マレーシアで人気!創作和食レストラン「NOBUクアラルンプール店」


JTBマレーシア支店

2014年夏、創作和食レストラン“NOBU”がクアラルンプールのKLCCタワー3の56階にオープンしました。NOBUは世界に約30店舗を展開していますが、クアラルンプールはマニラに続く東南アジアでの拠点となります。オープニングパーティーには共同経営者の俳優ロバート・デ・ニーロ氏も訪れました。

クアラルンプール市内が見渡せる店内

世界展開する人気レストラン

NOBUは和食のシェフ、松久信幸氏と俳優のロバート・デ・ニーロ氏が共同で経営する創作和食レストラン。松久氏の店の常連だったデ・ニーロ氏が松久氏を誘い、1994年にニューヨークでNOBUをオープンしました。今やニューヨークや東京のほか、世界中に約30店舗を展開する人気レストランです。
松久氏はもともと寿司職人でしたが、24歳でペルーに渡り寿司店を開いたのを皮切りに、アルゼンチン、アラスカ、ロサンゼルスでも和食の店を経営し、ビバリーヒルズの店舗でデ・ニーロ氏に出会いました。
松久氏に南米での料理経験があるためか、NOBUは和食店であるものの、そのテイストは南米の影響も少なからず受けており独創的です。

素晴らしい夜景が評判

NOBU クアラルンプール(Nobu Kuala Lumpur )は、360度市内の景色が見渡せて、夜景も素晴らしいと評判。ツインタワー(Petronas Twin Towers)の眺めは圧巻で、週末の夜はバーラウンジだけの利用も人気だとのことです。
店内には寿司バーやラウンジ、シガー・ルームもあります。
ランチは「スパイシー・ベジタブルどんぶり」がRM35++、「天ぷらそば」がRM45++などとお手頃価格。夜はアラカルトメニューが豊富で、寿司、刺身、天ぷらやステーキまで幅広く楽しめます。 JTBでは、ラウンジやプライベートルームを使ったカクテルレセプションやディナーのアレンジも受け付けています。

Nobu Kuala Lumpur

営業時間: ランチ(月~金)12:00-14:00、ディナー(月~日)18:00-22:30、スカイ・ハイティー 13:00-16:00
住所: Level 56, Menara 3 Petronas, Persiaran KLCC, 50088 Kuala Lumpur
電話: +60 3 2144 2200 ext 5811
ドレスコード:スマートカジュアル
※入店するビルのポリシーにより12才未満の子供は利用不可

また、JTBではクアラルンプールを楽しむ各種ツアーをご用意しています。スケジュールに合わせてご活用ください。

週末の夜は特に人気のバーラウンジ。ツインタワーが見える

この記事でご紹介したスポット

関連記事

  • おみやげ
    MYR65〜
    なまこを使って作ったせっけんは 無添加、天然成分コラーゲンがたっぷり。
    保湿力にすぐれ、乾燥肌、アトピーなどの敏感肌の方にもオススメ。
    香りは肌にプラス効果があるアロマオイルを使用。
    サイズは90g、かわいいバティックの袋入り5個セットにて販売中です。
    お土産やプレゼントにぴったりです!
  • おみやげ
    MYR60〜
    マレーシア・ランカウイの海でとれた”ナマコ”の良質な成分とハーブをじっくりと煮込んで作られたクリーム。
    このなまこクリームの特徴は圧倒的な保湿力!伸びがよく、肌触りも気持ちよいなまこクリームは保湿効果が高いことで大きな評判を呼んでいます。

この記事を書いたレポーター

JTBマレーシア支店

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ