地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

プーケット周辺の美しい海に囲まれた離島で過ごすラグジュアリーなバカンス!

JTBタイ支店
Mr. Hideki Kawashima

プーケットからスピードボートで約30分、おこもりバカンスにおすすめの「ザ・ラチャ」

プーケット島は、子ども連れファミリーからグループ旅行まで、ホテルやアクティビティーが豊富であらゆる旅行者が楽しめるのが魅力です。今回は中でも、賑やかさや喧騒からちょっと離れて静かにゆったりと過ごしたい人にオススメのホテルをご案内します。リゾートにピッタリのラチャヤイ島の「ザ・ラチャ」、ヤオヤイ島の「サンティア・リゾート」、そしてナカノイ島の「ザ・ナカ・アイランドリゾート」を、JTB現地スタッフがご案内します。

クルーザーで数十分、とびきりの贅沢なブティックホテル

ほかではちょっと体験できないルーフトッププール

プーケットの周辺にはいくつもの島が浮かんでいて、それぞれにおこもりしたくなる贅沢なリゾートホテルがオープンしています。
その一つが、ラチャヤイ島のラグジュアリーホテル「ザ・ラチャ」。
島唯一のホテルで、目の前に広がるホワイトサンドビーチといい、その向こうに揺れるエメラルドグリーンの海の美しさといい、島の緑に溶け込んだ建物といい、豊かな自然と静けさが満喫できる設計がハネムーナーやカップルに人気なのです。
客室はすべてヴィラタイプで、最も客室数の多いデラックス・ヴィラは44平方メートルとゆったりとした造り。インテリアは、いかにも南の島のリゾートっぽいナチュラル路線とは一線を画し、室内はあくまでもモダン。不便さや不自由さはいっさい感じさせないスタイリングな室内が魅力です。
ビーチでのんびり過ごすのももちろんいいのですが、ホテル自慢のルーフトッププールへもぜひ。ほかではちょっと体験できない開放感を味わえるかもしれません。
ラチャヤイ島は、プーケットの南約24キロに位置する島で、スピードボートで約40分。ラチャヤイ島と、そのさらに南に浮かんでいる小島のラチャノイ島を合わせ、ラチャ諸島と呼ばれています。どちらも海の透明度が高く、ダイビングスポットとしても知られています。
ホテル公式サイト(英語)
http://www.theracha.com/new/index.htm

離島らしいゆったりした空気が魅力のサンティヤ・リゾート

サンティヤ・リゾートは、プーケットの東側の湾に浮かぶヤオ・ヤイ島にオープンしたリゾートホテルです。ヤオ・ヤイ島は多くの島民が漁業で生計を立てている、手つかずの自然が多く残されている島で、ホテルの中にも穏やかな空気が漂いとても寛げます。
客室や施設は、島の傾斜を利用して建てられているため、多くの客室から美しい海や島の緑が望めます。室内はタイの伝統的な雰囲気を活かした内装で、木材や伝統的な布をふんだんに使って居心地のよさを演出しています。
最も多い客室の「スープリーム・デラックス」は60平方メートル。ゆったりとしたサイズ感が魅力です。
ヤオヤイ島は、プーケットからスピードボートで約60分で到着です。
ホテル公式サイト(英語)
https://www.santhiya.com/kohyaoyai/

島の傾斜を活かして、多くの部屋から素晴らしい眺望が。

小島が点在する眺望を楽しめるプールがおすすめ

木の温もりとタイらしい装飾とで統一された内装は、とても落ち着きます。

まさに隠れ家リゾートのナカ・アイランド・リゾート

プーケットの中でも、アンダマン海側ほど開発されず、かつてののんびりした雰囲気を残しているのが島の東側。その東側の沖に浮かんでいるのがナカノイ島。プーケット島からはスピードボートでわずか10分。船酔いする間もなく到着してしまう距離に、ザ・ナカ・アイランドリゾートはあります。
小さな島のリゾートだけに、プライベート感、隠れ家感いっぱい。67の客室はすべてヴィラで、それぞれにプライベートプールがついています。ガーデンビューの客室もありますがおすすめはやはりシービュー。海を眺めながらのおこもりバカンスを満喫できます。
客室のインテリアは木の温もりと生成りの風合いがナチュラル、でもカジュアルになりすぎず、居心地のよい空間を作っています。
プライベートプールももちろんですが、海に浮かんでいるかのようなホテルのプールもぜひ。素晴らしい眺望を楽しめます。
またホテルが島の西側に面しているので、美しい夕景を見ることもできるかもしれませんよ!
ホテル公式サイト(日本語)
http://www.starwoodhotels.com/luxury/property/overview/index.html?propertyID=3714&language=ja_JP
プーケットの離島リゾートで、ゆったりとしたひと時を過ごしてみたくなったら、プーケット国際空港から、埠頭までの移動、そして埠頭から島までのアクセスもすべてご用意しているパッケージ商品がおすすめです。JTBでもおすすめパッケージをご用意していますので、ご参照ください。

海と一体となったようなプールがすてきな、ザ・ナカ・アイランドリゾート

こちらは客室のプライベートプール。おこもりバカンスにおすすめです!

ナチュラルなインテリア、でもカジュアルすぎない落ち着きが魅力。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

Mr. Hideki Kawashima

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB