カ月ほど前からデパートやショ...


  • ケンケン

    お土産選びは旅の醍醐味ですね!今回はなかでもおすすめの「クッキーミュージアム(The Cookie Museum)」についてご紹介します。シンガポールで最も有名&上品なクッキー専門店で、フルーツやハーブを使ったオリジナルレシピはなんと700種類以上というから驚きです。2004年にシンガポールで生まれ、クッキーはオーガニ...


  • ケンケン

    シンガポールは多民族、多文化国家です。中華、マレーシア、インド、アラブ、そして英国と、様々な文化が入り混じっています。当然、食文化もしかり。美食の国シンガポールを訪れたら、絶対食べたい、食べないと後悔するシンガポールの名物料理が数々ありますが、その中から5品をご紹介します。ここで紹介する料理は、シンガポール人なら誰もが...


  • ケンケン

    今やマリーナベイ地区は、シンガポール滞在中に必ず1度は訪れたいスポットです。イベントが開催されていたり、新しい発見があったりと、在住者もちょこちょこ立ち寄ってその動向や変化をチェックしています。今回は、世界最大級、アジア最大の観覧車「シンガポール・フライヤー」をJTB現地スタッフがご紹介します。2008年に一般公開され...


  • ケンケン

    東洋と西洋が出会い、自然と都会が美しく混じり合い、そして過去と現在が交錯するユニークな国、それがシンガポール。なぜ旅行先に「シンガポールが」選ばれるの?その人気の理由を深堀してみたらこうだった。


  • ケンケン

    シンガポールには、通りを一つ隔てると雰囲気ががらりと異なる、民族色豊かな街角が数多くあります。今回は、リトルインディア(インド人街)の見逃せない観光スポットをご紹介します。週末、民族衣装であるサリーを身にまとった女性がショッピングをしたり、家族連れで食事をする姿をよく見かけます。細い路地に入れば、スパイスやジャスミンの...


  • ケンケン

    「シンガポール」と聞いてはじめに想像するものは何ですか?マーライオン、F1、最近ではマリーナ・ベイ・サンズもシンガポールのシンボルになりつつありますね。でも忘れてはいけないのがずばり「食」!チキンライス、チリクラブ、バクテーなどの定番料理はもちろんのこと、ホーカーズや大衆食堂にも安くておいしい食事が溢れているので、あら...


  • ケンケン

    シンガポールの「セブンイレブン」は、日本と比べると間口が小さく、店舗の外に大きな看板はありません。少し見つかりづらい場所もあるかもしれません。しかし、駅前はもちろん、街中の至るところにセブンイレブンがあります。必ずと言って良い程売っているのが、パイ。中でもツナパイ(Tuna Puff)とカレーパイ(Curry Puff...


  • ケンケン

    シンガポールの国土面積は、東京23区とほぼ同じぐらい。コンパクトにまとまっています。公共交通機関はとても発達しているものの、限られた滞在時間を楽に便利に効率よく観光するには、やはり車があると便利です。赤道直下のシンガポールでは歩いたり、タクシーを待ったりするだけでも体力を消耗してしまいます。チャンギ国際空港にはレンタカ...


  • ケンケン

    リトルインディアでマーケットと言えば、ここ“テッカセンター”。テッカ・センターはインド系の人たちだけでなく、中華系、マレー系、それに旅行者の姿も見かけます。テッカセンターはアクセス至便なところにあります。MRTリトルインディア駅で下車し、C出口を出て正面左に見える水色の建物がテッカセンター。歩いて数分で到着します。...


  • ケンケン

    素朴なスイーツの多いアジアのなかでも、マレーシア・シンガポールなどで味わえる色美しい“ニョニャ・クエ”。プラナカンの伝統菓子です。“プラナカン”とは、17世紀にマレー諸島に移り住んだ中国系の人々のことで、カラフルな和洋折衷建築に住み、衣服はビーズや刺繍で彩るなど、ユニークで鮮やかな文化を育んできました。そんな彼らの独特...


  • ケンケン

    シンガポールは美食大国としても有名です。シンガポールでは中華系、マレー系、インド系などの料理や食習慣が独自の発展を遂げ、それがシンガポールのローカル料理として根付いています。そのため多民族国家ならではの多彩な料理を味わうことができます。それぞれのお料理も中華圏、マレー半島、欧米、インド系とルーツはさまざま。今回はあまり...

  • 名月を愛でる中秋節

    • 食べる
    • 2022-08-15

    ケンケン

    中華系が国民の70%以上を占めるシンガポールでは、中秋節はとても大切な年中行事のひとつです。中国では旧暦の8月15日に家族や親しい友人が集まり、月を見ながらこのお菓子を食べる風習があります。*2022年の中秋節は9月10日(土)現在では、中秋節が近づくと、日頃お世話になっている人に月餅を贈ることが習わしとなっています。...


  • ケンケン

    2020年を迎えるカウントダウン・イベント目白押しのシンガポール。なかでも世界的に注目されているのが、マリーナベイ地区で盛大に行われるカウントダウン・イベント「スターアイランド(STARISLAND SINGAPORECOUNTDOWN EDITION 2019-2020)」です。JTBでは、そんな世界初の新感覚エンタ...


  • ケンケン

    その治安の良さや英語圏であること、日本からも約6時間でアクセスできるなど、子供連れ家族での海外旅行先としても人気のあるシンガポール。ナイトサファリや水族館、ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイなど、ファミリー向けの見どころ満載ですが、今回はファミリーにお勧めしたいのが、職業体験テー...


  • ケンケン

    シンガポールの地元の人々に人気のローカルグルメを楽しむなら、迷わずホーカーへ。「安くて早い、しかも美味い!」という三拍子揃った優れもの。シンガポール人の胃袋を満たすホーカーは、観光客にとって強い味方。お財布にやさしいだけでなく、地元のソウルフードを食べる絶好のスポットでもあります。「シンガポールのホーカー探訪1」という...


  • ケンケン

    この季節、シンガポール各地では、煌びやかなイルミネーションで街中はとても華やぎます。シンガポールの目ぬき通り、オーチャードロードはクリスマスイルミネーションでフェスティブ気分を盛り上げてくれます。12月から1月にかけてのスペシャルな気分を盛り上げてくれる、そしてシンガポールらしいシチュエーションで2019年の幕開けを楽...


  • ケンケン

    シンガポールの夜のお楽しみといえば、煌びやかな夜景!ビル群のライトアップだけでなく、時には水と音、光の演出が加えられ、印象深い美しい夜景が広がります。とりわけ、マリーナベイ地区の夜景は、圧倒的な迫力と想像以上の光の演出に息をのむほど。マリーナベイ地区の三大夜景スポットをJTB現地スタッフがご紹介します。


  • ケンケン

    夜でも外にいると汗ばむシンガポールで、冷えたタイガービールは乾いた喉を潤し、1日の疲れを吹っ飛ばしてくれます。タイガービールはシンガポールはもちろん、東南アジアでは絶大な人気を誇ります。その国土の狭さもあって、多くのものを輸入に頼っているシンガポールですが、タイガービールは、シンガポールの数少ない「ご当地もの」であるこ...


  • ケンケン

    2005年にオープンした、シンガポールのローカルグルメ紙がプロデュースした屋台村。行列の絶えない有名店ばかりが集約されているので、味はお墨付きです。地元の人たちに人気店であればあるほど、本店は観光客には踏み入れにくい場所や郊外にありがちなのですが、ここマカンスートラはシティのど真ん中と言ってもいいほど、マーライオンもす...


  • ケンケン

    シンガポールの一の繁華街がオーチャード・ロード周辺に広がっているのですが、一歩裏手に入れば、閑静な住宅街になっています。表の通りとは打って変わって、そこには、周辺住民の憩いの場になっている公園やおしゃれなカフェ、ローカルフードの美味しい店があります。今回は、地元住民ならではのお散歩コースをご紹介します。MRTオーチャー...


  • ケンケン

     この記事のテーマはズバリ、ドリアン! 強烈な匂いで知られるドリアンは、その甘くてマイルドな味が堪らないと思う方も居れば、匂いを嗅いだだけで、、、、なんて方も。実に、極端に好き嫌いが分かれる果物なのです。日本の方はドリアンに対し好意を抱かない方が多いようですが、かたやシンガポールでは愛され果物なのです。下記の数々のな写...


  • ケンケン

    日本でも名が知られている、ジョエル・ロブションのシンガポール店はなんとセントーサ島にあります。本店Joël Robuchon Restaurantのほか、カジュアルでリーズナブルな価格で楽しめる姉妹店・L'Atelier de Joel Robuchonのふたつの店舗で構成されています。L'Atelie...


  • ケンケン

    シンガポールは、新しく近未来的な建築物も多く、都会なイメージが強いのですが、少し足を伸ばすとお散歩をしたくなるような市民の憩いの場所がいっぱいあります。そんな、のんびりお散歩をしたくなるようなシンガポールの癒し系スポットをご紹介します。


  • ケンケン

    日本には少ないテラス席が多いシンガポール。せっかく年中あたたかい国へ訪れるので、気持ちのいい場所でカフェを楽しみたいですよね。そんな方に、テラス席があるカフェ・バーが多いエリアをご紹介いたします。①デンプシーヒルオーチャードから西に車で10分ほどの場所に位置するこの場所は、元英国陸軍のキャンプ地を再開発したおしゃれエリ...

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ