マニラ ニノイ・アキノ国際空港から市内へのアクセス方法(2019年版)


JTBフィリピン

観光やビジネスの拠点となるマニラは、多くの旅行者が訪れる国際都市。空の玄関口となるニノイ・アキノ国際空港(マニラ国際空港)は4つのターミナルを持ち多くの国際線、国内線が発着しています。近年、利便性や安全面、アクセス面などが大きく改善され、慣れない旅行者にとっても使いやすい空港になってきました。空港から市内へのアクセス方法を、JTB現地スタッフがご案内します。

ターミナルは4つ、広大なマニラ国際空港

マニラ国際空港は市の南側約10kmに位置しています。正式名称は「ニノイ・アキノ国際空港」。「MIA」と表記されることも多い空港です。
MIAはターミナル1からターミナル4まである、とても広い空港です。ターミナル間を歩いて移動することは、ほぼ不可能です。ですから、自分の利用する航空会社がどのターミナルで発着するか、忘れずに確認しておきましょう。
特にマニラからトランジットで別の都市へ移動する人は、できれば同じターミナルで発着できる航空会社を選びたいところ。それが難しい場合は、できるだけ時間に余裕をもったスケジュール作りをしましょう。
ターミナルごとの主な航空会社は以下のようになります。

<【ターミナル1】国際線ターミナル>



•日本航空
•大韓航空
•アシアナ航空
•中華航空
•ジェットスター・アジア航空
•エヴァエアー
•ユナイテッド航空
•タイ国際航空
•カンタス航空
など。
ターミナル2、ターミナル3に発着する国際線以外の国際線はターミナル1です。
ゲートは1~16です。

<【ターミナル2】フィリピン航空の国際線、一部の国内線(PALエクスプレスとの運航便含む)>



ナショナルフラッグキャリアであるフィリピン航空の国際線、国内線ターミナルです。PALエクスプレスとの運航便も含みます。「矢印」のような2つのウィングに分かれた建物で、北ウィングが国際線ゲート、南ウィングが国内線ゲートです。

<【ターミナル3】国際線ターミナル、およびフィリピン航空の国内線>



一番新しく、大きなターミナルです。ターミナル1以外の国際航空会社が発着します。
•フィリピン航空の国内線(PALエクスプレスとの運航便含む)
•セブ・パシフィック
•エア・アジア・ゼスト(国際線)
•全日空
•デルタ航空
•キャセイ・パシフィック航空
•シンガポール航空
•KLMオランダ航空
•エミレーツ航空
など。

<【ターミナル4】国内ローカル航空中心のターミナル>



エア・アジア・ゼスト国内線、タイガーエア・フィリピン、スカイジェット、セブ・ゴーなど。

世界遺産のサン・アグスチン教会など見どころも多いマニラです。

空港間は無料シャトルバス運行

ターミナル間の移動は、無料シャトルバスが利用できます。各ターミナルから約15分~40分おきにバスが発着しています。ターミナル間はそれぞれかなり離れていますので、マニラでトランジットして別の都市へ移動する場合には、バスの待ち時間や乗車している時間も含めて余裕あるスケジュールを立てましょう。

※情報は連絡なしに変更になる場合があります、空港のHPにて確認をお願いします。

空港から市内へは安全安心を最優先で

空港からの移動は、主に「クーポンタクシー」「エアポートタクシー」「メータータクシー」、「その他の送迎サービス」があります。

<割高だけど安心感あるクーポンタクシー>



どのターミナルにも受付カウンターがあるクーポンタクシー。行き先ごとにあらかじめ運賃が決められていて、カウンターで行き先を告げるとその運賃のチケットを受け取ります。チケットを手にしたら指示された車に乗って、ドライバーにホテル名などの具体的な名前を伝え、降車時に所定の運賃をドライバーに支払う、という仕組みです。
運賃のトラブルが少なくわかりやすいので、旅行者にはおすすめです。ただし、通常のメータータクシーに比べると、割高です。

<黄色の車体のエアポートタクシー>



こちらも少し料金は高めですが、空港を起点としたタクシーでローカルの人々が少ないので、旅行者には使いやすいタクシーです。とはいえ、乗る時には必ずメーターを使用することを確認、要求しましょう。

<通常のメータータクシー>



一番安いのは白い車体の通常のメータータクシーです。こちらは割安なのでローカルの人々でいつも混み合っています。フィリピン旅行に慣れている人には使いやすいかもしれませんが、メーターを使わなかったり、メーターに細工をされて法外な料金を請求されたりするなどのトラブルも発生しています。利用する際には十分注意しましょう。

<エアポート~市内を結ぶバス「ウベ・エクスプレス」>



空港と市内を4つのルートで結ぶプレミアムバスのウベ・エクスプレス UBE Express。エンターテイメント・シティやマカティ、ロビンソン、グランプリの4つを終点に主要なスポットを通ります。バスはそれぞれのルートともに1~2時間に1本程度。空港でチケットを買えるほかインターネットでも購入できます。チケットは300ペソ。

<その他の送迎サービス>



宿泊するホテルで送迎サービスを提供している場合には、それを利用するのもおすすめです。インターネットなどで事前の予約が必要で、有料の場合もありますが、安全で安心して乗ることができます。
また、旅行会社が提供する、空港~ホテル間の送迎サービスも安心して利用できるサービスのひとつです。JTBでも日本語ガイドによるチャータープランをご案内していますので、ご参考までにどうぞ!

旅行会社の送迎サービスは安全で効率がよくお得です!

  • オプショナルツアー(現地発着)
    JPY5,596〜
    ※価格は予告なく変更になることがございます。
    JTBフィリピンお勧めの市内観光スポットを日本語ガイドがご案内致します。午前発でお時間のない方におすすめの半日コース。マニラの見所をコンパクトにまとめたコースです。マニラへ初めてお越しの方には必須の観光地を巡ります。観光地の中には『世界遺産』のサン・オーガスティン教会も訪れます。スペイン統治時代の建造物が当時の雰囲気を今に伝えてくれます。
  • オプショナルツアー(現地発着)
    JPY11,192〜
    ※価格は予告なく変更になることがございます。
    期間: 2019-03-28~2090-03-31
    JTBフィリピンお勧めの市内観光スポットを日本語ガイドがご案内致します。マニラの見所をコンパクトにまとめたコースです。マニラへ初めてお越しの方には必須の観光地を巡ります。観光地の中には『世界遺産』のサン・オーガスティン教会も訪れます。スペイン統治時代の建造物が当時の雰囲気を今に伝えてくれます。フィリピン料理のランチをお楽しみいただけます。★コース①★ <イントラムロス~世界遺産~ボニファシオグローバルシティ>定番のイントラムロスや世界遺産をはじめ、午後からは広大なアメリカンセメタリーや最先端が揃うオシャレタウン・ボニファシオグローバルシティをご案内。マカティの大型ショッピングセンターにも立ち寄る大満足コース(ショッピング時間付き)★コース②★<イントラムロス~世界遺産~モールオブアジア>定番のイントラムロスや世界遺産をはじめ、午後からはローカルシーフードマーケットやアジア最大級のショッピングモールを訪れる大満足コース。(ショッピング時間付き)

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

JTBフィリピン

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ