ここだけは押さえたい!クアラルンプールの必見スポット5選


JTBマレーシア支店

成長著しいマレーシアの首都、クアラルンプール。
亜熱帯植物の豊かな緑、イギリス統治時代の面影を残す歴史的建造物、近代的な高層タワー、各民族の寺院やモスクなど様々な顔が混在しているのが大きな魅力。
そんなクアラルンプールの必見スポットを5か所ご紹介します。

門の前までしか見学できないにも関わらずいつも観光客でいっぱい

王宮(Istana Negara)


マレーシアの王は各州のスルタンが5年ごとの互選で選ばれ、現在の王がここで暮らしています。
2011年に完成したばかりで「新王宮(ISTANA NEGARA)」と呼ばれています。
観光客は門の前までしか見学できませんが、黄色の模様とアーチが美しい門扉からは黄金のドーム屋根を持つ王宮を見ることができます。
門の両サイドには衛兵がいて、観光客は並んで記念写真を撮ったりしています。
早朝には衛兵の交代式が行われ、写真撮影も許されています。
何かの行事の際には、夜ライトアップされ、昼間とはまた違った美しさを見せてくれます。

所在地:Istana Negara, Jl. Duta, Kuala Lumpur
KLセントラル駅から車で10分ほど

マスジット・ジャメ(Masjid Jamek)


1909年にイギリス人建築家の設計により建設されたクアラルンプール最古のイスラム寺院。
クラン川とゴンバック川の合流地点に立っており、クアラルンプール(泥の交わる場所)という地名の語源ともなった場所です。
3つの白いたまねぎ形のドーム、赤いレンガと白の縞模様の2本のミナレット(尖塔)、素焼きレンガの壁など、インドのムガール建築の影響を受けたクラッシックなモスクは、新モスク(マスジット・ヌガラ)のような華やかさはありませんが、荘厳で優雅なたたずまいが魅力です。
礼拝の時間以外は見学ができ、女性には入り口でケープを無料で貸してくれます。

所在地:Jl. Tun Perak, Kuala Lumpur
LRT「Masjid Jamek」下車すぐ

KLタワー(KL Tower/Menara KL)

高さ421mのテレビ塔でクアラルンプールのランドマークの一つ。
展望デッキから市内を一望できます。
同じく眺望の素晴らしいペトロナスツインタワーは高さが452mですが、KLタワーは標高94mのブキナナスの丘の上に建っているので実際の高さはツインタワーを大きく超えます。
地上276mのあたりはドーム状になっていて、展望デッキや回転レストランなどがあります。
276mの高さにある展望デッキ「オブザベーションデッキ」は回廊状になっていてガラス越しに眺望を楽しむのですが、421mにある「スカイデッキ」はなんと外に出で直接景色を眺められます。
また、300mのところにある「スカイボックス」は窓、屋根、床がすべてシースルーになっていてスリル抜群。
夜になると、光り輝くペトロナスツインタワーを見ることもでき、人気の夜景スポットでもあります。

所在地:No.2 Jalan Punchak Off Jalan P.Ramlee 50250 Kuala Lumpur
KLモノレール「ブキナナス」下車。
KLタワー入り口まで徒歩約10分
料金:オブザベーションデッキのみ 
   大人RM49/子供(4歳~12歳)RM29
   オブザベーションデッキ、スカイデッキ、スカイボックス 
   大人RM99/子供(4歳~12歳)RM52

まずはKLタワーへ上って街の全体像を把握してみよう!

クアラルンプール・シティ・ギャラリー(Kuala Lumpur City Gallery)


ムルデカ広場の隣にあるクアラルンプール・シティ・ギャラリーは2011年、KLを詳しく知るためのギャラリーとしてオープンしました。
最も有名なのが入り口にある「I love KL」の真っ赤なモニュメント。
観光客が必ず写真を撮るスポットです。
中ではヘリテージ建築の解説やマレーシアの歴史を紹介したパネル展のほか、精巧につくられたクアラルンプールの巨大模型も。
昼間から夜へ移り変わる街の様子をプロジェクトマッピングで表現したショーは一見の価値ありです。
ギャラリーの運営は、いまやマレーシア土産としても知られる木彫りアートの店「ARCH」が担当。
ARCHの製品を購入できるショップも設けられています。
ここでKLについての知識を身に着けてから街歩きに出かければより充実した旅になりそうですね。

所在地:No.27, J1. Raja, Dataran Merdeka, Kuala Lumpur
LRT「Masjid Jamek」駅下車約7分

セントラルマーケット(Central Market)

イギリス統治時代の1888年に生鮮市場として建てられた歴史的建築物。
アール・デコの2階建ての建物には300以上の店舗が軒を連ねており、地元の人たちをはじめ大勢の観光客でにぎわう一大ショッピングスポットです。
2012年に改装を終え、「華人街」「リトルインディア」「アラブストリート」「マレーストリート」など、民族別にショップを集めたゾーンが設けられました。
マレーシアの錫製品、バティック、かご製品やインドのパシュミナ、アラブの香水瓶などありとあらゆる雑貨や民芸品がお手頃な価格で販売されています。
最近人気があるのがランカウイ名産の「ナマコ石鹸」。
クッキーやチョコレート、コーヒー、お茶などの食料品も豊富です。
フードコートやニョニャ料理の有名店なども入っており、手軽にローカルフードも楽しめます。
疲れたらマッサージ店に立ち寄っても。
時間をたっぷり目にとることをお勧めします。

所在地:50Jalan Hang Katsuri 500-50 Kuala Lumpur.
LRT「Pasar Seni」駅下車 徒歩3分



JTBではクアラルンプールの市内観光ツアーをご用意しています。
テーマごとに見どころを網羅しているので効率的に観光ができます。
ぜひご活用ください。

歴史的建造物でもあるセントラルマーケット。内装も必見です

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

JTBマレーシア支店

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ