地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

メコン川クルーズと河岸の街ミトーを楽しむ

JTBホーチミン支店
Ms. Thao

全長4000km、はるかチベットを源流に持つメコン川が長い旅路の末にたどり着くのがベトナム南部。この地域を流れる頃には、川幅はなんと3kmにも及び、縦横に支流を延ばす大河となります。日本ではちょっと体験できない大河の魅力を楽しめるのがメコン川クルーズ。その出発点となるのが河岸の街ミトーです。メコンデルタならではの楽しさをJTB現地スタッフがご案内します。

メコン川はどんな川?

メコン川は中国チベット地区を源流にラオス、ミャンマー、タイ、カンボジアを流れ、最後にベトナム南部へ到達する、全長4000kmもの大河で、世界的に見ても12番目の長さとなっています。 最下流域であるベトナムでは、長い年月をかけて築かれた肥沃な湿潤地帯、メコン・デルタが形成され大河がもたらした豊穣な恵みを、人々は遥か昔からいただいてきました。

この地域はアジア最大の穀倉地帯としても知られ、ベトナムの経済にとって欠かせない地域でもあります。メコン川の河口周辺にはいくつもの街が発展し、これらの街では支流や水路を縦横に巡らせて、大河の河口ならではの独特の生活、文化を育んでいます。

メコン・デルタの中心都市カントーやメコン川ツアーの拠点となるミトーでは、日本ではちょっと経験できないような大河の魅力や生活ぶりに触れることができます。

メコン川を目一杯楽しむならメコン川クルーズを

メコン川を楽しむには、もちろんクルーズです!長い川を国境を越えてゆっくりと下る豪華クルーズももちろんありますが、ほんの数十分乗船するだけの手軽なクルーズもたくさんあります。短い時間の船旅でも、大河の魅力を存分に感じられるのがメコン川クルーズのすごいところです。

メコン・デルタの人々は川とともに生活しているので、ボートが生活にさまざまに根付いています。 たとえば、朝早くには、周囲で採れた農産物や果物などを満載したボートが賑やかに行き交います。これらのボートが何艘も集まって水上マーケットになっていることもあります。買いに来る人たちも、もちろんボートです。野菜や果物を買って、さらにボートで今度は陸上のマーケットまで運んだりするのです。

川面では魚の養殖も盛んです。一見、泥の川、に見えなくもないメコン川ですが、泥が絶えず巻き上がっているだけで、水はきれいなのだとか。4000kmを旅してきた水は、栄養も豊富でとてもよい漁場なのだそうです。 ボートで川を行くと、そんな養殖の、どこかのんびりした風景も楽しめます。

けれど一番の人気は「ジャングルクルーズ」でしょう。メコン川の周囲ではココナッツの栽培も盛んです。 そのヤシやマングローブの林を小さな手漕ぎボートでくぐっていくジャングルクルーズは、おおいかぶさってくるヤシの葉の中をくぐっていく、まさに「ジャン グルクルーズ」」!しかも観光客を載せた小舟は次々とやってきますので、ぶつからないようによけながら進んでいくのも、かなり楽しい体験です!

メコン川を楽しむならぜひ食べてみたい「エレファントフィッシュ」

メコン川クルーズではずせないのが、「エレファントフィッシュ」。 「象の耳」という名のこの魚、見た目はなんとなく鯉に近い感じですが、味はコクのある白身魚、といったところ。

このエレファントフィッシュを丸ごと揚げて、身をほぐしライスペーパーに載せ、フルーツやキュウリ、サラダ菜などをはさんでヌクマムをつけるのが、一般的な食べ方です。 日本人にもなじみやすい味なので、ぜひトライしてみてくださいね!

メコン川クルーズの拠点、ミトーの街

メコン川クルーズの拠点となるのが、河口の街の一つミトー。ホーチミンから高速道路を通ると車で1時間半から2時間ほど。手軽に行き来できるので、ホーチミンから観光客が大勢訪れます。

三方をメコン川やその支流に囲まれた川の街で、川とともに生きてきた人々の暮らしを、目の前で感じることができます。

ミトーはトロピカルフルーツの生産地でもあり、街の東側にあるミトー市場では、いかにも南国らしいフルーツがたくさん売られています。 またレストランなどでも手軽にフルーツを食べられるので、ココナッツジュースはもちろん、タンロン(ドラゴンフルーツ)やニャン(ロンガン)など、気になるフルーツを味見してみてくださいね。

ミトーの沖合には小島があり、そこではココナッツキャンディーが作られています。島の人たちの手作りで、できたての柔らかいキャンディーは、ココナッツのコクと甘みが口に広がる、ここでないと食べられない美味しさですよ!

「ホーチミンから行けるオススメの観光地は?」と聞かれて「ジャングルクルーズ!」と答える人も少なくない、人気の観光ポイント。日帰りでもメコン川の大きさと楽しさを存分に感じられます。 個人でも行くことができますが、ホーチミンから現地発ツアーも多数出ています。JTBでもメコン川クルーズとミトー観光など見所をもらさず盛り込んだツアーや、メコン川の水上マーケットを見学できるツアーなどもご用意していますので、参考までにどうぞ!

  • オプショナルツアー(現地発着)
    USD55~ ※目安=約6,337円~
    ※価格は予告なく変更になることがございます。
    全長4000km、悠久の大河メコンとメコンデルタの町ミトーを訪れる1日観光。小舟のクルーズで豊かな自然に触れ、旬のフルーツやココナッツキャンディー、名物料理など、メコンの恵みも楽しんでいただけます。
  • オプショナルツアー(現地発着)
    USD95~ ※目安=約10,945円~
    ※価格は予告なく変更になることがございます。
    ホーチミン市から約3時間、朝6時頃から11時頃まで賑わうカイベーの水上マーケットにご案内します。メコンあ川に浮かぶ何十隻もの舟は圧巻です。果物や日用品などを売る様子をボートに乗って見て回ります。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Ms. Thao

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB