フィリピンの季節ごとの気候とおすすめの服装

フィリピンの季節は3つあります

フィリピンには、7000以上もの島があり、地域によって文化や宗教、言語なども様々に異なります。とはいえ、気候については、どこも熱帯海洋性で、一言でいえば「南国」。服装の準備では、荷物が軽くて済むのがありがたいですが、唯一、気を付けたいのが雨と冷房です。雨季と乾季の違いもありますので、旅行前にチェックしておきましょう。

日本と違い、フィリピンにはっきりした四季はありません。常夏の国で、気温も湿度も高い熱帯モンスーン型気候に属しています。年間の平均気温は26~27°C。まったく季節が変わらないわけでもありません。フィリピンの季節は大きく分けると、雨季と乾季の2つ、もう少し詳しく区別するなら、3つに分かれます。

まず、3~5月が最も気温が高くなりますが、日本の真夏に比べると乾燥しています。この時期の最高気温は平均すると32°C。
そのあと6~11月は雨季に入り、どんよりした空が広がります。ただし雨季とは言っても、一日中、しとしと雨が降るのではなく、すさまじいスコールがザアーっと降って、1時間弱で晴れる、というような感じです。
そして12~2月は、フィリピンが最も涼しくなる季節。湿度も低くなり、乾燥しているので、この時期が最も過ごしやすいと言えます。一番気温が高くなるのが5月、逆に最も低いのが1月となります。

ちなみに、フィリピンで一番人気のリゾート地、セブ島では、年間を通じて、はっきりとした雨季はありません。比較的、晴天に恵まれていることも、セブ島人気の理由かもしれません。

常夏の国・フィリピンは熱帯モンスーン型気候に属します。

雨具や長袖があると便利!



フィリピンといえば、忘れてはいけないのが、台風です。日本でも、天気予報を聞いていると、「フィリピン沖で発生した大型の台風XX号が・・・」などというフレーズをよく耳にしますね。フィリピンは台風の通過点に位置するため、日本よりも頻繁に台風がやってきます。なんと一年間に台風が来る回数は、平均19回とか。最も多い台風シーズンは7~10月になります。

台風は、フィリピンの東沖、太平洋上で発生します。6~12月にかけて、熱帯低気圧が多く発生し、これが西へと進んでフィリピンの山岳地帯の東側にぶつかるのです。このため、フィリピン東部では、年間の降水量が最大5000mmに達するときもあるようです。

基本的に毎日が夏のフィリピンですが、急な雨に備えて、傘や防水の上着があると安心です。雨季でも気温は高いので、厚手の上着は必要ありませんが、困るのは、雨にぐっしょり濡れたあと、冷房が強い屋内のレストランなどに入った場合。熱帯のフィリピンでは、とにかく冷房をしっかり効かせているところが多いので、むしろ冷房対策を考えておくことをおすすめします。持ち歩きやすくて、さっと羽織れるもの、薄手のカーディガンやストール、長袖のシャツなどが便利です。

ルソン島北部のバギオやバナウエなど、高原を訪れる場合もご注意ください。このあたりは標高が高くなり、特に朝や夕方は涼しくなりますので、長袖のシャツ、長ズボンなどが必要です。

フィリピンでは、たっぷりの雨がもたらす高温多湿な熱帯性気候のおかげで、さまざまな果物や作物が豊富に育ちます。代表的なものには、サトウキビ、ココナッツ、麻、葉巻用のタバコ、バナナなどが代表的です。マンゴーやパパイヤなど、南国フルーツも味が濃くておいしいです。お土産を選ぶときには、こうしたフィリピンの特産品を使った品々を選ぶと、きっと喜んでいただけるのではないでしょうか。

初めてフィリピンを旅行するなら、効率よくマニラ市内の観光名所を巡るツアーはいかがでしょうか。JTBがお届けする現地発着ツアーはこちらへ!

この記事でご紹介したスポット

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ