クアラルンプールの観光情報

クアラルンプール 現地レポート

クアラルンプール在住のJTBスタッフが、
旅のテクニックや現地発の最新情報などをお伝えします。

What's New

マレーシア・クアラルンプールの気候と服装

マレーシアの首都・クアラルンプール。多民族国家らしい様々な文化・風俗が入り混じったエキサイティングな街です。近代的な街並みの中に豊かな緑、歴史的な建造物、寺院などが点在し朝から夜まで見どころたっぷりの観光地。そんなクアラルンプールをより楽しむために、今回は季節ごとの気候と服装についてご紹介します。クアラルンプールは熱帯...

2019-12-06

特集

マレーシア旅行に役立つ特集や、現地の体験レポートはここからチェック!現地ツウがナビゲートします。

マレーシア クアラルンプール 現地スタッフ テーマ別おすすめ情報

  • すべて
  • 見る
  • 食べる
  • 買う
  • 泊まる
  • 癒される
  • 体験する
  • マレーシアの首都・クアラルンプール。多民族国家らしい様々な文化・風俗が入り混じったエキサイティングな街です。近代的な街並みの中に豊かな緑、歴史的な建造物、寺院などが点在し朝から夜まで見どころたっぷりの観光地。そんなクアラルンプールをより楽しむために、今回は季節ごとの気候と服装についてご紹介します。クアラルンプールは熱帯...

  • クレジットカードの普及が進んだとはいえ、食堂や屋台でのローカルグルメや市場でのショッピングが楽しいマレーシアでは現金も必需品。チップの習慣はありませんが、バスやタクシーなど現金を使う場面はまだまだ多いようです。今回はマレーシアの通貨や両替事情についてご紹介します。

  • 2014年夏、創作和食レストラン“NOBU”がクアラルンプールのKLCCタワー3の56階にオープンしました。NOBUは世界に約30店舗を展開していますが、クアラルンプールはマニラに続く東南アジアでの拠点となります。オープニングパーティーには共同経営者の俳優ロバート・デ・ニーロ氏も訪れました。

  • マレーシアの首都・クアラルンプール。多民族国家らしい様々な文化・風俗が入り混じったエキサイティングな街です。近代的な街並みの中に豊かな緑、歴史的な建造物、寺院などが点在し朝から夜まで見どころたっぷりの観光地。そんなクアラルンプールをより楽しむために、今回は季節ごとの気候と服装についてご紹介します。クアラルンプールは熱帯...

  • クレジットカードの普及が進んだとはいえ、食堂や屋台でのローカルグルメや市場でのショッピングが楽しいマレーシアでは現金も必需品。チップの習慣はありませんが、バスやタクシーなど現金を使う場面はまだまだ多いようです。今回はマレーシアの通貨や両替事情についてご紹介します。

  • クアラルンプール市内中心部から北東に約12キロに位置する国立動物園「ズーネガラ」。2014年には中国から借り受けたジャイアントパンダ2頭を迎えて施設もアップグレード。

  • 2014年夏、創作和食レストラン“NOBU”がクアラルンプールのKLCCタワー3の56階にオープンしました。NOBUは世界に約30店舗を展開していますが、クアラルンプールはマニラに続く東南アジアでの拠点となります。オープニングパーティーには共同経営者の俳優ロバート・デ・ニーロ氏も訪れました。

  • 地元の人たちからはKLの愛称で親しまれているクアラルンプールは、マレー語で「泥川の合流するところ」という意味で、市内中心部のマスジット・ジャメ付近にあるゴンバック川とクラン川が合流するあたりに中国から移民が定住し、街ができたと言われています。1800年代に錫鉱山が発見されたことで、集積地として発展を遂げました。クアラル...

  • マレーシア第3の都市、イポーをご存じですか?首都クアラルンプールから北へバスで2時間半、コロニアル調の美しい街並みが残るノスタルジックな街です。熱気に満ちたクアラルンプールとはちょっと違う、落ち着いた雰囲気がマレーシアのリピーターの方々に支持されていますが、話題の映画「セカンドバージン」のロケ地になったことで、さらに注...

  • 地元の人たちからはKLの愛称で親しまれているクアラルンプールは、マレー語で「泥川の合流するところ」という意味で、市内中心部のマスジット・ジャメ付近にあるゴンバック川とクラン川が合流するあたりに中国から移民が定住し、街ができたと言われています。1800年代に錫鉱山が発見されたことで、集積地として発展を遂げました。クアラル...

  • チャイナタウンにあるセントラルマーケットは、お土産を買わなくちゃいけないけど、あんまり時間を取られたくないという時にここだけで色々なお土産が揃うお薦めの場所です。マレーシアらしいエスニックな小物や、名産のピューターやバティック商品、定番のチョコレートなど色々なお土産が揃っています。セントラルマーケットは、チャイナタウン...

  • クアラルンプールでは巨大なSC(ショッピングセンター)でのショッピングも楽しみの1つ。エアコンの効いた快適なモール内には様々なブランドのお店が入っていて効率的に買い物ができます。バラエティー豊かなレストランのほか、現地の味を気軽に楽しめるフードコートも魅力的。今回はブキッビンタン近くにあるSCをご紹介します。

  • 東南アジア有数の大都会、マレーシアのクアラルンプール。ビジネスや観光で訪れる人も多いため様々なタイプのホテルがあります。歴史ある優雅な建物、モダンで洗練された内装、ショッピングエリアや観光名所に至近、駅に近くて移動に便利などなど・・。今回は主に観光目的の方たちにおすすめのホテル5つをご紹介します。

  • KLから高速鉄道で2時間半ほどの場所に位置。「マレーシアで3番目に大きな都市」、水が綺麗で食事が美味しいとしてマレーシア人にも人気です。首都クアラルンプールから高速鉄道で2時間半の場所に位置。美食の街として知られ、イポーチキンや飲茶など美味しい食事を食べるためクアラルンプールから向かう人もいるほど。イポーが美食の街と呼...

  • マレーシアはアジアでも有数の「ゴルフ天国」。ローカルの人たちに人気ですし、名門コースが豊富で世界的に知られたゴルフツアー「マレーシアオープン」や「LPGAマレーシア」も開催されています。比較的手頃な料金でゴルフが楽しめるだけでなく、自然を生かしたダイナミックなコース設計が世界中のゴルファーを魅了しています。マレーシアは...

  • クアラルンプールの市内交通はバスやタクシーのほか、鉄道路線が発達しており現在も拡張を続けています。ICカードが利用できるので乗降もラクラク。中心部でも渋滞を気にせず移動できます。ご旅行で滞在なら市内中心部を走るLRT、KLモノレール、MRTの3路線が便利。また、郊外に出る時のKTMコミューターも利用すると行動範囲はぐっ...

  • クアラルンプール市内中心部から北東に約12キロに位置する国立動物園「ズーネガラ」。2014年には中国から借り受けたジャイアントパンダ2頭を迎えて施設もアップグレード。

  • 地元の人たちからはKLの愛称で親しまれているクアラルンプールは、マレー語で「泥川の合流するところ」という意味で、市内中心部のマスジット・ジャメ付近にあるゴンバック川とクラン川が合流するあたりに中国から移民が定住し、街ができたと言われています。1800年代に錫鉱山が発見されたことで、集積地として発展を遂げました。クアラル...

  • マレーシアは、実は大変なゴルフ天国ってご存知でしたか? 国際的なトーナメントが開催されるコースや、リゾート気分を満喫できるコース、まるでジャングルでプレーしているような錯覚に陥るコースなど、多彩なコースが魅力です。しかも、日本に比べると、とてもリーズナブルな価格でゴルフを楽しめるのもうれしいところ。首都クアラルンプール...

現地レポートをスポットマップから探す!

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ