マニラから日帰り可!手軽に行ける避暑地「タガイタイ」


JTBフィリピン

「タガイタイ」ってご存知ですか?今フィリピンで最も注目されている街のひとつで、ローカルの人々はもちろん、海外のツーリストも訪れている観光ポイントです。
標高が高くて涼しいため、日本でいう軽井沢のようなイメージで、マニラのハイクラスの人々が避暑に訪れたり別荘を建てたり。そんな旅行者のニーズに合わせておしゃれなレストランやショップも次々とオープンしています。これまでのマニラのイメージが一新されること間違いなしのタガイタイ、その魅力をJTB現地スタッフがご案内します!

マニラから車で90分、高原の街タガイタイ

日本ではまだあまり知られていませんが、タガイタイはローカルの人たちの間では大人気の街。何と言ってもマニラから南へ64kmと、車で手軽に行けて日帰りももちろん可能。そのうえ、何と言っても、涼しいのです。
標高700mの高地にあるタガイタイは、気温がマニラに比べて低く、夜になると肌寒さを覚えるほど。しかも、タール湖という湖を擁していて、見晴らしのよい高台から望むと、もう絶景。
そんな気候と美しい風景にひかれて、マニラのセレブたちが避暑地として訪れるようになり、リゾートホテルや別荘の開発が進められているのです。

ダガイタイはその気候を生かして野菜作りが盛ん。

タール湖と世界一小さな火山・タール火山


街の目の前に広がるタール湖には、タール火山と呼ばれる小さな火山が浮かんでいます。標高700mのこの火山、世界一小さな火山とも呼ばれるほど、カワイイお姿ですが、れっきとした活火山。タール湖ができたのも、タール火山の噴火によって湾がせき止められたためと言われています。
タール火山は登ることもできますので、時間があればぜひ登ってみては。
火山へ行くボートは、タガイタイの東にあるタリサイという街のホテルやロッジから、手配することができます。
山頂までは徒歩30分程度ですが、足場がよくないところもありますので、しっかりとした靴や軍手などを用意しておくといいでしょう。

新鮮なオーガニック野菜も充実

タガイタイはその冷涼な気候を生かして、野菜作りが盛んです。街の市場にはとれたての野菜がところせましと並べられています。
また、オーガニック野菜も特にハイクラスの人たちを中心に人気が高いので、それらを使ったレストランやショップが多いのも魅力です。
その中でも、「ソニアズ・ガーデン」は地元の人々にもツーリストにも大人気のショップ&レストラン。ソニアさんの庭園の緑と花々が目に優しく、とれたてのオーガニック野菜を使ったビュフェは、味にもボリュームにも定評があります!

Sonia’s Garden
営業時間:11:00~19:00
年中無休
公式サイト(英語):http://sonyasgarden.com/

ソニアズ・ガーデン。レストランもオシャレ。

ビュッフェのおいしさでも人気。

眺望を楽しむならピープルズパークへ

タール湖、タール火山と街並みを一望するなら、ピープルズパークがおすすめです。そもそもは、フィリピンを訪問するアメリカ大統領の宿泊施設を建てるために開発されたのですが、計画が途中で頓挫してしまい、その跡地を公園として開放したのがピープルズパーク。ジープニーと呼ばれる乗り合いバスに揺られて10分程度で頂上に到着すると、そこからの景色に思わず歓声が上がります。ローカルの人たちも、道路や展望台でさかんにポーズをとったりみんなでジャンプしたり…。SNS映え間違いなしのビューポイントです。

People’s Park
営業時間:7:30~18:30
年中無休
入場料:30ペソ
ジープニー乗り場は、街のバスターミナル近くにあります。

タガイタイへの行き方


そのほかにも思わず立ち寄りたくなるようなショップやおみやげ物店、街の市場などもあります。マニラの暑さからちょっと逃れて足を延ばしていませんか?
タガイタイへは、マニラのパサイからDLTBやJAMトランジットのバスが、頻繁に出ています。
タガイタイ中心部のオリバレス・バスターミナルで下車します。
所要時間は2~3時間
料金は80ペソ前後

個人で行くのはちょっと面倒…と感じるなら、旅行会社のマニラ発ツアーはいかがですか。JTBでもタガイタイの魅力を満喫できるツアーをご用意しています。そちらもご参照ください。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

JTBフィリピン

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ