感動必至!オーストラリアの3大サンセット・スポットをご紹介

JTBオーストラリア
井上 悦子

旅の思い出に、日本とはスケールの違うオーストラリアの雄大な自然のなかや、大都会の船の上から、感動的な夕暮れ時を過ごしてみませんか。絶景スポットが多いオーストラリアですが、その中でも、サンセット・タイムが特に美しいおすすめスポットを選んでみました。太陽が沈んだ後は、夜空に広がる南半球の星もお見逃しなく。

エアーズロックリゾートではまわりに建物もネオンサインもない、アウトバックならではの贅沢な夜空。

オーストラリアでおすすめのサンセット絶景スポットとして、今回、ご紹介するのは、ノーザン・テリトリー(準州)のウルル(エアーズロック)、西オーストラリア州ピナクルズ、そしてシドニー湾です。いずれも、昼間に訪れる人がたくさんいらっしゃる有名観光地ですが、せっかく足を運ぶなら、夕暮れから星空までの一番美しい時間帯をぜひご鑑賞ください。

黄色、赤、オレンジ、紫…七変化するウルルの姿に感動

オーストラリアといえば、まず思い浮かべる有名な世界遺産スポットがウルル(エアーズロック)でしょう。朝早くから周辺を散策するのも気持ちよいのですが、夕方から夜にかけてのウルルはとても幻想的な姿を見せてくれます。そんなウルルの魅力をゆっくり堪能できるように、JTBでは、冷えたスパークリングワインを飲みながら、夕暮れのウルルの絶景を堪能するツアーをご用意しています。

太陽の傾きとともに真っ赤に染まるエアーズロックは圧巻

サンセット・タイムがお目当てのツアーなので、出発は午後15時。まず、ウォルパ渓谷などを散策した後、いよいよサンセット観賞会へ。会場は屋外ですが、テーブルがしつらえてあり、スパークリングワインや軽くつまめるものがセッティングされています。グラス片手に、夕日と共に色を変えていくウルルの壮大な姿を、のんびりご観賞ください。

太陽が沈んだ後は、オーストラリア自慢のバーベキュー。屋外でディナーを味わいながら、満天の星空を楽しみましょう。JTBのツアーでは、日本語ガイドが南半空の星座について解説してくれますので、お子様や、あまり星に詳しくない方でも大丈夫。晴天が多いウルルならではの夜の楽しみ方です。

夕暮れ時のウルルを撮影しようと、世界中から旅行者がやってきます

この時間帯だけの美しい色彩が地平線を染め上げる

  • オプショナルツアー(現地発着)
    JPY28,458〜
    期間: ~2020-03-31
    午後に出発し、世界遺産カタジュタ(オルガ岩群)へ。夕方にはウルルのサンセット会場に移動し、太陽の傾きとともに、幻想的な姿を見せてくれるウルル(エアーズロック)を、スパークリングワイン片手にご鑑賞ください。夜はオーストラリア自慢のバーベキュー、さらに日本語ガイドによる南半球の星座の解説をお楽しみいただけます。

奇岩群が広がる不思議スポット「ピナクルズ」

オーストラリア西海岸を代表する観光スポットであり、地球上ではない、どこか宇宙のかなたを思わせるような光景が広がるピナクルズ。ここは、ナンブング国立公園(Nambung National Park)内にあり、インド洋沿いに位置する砂漠で、海風による風化作用でできた岩の塔「ピナクルズ」が、あたり一面に立っています。アクセスは、パースから北へ、車で約3時間。有名観光地ですので、パースを起点に、長距離バスや4WDのツアーが催行されています。

太陽の光によって姿を変えるピナクルズ奇岩群

とはいえ、長いドライブになりますので、JTBの現地発着ツアーでは、途中、パースから車で約50kmほど北にあるヤンチャップ国立公園に立ち寄ります。ここはコアラをなるべく野生に近い環境で飼育している国立公園。訪れた人は、ボードウォークを歩きながら、コアラをはじめ、様々なオーストラリアの動物たちを観察することができます。

そしていよいよピナクルズ到着。インド洋の青さと、砂漠の砂が、強い日差しの下で織りなすコントラストも美しいのですが、もう一つの見どころは夕方のサンセット。ツアーでは、午後遅く、次第に色を変え始めた砂漠を訪れ、園内を周りながら、夕日に照らされるピナクルズを堪能します。

ピナクルズと夕陽サンライズの空の色が織りなす光と影の美しいコントラストを見ることができる。

夕食後もお楽しみが続きます。南半球でしか見られないサザンクロスの星々を始め、様々な星座を眺める星空鑑賞です。なにしろピナクルズ周辺には、星の光をさえぎるネオンや照明など一切ありませんから、街の中では見えないめずらしい小さな星も確認できます。晴天の日なら、さらにクリアな夜空が迎えてくれます。

  • オプショナルツアー(現地発着)
    JPY7,870〜
    期間: 2013-04-01~2020-03-31
    夕日に照らされ、真っ赤に染まったピナクルズは息を呑むほど神秘的な光景です。西オーストラリアでナンバーワンの必見ポイント、ピナクルズで、母なる自然に包まれるひとときをどうぞ。

シドニー湾でロマンティックなほろ酔いサンセット・ディナークルーズ

最後にご紹介するのは、ご存じシドニー湾。昼間、観光の合間にフェリーでここを往来し、船上からオペラハウスなどを見る機会は多いのですが、夕焼けが空を赤く染めるサンセット・タイム、少しずつライトが灯り始める大都会の摩天楼、そして水面にネオンサインが反射し、回り中がキラキラと輝く夜景は、また格別で、思い出深い時間になるでしょう。

ディナークルーズでは、オペラハウスやハーバーブリッジが目の前に!

クルーズで供されるディナーの内容は、魚系、肉系、ベジタリアンの3種類のメインディッシュの中から一品を選ぶほか、季節のサラダ、デザート、飲み放題のドリンク(ローカルビール、ワイン、スパークリングワイン、ソフトドリンクなど)が付きます。カクテル等は別料金。メニューは季節ごとに変更しますが、ある日の主菜の一例をご紹介すると、「タスマニア・サーモンのグリル 季節の野菜添え、ケッパーとレモンオイル風味」「チキンのケールの包み焼き ダッチキャロット添え」「地中海風野菜の重ね焼き オリーブとトマトサルサ添え」など、どれを選んでも本格的なお味です。

JTBがサンセット・タイムを堪能したい方におすすめしている現地発着ツアーの詳細は以下へ。

  • オプショナルツアー(現地発着)
    JPY7,870〜
    ダーリングハーバーキングストリート1番埠頭より出発。約一時間半の湾内クルーズで、船上からオペラハウス、ハーバーブリッジ等をご覧いただけます。オペラハウス、ハーバーブリッジなど美しいシドニー湾のハイライトをクルージング。スパークリングワインを片手に、さわやかな風を感じながら、夕暮れから夜へと移り行くひとときを洋上でお楽しみください。シーフードやお肉、新鮮な野菜を使った上質のディナーをどうぞ。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

井上 悦子

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ