インドの観光情報

インドで体験する

  • JTB India Pvt. Ltd.
    大川 苗(Nae Okawa)

    ガンジスの一大聖地リシケシ。ビートルズやローリングストーンズにも縁深く、ヨガや瞑想の一大メッカとなっています。また年間を通してインドからの巡礼者や外国人観光客が訪れるリシケシの情報をお届けします。

  • JTBインディア
    由佐 寿恵

    グルガオンはデリーの南西部に広がる新興都市で、近年経済発展著しいインドの象徴ともいえる街です。日系企業はもちろん、国際的な外資系企業も多く集まっていて、とても活気があります。 インドの住宅事情と聞くと何となく不安を覚える人もいるかもしれませんが、グルガオン周辺は別世界。さまざまな施設もそろっていて、日本の生活に近い便利さを確保できます。 グルガオンの魅力をJTB現地スタッフがご案内します。

  • JTB India Pvt. Ltd.
    大川 苗(Nae Okawa)

    インドは言わずとも知れた映画大国!毎週新しい映画が公開され、地元の人も気軽に映画にでかけます!せっかくのボリウッド映画、ぜひ映画館の大きなスクリーンと大迫力の音響で楽しみたいですよね!

  • JTB India Pvt. Ltd.
    鳥居葉子(Ms.Torii Yoko)

    今や世界中の人々が、健全な精神や身体を求めて関心を寄せるヨガ。ヨガ体験をきっかけに、インドやヒンドゥー教文化に関心を持つ方も少なくありません。インドで「ヨガの聖地」と呼ばれている街が、デリーから北へバスで約6時間の距離にあるリシュケシュ(リシケシ)です。今回はリシュケシュとハリドワールの町の魅力をたっぷりご紹介します。

  • JTB India Pvt. Ltd.
    鳥居葉子(Ms.Torii Yoko)

    ムンバイの市内観光から一足のばしてエレファンタ島はいかがでしょうか。 アラビア海に浮かぶこの島は1987年に世界遺産に登録されました。 シヴァ信仰の中心地であり、今でも多くの観光客が訪れます。

  • JTBインディア
    由佐 寿恵

    かつてはマドラスと呼ばれていたチェンナイは、ベンガル湾に面し南部インドの経済・貿易の中心となっています。その発展とともに悩みとなってきたのが交通渋滞。そこで近年、地下鉄や高架鉄道(MRTS)の開通に力を入れ、2016年には空港からの地下鉄も一部開通しました。日々その姿を変えつつあるチェンナイの、空港から市内へのアクセス方法をご案内しましょう。

  • JTB India Pvt. Ltd.
    大川 苗(Nae Okawa)

    ピンクシティ;ジャイプールのご旅行のお役立ち情報をご紹介します!

  • JTBインディア
    由佐 寿恵

    インドの人々の服装と言えば、サリーを始めとする伝統的な民族衣装を思い浮かべる人も多いはず。経済発展に伴って、ビジネスシーンなどではいわゆる「スーツ」を着る人も増えていますが、日々の生活にはやはりインドの服装をする人が大多数です。さらっとして涼しくて、インドの気候にマッチしているのです。インドを訪れたら、ローカルの人々にならって伝統衣装を着てみませんか?JTB現地スタッフがご案内します。

  • JTBインディア
    由佐 寿恵

    「ダラムサラ」と聞けば、チベット仏教のリーダー「ダライラマ」の名前が思い浮かぶ人も多いかと思います。チベット文化センターはもちろんのこと、ヒマラヤンヨーガのセンターや外国人のボランティアセンター、カシミールのショップ、美味しいイタリアンや日本食などが山あいの町に並びます。

  • JTBインディア
    由佐 寿恵

    デリーは経済成長著しいインドの中心として、常に変化し進化し続けていますが、ツーリスト、特に歴史や古代文化ファンの中には「見どころが少ないのでは?」というイメージを持つ人もいるかもしれません。 けれどもデリーには歴史的建造物が多く残されていて、世界文化遺産が3つもあります。ムガール帝国の城・ラール・キラー、ムガール第2代皇帝のフマユーン廟、そして今回ご紹介するクトゥブ・ミナールです。その魅力をJTB現地スタッフがご紹介しましょう。


  • 小山 璃

    インドといえば、浮かんでくるのはカレー、タージマハル...? 皆さま、インドを代表する、ボリウッドダンス!をお忘れではないでしょうか? デリーからも近いインド北部の都市・グルガオンには、本格的なボリウッドダンスミュージカルを観られる場所があります。

  • JTBインディア
    来栖 圭

    世界各国から「ヨガ」を学びに訪れる人々があふれるリシケシュへ行ってまいりました。最寄のジョリー・グラント空港には、デリー空港から国内線で1時間ほどで到着します。約5,000年前にインドで生まれたヨガ。インドの生活に根付き今や世界中の人から愛されるヨガの聖地へようこそ!

  • JTBインディア
    由佐 寿恵

    ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー誌で「一度は訪れたい世界の名所50ヶ所」「世界で10の楽園」に選ばれたインドのケララ州をご紹介します。

  • JTB India Pvt. Ltd.
    山西敢(Mr.Yamanishi Isamu)

    写真撮影・荷物持込不可!ヒンドゥー教寺院なのにインドの歴史が学べたり、光や音で演出されたウォーターショーなど、まるでテーマパークのようなアクシャルダム寺院をご紹介します。

  • JTBインディア
    太田 幸宏

    アムリトサルは、インドの北西450km、パキスタンと国境を接するパンジャブ州にある最大の町。あまり聞きなれない名前かと思いますが、昔から交易の要衝として栄えてきました。1番の特色はシーク教徒の聖地であるということ。そしてインドの人々にとって、忘れてはならない歴史的事件があった場所もここ。せめぎあう歴史を多く育んできたアムリトサルの魅力をご紹介いたします。

  • JTBインディア
    太田 幸宏

    デリーの南約300kmにあるジャイプールは、デリーから気軽に行ける人気の都市です。中でも「ピンク・シティ」の愛称で知られる旧市街は美しい街並みと壮大な建物が並び圧巻です。そんなジャイプールに新しいアクティビティが登場しました。気球に乗って朝の街を眺める、空の散歩です。新しいインドの魅力に触れてみませんか?

  • JTB India Pvt. Ltd.
    山内まゆみ(Ms.Mayumi Yamauchi)

    2016年4月5日にインド最高速列車「ガディマン・エクスプレス」が開通!デリーからアグラまで今までの約半分、1時間40分程度で行けるようになりました!綺麗な車内で快適に移動できるので、是非ご利用ください!

  • JTB India
    柘植 洋一

    めざましい経済発展で注目されるインド。首都デリーへは観光客はもちろんビジネスで訪れる方も増加しています。デリー国際空港から市内へは15kmとそれほど離れていませんが、道路が1日中渋滞したり予期せぬトラブルに巻き込まれたりと、市内へのアクセスは日本では想像できないような難しさに出合うこともあります。そんなデリー国際空港から市内へのアクセス方法と注意点を、JTB現地スタッフがご案内します。

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ