ホーチミンで話題の可愛いピンク色の教会、タンディン教会

ホーチミン支店
Nguyen Nhu Hieu (Ms)

ホーチミンの観光にいまや欠かせなくなっているのが「ピンクの教会」で知られるタンディン教会。中心部からは少しはずれた場所にありながら、可愛すぎるその佇まいに、インスタグラムなどSNSで人気に火が付きました。
愛らしい教会の魅力とアクセス方法を、JTB現地スタッフがご案内します。

SNSで人気沸騰の「ピンクの教会」

フランス統治下の時代にキリスト教が広く普及したベトナムには、各地に教会が建てられています。ホーチミンで教会と言えば、一番知られているのは何と言っても通称「サイゴン大教会」こと聖母マリア教会でしょう。ホーチミン一の繁華街・ドンコイ通りの北西に位置し、レンガ色の建物に白い二つの尖塔がよく映える、とても美しい教会です。
ホーチイン随一のその教会をしのぐ人気となっているのが、「ピンクの教会」として人気沸騰のタンディン教会です。

ハイバーチュン通りに突如現れるピンクの姿には、びっくりするかも!

中心部から車で10分、突如現れるピンクの姿

タンディン教会は、中心部から少し北西に進んだハイバーチュン通りにあります。車で訪れると、ローカルの人々が行きかうどこかのんびりした通りに、突如ピンクの建物が目に入り、びっくりするかもしれません。キュートな色合いの教会ですが、ホーチミンではサイゴン大教会に次ぐ2番目の大きさで、1876年に建てられた歴史ある建物です。フランスの占領下に築かれたゴチック様式の建物です。
正面から見ても、横から見ても後ろから見ても、ピンク色の壁と白くハイライトされた窓や尖塔がフォトジェニックで、撮影したら思わずSNSにアップしたくなりそうです。

どこから見てもピンクの壁に白い窓と尖塔がよく映えます。

もちろん愛らしい外観だけではありません。
内部は美しいステンドグラスが施され、日が差し込むと聖堂内を柔らかく包みます。また聖像や細部に施された飾り彫りも一見の価値があります。
現在は内部が修復工事中のため、外観のみの見学となっていますが、2020年中には再オープンする予定です。

タンディン教会へのアクセス方法

タンディン教会は、観光客でにぎわうドンコイ通りから約2km。訪れるには、①タクシー、②バス、③徒歩、などがあります。
一番簡単で速いのはタクシーでしょう。サイゴン大教会やドンコイ通り周辺なら10分程度で到着します。
②バスの場合、ベンタイン市場そばのベンタインバスターミナルからバスが出ています。3番、31番、36番などです。タンディン教会までおよそ6000VND(約28円)
③徒歩でも行けないことはありません。ドンコイ通りの一本東側、ハイバーチュン通りを進めば左手に見えてきます。その向かいにはタンディン市場があります。
ただし日中は車やバイクの通行量がかなり多いこと、気温が高くなることなど、注意が必要です。

効率よく観光をしたい方には、現地発ツアーもおすすめです。現地ガイドが同行するツアーでは教会やホーチミンのことをより深く理解できますし、おすすめショップ・レストラン情報も豊富です。
次のホーチミン滞在では、ぜひ「ピンクの教会」タンディン教会を訪れてみてください!

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Nguyen Nhu Hieu (Ms)

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ