お得で便利!台湾新幹線・高鉄周遊券三日間パスで賢く旅しよう


David Shyu

二度目、三度目の台湾旅行なら、台北だけでなく、台湾各地の街を訪れてみませんか。名物料理や絶景、素朴な人々との出会いなど、さらに奥深く多彩な台湾の魅力に触れることができます。台湾第二の都市、高雄を始め、台中や台南各地へ足を延ばすなら、“台湾の新幹線”と呼ばれる高鉄(高速鉄道)を賢く利用しましょう。

“台湾の新幹線“とも呼ばれている高鉄。鉄道ファンなら一度は乗りたい!

もっと台湾を知りたい!という行動派の台湾リピーターの方に、ぜひ、おすすめなのが、お得な割引料金で、購入方法も簡単な「高鉄周遊券三日間パス」です。高鉄に3日間、乗り放題なので、台北から南へと移動しながら、行ってみたかった観光スポットを訪れることができます。それでは利用方法をご紹介しましょう。

3日間乗り放題のこのパスで利用できるのは、台湾高速鉄道の普通車指定席と自由席になります。連続した3日間、計72時間の間であれば、何度でも、どの区間でも、乗り放題!つまり乗車券は、乗れば乗るほど、おトクになります。

高鉄を利用すれば、台北から日帰り旅行も可能ですが、やはりどうしても忙しくなり、駆け足で回ることになる場合も。でも周遊パスを使いこなせば、高雄や台中にのんびり一泊ずつして、台北に帰ってくることも可能です。台北はもう十分見た、という方なら、日本から桃園国際空港に向かい、MRTまたは705番のバスで高鉄桃園駅に向かい、そこから台南へ向かうなど、色々なルートが考えられます。高鉄周遊券三日間パスの料金は、一人7920円。幼児(0歳~1歳)は無料です。

日本から空路でアクセス可能な桃園空港から高鉄桃園駅まではバスでアクセス可能。台北まで出ず、ここから一気に台南へ向かう人も。

このパスは、中華民国以外のパスポートを持つ外国人向けに設定された商品となります。ビザ免除、または180日以内の短期滞在ビザで入国した、日本など海外からの旅行者なら利用できますが、例えば台北に到着後、現地のご友人と一緒に旅行を計画している場合など、ご友人が台湾の居住者であれば、この3日間乗り放題パスは利用できないのでご注意ください。

台南駅の内部。駅構内は、お店も充実していて快適。

では、お申し込みの流れをご紹介しましょう。周遊パスを申し込み、決済が完了すると、周遊券引換券(Eチケット)が発行されます。これを台湾の高鉄の各駅で提示すると、正式な高鉄パスを引き換えてくれる仕組みです。

申し込みの際には、パスを台湾で利用予定の人、全員分のパスポートに記載された姓名/ローマ字、性別、旅券番号、生年月日をご記入いただきます。アルファベットのスペルが1文字だけでも抜けていたりすると、「パスポートの記載と不一致」と見なされ、予約時に受け取った周遊券引換券(Eチケット)を高鉄パスに引き換えてもらえませんので、ご注意下さい。

引換証の有効期限は、発行日翌日より89日となります。旅行で高鉄を利用する日程が、この期間内に収まるよう、ご予約時にはスケジュールをしっかりご確認ください。

JTBでは、「マイバス」サイトで高鉄パスの予約申し込みを受け付けています。また、台湾に到着後、やはりお得な周遊パスが欲しい!という方は、台北にある「マイバス・デスク」にて、ご購入いただけます。マイバス・サイトから購入する場合は、お申込み、日本円でのお支払い後に、お客様の住所宛てに周遊券引換証(Eチケット)をEメールにてお送り致します。マイバス・デスクでお申し込みの場合は、台湾ドルのキャッシュかクレジットカード決済となり、その場で周遊券引換証をお渡しします。
台北のマイバス・デスク所在地はこちら。

台北市中山北路二段71号1F(アンバサダーホテル向かって左隣り(北側)
営業時間:09:00~17:30(年中無休)
電話番号:886-(0)2-2581-2239

高鉄の周遊パスでいざ出発!

鉄道の旅の楽しみは、日本と同じく駅弁。美味しそうなものがたくさんあって迷います。

駅構内の売店でビールも買えます。

いよいよ現地に到着したら、まずは高鉄の各駅にある乗車券販売窓口へ。ここで引換証とパスポートを提示すると、正式な高鉄パスを受け取ることができます。この際、利用開始日をご指定ください。以降、72時間が乗り放題の期間となります。

周遊パスは、どの列車でも、どの区間でもフリーパスで乗車できます。指定席も、追加料金なしでご利用いただけますが、ご乗車予定の新幹線の席を、窓口で指定する必要があります。ただしグリーン車は、同パスでは利用不可となっています。

「高鉄パス」で列車に乗る際は、係員のいる改札口/出口を通り、パスポートを提示してください。例えば家族で旅行している場合など、代表者一人ではなく、全員のパスとパスポートをチェックされるので、お手元にご用意ください。

それでは台北から台中、台南へ、列車の旅をご堪能ください!お得なパスの購入はこちらへ。

関連記事

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

David Shyu

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ