ベトナム初!フォーブストラベルガイド2019で5つ星獲得「フォーシーズンズ・リゾート・ザ・ナムハイ・ホイアン」

JTBホーチミン支店
塩沢

アジアのリゾートの中でも今最も注目されているダナン。長く美しいビーチ沿いにラグジュアリークラスのホテルが次々にオープンし、アジアから、欧米から多くのツーリストが押し寄せています。そんなエリアのホテルの中でも最高級の「フォーシーズンズ・リゾート・ザ・ナムハイ・ホイアン」が、フォーブス・トラベルガイド誌の5つ星ホテルに、ベトナムで初めて選ばれ、ますます注目度が高まりそうです。「ザ・ナムハイ」の魅力をご紹介しましょう。

プールを中心に配されたヴィラとヤシの木々がシックな設計

隠れ家的リゾートがフォーシーズンズに



フォーシーズンズ・リゾート・ザ・ナムハイ・ホイアンは、2007年に「ザ・ナムハイ」として、ダナンから南へ下ったプライベートビーチにオープン。ダナン国際空港からは車で約30分、一方南のホイアンの中心からは車で約15分、ホイアンの人気ビーチ、アンバン・ビーチからも徒歩30分程度で行けることから、ホイアン・ダナンの隠れ家的ホテルとして愛されてきました。
2016年末にフォーシーズンズ・リゾートとして生まれ変わると、多くのツーリストに知られるようになり、2019年のフォーブス・トラベルガイドで5つ星を獲得、ベトナムのホテルで初の獲得となりました。

風水を取り入れた印象的な美しさ

35haという広大な敷地には、まるで海に落ち込んでいくかのようなメインプールを中心に、100棟のヴィラが並びます。開放的なビーチ沿いのものもあれば、ヤシの木々に隠れるように佇みプライベート感を重視したタイプのものまでさまざま。
ヴィラは、中部ベトナムの伝統的な貴族の邸宅「ニャーヴオン」をイメージし、切妻屋根とそれを支える大きな梁が印象的な美しさをたたえています。また建物やインテリアの配置には風水をさまざまに取り入れているそうです。

メインプールは、まるで海に流れ落ちていくように見えるインフィニティタイプ。

プライバシーを重視したゴージャスな客室



客室タイプはヴィラタイプと、メインプールとは別のプール周辺に配された、プールヴィラタイプに分かれます。

<ヴィラタイプ>


ヴィラの立地に応じてオーシャン・ビューやビーチフロントなどに分かれます。プライベート感を重視するならヤシの木々に囲まれた1ベッドルーム・ヴィラもおすすめ。客室は84㎡で大人3人、または大人2人と子ども1人利用。
少し広めのファミリー・ヴィラはガーデンビューで104㎡。大人3人、または大人2人、子ども2人まで利用可能です。独立したキッズルームと室内外のシャワーでわんぱくなキッズたちもきっと大満足のアメニティです。

<プールヴィラタイプ>



メインプールから少し離れて設けられた温水プールを中心に、周辺がトロピカルツリーで囲まれるなどプライバシーに配慮した設計。ビーチフロントタイプ、ガーデンビュータイプが選択可能です。1~5ルームヴィラがあり、1ベッドルーム・プールヴィラの場合、約250㎡。5ベッドルームになると、なんと660㎡となります。
5ベッドルーム・プールヴィラは、プールを中心に広々としたプライベートガーデンに囲まれていてグループでの滞在のほか、30名までのパーティなどにも利用できます。
プールヴィラエリアには、独立したダイニングパヴィリオンが隣接し、専属のバトラーがサーブしてくれます。

1ベッドルーム・オーシャンビューヴィラ。

3つの世界遺産に近いアクセスのよさ



ダナン周辺にはベトナムの世界文化遺産が3箇所登録されています。ひとつはホイアンの市街地、最後の王朝の都として知られるフエ、そして古代王朝チャンパの遺跡として知られるミーソンの遺跡です。
フエへはダナンの北に位置していますので、ダナンからバスで約3時間、一方ミーソンはホイアンの南に位置していますので、ホイアンから車で約1時間半です。
ビーチを存分に楽しんだら、ホイアンのレトロでおしゃれな街並みを散策したり、少し遠出をして遺跡や古都を巡るなど、このホテルを拠点にさまざまな楽しみ方ができます。
ラグジュアリーホテルを拠点に、ダナン・ホイアンエリアの魅力を満喫してみませんか。

日本橋はホイアン観光に欠かせないスポットです。

ホイアンの夜市は毎日18:30~。土産物ショップやカフェなどが並び観光客で賑わいます。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

塩沢

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ