まるでプラネタリウム!オーストラリアの土ボタル鑑賞スポット

JTBオーストラリア
Y.D

まるで星空を見ているような、神秘的な青白い光がいくつも洞窟内に瞬く光景に、言葉を失ってしまいそう。実はこれ、オーストラリアとニュージーランドに生息する昆虫。その輝きから通称「土ボタル」と呼ばれていますが、オーストラリアでは、「グローワーム(glow worm)」、日本語の正式名称は「ヒカリキノコバエ」といいます。

光る虫の代表格、蛍と同じように発光しますが、土ボタルと蛍は、属性などがまったく異なるそうです。たとえば土ボタルは、空を飛ぶことができません。おしりの先端が青白く光るのは、幼虫が、エサとなる小さな虫をおびきよせるため。幼虫は、近寄ってきた虫を、粘液をたらして、からめとるそうです。幼虫の期間は、約6~12ヶ月。成虫は、交尾し、産卵すると数日で死んでしまうという、はかない命の生き物でもあります。

またメスのサナギも、オスをおびきよせるために光を放つと言われています。南半球だけで生息が確認されているとてもめずらしい昆虫で、暗い洞窟の中に、ひっそりと棲んでいます。一歩、洞窟内に入ると、ブルーグリーンの光の粒が、いくつも頭上に広がっていて、吸い込まれてしまいそうな、幻想的な世界に包まれます。

自然のプラネタリウム。

オーストラリアで土ボタルが鑑賞できる洞窟はここだ!


土ボタルが生息している洞窟は、オーストラリア中、あちこちにあるわけではありません。土ボタルが見られる代表的なスポットは、ゴールドコースト近郊にあるプリングブルック国立公園内のナチュラル・ブリッジやラミントン国立公園。ここは世界遺産「オーストラリアのゴンドワナ多雨林群」に登録されたエリア内でもあります。

オーストラリアのゴンドワナ多雨林群の詳細はこちら

同じくクイーンズランド州のケアンズを拠点に、土ボタル鑑賞に出かけることもできます。ケアンズから南西へ1時間半ほどのドライブで到着する丘陵地帯、アサートン高原(Atherton Tablelands)にあるダム湖、チナルー(Tinaroo)湖付近でも、土ボタルが発光する様子を観察できます。主な生息場所は、洞窟や、湿度が高く、暗い岩場、洞穴、廃トンネルなど。土ボタルは湿気を好むため、雨が降っている日は、普段よりも一層、光が増し、素晴らしい光景に出会える確率が高くなります。

土ボタルを見るなら夜のツアーが断然おすすめ!


土ボタルを見に行くなら、昼間よりも、夕方や夜がおすすめです。お天気が良い日は、あわせて夜の星空観賞などのアクティビティが組まれたツアーなどに参加して、オーストラリアの大自然を満喫しましょう。JTBでは、洞窟内が一番、美しく輝くタイミングをご覧いただきたいと思い、夕方に集合、出発するツアーを、ケアンズおよびゴールドコースト発で企画しています。

ケアンズ発ツアーでは、まず夕食をお召し上がりいただき、その後、夜21時過ぎから、いよいよ洞窟内へ。土ボタルを探します。一方、ナチュラルブリッジ地区へ向かうゴールドコースト発のツアーは、市内からの移動に2時間前後かかりますので、夕食はツアーに含まれておりません。出発前に、各自でお済ませください。洞窟内は、いずれの場所も冷えますので、特に冬は、あたたかい服装でお出かけください。温暖なケアンズのツアーでも、長袖の上着をおすすめします。また、舗装されていない道を進んでいくので、歩きやすい靴は必須です。

夜の森の中を、ドキドキワクワクしながら歩いていくのは、現地に詳しいガイドさんと一緒だからこそ安心して楽しめる貴重な体験。お友達や恋人、家族と一緒に歩けば、絆がますます深まるかも。そして洞窟に到着したら、ブルーグリーンの宝石がちりばめられたようなミステリアスな光景を、ぜひご自身で、体感してください!

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Y.D

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ