マレーシアの観光情報

マレーシアで癒される

  • JTBマレーシア
    志田

    クアラルンプールの動物園「ズー・ネガラ」では、今年1月14日に2頭目となるパンダの赤ちゃんが誕生しました。 5月26日から始まった一般公開では、ガラス越しの近距離で可愛らしい姿を見ることができます。

  • JTBマレーシア
    志田

    コタキナバルでは、ノースボルネオ号で行くサンセットクルーズの販売を開始しました。 人気急上昇中のクルーズについて詳しくお知らせします。


  • JTBクアラルンプール支店

    コタキナバルはリゾートが数多くありながらウォータースポーツに適したビーチがほとんどありません。ところが、ボートで20分ほど出た沖にはサンゴ礁に囲まれた海の透明度の高い島が点在しています。さらには民間の旅行会社の開発による充実した施設のあるプライベートアイランドも。周辺のおすすめの島とビーチを5つご紹介します。


  • JTBクアラルンプール支店

    クアラルンプールの市内交通はバスやタクシーのほか、鉄道路線が発達しており現在も拡張を続けています。ICカードが利用できるので乗降もラクラク。中心部でも渋滞を気にせず移動できます。ご旅行で滞在なら市内中心部を走るLRT、KLモノレール、MRTの3路線が便利。また、郊外に出る時のKTMコミューターも利用すると行動範囲はぐっと広がります。ただ、路線び乗り換えは駅の接続が悪いこともあるので注意が必要です。


  • JTBクアラルンプール支店

    アジアといえばスパ・マッサージが安い!というイメージがありますよね。日本よりお手頃な価格で優雅な時間をお過ごしいただけると思います。女子力を磨いて、マレーシア旅行を満喫してください。


  • JTBクアラルンプール支店

    マンタナーニ島はコタキナバルから日帰りで楽しめる有数のダイビングスポットで、海の美しさは折り紙つきです。ボルネオには世界遺産にもなった豊かな山の自然がありますが、ボートで1時間ほど移動するだけで美しい海も堪能できます。時間に余裕があればぜひ訪れてみたい場所です。


  • JTBクアラルンプール支店

    マレーシアのランカウイ島は、2007年に「世界ジオパーク」に東南アジアで初めて認定されました。世界ジオパークとは地質学的に貴重な特徴を有している自然公園のこと。島内にはその珍しい地質や歴史を学べるジオパークが複数整備されていて、観光サイトとしても注目されつつあります。


  • JTBクアラルンプール支店

    日本ではちょっと贅沢な海鮮料理が、コタキナバルではリーズナブルな値段でたっぷり食べられます。シーフードレストランでは、市街地からすぐ近くの港から陸揚げされた新鮮な魚介類を、さまざまな調理法で供してくれます。巨大な生簀のあるレストランもあり、そこから食べたい魚介類を選ぶのも楽しいですね。


  • JTBクアラルンプール支店

    コタキナバル沿岸のビーチというと、リゾートのプライベートビーチがありますが、透明度の点で海遊びするには若干物足りない・・・という声も。市街地の対岸にあるサピ島は船で20分ほどの場所にありながら、透明度抜群、たくさんの魚が見られるという絶好の海遊びスポット。コタキナバル滞在客に人気の観光地となっています。


  • JTBクアラルンプール支店

    マレーシアには2000年に世界自然遺産に登録された2つの国立公園があります。1つは東南アジア最高峰のキナバル山を擁するサバ州のキナバル国立公園、もう1つは様々な巨大洞窟が点在するサラワク州のグヌン・ムル国立公園。いずれもボルネオの大自然を体感できるスポット。世界自然遺産のスケールの大きさを味わってみてください。

  • JTBマレーシア
    志田

    ランカウイからの帰国便はほとんどが深夜発なので、チェックアウト後、空港に向かうまでの時間をどう過ごすかはちょっとした悩みの種です。旅の疲れを残さずに、今回は残った時間を有効に使って最後まで楽しむためのヒントをご紹介します。

  • JTBマレーシア
    志田

    ランカウイから高速艇で50分ほどのところにあるパヤ島は西海岸で初めて海洋公園に指定された場所。海の透明度の高さは西海岸随一で、色とりどりのトロピカルフィッシュとサンゴ礁はシュノーケリングだけで手が届きそう。日帰りで海遊びを満喫できるスポットです。

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ