夕方メルボルン発!リトルペンギンの行進を見に行こう!

JTBオーストラリア
Y.D

オーストラリアで絶対に見てみたい観光スポットのひとつ、それが小さい野生のペンギンたちがよちよち歩く姿が楽しめる、ビクトリア州フィリップ島の「ペンギンパレード」です。

ペンギンパレードが観られるフィリップ島へ出かける際の拠点は、ビクトリア州最大の都市、メルボルン。豪州第二の都市であり、暮らしたい町ランキングでトップに入る美しく洗練された町なので、午前中や昼間は、市内散策や、カフェでゆっくり過ごすのもよいでしょう。JTBおすすめのメルボルン現地発着ツアーはこちら。

聖パトリック大聖堂はメルボルンっ子自慢の歴史あるランドマーク

メル・ウォーク



メルボルンで最も大きい聖パトリック大聖堂やカフェ&アートな街見学と、オージー的朝のお散歩で、フライトで疲れた体をリフレッシュ!!メルボルン在住ガイドから現地情報を教えてもらおう!13時に終了するツアーなので、夕方からはペンギンツアー参加もできます。

フィリップ島は、州都メルボルンから南へ、半島を南下します。レンタカーを利用すれば、最短90分のドライブで到着しますが、様々なツアーがメルボルン発で催行されているので、これを利用するのが便利です。
島は何十年もの間、観光地として人気を博してきましたが、現在は自然保護区に指定され、ペンギンたちを大切に見守っています。ペンギンパレードを見に訪れる人が多くなるのは、南半球が夏を迎える12月から2月。学校のお休みがある上、夜でもあたたかく、野外で海風に吹かれながら、ペンギンを待つのが他の時期ほど辛くないこと、さらに、赤ちゃんペンギンが見られる確率が高い時期だかというのが理由です。同じく学校がお休みになるイースター休暇の頃も込み合います。人気スポットなので、事前にチケットを必ず予約しておくことをおすすめします。

ペンギンパレード鑑賞の方法は色々!エコツアーもあります

入場チケットは、ペンギンパレードを鑑賞する席の場所や、サービス内容によって、数種類、用意されています。
最も一般的かつお値段が手ごろなのは、ビーチが見えるスタンド席から見物する「General Viewing」席(大人26.20A$)。後ろの方の席になると、ペンギンからの距離は遠くなりますが、階段式の席になっていて、どこの席でも、ビーチが見えるよう工夫されています。これよりもっとビーチの近くに設置された鑑賞エリアで、日本語を含む外国語でのオーディオガイドを聞きながら鑑賞できるのが「ペンギンプラスPenguin Plus」席で、お値段は52.50A$になります。
さらに、このペンギンプラス席の地下には、ちょうど砂浜が視線の高さにあり、目の前をペンギンが通り過ぎていく様子を見られる「Underground Viewing」席(67.50A$)があります。この地下席は、最大70人までと数が限られていますが、海風もしのげるので、他の場所より、寒くないのもありがたいです。

その他、ペンギンや島の生態系の保護活動や観察を行っているレンジャーガイドに案内されて散策した後、砂浜に座ってペンギンパレードを見る特別なエコツアー体験や、所要時間30分ほどの手軽なファミリー向けエコツアーなど、色々な楽しみ方を選ぶことができます。また島内には、コアラを見学できる保護センターや、オーストラリア最大のオットセイ生息地などを見学する海でのエコ・ボートツアーなど、ペンギンパレード以外の見どころもあります。
座席料金などの最新情報は、以下の公式サイトでご確認ください。
フィリップ島自然公園
https://www.penguins.org.au/buy-tickets/group/1

夕方、サマーランドビーチに到着したら、まずビジターセンターで日没を待ちます。やがて日が暮れてくると、鑑賞するスタンド席へと案内され、諸注意などが案内されます。ここからは、写真やビデオ撮影は一切禁止となりますので、ご注意ください。フラッシュなどの光がペンギンの目に悪影響を与えるためです。
ペンギンは飼育されているわけではなく、完全に野生のまま暮らしているので、浜辺に戻ってくるタイミングは、季節により、日没の時間が移り変わるのに伴い、変動します。だいたいの目安としては、夏は20時以降、冬は17時以降。詳しいペンギンの「到着予想時刻」は、公式ページで確認することができるので、ぜひご活用ください。
スマートフォンを持っている場合は、公式アプリをダウンロードしておくと、さらに様々な情報を日本語で確認できるのでおすすめです!詳細は以下へ。
Free Penguin Parade app:http://www.penguins.org.au/visit-us/penguin-parade-app/

あたりが真っ暗になると、聞こえるのは打ち寄せる波の音だけ。吹き付ける海風は涼しく、じっと待っているこの時間は、かなり寒く感じます。真夏でも、長袖の羽織るものがあるとよいでしょう。秋から冬にかけての冬シーズンであれば、防寒対策をお忘れなく!
暗闇の中、しばらく目を凝らしていると、とうとうやってきました!体長30センチほどの小さなペンギンが、波の中からヨチヨチと歩きながら上陸してきます。だいたい10羽ほどのグループに分かれた群れが、それぞれの巣の方向へと小走りに移動していく姿は、確かに「ペンギンパレード」の名称通り。とても微笑ましい光景です。
とはいえ、「可愛い~!」と喜んでいる私たち人間とは違い、ペンギンたちにとっては、決死のひとときなのかもしれません。体が小さく、陸では移動にも時間がかかるペンギンたちは、非常に警戒心が強く、完全に暗くなるまで、海の中で上陸するタイミングを待っているのだとか。どうぞ大声をあげることなく、でもしっかりと、その愛らしい姿を楽しんでいらしてください。
JTBおすすめのペンギンパレード鑑賞ツアーや、メルボルンの夜を満喫するディナー&夜の散策を組み合わせた人気ツアーもあります。詳細は以下へ。

海岸がすっかり暗闇に包まれると、やってきました!

エクスプレス・ペンギンツアー



夕方出発なので、午前中のツアー参加や午前中にメルボルンにご到着された方もご参加頂けます!あれも観たいこれもやりたい方にお勧めのツアーです。

メルボルン・ディナープラス

メルボルンの夜を優雅に演出します!ご夕食はオージービーフまたは新鮮なシーフードディナーをご堪能下さい。お食事後はメルボルン近郊をナイトドライブ、F1レースコースやセントキルダービーチを巡ります。

美味しい夕食の後にドライブ。夜のライトアップしたメルボルンもお見逃しなく。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Y.D

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ