プーケットでサンセットクルーズを楽しむ方法

JTBタイ支店
Mr. MAEDA Taketo

マレー半島の西側に位置するプーケット島は、海に落ちる夕陽が美しい絶好のサンセットポイント。島の西側に点在するビーチは、どの浜から見ても、チャンスがあれば静かに暮れていくサンセットを楽しめますが、何と言ってもイチ押しは、最南端のプロンテープ岬。今回はプロンテープ岬沖で夕景を満喫できるサンセットクルーズを中心にご案内します。

プーケット一のサンセットポイントを海から

マレー半島の西側に位置するプーケット島は、島の西側半分が全部サンセットポイントと言っても、決して言い過ぎではありません。でも、中でも一番のビューポイントと聞かれれば、やはりプロンテープ岬から望む夕日が一番、というアイランダーは多いと思います。
島の最南端に位置するプロンテープ岬は、岬を取り囲むように海が広がり、その海をオレンジ色に染めて夕日が落ちていき、とてもロマンティックです。
そんな岬のサンセットを、海から眺めて堪能しようというのが、サンセットクルーズです。

ドラゴンボートで行くサンセットクルーズ

ちょっとユニークな形で開放的なドラゴンボートに乗って夕陽をのんびりと眺めます。ドラゴンボートは1階のデッキだけでなく2階にもデッキがあり、そこではカクテルやソフトドリンクを味わうことができます。
島の南端のチャロン湾にあるチャロン港を出発し、プロンテープ岬の沖まで進んでサンセットクルーズ、日が沈む頃には、ビュフェスタイルのディナーが始まります。ショーを見ながらお好きなものをどうぞ。ディナーではバーベキューも用意されていて、こちらも味に定評があります。チャロン湾からおよそ3時間のサンセットクルーズです。

ビュフェスタイルのディナーではバーベキューも楽しめます。

グループで参加ならチャータークルーズはいかが

グループでの旅行なら、チャータークルーズもおすすめです。クルーザーでチャロン湾からプロンテープ沖へ向かい、サンセットを楽しみながら、岬の南東のコーラル島や南のラチャ島付近へと進みます。音響設備を完備いているので、日が沈んだらディスコゾーンで盛り上がることもできます。4名のスタッフが安全管理はもちろんさまざまにサポートしますので、安心してサンセットクルーズを楽しめます。
またクルーザーにはウォータースライダーがついていて、キッズはもちろん大人にも大人気です。

クルーザーからこんな夕景に出合えることも。

この長いスライダーが子どもはもちろん大人にも大人気!

岬から夕陽を堪能する方法

最後に、プロンテープ岬から夕陽を堪能する方法をご案内します。
プロンテープ岬は、島の最南端にあって交通手段があまりないので、プーケットタウンやホテルから往復タクシーで訪れるのが一番簡単でしょう。パトンビーチから車で約30分です。

プーケット島・夕日の映える絶景ポイントはどこ?

さらに手軽に行くなら、旅行会社のサンセットツアーなどに参加するのがおすすめです。JTBのサンセットツアーなら、ホテル~岬間の送迎はもちろん、現地ガイドおすすめのディナーもご案内しますので、お得感が違います!こちらもご参照ください。

関連記事

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Mr. MAEDA Taketo

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ