オーストラリア(シドニー)の季節ごとの気候と服装

JTBオーストラリア
Y.D

熱帯地域もあれば砂漠もあるオーストラリア大陸ですが、南部沿岸部地域は温暖な地中海性気候で知られています。オーストラリアの中心都市であるシドニーも、雨が少なく年間を通じて過ごしやすいことで知られています。とはいえ、四季があって冬はコートやマフラーは必須。また、夏も1日の気温差があり夜には肌寒く感じることもあります。シドニーの気候と服装を、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

年間340日以上晴れる街

南半球に位置するオーストラリアは、北半球と季節が逆になり、12月~2月が夏、6月~8月が冬。砂漠もあれば雪も降る、多様な気候を有する大陸ですが、南部沿岸部は1年を通して穏やかで過ごしやすい天気が続きます。

中でもシドニーは、年間340日以上晴天、降水量もひと月100ミリ前後と少なめで、日本の梅雨や、東南アジアなどの雨季にあたる季節はありません。
日本と同様、四季の変化はありますが、日本ほど季節の違いによる気温差はなく、安定しているのが魅力です。

その代わり、ではありませんが、朝晩の気温差は意外とあります。
夏と言っても早朝や夜には肌寒く感じられることも少なくないので、防寒できるものを用意しておくのがポイントです。

<12月~2月 夏>



シドニーの夏は、日本の夏ほど気温は高くならず、暑さは感じるけれど過ごしやすいのが魅力です。

最高気温は27°C(12月)~28°C超(2月)
最低気温は18°C(12月)~19°C超(2月)

最低気温は20°Cを下回り、天気によっては半そでのシャツなどでは肌寒く感じる日もあるかもしれません。エアコンが効いていて室内が寒いことも少なくないので、ストールやカーディガン、ジャケットなどを持っていかれることをお勧めします。

また、日差しが強いのでサングラスや帽子、日焼け止めなども用意しておきましょう。

<3月~5月 秋>



夏の終わりを感じさせる3月、冬の入り口となる5月という感じです。

最高気温は26°C前後(3月)~20°C前後(5月)
最低気温は18°C前後(3月)~10°C前後(5月)
と、気温も下がっていきます。

とは言っても晴れて湿度が低いので、日中はからりとして旅行にはもってこいの季節です。4月~5月には、日中でも半袖では肌寒く感じるでしょう。長袖のものを用意しておきましょう。また、朝晩は冷えてきますので、ジャケットなども持っていくと安心です。

<6月~8月 冬>



シドニーの冬は6月~8月。中でも7月は最も寒くなります。

最高気温は17°C前後(7月)~19°C前後(8月)
最低気温は7°C超(7月)~8°C超(8月)

朝晩は10°Cを下回る日が続きますので、厚手のコートやマフラーなどが必要です。ブーツを履くローカルの人も多く、その他の季節に比べてぐっと冷えるようになりますので、足元の防寒にもご注意下さい。

<9月~11月 春>



9月になると寒さが落ち着き、温かくなってきます。春の到来です。

最高気温は22°C超(9月)~25°C前後(11月)
最低気温は11°C超(9月)~16°C前後(11月)

オージーの中には日中も半袖で過ごす人が見られますが、9月は半袖では肌寒いかもしれません。11月くらいになるとだいぶ温かくなってきます。朝晩は冷えやすいので、防寒着などの重ね着で上手に調整するようにしましょう。

冬となる6月~8月をのぞき、長袖のTシャツを中心に、カーディガンやジャケット、ストールなどで調節して過ごすのがおすすめです。

また、1年を通して日差しが比較的強いので、日焼け対策も忘れないようにして、快適な滞在を楽しんでくださいね!

雨が少なく年間を通じて過ごしやすいです。

この記事でご紹介したスポット

関連記事

  • オプショナルツアー(現地発着)
    AUD227〜
    大人(15歳以上)
    期間: ~2020-03-31
    リピーター続出のシドニー郊外へ行くエコツアー。人気リゾート「ポートスティーブンス」で、イルカの群れを探してドルフィンクルーズ! イルカ遭遇率はなんと98%。ビュッフェ昼食後は、映画の撮影舞台にもなった東海岸最大級の砂丘で、豪快な砂滑りや4WDドライブを楽しみください。最後は現地のブリュワリーでのクラフトビールのテイスティング(試飲)と動物園の訪問でかわいいコアラなどを見学して充実した時を過ごせる盛りだくさんの満喫ツアー。
  • オプショナルツアー(現地発着)
    AUD160〜
    大人(13歳以上)
    期間: ~2020-03-31
    日本語ガイドが付いているので、チェックインも船内も日本語でアシストさせて頂けます。また、市内主要のホテルからフェリー乗り場までのホテル往復送迎付きのディナークルーズです。お帰りはホテルまでお送りとなりますので、安心してご参加頂けます。世界3大美港のひとつであるシドニー湾での船上ディナーは優雅な夜を演出します。

この記事を書いたレポーター

Y.D

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ