クアラルンプールの観光情報

クアラルンプール 現地レポート

クアラルンプール在住のJTBスタッフが、
旅のテクニックや現地発の最新情報などをお伝えします。

What's New

電車移動がお勧め!クアラルンプールの市内交通

クアラルンプールの市内交通はバスやタクシーのほか、鉄道路線が発達しており現在も拡張を続けています。ICカードが利用できるので乗降もラクラク。中心部でも渋滞を気にせず移動できます。ご旅行で滞在なら市内中心部を走るLRT、KLモノレール、MRTの3路線が便利。また、郊外に出る時のKTMコミューターも利用すると行動範囲はぐっと広がります。ただ、路線び乗り換えは駅の接続が悪いこともあるので注意が必要です。

2017-09-09

ニュース

現地在住のスタッフが、最新のクアラルンプールの情報をお知らせします!

特集

マレーシア旅行に役立つ特集や、現地の体験レポートはここからチェック!現地ツウがナビゲートします。

マレーシア クアラルンプール 現地スタッフ テーマ別おすすめ情報

  • すべて
  • 見る
  • 食べる
  • 買う
  • 泊まる
  • クアラルンプールでは、市内中心部と一部郊外まで無料循環バス「GOKL(ゴー・ケイ・エル)」を走らせています。 平日は午前6時~午後11時、土日祝日は午前7時~11時の間、ピーク時(午前7~10時と午後4~8時)には約5分間隔、それ以外は10分間隔で運行中です。

  • 市内中心部から20分ほどで行けるテーマパーク「サンウェイ・ラグーン」。1993年4月開業の、マレーシアで大人気のテーマパーク。園内には遊園地やウォーターパーク、ホワイトタイガーもいるミニ動物園などがあって大人も子供も楽しめます。

  • チャイナタウンにあるセントラルマーケットは、お土産を買わなくちゃいけないけど、あんまり時間を取られたくないという時にここだけで色々なお土産が揃うお薦めの場所です。 マレーシアらしいエスニックな小物や、名産のピューターやバティック商品、定番のチョコレートなど色々なお土産が揃っています。

  • クアラルンプールでは、市内中心部と一部郊外まで無料循環バス「GOKL(ゴー・ケイ・エル)」を走らせています。 平日は午前6時~午後11時、土日祝日は午前7時~11時の間、ピーク時(午前7~10時と午後4~8時)には約5分間隔、それ以外は10分間隔で運行中です。

  • クアラルンプールの市内交通はバスやタクシーのほか、鉄道路線が発達しており現在も拡張を続けています。ICカードが利用できるので乗降もラクラク。中心部でも渋滞を気にせず移動できます。ご旅行で滞在なら市内中心部を走るLRT、KLモノレール、MRTの3路線が便利。また、郊外に出る時のKTMコミューターも利用すると行動範囲はぐっと広がります。ただ、路線び乗り換えは駅の接続が悪いこともあるので注意が必要です。

  • クレジットカードの普及が進んだとはいえ、食堂や屋台でのローカルグルメや市場でのショッピングが楽しいマレーシアでは現金も必需品。チップの習慣はありませんが、バスやタクシーなど現金を使う場面はまだまだ多いようです。今回はマレーシアの通貨や両替事情についてご紹介します。

  • スーパーには様々な種類のお土産が揃っていて、ローカルのものだけではなく、定番のお土産もお手ごろな価格で買うことができます。お土産を買い忘れた!もっと買いたいけれど時間がない!という方でも大丈夫。今回はスーパーマーケットで買うことのできる、おすすめのお土産を紹介します。

  • 旅行に行く楽しみの一つは食ですよね。日本人がよく行くお店ではなく、現地の人が行く本物のマレー料理を食べてみませんか?人気メニューのサテーやスパイスやココナッツオイルは控えめで日本人の口にも合う伝統的なマレー料理を提供する現地で人気のレストランをご紹介します。さらにこのお店ではマレー伝統舞踊も見ることが出来るので、きっといい思い出になるはずです。

  • 辛かったり、脂っこかったりするマレーシア料理はちょっとという方におススメ!野菜や肉、魚介類を美味しいスープで煮込んでいただくヘルシーなマレーシア風鍋料理「スチームボート」をご紹介!

  • チャイナタウンにあるセントラルマーケットは、お土産を買わなくちゃいけないけど、あんまり時間を取られたくないという時にここだけで色々なお土産が揃うお薦めの場所です。 マレーシアらしいエスニックな小物や、名産のピューターやバティック商品、定番のチョコレートなど色々なお土産が揃っています。

  • スーパーには様々な種類のお土産が揃っていて、ローカルのものだけではなく、定番のお土産もお手ごろな価格で買うことができます。お土産を買い忘れた!もっと買いたいけれど時間がない!という方でも大丈夫。今回はスーパーマーケットで買うことのできる、おすすめのお土産を紹介します。

  • クアラルンプールでは巨大なSC(ショッピングセンター)でのショッピングも楽しみの1つ。エアコンの効いた快適なモール内には様々なブランドのお店が入っていて効率的に買い物ができます。バラエティー豊かなレストランのほか、現地の味を気軽に楽しめるフードコートも魅力的。今回はブキッビンタン近くにあるSCをご紹介します。

  • 東南アジア有数の大都会、マレーシアのクアラルンプール。ビジネスや観光で訪れる人も多いため様々なタイプのホテルがあります。歴史ある優雅な建物、モダンで洗練された内装、ショッピングエリアや観光名所に至近、駅に近くて移動に便利などなど・・。今回は主に観光目的の方たちにおすすめのホテル5つをご紹介します。

  • クアラルンプールの市内交通はバスやタクシーのほか、鉄道路線が発達しており現在も拡張を続けています。ICカードが利用できるので乗降もラクラク。中心部でも渋滞を気にせず移動できます。ご旅行で滞在なら市内中心部を走るLRT、KLモノレール、MRTの3路線が便利。また、郊外に出る時のKTMコミューターも利用すると行動範囲はぐっと広がります。ただ、路線び乗り換えは駅の接続が悪いこともあるので注意が必要です。

  • アジアといえばスパ・マッサージが安い!というイメージがありますよね。日本よりお手頃な価格で優雅な時間をお過ごしいただけると思います。女子力を磨いて、マレーシア旅行を満喫してください。

  • クアラルンプールでは、市内中心部と一部郊外まで無料循環バス「GOKL(ゴー・ケイ・エル)」を走らせています。 平日は午前6時~午後11時、土日祝日は午前7時~11時の間、ピーク時(午前7~10時と午後4~8時)には約5分間隔、それ以外は10分間隔で運行中です。

  • 市内中心部から20分ほどで行けるテーマパーク「サンウェイ・ラグーン」。1993年4月開業の、マレーシアで大人気のテーマパーク。園内には遊園地やウォーターパーク、ホワイトタイガーもいるミニ動物園などがあって大人も子供も楽しめます。

  • クアラルンプールの市内交通はバスやタクシーのほか、鉄道路線が発達しており現在も拡張を続けています。ICカードが利用できるので乗降もラクラク。中心部でも渋滞を気にせず移動できます。ご旅行で滞在なら市内中心部を走るLRT、KLモノレール、MRTの3路線が便利。また、郊外に出る時のKTMコミューターも利用すると行動範囲はぐっと広がります。ただ、路線び乗り換えは駅の接続が悪いこともあるので注意が必要です。

現地レポートをスポットマップから探す!

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ