タイの観光情報

タイの自然・動物

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    「タイで最も美しい滝」と呼ばれる滝をご存知ですか?バンコクの西、鉄道で有名なカンチャナブリからほど近いエラワン国立公園には、「エラワンの滝」と呼ばれる、荒々しくも美しい滝があり、何段にもなって流れ落ちる雄大さや美しい水の色で知られています。 この周囲はトレッキングコースが整備されていて、緑の中での散策にぴったり。エラワンの滝の魅力や行き方を、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    タイと聞くと賑やかなバンコクや、世界的なアイランドリゾート、プーケットやサムイなどの海のリゾートをイメージしませんか?もちろん海や島のリゾートもすてきですが、北部に目を向けると、そこにはいにしえの王国の都が残され、背後の高原には美しいリゾートが点在しています。 なかでも最近注目度がアップしているのが古都・チェンライ。落ち着いたたたずまいの街並みと、緑深いリゾートとが魅力です。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    バカンス客でごった返すパトンビーチは、のんびりくつろいだりマリンスポーツで遊んだり、いろいろな楽しみ方ができますが、ちょっと特別な過ごし方をしたい時には、「ビーチクラブ」に寄ってみては。 「KUDO BEACH CLUB」は、スタイリッシュでひと味ちがうビーチを楽しめるクラブです。その魅力をJTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    リゾート島・プーケットで予定にしばられずにのんびり過ごして、気が向いたら離島へのクルーズツアーを買う...そんな気ままな時間もリゾートならではの過ごし方ですが、ちょっとお得に過ごすなら、日本で予約していくのもおすすめです。今なら夏休みの人気オプショナルツアーが、15%オフなどサマーセールでお得に!JTB現地スタッフがご案内します。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    プーケット島では今、新しいアクティビティがどんどん生まれています。その中で一番注目されているのが、サイクリング!交通事情などからプーケットではあまりメジャーでなかった自転車ですが、サイクリングコースが整備され、島に滞在するツーリストが手軽に楽しめるようになってきました。 プーケット島での手軽なコースと、離島のヤオノイ島でのより本格的なコースをご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    タイ周辺の海は、世界でも有数のダイビングスポット。レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ザ・ビーチ」で、ロケ地となって世界的に有名になったピピ島やサムイ島からボートでいくタオ島など、多くのダイビングファンで1年中賑わうポイントがいくつもあります。 中でも最近注目を集めているのが、プーケットから行く「シミラン諸島」。1年中行ける他のポイントと異なり、シミラン諸島へ行けるのは11~5月の乾季の間のみ。シミラン諸島の魅力をJTB現地スタッフがご案内します。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    乾季を迎えてベストシーズンに突入したプーケット島で、今一番注目されているのが早朝から離島へ出発する「サンライズツアー」。プーケットではなかなか拝めない日の出を海上から見たり、人の少ないうちに人気スポットを回ったりととても充実しています。サンライズツアーの魅力を、JTB現地スタッフがご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    地元の人たちで賑わう、活気溢れる市場を訪れるのは、世界のどの街でも楽しいひと時ですが、それはタイでももちろん同じ!しかもタイでは、バンコクの大きな市場といい、水上マーケットといい、個性的で日本の市場とはまったく違う魅力に溢れています。今回ご紹介するのは、そんなタイでもほかでは見られない、「線路すれすれで開かれている市場」。どれほど楽しい市場か、JTB現地スタッフがご案内します!

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    乾季が到来していよいよリゾートシーズンを迎えるプーケットは、海の遊び方が日々進化していて、訪れる度に新しいレジャーやイベントに出合えます。最近注目されているのが、豪華カタマランヨットでの優雅なアイランドクルージング。カラッとした風を受けて、波がおだやかになったアンダマン海を進むと開放的な気分を満喫できます。夕暮れには美しい夕陽も。JTB現地スタッフがご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    ゾウに乗って歩ける観光スポットは、タイのあちこちにありますが、チェンマイのエレファントキャンプは、他のそれとはちょっと違います。もともとゾウが多く棲息する北部森林に開かれたキャンプは広々としていて、自然により近い形でゾウに接することができるのです。ちょっとスリリングなエレファントライドあり、ゾウのお絵かきあり、他の都市ではあまり経験できないエキサイティングなチェンマイのキャンプを、JTB現地スタッフがご案内します!

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    プーケットの東に位置するクラビは、独特の地形と景観の素晴らしさ、そしてアンダマン海の美しい海が目の前に広がるリゾートです。いつ行っても賑やかなプーケットとは異なり、クラビは静かなビーチを目指してゆったり過ごすのが王道。けれどもそれに少し飽きたら観光してみませんか。ビーチとはひと味違うクラビの魅力を発見できます!

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    ご家族でプーケットを訪れたら、ホテルやビーチでのんびりした後に、少し足を延ばして観光にでかけませんか。JTBでは大人はもちろん子どもたちも楽しめるスポットを、安くてお得なオプショナルツアーとしてご案内しています。離島を訪れてのんびりと砂浜で過ごしたり、動物と触れ合ったりと、ファミリーならではのプーケットの一日の楽しみ方をご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    オープン以来、プーケットのジャングルをワイルドでスピード感たっぷりに体験できるアクティビティとして大人気の「ハヌマン・ワールド」。「ハヌマン」とは、タイの伝説の猿の神様のこと。まさにハヌマンさながらに、プーケットの山の自然を自在に楽しめるテーマパークです。ビーチやマリンスポーツを満喫した後は、ぜひ熱帯雨林の魅力を大いに味わってみてください。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイにはサンゴの美しい島がいくつもありますが、中には期間限定、乾季のシーズンにだけ行けるスペシャルな島もいくつかあります。今回はその中でも随一の海の透明度とサンゴや生き物の豊富さで知られるスリン島、ロック島をご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    雨季が終わりを告げ、空気が軽くなって乾季へと移ると、タイのプーケット島をぐるりと囲むアンダマンの海は穏やかになってぐっと透明度が増し、いよいよダイビングシーズンの到来となります。プーケット周辺には世界のダイバーが憧れるダイビングスポットがたくさんありますが、それだけでなく手軽に楽しめるシュノーケリングスポットもいろいろあります。中でも最近注目されているのが、「マイトン島」。知る人ぞ知る静寂の島の魅力を、JTB現地スタッフがご案内しましょう!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイのプーケット島ではマリンアクティビティー三昧!というのが王道中の王道の楽しみ方ですが、実はもっといろいろな魅力があるのをご存じですか?中でも最近注目されているのが、プーケット島と橋でつながっている本土側のパンガー県。複雑な起伏や地形を利用して、ラフティングやエレファント・トレッキングを体験するなど、これまでにない遊び方ができるようになってきました。新しいプーケットのアクティビティーを、JTB現地スタッフがご紹介します!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    夏休みには、家族でプーケットやパタヤなどのビーチでゆったり過ごす方も多いことでしょう。リゾートへの中継地として、バンコクに立ち寄ることも少なくないと思いますが、今年の旅では、バンコク滞在をさらに子どもたちと楽しんでみてはどうでしょう。ファミリー旅行ではあまり選択肢に上がらない喧騒の街ですが、実は子どもも大人も大満足のスポットがいろいろあるのです。そんな"ファミリーに優しいバンコク"を、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    リゾートアイランド・プーケットでは、マリンスポーツのアクティビティが充実していますが、最近は豊かな自然と山の起伏を生かした新しいアクティビティが次々と登場しています。中でも、まるでハヌマーン(猿の神様)のように木から木へと移っていくジップラインが楽しめる「ハヌマン・ワールド」や、ATVバギーを自在に乗りこなすツアーは、これまでにないアトラクションとして大人気となっています。それぞれの楽しみ方や魅力を、JTB現地スタッフがご案内しましょう!

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    空気がからっとしてきて雨季が終わりを告げると、プーケットのマリンスポーツはベストシーズンを迎えます。雨季の間は波が高く透明度も低かったアンダマンの海は穏やかになりシュノーケリングやダイビングに最も適した季節になるのです。中でもダイバー憧れのスポットとなっているのがシミラン諸島。なんと乾季の間しか訪れることができない知る人ぞ知るスポットです。シミラン諸島とアンダマン海の乾季の魅力をJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    日々進化し続けるアイランドリゾート・プーケット島に、また新しいアトラクションがオープンしました。「ドルフィンズベイ・ニモ・プーケット」は、その名の通りイルカたちのショーを楽しめるエンターテイメント施設です。プーケットで初のイルカショーを楽しめるとあって、連日観光客で賑わっています。どんなショーを楽しめるのか、JTB現地スタッフがご案内します。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    11月に入り乾季のシーズンが到来すると、プーケットは晴れてカラっとした暑さになり、波の高かったアンダマン海も穏やかになってきます。さまざまなマリンアクティビティを安心して楽しめるようになるので、小さなお子さんのいるファミリーにもプーケットの海を楽しむベストシーズン到来です。今回は親も子も楽しめるオプショナルツアーをご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    プーケット島からわずか15分で行ける「コーラル島」をご存知ですか?日帰りでも十分楽しめる小さな島ですが、ビーチやシュノーケリングはもちろん、バナナボートやパラセーリングなどアクティビティーも充実。しかもツアーで参加すると日本人にうれしいさまざまなサービスが用意されていて、子連れやファミリーで遊ぶのにピッタリなのです。
    その魅力をJTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Mr. Hideki Kawashima

    タイで1番大きな島プーケットは、世界中のアイランダーに愛されるリゾート。この島でのんびり過ごすのももちろん楽しいのですが、実はプーケットの周辺には、宝石のような小さな島がいくつもあるのをご存じですか?スピードボートで行けば15分程度で行けるような手軽なところから、少し遠いけど透明度が高くてシュノーケリングやダイビングを本格的に楽しめるところまで、島によって個性もいろいろ。そんな離島の魅力と最新情報を、ご案内しましょう。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイ最大の島でありアジア有数のリゾートでもあるプーケット島、中でもパトンビーチは3kmに渡る長い砂浜だけでなくその周辺には島一番の繁華街が広がっています。最近は無許可で営業するマッサージや飲食店が少なくなり、海外からの観光客がいっそう安心して滞在できるようになりました。ここではパトンビーチの行き方からレストランや屋台、お土産屋の立ち並ぶ通りなど、JTB現地スタッフならではの現地情報をご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    バンコクから車で約2時間で行けるパタヤは、手軽なビーチリゾートとして根強い人気がありますが、実はパタヤには今最も注目されている観光スポットがあります。「カオキアオ動物園」です。広大な敷地を車で回りながら動物とまじかに触れ合えるオーープンズーで、特に家族連れや子どもたちには大人気。その魅力をJTB現地スタッフがご案内します。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    チェンマイはバンコクから約700km北に位置する、北部最大の都市です。日本ではあまり知られていませんが、13世紀末に誕生する王国以来の歴史ある古都です。さらに郊外には、遠くヒマラヤ山脈にまで続く山々が連なり、自然も豊富。象に乗っての散策や川下りなど、タイらしい楽しみ方がいろいろできるチェンマイを、JTB現地スタッフがご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    映画「ザ・ビーチ」の舞台ともなったピピ島は、プーケットから船で約1時間半、海の真ん中に浮かぶ諸島です。美しい海やサンゴ礁の風景を求めて多くの観光客が日帰りツアーなどで訪れ賑わっていますが、島では思いのほか穏やかな時間を過ごせます。ピピ島観光の拠点となるピピ・ドン島やその周辺の魅力をご紹介します。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    タイ最古の国立公園として知られるカオヤイ国立公園は、アジア最大級のモンスーン林が残され、世界自然遺産にも指定された大森林地帯の一部です。バンコクから車で2時間半程度と日帰りできるため、希少生物・植物の観察や気軽なリゾートとして、多くの観光客が訪れます。うっそうとした森を行くツアーも人気です!

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    バンコク近郊やプーケットにはいくつか動物にふれ合うことができるスポットがあります。バンコクの郊外カンチャナブリにあるタイガーテンプルは、トラに触れたり写真を撮ったりできる、いかにもタイらしい施設ですし、あまり知られていませんが、プーケット島にもいろんな動物と触れ合えるプーケット動物園があります。いつもの観光にちょっと飽きたら動物に会いに行ってみては?

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    プーケットと海を挟んで対岸にあるリゾートタウン「クラビ」。これまでほとんど知られていなかった秘境リゾートで、手つかずの自然が魅力です。透明度の高い海や白い砂浜だけでなく、岸壁のロッククライミング、シーカヤック、アイランドホッピングなど様々に楽しめます。

  • JTBタイ支店
    Mr. MAEDA Taketo

    世界最大級の旅行情報サイト「トリップアドバイサー」で、"アジアのビーチベスト10"に、タイの3つのビーチが選ばれました!トップ10入りしたのはプーケット・ナイハーンビーチ、クラビ・ライレイビーチとプラナンビーチ。その魅力をご紹介しましょう。

  • JTBタイ支店
    Ms. KAN Anna

    プーケットを代表する高級リゾートエリアにある「アンサナラグーナプーケット」。美しいビーチと海だけでなく、敷地内には川のように長いプールや広い客室、そして子ゾウとの触れ合いなど、ファミリーで楽しめるサービスが充実したホテルです。

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ