シンガポールの観光情報

シンガポールの文化・歴史・芸術


  • ケンケン

    リトルインディア駅(MRT)の隣にあり、ウェットマーケット、ホーカーセンター、ショップで構成されている「Tekka Centre(テッカセンター)」。1階にはウェットマーケット、2階には衣料品店、アクセサリー店が所狭しとずらりと並んでいます。シンガポールを訪れたら、ぜひ一度は行ってほしい“ホーカー”。シンガポール島内に...

  • シンガポールの旧正月“春節” 

    • 文化・歴史・芸術
    • 2024-02-08

    ケンケン

    中華系の人々が全人口の7割以上を占めるシンガポールでは、春節(旧正月)はさまざまなイベントが開かれるなど、とても盛大な祝祭で、大いに賑わいます。春節とは、旧暦の1月1日のことです。毎年1月1日にお祝いする新暦のお正月とは異なり、お祝いする時期は毎年変化します。シンガポールの2023年のチャイニーズ・ニューイヤーは1月2...


  • ケンケン

    シンガポールは多民族国家であり、中華系、マレー系、インド系の3人種が暮らしています。とりわけ女性のファッションは各文化により違いがあります。


  • ケンケン

    『シンガポール』といえば、近代的な高層ビルが立ち並ぶ摩天楼のイメージが強いですが、多民族国家ならではの多彩な文化や歴史を感じられる観光スポットも数多くあります。今回は、そんなシンガポールの観光名所を6つ厳選してご紹介します。また、シンガポール観光に必要不可欠とも言える MRT(地下鉄)の使い方についても解説します。シン...


  • ケンケン

    東京23区ほどの小さな国シンガポールでは、その街角に多様な文化を垣間見ることができます。チャイナタウンやリトルインディア、アラブストリート、プラナカン文化が残されたカトン地区など、それぞれに街角の雰囲気がガラリと変わり、多民族国家シンガポールらしい、チャンプル感に溢れています。チャンプルとは、マレー語で「ごちゃ混ぜ」と...


  • ケンケン

    小さな島シンガポールから、ジョホール水道を渡れば、そこはマレーシア。レゴランド・マレーシアリゾートや食事に行くなど、気軽にジョホールバルへ出かけるシンガポール人も少なくありません。シンガポール滞在中に、国境を越えて日帰りで文化や言語の異なる異国マレーシアへ出かけるのもおすすめです。世界遺産に登録されている古都マラッカや...

  • 異国情緒あふれるカンポン・グラム

    • 文化・歴史・芸術
    • 2023-09-05

    ケンケン

    “Kampong Glam(カンポン・グラム)”は、多民族国家シンガポールの中でもひと際独特な雰囲気を醸すエリア。カンポン・グラムの魅力は、伝統とモダンが融合した多様性にあります。この界隈を散策すると、絨毯、香水、“ニョニャケバヤ”(ブラウスとワンピースを組み合わせたプラナカンの伝統衣装)、ジュエリー、雑貨を売る伝統的...


  • ケンケン

    日本もこれからお盆の時期なのですが、“中元節、盂蘭節、鬼節”などと呼ばれるシンガポールのお盆が、旧暦の7月から1ヶ月間渡って行われます。中国では、旧暦の7月(2023年は8月30日)は、地獄の大門が開かれ親縁がいない死者の霊が、地上に降りてくると考えられています。これはシンガポール人であれば誰もが知っている昔からの言い...


  • ケンケン

    シンガポールのカルチャー発信地といえば、ティオン・バル(またはチョンバル)です。レトロな雰囲気とトレンディさが混在した個性的でオシャレなエリアで、市街地中心部からはMRT東西線(緑色のライン)で気軽にアクセスできます。オシャレな街歩きには、旬なティオン・バルがおすすめ。


  • ケンケン

    シンガポールには、通りを一本隔てると雰囲気ががらりと異なる、民族色豊かな街角がたくさんあります。今回は、アラブストリート(カンポン・グラム地区)とブギス地区界隈の見逃せない観光スポットをJTB現地スタッフがご紹介します。コーランが響き、カラフルな色のヒジャブを被った女性が行き交う異空間でエキゾチックな体験を楽しみません...


  • ケンケン

    多民族国家シンガポールの公用語は英語、マンダリン(北京語)、マレー語、タミル語の4言語です。ショップやレストラン、ホテルなどでは一般的に英語がよく使われますが、シンガポールの英語は、「シングリッシュ」と呼ばれるほど、独特の言い回しやアクセント、発音を含みます。そう、これは英語のひとつの形、方言のようなものといえるでしょ...


  • ケンケン

    東洋と西洋が出会い、自然と都会が美しく混じり合い、そして過去と現在が交錯するユニークな国、それがシンガポール。なぜ旅行先に「シンガポールが」選ばれるの?その人気の理由を深堀してみたらこうだった。

  • プラナカン博物館リニューアルオープン

    • 文化・歴史・芸術
    • 2023-05-21

    ケンケン

    プラナカン博物館が約4年の改修を終えて2023年2月17日に再オープンしました。パステルグリーンの色合いとともに真の美しさを誇ってきたネオクラシカルな歴史的建物は、このたび内装もこれにふさわしい姿に生まれ変わり、まさに“宝石箱”と呼ぶべき施設へと格上げされました。800点以上の展示品が置かれた館内は3つのフロアに9つの...


  • ケンケン

    シンガポールの国土面積は、東京23区とほぼ同じぐらい。コンパクトにまとまっています。公共交通機関はとても発達しているものの、限られた滞在時間を楽に便利に効率よく観光するには、やはり車があると便利です。赤道直下のシンガポールでは歩いたり、タクシーを待ったりするだけでも体力を消耗してしまいます。チャンギ国際空港にはレンタカ...


  • ケンケン

    シンガポール航空(SQ)のキャビンアテンダントが着用する制服というと思い浮かべる人も多いと思います。SQの女性客室乗務員が着用する、優雅なシルエットの、とても印象的な制服“サロンケバヤ”。シンガポールの伝統と文化を感じるデザインと色使い、そのスタイルは、シンガポール航空だけでなく、シンガポールの代名詞ともいえそうです。...


  • ケンケン

    高級ブティックやデパートが建ち並ぶオーチャードエリアのショッピングモール「Orchard Gateway (オーチャード·ゲートウェイ) 」内にあり、アクセスも抜群。ライブラリー@オーチャードは、次世代の概念を提唱し、デザインと応用芸術に焦点を当て、以前のライブラリのファッション志向のスタイルを守っています。図書館には...

  • 名月を愛でる中秋節

    • 文化・歴史・芸術
    • 2022-08-15

    ケンケン

    中華系が国民の70%以上を占めるシンガポールでは、中秋節はとても大切な年中行事のひとつです。中国では旧暦の8月15日に家族や親しい友人が集まり、月を見ながらこのお菓子を食べる風習があります。*2022年の中秋節は9月10日(土)現在では、中秋節が近づくと、日頃お世話になっている人に月餅を贈ることが習わしとなっています。...


  • ケンケン

    シンガポールが、マレーシア連邦から分離・独立をしたのは、1965年の8月9日。今から57年前にあたります。自分たちが望んだ「独立」というよりは、マレーシア連邦から切り捨てられた状況下での、不本意な「独立」。小さく天然資源の不足に悩み、生き残れないと言われていたこの小国が「独立」した日。国内の混乱、地域的対立、国際政治の...


  • ケンケン

    シンガポールには、テーマパークやアトラクション、動物園や植物園、庭園、水族館、そして各種テーマに沿った美術館や博物館、奇想天外な建造物など大人から子供まで遊べて、楽しめる施設がたくさんあります。数あるこれら施設の中から、巷で話題のイチオシの美術館と、セントーサ島の注目の体験型アトラクションをJTB現地スタッフがご紹介し...


  • ケンケン

    「サロンケバヤ」をご存知ですか?シンガポール航空(SQ)のキャビンアテンダントが着用する制服というと思い浮かべる人も多いと思います。SQの女性客室乗務員が着用する、優雅なシルエットの、とても印象的な制服「サロンケバヤ」。シンガポールの伝統と文化を感じるデザインと色使い、そのスタイルは、シンガポール航空だけでなく、シンガ...


  • ケンケン

    近代的な建物が並ぶシンガポールですが、伝統的な家屋も残されています。それがショップハウス!かわいいフォトジェニックな建物で、インスタ映えするのはもちろん、カラフルな色の外壁と優雅な装飾がほどこされた外観が印象的。今回は、そんな伝統のショップハウスとペラナカン(プラナカン)文化、歴史について、JTB現地スタッフが紹介しま...


  • ケンケン

    シンガポール滞在中に日帰りで隣国マレーシアの世界遺産都市マラッカ観光を楽しみませんか? 大航海時代の面影を残す世界遺産の古都マラッカへはシンガポールからバスで便利にアクセスできます。シンガポールからの行き方とマラッカの魅力をJTB現地スタッフがご紹介します。


  • ケンケン

    今回はプラナカン陶器を買うために、オーチャード近辺からバスで約40分、イーストコーストのカトンというエリアに来てみました。市内の都会的な雰囲気とは打って変わり、プラナカン様式の建物が立ち並ぶ落ち着いた街並みをのんびり散歩してみました。シンガポールには、チャイナタウン、アラブストリート、リトルインディアと、様々な人種が暮...


  • ケンケン

    MRTのBras Basah駅周辺は、教会や美術館がたくさんあり、一度にシンガポールの歴史を学べるスポットになっています。今回は、Bras Basah駅周辺を散歩しながら、シンガポールの歴史や文化に触れてみました。


  • ケンケン

    自然が少ないと言われるシンガポールは、道路も街路樹も全てが整理され、近代的なビルが立ち並び、国全体が統一されています。そんな統治されたシンガポールならではの、近代と自然が融合したハイキングコース、それがマウントフェーバー(Mount Faber)の頂上へと続くサザン・リッジス(The Southern Ridges)と...


  • ケンケン

    日中は30度以上まで気温が上昇する常夏のシンガポールでは、朝の涼しい時間帯は貴重な屋外での活動時間。シンガポールの日の出は意外に遅く、朝7時~7時半にかけてですが、シンガポール植物園の開園時間はなんと朝5時。そのほかの観光名所のほとんどが10時以降にオープンする中、朝一番に楽しめるスポットでもあります。日が昇り切った朝...


  • ケンケン

    シンガポールにはたくさんの観光地とお買い物スポットがありますが、残念ながら「世界遺産」は今のところありません。しかしお隣のマレーシアまで少し足を伸ばすだけで、2008年にUNESCO世界文化遺産に登録されたマラッカへ日帰りで行くことができるのです。ということで、JTBのマイバス(オプショナルツアー)を使って実際に行って...

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ