フィリピン(フイリピン)の観光情報

フィリピンで見る


  • JTBフィリピン

    観光やビジネスの拠点となるマニラは、多くの旅行者が訪れる国際都市。空の玄関口となるニノイ・アキノ国際空港(マニラ国際空港)は4つのターミナルを持ち多くの国際線、国内線が発着しています。近年、利便性や安全面、アクセス面などが大きく改善され、慣れない旅行者にとっても使いやすい空港になってきました。空港から市内へのアクセス方...


  • JTBフィリピン

    「タガイタイ」ってご存知ですか?今フィリピンで最も注目されている街のひとつで、ローカルの人々はもちろん、海外のツーリストも訪れている観光ポイントです。標高が高くて涼しいため、日本でいう軽井沢のようなイメージで、マニラのハイクラスの人々が避暑に訪れたり別荘を建てたり。そんな旅行者のニーズに合わせておしゃれなレストランやシ...


  • JTB

    日本から直行便があるセブは、アジアのアイランドリゾートの中で最も手軽に行ける島の一つです。ホテルのプールサイドで1日のんびりと過ごすのも魅力ですが、せっかくセブに来たのなら、ぜひダイビングにトライしてみては。セブ周辺は世界中からファンが集まる屈指のダイビングスポットなのです。初心者でも安心して体験できるのがセブならでは...

  • JTBセブ支店
    JTBセブ支店

    フィリピン屈指のリゾートして知られるセブ島で、今注目されているカフェがあります。1万本ものバラが咲き誇り、SNSでローカルの人たちに大人気となっているというのです。その名も「10,000 Roses Cafe & More」。連日大勢のローカルでにぎわうこのカフェに行ってみませんか?

  • JTBセブ支店
    JTBセブ支店

    海と波をイメージして作られた世界初の「リゾートエアポート」。空港に到着した瞬間からリゾート気分になれるそんな空港です。

  • JTBセブ支店
    JTBセブ支店

    ※この記事は2018年11月現在の情報を元に加筆・修正を実施しましたフィリピンの代表的なリゾートアイランド・セブ島は、美しい海やビーチを目指して世界中からバカンス客が訪れます。また最近は語学留学先としても人気が高く、日本からも多くの留学生がセブ島で勉強しています。そんなセブ島の国際空港は、実はセブ本島ではなく、セブ島の...

  • JTBセブ支店
    JTBセブ支店

    ボホール島は、セブ島から高速船フェリーで約2時間、セブ島の南東に位置し、フィリピンで10番目に大きい島です。セブ港からはタグビララン港を3社のフェリーが毎日運航しており、アクセスしやすい島です。南部のパングラオ島には多くのビーチリゾートが立ち並び、近年は世界各国から多くの観光客が訪れています。JTBセブスタッフが、世界...


  • JTB

    フィリピンには、7000以上もの島があり、地域によって文化や宗教、言語なども様々に異なります。とはいえ、気候については、どこも熱帯海洋性で、一言でいえば「南国」。服装の準備では、荷物が軽くて済むのがありがたいですが、唯一、気を付けたいのが雨と冷房です。雨季と乾季の違いもありますので、旅行前にチェックしておきましょう。日...


  • JTB

    フィリピンには世界遺産に登録されたエリアが2017年現在、計6カ所あります。今回は、このうち文化遺産3カ所を取り上げ、その魅力や歴史についてご紹介します。マニラのサン・アグスチン教会などバロック様式教会の建築群、2000年の歴史を誇るコルディリェーラの棚田、そして大航海時代の交易都市ビガンです。

  • JTBセブシティ営業所
    沼田 彩香

    セブ島はフィリピンを構成する3つの諸島のうちの一つ、ビサヤ諸島に属する島です。空港やリゾートホテルがあるマクタン島から橋で渡ることのできるセブ島。セブ市内には、世界一周旅行をしたポルトガル人の冒険家マゼランゆかりの十字架「マゼランクロス」、セブで一番古い教会「サントニーニョ教会」、セブの港を守るために建設された「フォー...

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ