タイの定番料理BEST5と言えば!?

JTBタイ支店
Mr. Hideki Kawashima

スープの王様 トムヤムクン

タイを代表する料理を挙げるとしたら、トムヤムクンははずせない一品。世界三大スープと称される、最も有名なタイ料理です。トムヤムクンとは辛くて酸っぱいエビのスープのことで、さまざまな味と香りが混然一体となった美味しさが魅力です。
スープとは言ってもプリプリのエビがゴロンゴロンと入り、出汁を吸ったキノコが顔をのぞかせ、そしてその間にはレモングラスやコブミカンの葉やパクチーなど、いかにもタイっぽいオリエンタルなハーブがどっさり。味付けはピリっと辛い唐辛子を中心に、ナンプラーやライムのしぼり汁、パームシュガーなどで、独特の味わいに仕上げます。
トムヤムクンの「クン=えび」なので、別の食材にも応用可能です。トムヤムタレー(タレー=シーフード)、トムヤムガイ(ガイ=チキン)など、本場でぜひいろいろ試してみてください!

ちなみにトムヤムクンには、ココナッツミルク(=ナム)の入ったものと入らないものがあります。「トムヤムナムコン」と言うとナムの入ったもの、「トムヤムナムサイ」と言うと入ってないものになります。

独特の味わいに思わずハマってしまうタイ料理。手前がトムヤムクンです。

タイのスキヤキ? タイスキ

日本ではタイ風スキヤキと呼ばれる「タイスキ」。専用の鍋で出汁を温め、ひき肉団子や魚のつみれ、豆腐、ワンタン、クラゲ、野菜に春雨などを煮て、特製のタレで食べるもので、日本の「なべ物」に近い一品です。締めにごはんや麺を入れて食べるところも、なんとなく「なべ物」っぽいですね。
つけダレは、多くの場合その店それぞれのオリジナルのものが用意されていて、味のバラエティーもさまざまです。
好きなつけダレのレストランに行って、さらに刻みニンニクやトウガラシ、ライムのしぼり汁などを好みで加えて、より自分の味にして食べるのが、タイスキの正しい食べ方です。

タイスキは中華鍋の食堂が考案したと言われていますが、現在のような、いろいろなものを賑やかに煮て食べるスタイルにしたのは、コカ・レストランなのだとか。この食べ方がタイローカルの人々に一気に広がって、今やタイを代表する料理となりました。

様々な食材を楽しめるタイスキ

独自の発展を遂げた タイカレー

一口に「カレー」と言っても、タイのカレーの奥深さは、インドのそれとはまた違ったものがあります。もともとは、はるか古代に遡るインドとの交易の中で伝わったそうですが、タイのカレーはインドカレーのようなカレー粉を使いません。多種多彩の唐辛子をベースにえび味噌やナンプラー、こぶみかんなどインドでは使われない調味料やハーブを用いて、独自の発展を遂げています。とろみの少ないスープのような仕上がりが特徴です。 「カレー=ゲーン」と呼ばれます。中でもCNNの旅番組で「世界で最も美味な料理ランキング」で1位に選ばれたこともある「ゲーン・マッサマン」は、ペルシャやアラブから伝わったとされ、カルダモンやターメリックなどのスパイスがふんだんに使われた、エキゾチックな味。辛さもマイルドなので、ぜひ本場のゲーン・マッサマンに挑戦してみては。

一度食べたらやみつき間違いなし! パッタイ



「タイ風焼きそば」と訳されるパッタイですが、日本の焼きそばとは麺も味もかなり違います。 太めの米の麺を、エビやエシャロット、ニラ、もやしなどと炒め、ナンプラーなどで甘辛く味付けされ、仕上げに砕いたピーナッツがふりかけられています。嫌いじゃなかったら、添えられているライムの実を絞ってみてください。爽やかさが加わり、甘辛いパッタイの味が引き立ちますよ!

野菜料理といえばコレ抜きには語れない ソムタムタイ



もともとはタイ東北部・イサーン地方の素朴なひと品だったソムタム。それがバンコクで広まり、よりマイルドな味わいとなって世界的に有名になったのがソムタムタイです。千切りにした青パパイヤのサラダですが、ニンニクが効いて、生トウガラシもピリリ!そしてライムの酸味が爽やかに広がる、いかにも南国タイらしい味わいです。 作り方もちょっと変わっています。クロックと呼ばれる小振りの木臼に、ニンニクと生トウガラシを入れて、サーク(すりこぎ)でポクポクと叩いてつぶしていきます。ほどよいところで、トマトやササゲ豆などを入れてもうひとつぶし、最後に千切りパパイヤを入れてさっくりと混ぜてできあがり。 生トウガラシの辛さとライムの清涼感が、暑くてしっとりとしたタイの空気にぴったりです!

番外編 テーブルに必ず置かれるあの調味料、そしてフルーツ

どんな高級レストランでも路地裏の屋台でも、タイのテーブルに絶対に欠かせないのが、あの4つの小鉢「クルーン・プルン」。これなくして、タイ料理は語れません! クルーン・プルンの4つの小鉢にはそれぞれ「ナンプラー」「唐辛子」「唐辛子などの入った酢」「砂糖」が入っていて、お好きなだけかけて食べるのがタイ流。とはいえ、唐辛子がけっこう効いているので、まずは控えめにトライするのが無難です。タイローカルの人たちは、パッタイなどになぜか砂糖をどっさりかけています!

そしてタイに来たらぜひ食べていただきたいのが、季節のフルーツ。南国のフルーツと聞くとマンゴーやパイナップルなどを思い浮かべますが、それだけではありません。訪れるシーズンによって、マンゴスチン、ロンガン、ドラゴンフルーツ、ランブータン、そしてあのドリアンと、日本ではなかなか食べられないものにたくさん出合えます。また、パイナップルやバナナなども、シーズンの完熟のものを食べてみて下さい、味の違いにびっくりするかもしれませんよ!

いかがですか?タイを訪れたら、美食の国のおいしさを満喫してくださいね!またさまざまなレストランのクーポンなどもいろいろと販売されています。予約の煩わしさや不安を感じる方は、ぜひクーポンもご検討下さい!

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Mr. Hideki Kawashima

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ