台湾・松山空港から台北市内への行き方(2020年版)


David Shyu

※この記事は2020年3月現在の情報を元に加筆・修正を実施しました

台湾の空の玄関口といえば、ご存じ桃園国際空港になりますが、「今回の台湾旅行は、滞在先が台北市内のみ」という場合、もう1つの選択肢として、東京・羽田空港を出発し、台北・松山国際空港に降り立つこともできます。松山空港は、台北中心街から北東へ5kmに位置し、とにかく中心街まで近くて便利です。

桃園国際空港と、松山国際空港を比べた場合、どのような違いがあるのでしょうか?国際空港としての路線規模や施設の充実度という点では、圧倒的に桃園国際空港に軍配が上がります。帰国時には空港で免税品やお土産のショッピングを楽しみたい、出発前に最後の台湾グルメを満喫したい、といった方にも、松山空港は少々、さびしいかもしれません。

しかし、桃園空港は台北中心部から40kmほど離れていますし、時間帯によってはひどい渋滞に巻き込まれることもあります。一方、台北市内から近い松山空港を利用すれば、逆に台北市内で過ごす時間には余裕が生まれますから、台北での観光やビジネスが目的の旅ならば、台北中心街へのアクセス面で、断然、松山空港が便利と言えます。

なにしろ、松山空港からタクシーを利用すれば、台北市内の賑やかな観光スポットまでは、わずか10分前後で到着できます。同空港には地下鉄MRTも乗り入れていて、観光の拠点となる中心地、忠孝復興駅までは、乗り換えなしでたったの3駅。この近さですから、当然、飛行機が松山空港から離着陸する際には、台北101ビルなど、台北のランドマークの数々もよく見えます。暗くなってからのフライトでは、きらびやかなネオンサインなど、台北の夜景を窓からお楽しみください。

松山空港なら台北中心街に近い!

松山空港利用なら、台北市内にゆっくり滞在!

現在、松山空港には、国内線、国際線、中国本土路線が乗り入れており、日本からは、東京・羽田空港との間を往復する路線が運航しています。ターミナルは2つ。現在は、主にターミナル1が利用されており、出発ロビーは2階、到着ロビーは1階です。

空港内には、兆豐國際商業銀行と台湾銀行の外貨両替所が複数あり、レートもホテルで両替するよりお得です。出発客向けには、旅客用ラウンジと1階の出発ホールにて、また到着客向けには、税関事務所の裏側と、1階の到着ホールにて、それぞれ離発着便のスケジュールに合わせて営業しています。

また、お土産店では、パイナップルケーキなどのお菓子や中国茶、飛行機グッズなどを扱っています。ただし、海外ブランド品の免税ショップなどは、ほとんどありません。台湾を出発する前に、台湾ならではの美味しいものを食べたい、という方にも、今のところ、あまり選択肢はありません。松山空港は市内から近いので、ショッピングや台湾グルメは、台北市内でしっかり楽しんでから、空港へ向かうというのが得策でしょう。空港内にはご存じモスバーガー、スターバックス、サブウェイが出店しているほか、豚丼、牛肉麺、タイ風ヌードルなども召し上がれます。

松山空港から台北市内への行き方

バス



空港からは、台北市内各地への路線バスや、郊外への高速バスが運行しています。バス乗り場は、国際線が到着するターミナル1の到着ロビーを出た道路の真ん中にあります。
桃園空港と松山空港を往復する高速バスもあり、乗り換え客向けに早朝5:20から夜22:45まで、 20~30分間隔で走っています。また、本数は2時間に1本程度と少ないですが、基隆、三重、大園などへの高速バスも運行しています。

タクシー



タクシー乗り場は、ターミナル1の到着ロビーから外に出ると、すぐ目の前にあります。乗車料金は、距離に応じて変動し、初乗りは70元、以降、250mごとに5元が加算されます。台北市内までの料金の目安は、だいたい100~150元。また、同ターミナルを背に、右斜め前方にあるガソリンスタンド南側の通りまで出て、タクシーを拾うことも可能です。運転手さんに行き先を伝えるときは、宿泊先の住所を書いたメモを見せると、伝わりやすいです。

MRT



MRTの松山空港駅は、ターミナルビルの地下にあるので、こちらも非常に便利です。地下鉄路線図で、茶色のラインで表示されている路線、「文湖線」が松山空港を通る路線です。松山空港駅から中心街へ向かう場合は、「動物園」往きに乗ります。「南港展覧館(台北南港エキシビションセンター)」往きに乗ると、遠回りになりますのでご注意ください。

所要時間は、観光の中心となる忠孝復興駅まで約7分。運賃は20元(約66円)です。交通ICカードを使うと少し安くなります。

羽田から松山国際空港までの路線ができたことで、台北は以前よりも、もっともっと近いデスティネーションになっています。空港から市内へのアクセス時間が短縮できた分、みなさまの台北での滞在が、さらに充実したものとなりますように。

専用車



JTBでは、ガイド付きとガイドなしの空港送迎プランをご用意いたしました。
立ち寄りや混乗は無いので、旅のプランに余裕が持ちたい方におすすめ♪

  • 送迎
    TWD2,700〜
    セダン:TWD2,700/一台(2名まで)
    ワゴン:TWD3,100/一台(6名まで)
    マイクロバス:TWD3,800/一台(13名まで)
    大型バス:TWD5,400/一台(40名まで)
    日本語ガイド付き松山空港から台北市内ホテルまでの送迎専用車プランです。
    ※ガイド付空港送迎をお申し込みのお客様で空港へ行く前に観光を希望されるお客様は空港送迎+「ちょっと贅沢 ガイド付専用車プラン」も同時にお申込みいただけます。
  • 送迎
    TWD2,700〜
    セダン:TWD2,700/一台(2名まで)
    ワゴン:TWD3,100/一台(6名まで)
    マイクロバス:TWD3,800/一台(13名まで)
    大型バス:TWD5,400/一台(40名まで)
    日本語ガイド付き台北市内ホテルから松山空港までの送迎専用車プランです。
    ※ガイド付空港送迎をお申し込みのお客様で空港へ行く前に観光を希望されるお客様は空港送迎+「ちょっと贅沢 ガイド付専用車プラン」も同時にお申込みいただけます。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

David Shyu

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ