オーストラリアの観光情報

オーストラリアの文化・歴史・芸術

  • JTBオーストラリア
    Y.D
  • JTBオーストラリア
    Y.D

    海外旅行で必ず手にする海外のお金。日本円とは違い使った事のないコインや、その国に大きな影響を与えた人物が載ったカラフルなお札。今回は、オーストラリアの通貨の種類などについてお話しします。まずはオーストラリアのお札の種類と印刷されている人物についてご紹介。*5ドル札 エリザベス2世 / キャンベラの国会議事堂エリザベス2...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    「芸術の秋」というとまだまだ先の気もしますが、南半球のオーストラリアではまさに今が秋真っ只中です。自然とアートが融合した不思議なこのイベントは毎年期間限定で行われています。せっかくの機会に、世界遺産としても有名なブルー・マウンテンズで一足先に芸術の秋に触れてみませんか

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    昨年日本からの直行便が開始し、ぐっと行きやすい都市となったメルボルン。実はおしゃれなカフェやかわいい写真スポットが沢山ある、フォトジェニックな街としても有名です。女子旅やカップルでの旅行にもぴったり、インスタ映え抜群な観光スポットをご紹介します。

  • ゴールドコーストの冬の楽しみ方

    • 文化・歴史・芸術
    • 2019-12-09
    JTBオーストラリア
    Y.D

    ゴールドコーストでの楽しみ方は、海だけ、と思っていませんか?ゴールドコーストには、広大な大自然や様々なテーマパークがあり、冬でも存分に楽しんで頂ける場所です!今日は、特に冬におすすめのアクティビティと、お勧めスポットを紹介します。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    もうすぐ出国だけど現地ツアーを申し込むのを忘れた。時間が空いたので何かツアーを予約しようかな。そんな方に必見!関西空港のケアンズ行き搭乗ゲート前にかわいいパペットたちのディスプレイが設置されています。ディスプレイに載っているQRコードを読み取れば、WEBでツアーをお申し込みいただけます。または現地についてからも、ツアー...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    ボンダイビーチの海沿い、世界最大級の野外彫刻展イベントに行ってきました。ビーチ沿い約2キロに渡って並ぶ約100点ものアート作品、オーストラリアの青い海と自然の中でアートを楽しむことができます。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    真夏のシドニーを彩るのが年越しカウントダウンの打ち上げ花火。毎年このイベントを楽しみに大勢の人々がシドニー湾に集まります。様々な趣向を凝らした大人気のイベント、2018年12月31日のスケジュールなどを紹介しましょう。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    実は面白い、シドニー市内にあるオーストラリアの歴史や海に関連する情報が盛りだくさんの博物館!観光客には意外と知られていない穴場スポットにぜひ足を運んでみては?展示されている潜水艦の中にも入れます!博物館の後にはシドニー市内の景色を眺めながらゆったりカフェでランチもできますよ。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    日本人にとってオーストラリアは行きやすくて親しみやすい旅行先のひとつ。でもその最北端、ダーウィンに行ったことがある人となると、かなり“上級者”かもしれません。あまり知られていませんが、いかにもオーストラリアらしい自然や景色が残るのがこの地域です。なかでもカカドゥ国立公園は、豊かな自然と古代の人々の文明が残され、世界複合...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    洗練された文化と、気取らない生活が両立している町として、最近、オーストラリアの若者世代に人気のブリスベン。よく耳にする呼称の一つが「サンシャイン・キャピタル」で、その名の通り、太陽が降り注ぐ亜熱帯性の温暖な気候帯に属しているエリアなので、ゆるやかな四季の変化はあるものの、年間を通じて、気持ちよいお天気の日が多いです。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    シドニー北部に位置するマンリー・ビーチ(Manly Beach)は、観光客でごった返すサーキュラー・キー(Circular Quay)からフェリーで30分ほど。穏やかで、居心地のよいビーチです。シドニー湾の入り口は、北側と南側から、それぞれ半島が付き出していますが、マンリー・ビーチは北側の半島にあります。フェリーが到着...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オーストラリアで絶対に見てみたい観光スポットのひとつ、それが小さい野生のペンギンたちがよちよち歩く姿が楽しめる、ビクトリア州フィリップ島の「ペンギンパレード」です。ペンギンパレードが観られるフィリップ島へ出かける際の拠点は、ビクトリア州最大の都市、メルボルン。豪州第二の都市であり、暮らしたい町ランキングでトップに入る美...

  • JTBオーストラリア
    E.I

    毎年、夏の終わりに行われる野外のオペラショーをご存知ですか。シドニー湾を望む野外のステージ。シドニーの象徴的なランドマーク、ハーバーブリッジとオペラハウスを背景に上演されるオペラ。野外ならではの花火の演出など、現実から離れた時間を過ごす事で最高の思い出になる事でしょう。


  • JTB

    ビールが大好き!というあなた、シドニー観光の際はぜひ現地のパブをお試しください。ビールが大好きなオージーの為にシドニーの街中では角地がパブという場所がたくさん見られます。珍しいビール、美味しいワイン、パブ料理などそれぞれのパブでお勧めも異なります。今回はシドニーのユニークなパブをいくつかご紹介させて頂きます。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    かの有名なオーストラリア・シドニーのオペラハウス内部を見学できるのをご存知でしたか?バックステージや、スタッフしか出入りのできないオペラハウス内部のカフェで一休みすることも可能。そんな体験ができたら、舞台が大好きな方にはたまらないですよね。今回は、2時間で舞台裏をじっくり見学できる英語でご案内するツアーをベースに、その...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    メルボルンは、昨今、世界で最も注目されている町のひとつでもあります。イギリス・エコノミスト誌の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が発表した世界で最も住みやすい都市ランキング2017で、メルボルンは100点満点中、97.5点を獲得し、7年連続で1位に選ばれました。 年に一度、行わわれているこの...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    南半球のオーストラリア大陸が、ヨーロッパ人によって発見されるよりずっと以前から、ここで暮らしている先住民族、アボリジニをご存じですか。現在ではオーストラリア人口の数パーセントという少数派になってしまいましたが、オーストラリアを知る上で欠かせない存在。そんなアボリジニの歴史や文化についてご紹介します。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    エアーズロック(先住民の言葉でウルル)は「地球のへそ」と呼ばれる世界最大の一枚岩。オーストラリアを代表する必見ポイントですが、日本から直行便はなく、内陸部の何もない乾燥地帯にあり、とても遠いイメージ。でも実は、シドニーなど主要都市発ツアーなら、1泊2日で観光OK!夕暮れの絶景や星空を眺め、翌日は岩の頂上を目指しましょう...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オーストラリア英語といえば、「デイ(day)」を「ダイ」と発音する母音が有名ですが、表現そのものにも、「loo(ルー=トイレ)」「ta(ター=ありがとう)」など、日常的な場面で頻繁に使われる、独特の言い回しが多々あります。最近では、日本同様、メールで打つテキスト用に広まった短縮した表現なども増えています。「loo」(ル...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オーストラリアで3番目に大きい島、カンガルー島は、南オーストラリア州に面したセント・ヴィンセント湾にあります。「島」とはいえ、広さはなんと東京都の2倍。島内の多くのエリアが国立公園や自然保護公園に指定されているので、野生動物たちが、本来の姿で暮らす様子を観察するのに最高の場所となっています。カンガルー島へのアクセスは、...


  • JTB

    オーストラリアの最大都市シドニーは、世界三大美港にも選ばれる観光客にも大人気の都市。観光スポットはかなりコンパクトに集まっていますが、オーストラリア最大の都市とあって見どころは数多くあります。今回は初めてシドニーを訪れる方のためにここだけはおさえたいシドニーのおすすめ観光地をご紹介します。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オーストラリアの真ん中にある巨大な岩、ウルル(エアーズロック)。内陸部の中心都市、アリス・スプリングスから南西へ約440kmにある先住民の聖地です。広大で乾燥したアウトバック独特の自然の中をバイクで疾走したり、ラクダに揺られて野生のカンガルーを眺めたり。日没後は、文字通り、満天の星空に包まれます。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    オーストラリアと言えば、文化的にはイギリスの影響が強いと思うかもしれませんが、実は知る人ぞ知る、カフェ大国でもあります。英国植民地だった歴史から、紅茶のイメージがありますが、戦後、イタリアなど南欧系の移民が増えるなか、エスプレッソ系の濃いコーヒー派が増え、今ではすっかりカフェ文化が定着しています。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    シドニー湾を目の前に望む海辺で、野外オペラを上演する「ハンダ・オペラ・オン・シドニーハーバー」は、シドニーを代表する文化イベントの一つ。オペラ・ファンの方はもちろん、記念日の思い出にもぴったり。2015年の公演期間は3月27日~4月27日。古代エジプトを舞台にしたヴェルディの大作「アイーダ」を、美しい夜景と共に満喫。最...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    シドニーの週末の楽しみといえば、雑多な商品が並ぶ屋外マーケットを、青空の下でぶらぶらすること。こうしたマーケットは、毎週末、同じ場所でいくつか開かれていますが、英国との関わりが深いオーストラリアの歴史を最も感じられて、アンティークや古道具との思わぬ出会いが楽しめる場としておすすめなのが、ロゼル・マーケットです。定番のオ...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    「シドニー・ロイヤル・イースター・ショー」は、例年約90万人が訪れる大人気イベントですが、その前身は、1823年に始まった農産物や牧畜の見本市。現在も羊の毛刈りショーや、動物たちが勢ぞろいするグランド・パレードが行われ、人々が丹精込めて育てた動物や農産、加工食品、ワイン、シーフードなどの優秀作品が並びます。他にも砂糖細...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    パースの北に位置するスワンバレーは、車で20~30分で行ける手軽なワイン生産地。スワン川沿いに広がるブドウ畑が美しい町です。西オーストラリアの生産地の中でも歴史が古く、中には170年以上前からのワイナリーもあります。現在は約40のワイナリーがワイン作りをしていますが、レストランやブティックなどを備えた大規模なところから...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    昨今、未来へ向けた企業の経営戦略の一つとして「ダイバーシティ」というカタカナの言葉をよく耳にします。簡単に言えば、国籍、性別、年齢、性的嗜好などさまざまな「違い」を否定するのではなく、むしろ積極的に活かすことが利益につながる、という考え方です。シドニーのマルディグラは、まさにこのダイバーシティ、つまり性的嗜好の多様性を...

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    パースから南西19km、開拓時代に建てられたコロニアル調の建物が立ち並ぶ美しい港町フリーマントル。電車やフェリーで気軽に足を延ばせる人気の日帰り観光地です。毎週末に賑わうフリーマントルマーケットや世界遺産に登録された旧フリーマントル刑務所など、見どころも充実。それほど広くないので、のんびり町歩きが楽しめます。


  • JTB

    シドニーの魅力の一つは、様々な人種と文化が融合した多国籍都市であることです。そんな雰囲気を味わうのにおすすめの観光スポットと言えば中華街、チャイナタウン。さまざまな国から移民を受け入れてきた歴史を持つオーストラリアには、他にもメルボルンのチャイナタウンなどがありますが、シドニーが最も歴史が古いそうです。


  • JTB

    ケアンズの北70kmに位置するポートダグラスは高級ホテルやゴルフ場などが集まるリゾート。おしゃれなカフェやレストランも多く、ケアンズからちょっと足を延ばせば優雅なセレブ気分を楽しめます。長く延びる海岸線が美しいフォーマイルビーチや毎週日曜に開かれるサンデーマーケットなど、この街の見どころをご紹介しましょう。

  • JTBオーストラリア
    Y.D

    ケアンズ近郊に古くから暮らして来たオーストラリア先住民族アボリジニのジャプカイ族。彼らの歴史や文化を学べる楽しくテーマパークが、ジャプカイ・アボリジニ文化センターです。特に、数多くの賞に輝いた幻想的で迫力あるディナーショーは大人気の必見アトラクション。このテーマパークの魅力をくわしくご紹介します。 ジャプカイの意味は?...


  • JTB

    西オーストラリア州は、面積がオーストラリア大陸の3分の1を占める国内最大の州。その州都であるパースは人口約170万人、この地域の中核となる都市です。地中海性の温暖な気候に恵まれ平均日照時間も長く、1年を通じて過ごしやすいのが特徴です。緑豊かな公園と街をゆったり流れる川の風景、抜けるような青空などからパースは「世界で最も...

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ