クアラルンプールの動物園に2頭目パンダの赤ちゃんが誕生!

JTBマレーシア
志田

クアラルンプールの動物園に2頭目パンダの赤ちゃんが誕生!

クアラルンプールの動物園「ズー・ネガラ」では、今年1月14日に2頭目となるパンダの赤ちゃんが誕生しました。

5月26日から始まった一般公開では、保育室にいる赤ちゃんをガラス越しの近距離で見ることができます。
ぬいぐるみで遊んだり、飼育員さんに甘えたり、とにかく可愛い赤ちゃん。
赤ちゃんの名前は現在、公募中、名前が決まる頃には、飼育室からお母さんやお父さんパンダと同じエリアでの見学がスタートします。

パンダ館はとっても快適!

食事中のお母さん

パンダがいるのは、2014年に中国からパンダを預かるのに合わせて新しくたてられたパンダ館(預かり期間は今のところ10年間)冷房完備で快適です。動物園は屋外施設ばかりなのでなので暑いのですが、パンダ館だけは涼しく見学できます。

広い建物中のパンダのいるエリアを見下ろすようにつくられた歩道を通って見学するのですが、鉄格子もなくガラスもありませんので、すぐ近くにパンダを見ることが出来ます。
土日祝祭日や夏休みや冬休みなどの学校が休みで混雑していてるとパンダ見学には時間制限が付きますが、平日ならゆっくり見学できるので平日に行かれることをお薦めします。

動物園の入場料と開園時間について

動物園の入り口にある植木のディスプレイ

ズーネガラの入場料は大人が80リンギット、子供(3~12歳)が40.50リンギット、2歳までの幼児は無料です。
開園は午前9時~午後5時まで、アニマルショーが午前11時と午後3時(金曜日だけは午後3時30分)の2回行われいて人気です。

動物園への行き方とご注意

食事中のキリン

ズーネガラの周辺には公共交通機関の駅もないため、交通手段は車のみ。
タクシーをご利用いただくか、ツアーのご利用をお薦めします。

暑いので、帽子や日傘、日焼け止めは必須、そして歩き易い靴でお出かけください。
園内には売店やカフェもあります。こまめな水分補給もお忘れなく。
また虫にさされないよう、虫よけも忘れずにお持ちください。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

志田

お問い合わせ

クアラルンプールデスク

JTBクアラルンプール支店内(アモダビル16階)

営業時間: 9:00~17:30(月~金) 土・日・祝休業
電話: 60-(0)3-2142-8727

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ