地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

コタキナバルから日帰り可!写真映えスポット満載の隣国ブルネイ


JTBクアラルンプール支店

黄金のドームが特徴。贅を尽くした内装も一見の価値あり

コタキナバルから空路で約40分、日帰りも可能なマレーシアの隣国ブルネイは、石油・天然ガスなど地下資源が豊富で人々の生活水準が高く、政情も安定。敬虔なイスラム教徒の国できらびやかなモスクが街のシンボルとなっています。そんなブルネイのフォトジェニックスポットをご紹介します。

ブルネイの正式名称、「ブルネイ・ダルサラーム」とは「永遠に平和な国」の意味。海側を除く三方をマレーシアに囲まれ、広さは日本の三重県ほどですが、その7割を熱帯雨林が占めています。首都のバンダル・スリ・ブガワンは1時間もあれば徒歩で一周できてしまうほどのコンパクトな都市。アジアの都市特有の喧騒はなく、クリーンで静かな町です。

スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク(オールドモスク)
Omar Ali Saifuddien Mosque

首都バンダル・スリ・ブガワンの中心部に建つ伝統的なモスク。オールドモスクと呼ばれブルネイの定番観光スポットです。1958年に現国王の父である第28代スルタン(国王)が建造、その名がつけられました。イタリアの建築家の手によるもので、イタリアの大理石、中国の御影石、イギリスのガラスやシャンデリア、サウジアラビアの絨毯など世界の一流品を集めたゴージャスなモスク。黄金のドームが特徴的です。モスクの前はラグーンになっており、まるで水に浮かぶ宮殿のよう。夜はライトアップされ、幻想的な姿を見ることができます。
礼拝時間以外は内部も見ることができるので、ぜひ時間をとって見学してみましょう。中に入る際には露出の少ない恰好で。女性は入り口で貸してくれる黒い上着を着用します。

ジャミ・アス・ハサナル・ボルキア・モスク(ニューモスク)
Jame Asr Hassanil Bolkiah Mosque

ドームを囲むミナレットの模様が可愛らしい

ブルネイ川沿いにある中心部から北西へ、新興商業地区ガドン近く、日本大使館の向いに建っています。1994年に現国王が立てたブルネイ最大のモスクで、ニューモスクと呼ばれています。オールドモスクを建てたオマール・アリ・サイフディンは現国王の父に当たります。オールドモスクにたがわず、イタリアの大理石をふんだんに使った贅沢な造り。金のドームを囲むように立つミナレット(塔)が可愛らしく、まさにフォトジェニック。こちらも夜はライトアップされるので、昼と夜の姿をカメラに収めてみてはいかがでしょうか。
オールドモスク同様、礼拝時間以外は見学可能です。

マーケットと水上集落(カンポンアイール)
Kg Kianggeh Open Air Market & Kampug Ayer

約3万人が暮らす世界最大の水上集落

世界最大の水上集落、カンポンアイール。首都バンガル・スリブガワンのブルネイ川の水上に立ち並ぶ集落のことで、もともとは暑さを逃れようと人々が水上に集まってきたと言われていますが、現在は水の上にありながら水道も電気も通っているひとつの街です。お金持ちで金ピカのイメージの強いブルネイですが、ここでは多くの人々が昔ながらの生活を営んでいて、その素朴な景観は必見です。

マーケットは豊富な生鮮食料品が並ぶ、庶民の台所。

また、水上集落近くには市場があり、朝5時頃からオープンしています。庶民の台所であり、お菓子や伝統工芸品なども販売されています。カンポンアイールと同様、人々の暮らしに根差した一場面が垣間見られます。

エンパイア・ホテル
The Empire Hotel & Country Club, Brunei

首都郊外のジュルドン地区、海沿いに建つ7つ星ホテル。お金持ちの国、ブルネイが誇る最高級のリゾート施設です。ロビーは吹き抜けになっていて、柱や床に大理石がふんだんに使われ、金の装飾がちりばめられていています。広大な敷地の中に18ホールのゴルフコース、テニスやスカッシュのコート、ボーリング場、ジム、スパ、インドアプールのほか、インフィニティプールにプライベートビーチ・・・。レストランもカフェやラウンジのほか、日本食、イタリアン、中華など豊富なラインアップです。ビーチで眺めるサンセットはまた最高。ディナーの前のひととき、贅沢な時間が過ごせます。日帰りの方はぜひ贅沢なアフタヌーンティーを楽しんでみて。

JTBではコタキナバルから空路でブルネイを訪れる日帰りツアーをご用意しています。首都から郊外までブルネイの見どころをしっかり押さえた日程です。ぜひご活用ください。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

JTBクアラルンプール支店

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB