オーストラリアの観光情報

オーストラリア 現地レポート

オーストラリア在住のJTBスタッフが、
旅のテクニックや現地発の最新情報などをお伝えします。

What's New

オーストラリアなら海へ!ゴールドコーストのおすすめビーチ5選

ゴールドコーストといえば、どこまでも続く砂浜と、世界中のサーファーが憧れるダイナミックな波!その海岸線は、なんと南北に全長57kmもあり、実に様々なビーチが点在

2024-06-18

ニュース

現地在住のスタッフが、最新のオーストラリアの情報をお知らせします!

オーストラリア 現地スタッフ テーマ別おすすめ情報

  • すべて
  • 見る
  • 食べる
  • 買う
  • 泊まる
  • 癒される
  • 体験する
  • ゴールドコーストといえば、どこまでも続く砂浜と、世界中のサーファーが憧れるダイナミックな波!その海岸線は、なんと南北に全長57kmもあり、実に様々なビーチが点在

  • オーストラリアの紫外線はとても強く、日差しの強い日には外にでて5分もするとじりじりと肩が焦げるように感じるほどです。本当にオーストラリアの紫外線は日本よりも強い

  • オーストラリアを代表する海を1つ挙げるなら、世界遺産に登録されたグレート・バリア・リーフでしょう。この広大なサンゴ礁は、南北に全長約2000kmに渡り続き、世界

  • ゴールドコーストといえば、どこまでも続く砂浜と、世界中のサーファーが憧れるダイナミックな波!その海岸線は、なんと南北に全長57kmもあり、実に様々なビーチが点在

  • オーストラリアを代表する海を1つ挙げるなら、世界遺産に登録されたグレート・バリア・リーフでしょう。この広大なサンゴ礁は、南北に全長約2000kmに渡り続き、世界

  • いよいよ夏がやって参りました!すばらしい海岸に恵まれたシドニーでは、大都会の近くとは思えない美しい紺碧の海を、様々な場所で楽しむことができます。寒い日本を脱出し

  • オペラハウスやハーバーブリッジなど、たくさんの観光名所があるシドニー。あちこち楽しんで、ちょっと足が疲れた、お腹もすいたときは、パンケーキを食べてホッと一休みし

  • オーストラリアの中でもっともヨーロッパ、あるいはイギリスの雰囲気があるといわれているメルボルン。評判のカフェやレストランも多く、どこで何を食べるか迷ってしまうか

  • 昨今、シドニーで予約が最も難しいレストラン、それが「Quay(キー)」です。オペラハウスの反対側、ハーバーブリッジの袂にある「オーバーシーズ・パッセンジャー・タ

  • オーストラリアの紫外線はとても強く、日差しの強い日には外にでて5分もするとじりじりと肩が焦げるように感じるほどです。本当にオーストラリアの紫外線は日本よりも強い

  • シドニーの忘れてはいけない魅力のひとつ、それは美しいビーチがたくさんあること!ショッピングやビジネスの中心というイメージが強いシドニーですが、シティから30分程

  • 美容と健康に効果バツグン!のオーストラリア土産に、パパイヤやユーカリなど、オーストラリア産の植物を使ったスキンケア製品はいかがはでしょう。オーガニック・コスメな

  • オーストラリアワイン発祥の地として知られるハンターバレーには、シドニーから列車で行くことができます。ワインとグルメを楽しむ2泊3日の小旅行。現地係員の体験記をご

  • オーストラリアのほぼ真ん中、広大な赤い砂漠の中にこつ然と出現する不思議な岩山、エアーズロック(ウルル)。すぐ近くにあるエアーズロック空港が玄関口になりますが、日

  • ケアンズに関する疑問にお応えすべく、現地からのおすすめ情報満載のレポートをお送りします。海外旅行に行くなら、過ごしやすく、大自然とユニークな魅力がいっぱいのケア

  • 伝統的なタイ古式マッサージを提供する「シワリー・ヘルシー・ランド(Siwalee Healthy Land)」は、賑やかなシドニー中心街にありながら、一歩、店内

  • シドニーの忘れてはいけない魅力のひとつ、それは美しいビーチがたくさんあること!ショッピングやビジネスの中心というイメージが強いシドニーですが、シティから30分程

  • 英エコノミスト誌の調査部門、エコノミスト・インテリジェント・ユニット(EIU)が選ぶ「世界で最も住みやすい街」に、7年連続で1位に選ばれた都市はどこかご存じです

  • ゴールドコーストといえば、どこまでも続く砂浜と、世界中のサーファーが憧れるダイナミックな波!その海岸線は、なんと南北に全長57kmもあり、実に様々なビーチが点在

  • オーストラリアを代表する海を1つ挙げるなら、世界遺産に登録されたグレート・バリア・リーフでしょう。この広大なサンゴ礁は、南北に全長約2000kmに渡り続き、世界

  • 日本が梅雨に入り、じっとりとした夏の気配が漂いだすころ、南半球のオーストラリアは冬を迎えます。冬とはいっても、温暖なオーストラリアですから、晴れた日は気持ち良い

現地レポートをスポットマップから探す!

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ