オーストラリアの観光情報

オーストラリアで見る


  • JTB

    砂漠に林立する無数の奇岩群が創り出す不思議な光景を一目見ようと、西オーストラリア州のピナクルズには、世界中からたくさんの旅行者がやってきます。パースから北へ250km、距離だけ聞けば遠いようですが日帰りでも訪れることができます。ピナクルズへの行き方としては、個人でレンタカーを借りて行くか、もしくは現地発着のツアーに参加...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    ※この記事は2020年2月現在の情報を元に加筆・修正を実施しました2020年のオーストラリア全国共通の祝日をご紹介します。祝日は、人々が週末を利用して、旅行やレジャーを楽しめるように考えられています。観光地や周辺道路などはいつもより混雑し、ホテル代などが高くなる場合もありますので、要チェックです。確実に予約したい場合は...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    ※この記事は2020年03月現在の情報を元に加筆・修正を実施しましたオーストラリア各地の中でも、最近、注目度急上昇の旅行先がタスマニア島。このところ、JTBオーストラリアに寄せられるお問い合わせも、タスマニア旅行に関するものが目立って増えています。そこで今回は、ご質問の多い、タスマニア島の空の玄関口、ホバート空港からホ...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    ※この記事は2020年03月現在の情報を元に加筆・修正を実施しました西オーストラリア州の玄関口、パース国際空港から市内へのアクセス方法には、タクシー、市バス、エアポートコネクトなどがあります。所要時間の目安は30分前後。ただし空港内は広大で、国際線と国内線のターミナル間の移動もバスになります。現地で迷子にならないよう、...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    クリスマス休暇は、オーストラリアでは1年間で最大のホリデーシーズンです。学校は12月中旬に学年末を迎え、長い長い“夏”休みに突入。州によって期間は若干、異なりますが、このスクールホリデーはクリスマス、年末年始を挟んで約10週間も続くので、多くの家庭がこの時期に旅行やイベントの計画を立てます。メインイベントは、何と言って...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    世界遺産なら、まずオーストラリアを見てほしい!迫力満点でスケールが違う自然の驚異や、地球の歴史の神秘に出会う旅が、ここオーストラリアなら実現します。グレートバリアリーフの紺碧の海、ウルルの赤い大地、太古の昔から続くユーカリの森。優美な姿のシドニー・オペラハウスも、実は長い苦難の末に誕生しました。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オーストラリアにご旅行される方から、JTB現地スタッフに質問が多いのが、日本との時差。というのも、季節によって、時差が異なる場合があるからです。その理由は、オーストラリアの多くの州が毎年10~4月に導入している夏時間制。日本では馴染みがない制度ですが、一体、どういう内容なのか、という疑問にお答えします。オーストラリアで...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    熱帯地域もあれば砂漠もあるオーストラリア大陸ですが、南部沿岸部地域は温暖な地中海性気候で知られています。オーストラリアの中心都市であるシドニーも、雨が少なく年間を通じて過ごしやすいことで知られています。とはいえ、四季があって冬はコートやマフラーは必須。また、夏も1日の気温差があり夜には肌寒く感じることもあります。シドニ...

  • JTBオーストラリア
    Y.D
  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オーストラリア・クイーンズランド州の空の玄関口の1つ、ゴールドコースト空港は、人気のビーチ、サーファーズパラダイスから南へ21km、クーランガッタ地区に位置します。空港からサーファーズパラダイスまでのアクセス手段には、いくつかの方法があります。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    シドニー市内には、実に様々なバーがあります。お店によって置いているお酒やお店の雰囲気もがらりと変わりますので、何店もまわってみる事をお勧めします。週末は非常に込み合うので、ゆっくりしたい方は平日の夜に行くのが良いかと思います。お気に入りのパブを旅行中に見つけてみてはいかがでしょうか。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    観光地へ行ったら、見渡しのよい絶景のポイントにいってみたくなりませんか。今回は高い所が大好きな方へご案内したいシドニー、メルボルン、ゴールドコーストの絶景展望台へご案内します。各都市、それぞれ市内全体を高い所から見渡せる絶好の場所です。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    シドニーで最も高い位置で体験できる人気アクティビティ、スカイウォークを体験してきました。シドニーを地上250メートルから一望でき、ハーバーブリッジよりも約2倍もの高いところからの景色が楽しめます!うっすらとみえるブルーマウンテンズ、ボンダイビーチ、オペラハウスなど、シドニーの見所スポットの英語での解説なども聞けました。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    シドニーには電車、バスに続く3つ目の交通手段にフェリーがあります。シドニー市内のサーキュラーキー、またはダーリングハーバーの埠頭から出発します。道路だとぐるっと迂回しなくてはならない場所も、フェリーなら海の上を直線でつなぎます。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    ケアンズのメインストリートや新しいスポット、お買い物にお勧めの場所、ちょっと時間が空いた時に立ち寄りたい場所など街歩きのポイントを紹介!ケアンズには日本のお店もたくさんあり、便利な町ですが、ポイントを押さえて散策すれば旅行の時間も有意義に活用できます!

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    「芸術の秋」というとまだまだ先の気もしますが、南半球のオーストラリアではまさに今が秋真っ只中です。自然とアートが融合した不思議なこのイベントは毎年期間限定で行われています。せっかくの機会に、世界遺産としても有名なブルー・マウンテンズで一足先に芸術の秋に触れてみませんか

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    昨年日本からの直行便が開始し、ぐっと行きやすい都市となったメルボルン。実はおしゃれなカフェやかわいい写真スポットが沢山ある、フォトジェニックな街としても有名です。女子旅やカップルでの旅行にもぴったり、インスタ映え抜群な観光スポットをご紹介します。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    ゴールドコーストでの楽しみ方は、海だけ、と思っていませんか?ゴールドコーストには、広大な大自然や様々なテーマパークがあり、冬でも存分に楽しんで頂ける場所です!今日は、特に冬におすすめのアクティビティと、お勧めスポットを紹介します。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    カンガルーのお肉に、ミートパイ、オージービーフ。魅力的な料理が沢山あるオーストラリアですが、オーストラリアに来たら是非食べてもらいたいのは、海外サイズの大きいハンバーガーです。今大流行中のボリューミーで大満足なハンバーガーから、女性にもおすすめのヘルシーなハンバーガーまで、シドニーのおすすめ3店をご紹介します!

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    テニスの四大大会の一つ、全豪オープン。毎年年明けごろにメルボルンにて開催されます。現地の人も開催を心待ちにしている大会だけあって、メルボルン街全体が大いに盛り上がります。有名選手の大迫力のプレーを間近で観戦するチャンス!

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    ボンダイビーチの海沿い、世界最大級の野外彫刻展イベントに行ってきました。ビーチ沿い約2キロに渡って並ぶ約100点ものアート作品、オーストラリアの青い海と自然の中でアートを楽しむことができます。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    真夏のシドニーを彩るのが年越しカウントダウンの打ち上げ花火。毎年このイベントを楽しみに大勢の人々がシドニー湾に集まります。様々な趣向を凝らした大人気のイベント、2018年12月31日のスケジュールなどを紹介しましょう。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    実は面白い、シドニー市内にあるオーストラリアの歴史や海に関連する情報が盛りだくさんの博物館!観光客には意外と知られていない穴場スポットにぜひ足を運んでみては?展示されている潜水艦の中にも入れます!博物館の後にはシドニー市内の景色を眺めながらゆったりカフェでランチもできますよ。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    旅の思い出に、日本とはスケールの違うオーストラリアの雄大な自然のなかや、大都会の船の上から、感動的な夕暮れ時を過ごしてみませんか。絶景スポットが多いオーストラリアですが、その中でも、サンセット・タイムが特に美しいおすすめスポットを選んでみました。太陽が沈んだ後は、夜空に広がる南半球の星もお見逃しなく。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    カンガルーやコアラなど、オーストラリアといえば動物が有名ですが、鳥たちも負けてはいません。日本ではペットショップでよく見かけるインコやオウムも、実はオーストラリア原産の種類が多く、こちらでは郊外などでよく見かけます。もちろん野鳥です。野鳥やバードウォッチングと聞くと、遠い山の中まで出かけるイメージがあるかもしれませんが...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    タスマニア島は、氷河期にできた独特の地形と自然が魅力の島。メルボルンから空路で1時間ほどで到着します。島とはいえ、オーストラリアを構成する州の1つでもあり、州都は南東にあるホバート(Hobart)。このほか、北部のデボンポート(Devonport)やロンセストン(Launceston)に空港があり、旅客を迎える玄関口に...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    まるで星空を見ているような、神秘的な青白い光がいくつも洞窟内に瞬く光景に、言葉を失ってしまいそう。実はこれ、オーストラリアとニュージーランドに生息する昆虫。その輝きから通称「土ボタル」と呼ばれていますが、オーストラリアでは、「グローワーム(glow worm)」、日本語の正式名称は「ヒカリキノコバエ」といいます。光る虫...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    パースから日帰りできる人気観光地といえば、北方向へドライブするピナクルズと、東南東へのドライブとなる「ウェーブロック」でしょう。ウェーブロックは、海からの高波がある日突然、固まって岩になった!?と言われても信じてしまいそうな姿ですが、実は長い歳月をかけて、風雨などの浸食によって現在の形になりました。西オーストラリアの内...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オーストラリアのクイーンズランド州の中でも、ケアンズを中心都市とする北部一帯は「トロピカル・ノース・クイーンズランド」とよばれ、熱帯モンスーン気候に区分される地域。赤道からの距離は沖縄より近く、わかりやすく言えば、年間を通じて夏!そんなケアンズ周辺で快適に過ごすための服装アドバイスをまとめてみました。ケアンズ郊外をドラ...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    日本人にとってオーストラリアは行きやすくて親しみやすい旅行先のひとつ。でもその最北端、ダーウィンに行ったことがある人となると、かなり“上級者”かもしれません。あまり知られていませんが、いかにもオーストラリアらしい自然や景色が残るのがこの地域です。なかでもカカドゥ国立公園は、豊かな自然と古代の人々の文明が残され、世界複合...


  • JTB

    オーストラリアは人口が少なく、国土は広大であるため、都市部にいても、少し郊外までドライブすると、ビルや家屋はなくなり、夜空いっぱいの星を楽しむことができます。リゾートやファームステイなどに滞在すると、降り注ぐような星空に出会うこともめずらしくありません。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    洗練された文化と、気取らない生活が両立している町として、最近、オーストラリアの若者世代に人気のブリスベン。よく耳にする呼称の一つが「サンシャイン・キャピタル」で、その名の通り、太陽が降り注ぐ亜熱帯性の温暖な気候帯に属しているエリアなので、ゆるやかな四季の変化はあるものの、年間を通じて、気持ちよいお天気の日が多いです。

  • JTBオーストラリア
    E.I

    市内からフェリーで約30分程で行ける動物園がシドニーにあります。注目して頂きたいのは、こちら動物だけではなく、動物園から見る景色がとても素敵です。お勧めスポットは、キリンとオペラハウスのコラボレーションと鳥のショーですね!

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オーストラリアで絶対に見てみたい観光スポットのひとつ、それが小さい野生のペンギンたちがよちよち歩く姿が楽しめる、ビクトリア州フィリップ島の「ペンギンパレード」です。ペンギンパレードが観られるフィリップ島へ出かける際の拠点は、ビクトリア州最大の都市、メルボルン。豪州第二の都市であり、暮らしたい町ランキングでトップに入る美...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    フランクランド諸島は誰も住んでいない島々で、もちろん港などの港湾施設すら、整備されてはいません。それもそのはず、この一帯は、世界遺産に登録された「世界最大のサンゴ礁」、オーストラリアが誇るグレート・バリア・リーフ内に位置し、海洋国立公園に指定されたエリア。そしてフランクランド諸島は、国から保護指定を受けています。島を訪...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    「幸福」をもたらすと言われる観光スポットは、世界各地にありますが、もちろんオーストラリアにもあります!クイーンズランド州北部の熱帯雨林に生息する美しい蝶、ユリシスは、一度、その姿を見れば幸せになれるとか。ケアンズから簡単にアクセスできるユリシス探しのおすすめスポットを紹介。ブルーの羽は見事です!エレクトリック・ブルーの...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    コアラやカンガルーなど、めずらしい動物が有名なオーストラリアですが、花の種類も実に豊富。9月になると、国のシンボルになっている黄色いワトルの花が咲き、冬の終わりを告げます。ワイルドフラワーの宝庫、西オーストラリア州には、この時期にぜひ訪れたい必見の花畑がたくさんあります。広い国土に様々な気候帯が集まったオーストラリアに...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    カバシャムワイルドライフパークは、州都パースから北東方面へ20kmほど、車で30分のドライブで到着します。シドニーやメルボルンなどの大規模な動物園と違うのは、国や州政府が経営しているのではなく、なんとオーストラリア人ファミリーが個人経営している動物園だという点です。もともと1988年、家族経営の小さな動物ふれあいパーク...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    シドニーに宿泊しながらブルーマウンテンズ国立公園に行く場合、公共交通機関を利用するなら、シドニー・セントラル駅から電車ブルーマウンテンズ・ラインを利用し、約2時間の旅になります。最寄りの駅は、カトゥーンバ(Katoomba)駅。この駅前からは、乗り降り自由の周遊バスが運行しており、様々な観光ポイントへ向かうのに便利です...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    6月から10月、オーストラリア・ゴールドコーストの海は“くじらラッシュ”です。ゴールドコーストの海で見ることのできるくじらは「ザトウクジラ」。シーズン初めは一頭でもシーズン終わりには親子で南極へ帰る姿が見られ、お母さんくじらにピッタリくっついて、赤ちゃんクジラが一生懸命泳ぐ姿は可愛く感動的です!ザトウクジラは大きな胸ビ...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    かの有名なオーストラリア・シドニーのオペラハウス内部を見学できるのをご存知でしたか?バックステージや、スタッフしか出入りのできないオペラハウス内部のカフェで一休みすることも可能。そんな体験ができたら、舞台が大好きな方にはたまらないですよね。今回は、2時間で舞台裏をじっくり見学できる英語でご案内するツアーをベースに、その...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    ユネスコ世界遺産に登録されているゴンドワナ多雨林群は、クイーンズランド州南東からニューサウスウェールズ州北東にかけて広がる広大な原生林。その総面積は36万ヘクタール以上もあり、世界最古のシダ類、170種以上の絶滅に瀕した植物、美しい野鳥、土ボタルなど、世界的にも非常に希少な生態系の宝庫です。なにしろ広大なエリアなので、...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    メルボルンは、昨今、世界で最も注目されている町のひとつでもあります。イギリス・エコノミスト誌の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が発表した世界で最も住みやすい都市ランキング2017で、メルボルンは100点満点中、97.5点を獲得し、7年連続で1位に選ばれました。 年に一度、行わわれているこの...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    日本から直行便が乗り入れ、オーストラリア各都市の中で、最も短時間でアクセスできるケアンズ。熱帯に属するこのエリアは、年間を通じて常夏の地です。ケアンズからキュランダまでは、ロープウェイのスカイレール、またはキュランダ高原列車で1時間ほど。いずれの交通機関も、熱帯雨林の景色が様々な角度から堪能できておすすめですが、時間を...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    美しい季節の到来を存分に楽しもうと、西オーストラリア州では毎年9月、ワイルドフラワーを主役にした花の祭典「キングス・パーク・フェスティバル(Kings Park Festival)」が開催されます。会場となるのは、同州固有のめずらしい植物、絶滅に瀕した植物などの保護・研究拠点になっている西オーストラリア植物園(West...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    ゴールドコーストで一番人気の動物園と言ったら?「カランビンワイルドライフサンクチュアリー」ですね!JTBゴールドコーストデスクのあるサーファーズパラダイスから約10キロ程南に位置するこの動物園では、約1400以上の生物を飼育していて、オーストラリア特有の動物はほとんどここで見ることができます。また、カラフルな野鳥の餌付...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    クイーンズランド州北部にあるポートダグラス、名前は聞いたことがあるけれどよく知らない、という方が多いのではないでしょうか。日本では空港のあるケアンズが有名ですが、オーストラリア人にはポートダグラスの方が休暇先として人気が高いかもしれません。美しいビーチ以外に、どんな楽しみ方があるのでしょうか?ポートダグラスへのアクセス...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    日本航空(JAL)が、成田空港とメルボルンを直行便で結ぶ新路線を、2017年9月1日(金)から毎日、運航する計画を発表しました。なお、メルボルン発は9月2日(土)からのスタートになります。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    シドニー在住約4年のスタッフが、ヘリコプター遊覧20分間(英語ツアー)を体験してきました! ヘリ遊覧にはホテルへの往復送迎がついているので安心です。当日、ホテルからお迎え(英語)の車で、シドニー南部のシドニー空港内にあるヘリパッドへ移動し、受付を済ませます。予約時も当日の到着時も体重の申告が必要でした。日本語で書かれた...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    タスマニアは州全体の20%が原生地域のまま残っている大自然の宝庫。「島」といっても実に広く、国立公園が計17ほど。その多くが、世界遺産にも登録されています。見どころが多く、観光に迷ってしまうかもしれませんが、手始めに原生雨林の中で軽いウォーキングを、とお考えなら、マウントフィールド国立公園がおすすめです。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オーストラリア滞在時に気になることといえば、水道水は飲めるのか?チップは渡したほうがいいのか?等々。日本から持参した電化製品を使いたい場合は、何に注意したらよいのかも気になります。誰もが絶対、お世話になるトイレの状況も、事前に分かると安心です。今回はこの4項目について、簡単にご紹介しましょう。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    いよいよ夏がやって参りました!すばらしい海岸に恵まれたシドニーでは、大都会の近くとは思えない美しい紺碧の海を、様々な場所で楽しむことができます。寒い日本を脱出して、年末年始は南半球でのんびりくつろぎませんか。超有名ボンダイ・ビーチから、優雅な別荘地パーム・ビーチまで、おすすめの海岸をご紹介します。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    皆さん、クリスマスは楽しく過ごされたでしょうか?クリスマスといえば、青空と太陽の下で祝うもの!これが南半球オーストラリアの常識です。雪景色はない真夏のクリスマスですが、イギリスにおける伝統的な風習はしっかり受け継がれています。12月が近づくと、あちこちにクリスマス・ツリーが登場し、町はいつもよりキラキラとおめかし。気候...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オーストラリアを代表する海を1つ挙げるなら、世界遺産に登録されたグレート・バリア・リーフでしょう。この広大なサンゴ礁は、南北に全長約2000kmに渡り続き、世界最大の規模を誇ります。当然、ダイビングやシュノーケリングにおすすめのポイントは無数ありますが、ナンバーワンはやはりグリーン島。人気の秘密をご紹介します。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    ゴールドコーストといえば、どこまでも続く砂浜と、世界中のサーファーが憧れるダイナミックな波!その海岸線は、なんと南北に全長57kmもあり、実に様々なビーチが点在しています。今回は、ゴールドコースト空港のあるクーランガッタ地区から、観光都市サーファーズパラダイスまでに点在する5つの人気ビーチを紹介します。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オーストラリアを旅行先に選んだ方には、動物好きが多いのではないでしょうか?今回はコアラやカンガルーなどの有袋類をはじめ、鳥類、爬虫類など、珍しい動物たちがたくさん揃っていて、一度にたっぷり楽しめるシドニーの動物園を2カ所、ご紹介します。どちらもシティから10分ほどでアクセスは良好。海風が吹く気持ちの良い環境です。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    ただ海風を感じながら、ぶらり散歩をするだけでも十分に気持ちの良いシドニーのダーリンハーバー界隈。シドニー・ハーバーに面する湾には、クルーズ船などが多く停泊しており、レストランやホテル、アミューズメント施設もたくさん集まっています。今回は、そんなダーリンハーバーの魅力をお伝えしたいと思います。観光客から地元の人々まで、み...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オーストラリアで暮らして、まず驚いた日本との違いは、空の広さ、美しさでした。大都会シドニーでも、広大な空を感じることが出来ます。なかでも絶景スポットとしておすすめなのがシドニー天文台。観光地としては穴場なので、静かなのもおすすめの理由です。シドニー天文台は、ハーバーブリッジの西側に位置し、ロックス地区から徒歩で約10分...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オペラハウス、ヨットや高級住宅街などを、海の上からのんびり眺められるキャプテンクック・クルーズ。同社では、シドニーを訪れる観光客向けに、様々なクルーズを催行していますが、中でも「これは絶対おすすめの自信作!」と船長(キャプテン)自ら太鼓判を押しているのが「キャプテンズ・ディナー・クルーズ」です。「キャプテンズ・ディナー...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    エアーズロック(先住民の言葉でウルル)は「地球のへそ」と呼ばれる世界最大の一枚岩。オーストラリアを代表する必見ポイントですが、日本から直行便はなく、内陸部の何もない乾燥地帯にあり、とても遠いイメージ。でも実は、シドニーなど主要都市発ツアーなら、1泊2日で観光OK!夕暮れの絶景や星空を眺め、翌日は岩の頂上を目指しましょう...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    日本が梅雨に入り、じっとりとした夏の気配が漂いだすころ、南半球のオーストラリアは冬を迎えます。冬とはいっても、温暖なオーストラリアですから、晴れた日は気持ち良い!そしてこの時期しか見ることができない季節限定の大人気のアクティビティが、南極海から北上するクジラを見るホエールウォッチングです。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オーストラリアを代表する世界遺産、ウルル(エアーズロック)では、大平原に無数のライトが輝く光のインスタレーション・アート「フィールド・オブ・ライツ」が2017年3月まで開催されています。ウルルが最も美しい姿を見せてくれるサンセットまたはサンライズ観光に組み合わせるのがおすすめ。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    南半球に冬が訪れる5月末、シドニーでは光と音楽の祭典、「VIVID SYDNEY(ビビッド・シドニー)」が今年も開幕します!今年の開催期間は2016年5月27日~6月18日、点灯は毎夜午後6時からスタートします。ビビッド・シドニー VIVID SYDNEY期間: 2016年5月27日~6月18日時間: 毎日18:00~...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オーストラリアの国民的スポーツの1つ、テニスのシーズンが到来です。1月は、国別の男女対抗戦で盛り上がるホップマン・カップやブリスベン国際テニス、そして全豪オープンなど、テニスの大会が目白押し。なかでも全豪オープンは、南半球で唯一、開催されるグランドスラムであり、オーストラリア国内も大いに盛り上がります。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オペラハウスやシティを抱えるシドニーの南側が、にぎやかな観光やビジネスの中心地であるのに対し、湾をはさんだ北側は閑静な住宅街。海沿いには、地元っ子たちが散策するウォーキングルートや公園が整備されていて、こちら側から見る景色も最高!シドニー湾を静かなところでのんびり眺めたい方におすすめ。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    他の大陸から隔絶されたオーストラリアは、独自の進化を遂げた有袋類や、亜熱帯の動物たちの宝庫。みんな知っている人気者、カンガルーやコアラから、特定の州やエリアでしか見ることのできない珍しい動物、バードウォッチャー必見の希少な鳥まで、オーストラリアに来たら、必ず見ておきたい動物たちを種類別にご紹介します。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフと、恐竜の時代までさかのぼる世界最古の熱帯雨林。この2つが出会う稀有な場所がケープ・トリビュレーションです。クイーンズランド州デインツリー国立公園の北端に位置し、うっそうと茂る太古の森と、沖合にサンゴ礁が広がる美しい海岸線を同時に体験できます。ケープ・トリビュレーションは、クイー...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    シドニーで最高のパノラマを写真に収めたい!夕暮れの景色を堪能したい!そんな時に、ぜひ足を運んでみていただきたいのがサウスヘッドです。タスマン海の迫力ある外洋と、オペラハウスや高層ビル街を抱えるシティ。両方の景色が大パノラマとなって目の前に現れます。昼間も美しいですが、夕暮れ時は最高ですよ。サウスヘッド(South He...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    競馬というと、日本ではあまり華やかなイメージはないかもしれませんが、実は特権階級や裕福な馬主たちの娯楽であり社交場でもあります。そんなゴージャスな競馬の魅力を余すところなく体現したイベントが、オーストラリアのメルボルンで毎年、11月に開催される「メルボルン・カップ・カーニバル」です。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オーストラリアで3番目に大きい島、カンガルー島は、南オーストラリア州に面したセント・ヴィンセント湾にあります。「島」とはいえ、広さはなんと東京都の2倍。島内の多くのエリアが国立公園や自然保護公園に指定されているので、野生動物たちが、本来の姿で暮らす様子を観察するのに最高の場所となっています。カンガルー島へのアクセスは、...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    英エコノミスト誌の調査部門、エコノミスト・インテリジェント・ユニット(EIU)が選ぶ「世界で最も住みやすい街」に、5年連続で1位に選ばれた都市はどこかご存じですか?答えは豪州で2番目に大きい都市、ビクトリア州メルボルン!今回は、知っているようで意外に知らない、メルボルンの魅力を紹介します。英エコノミスト誌は、毎年、世界...


  • JTB

    オーストラリアが誇る世界自然遺産、グレートバリアリーフ。長さ約2300km以上に渡り、ケアンズの沖合に広がる世界最大のサンゴ礁群です。その長さはなんと日本列島とほぼ同じ!2500ものサンゴ礁と900以上の島が点在するグレートバリアリーフには、400種のサンゴや1500種以上の魚類が生息しており、まさに海の楽園。「一度は...


  • JTB

    オーストラリアの最大都市シドニーは、世界三大美港にも選ばれる観光客にも大人気の都市。観光スポットはかなりコンパクトに集まっていますが、オーストラリア最大の都市とあって見どころは数多くあります。今回は初めてシドニーを訪れる方のためにここだけはおさえたいシドニーのおすすめ観光地をご紹介します。


  • JTB

    自動車のCMにも度々使われる、オーストラリア南東部にある世界一美しい海岸道路「グレート・オーシャン・ロード」。メルボルンから南西に約100km、サーフィンのメッカでもあるトーキーからアランスフォードまで、海岸線に沿って約260kmに渡り続く道路です。道中の一番のハイライトは、激しい波が押し寄せる海から立ち上る奇岩と断崖...


  • JTB

    日本が秋に向かう頃、南半球のオーストラリアには春がやってきます。そして、オーストラリアでは春の訪れを告げる花、それがジャカランダです。薄い紫色の花が木いっぱいに咲き、街路はパープル色に染まります。日本人が桜の花を心待ちにするように、オージーもジャカランダを待ち遠しく思い、薄紫色の花を目にすると、「いよいよ春がやってきた...


  • JTB

    オーストラリアにあるパロネラパークってご存じですか?クイーンズランド州北東部、ケアンズの南、約240kmに位置する町イニスフェイルにあるテーマパークで、1930年代に造られました。ケアンズの海岸地帯はマングローブが生い茂り、内陸部は世界最古ともいわれる熱帯雨林が広がる自然豊かな土地です。ここにスペインからの移民ホゼ・パ...


  • JTB

    サーファーズパラダイスから車で約1時間半、オーストラリア最東端に位置するバイロンベイをご存知ですか?オーガニックフードのお店やヒーリング系ショップが多く集まるこの町には、ナチュラルでスローな独特の雰囲気が漂い、多くのオージーや観光客をひきつけています。「LOHAS」という言葉がぴったりのバイロンベイの魅力をご紹介しまし...


  • JTB

    中央オーストラリアにこつ然と出現するエアーズロック(ウルル)は、地球のヘソともいわれる世界最大級の巨大な一枚岩でできた山です。自然と文化の複合世界遺産に登録されたその不思議な景観は見る者を圧倒します。今回は一生に一度は行きたいエアーズロック(ウルル)についてご紹介します。


  • JTB

    白いヨットの帆、あるいは貝殻をいくつも重ねたような印象的な外観。シドニーを象徴する建築物と言えば、やはりオペラハウス。世界遺産にも登録されています。知ってるようで知らない、オペラハウスについてじっくりご紹介しましょう!

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    2015年も、いよいよ後半に入るなか、今年の年末年始をシドニーで過ごす方に、ぜひお届けしたい超スペシャル・イベント情報が入ってまいりました!12月31日の夜は、シドニー・オペラハウス(Sydney Opera House)での豪華ディナーと「ラ・ボエーム」観劇はいかがでしょう。シドニー湾の花火も、オペラの幕間や終演後、...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    ユネスコの世界遺産に登録されている「ゴンドワナ多雨林群(Gondwana Rainforests)」は、クイーンズランド州南東からニューサウスウェールズ州北東にかけて広がっています。「森の宝石箱」と讃えられる希少な土ボタルや、恐竜が食べていたかもしれない植物、樹齢数千年の大木など、見所満載。色鮮やかな野鳥の餌づけもでき...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    シドニー湾を目の前に望む海辺で、野外オペラを上演する「ハンダ・オペラ・オン・シドニーハーバー」は、シドニーを代表する文化イベントの一つ。オペラ・ファンの方はもちろん、記念日の思い出にもぴったり。2015年の公演期間は3月27日~4月27日。古代エジプトを舞台にしたヴェルディの大作「アイーダ」を、美しい夜景と共に満喫。最...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    パームコーブは、ケアンズから北へ、車で30分ほどにあり、オーストラリア有数の美しいビーチリゾートにも選ばれています。ケアンズ空港からは約25km。オーストラリアが冬を迎える6月でも最高気温は25度以上、夏は30度以上と、年間を通じてあたたかい南国の気候で、まさに楽園のようなトロピカルリゾートなのです。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    パースから南西19km、開拓時代に建てられたコロニアル調の建物が立ち並ぶ美しい港町フリーマントル。電車やフェリーで気軽に足を延ばせる人気の日帰り観光地です。毎週末に賑わうフリーマントルマーケットや世界遺産に登録された旧フリーマントル刑務所など、見どころも充実。それほど広くないので、のんびり町歩きが楽しめます。


  • JTB

    オーストラリアでは南十字星をはじめ、ほぼ日本では見られない南半球の星々や星座を見ることができます。日本から直行便で気軽に行けるケアンズの近郊には年間晴天率300日を誇るエリアがあり、視界も広くスターウォッチングにぴったり。南十字星の探し方や星空観察のおすすめツアーなどの情報をご紹介します。


  • JTB

    シドニーの魅力の一つは、様々な人種と文化が融合した多国籍都市であることです。そんな雰囲気を味わうのにおすすめの観光スポットと言えば中華街、チャイナタウン。さまざまな国から移民を受け入れてきた歴史を持つオーストラリアには、他にもメルボルンのチャイナタウンなどがありますが、シドニーが最も歴史が古いそうです。


  • JTB

    ケアンズの北70kmに位置するポートダグラスは高級ホテルやゴルフ場などが集まるリゾート。おしゃれなカフェやレストランも多く、ケアンズからちょっと足を延ばせば優雅なセレブ気分を楽しめます。長く延びる海岸線が美しいフォーマイルビーチや毎週日曜に開かれるサンデーマーケットなど、この街の見どころをご紹介しましょう。


  • JTB

    シドニー・ワイルドライフ・ワールドでは、それぞれの動物たちが暮らす自然環境に近い生態系を再現、オーストラリア固有の動物130種6000匹が飼育されています。南半球の大陸で、独自の進化を遂げた珍しいオーストラリアの動物たちを観察するのにぴったりなシドニーの新しい観光スポットです。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    真夏のシドニーを彩るのが年越しカウントダウンの打ち上げ花火。毎年このイベントを楽しみに大勢の人々がシドニー湾に集まります。様々な趣向を凝らした大人気のイベント、2014年12月31日のスケジュールなどを紹介しましょう。


  • JTB

    オーストラリア大陸の河川とその周辺海域に生息する、海洋&淡水動物を集めた、南半球最大級の水族館、シーライフ・シドニー水族館は、シドニーでも人気の観光スポットのひとつです。恐ろしいサメ、オーストラリア固有のカモノハシ、美しいジュゴンなどを間近に見るチャンス。ここでは子供から大人まで、動物好きにイチオシのシドニー水族館への...


  • JTB

    フランクランド諸島はケアンズの南45km、車で30分ほどのディーラルという町の沖合に浮かぶサンゴ礁に囲まれた島々。国立公園に指定されており、4つの島があります。訪れることができるのは、その中のノーマンビー島。1日100人という入場制限が設けられているので、自然が手つかずの状態で保たれているのです。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    シドニー滞在中、新鮮な魚介類は必ず食べたいグルメのひとつです。レストランではたくさんのシーフードを食べることができますが、カジュアルにたっぷりと新鮮なシーフードを楽しむなら、シドニー・フィッシュマーケットは外せません。シドニー・フィッシュマーケット(魚市場)は、ダーリングハーバー近くのピアモント(Pyrmont)にあり...

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ