地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

永康街(台北)で雑貨屋巡りにカフェ探し

JTB台湾
王 盈潔

おしゃれな雑貨やカフェが軒を連ねる永康街

台北でも人気の永康街周辺は、ごちゃごちゃと賑やかな通りだけでなく、一本入った路地には、おしゃれな雑貨店やカフェなど個性豊かなショップやレストランがたくさんあります。歩いているだけで楽しくなるエリアです。少しはずれた青田街は高級住宅地として知られ、おだやかで落ち着いたたたずまいがステキです。

ここでは永康街周辺の魅力を、JTB現地スタッフがご案内します。

永康街とはどんなところ?

本場の小龍包はやっぱり外せない!

日本統治時代から高級住宅街として知られていた永康街周辺。その雰囲気は今もそのままに、賑やかな通りから路地に入ると、閑静な街並みが続きます。台北ローカルだけでなく海外の観光客にも大人気のエリアです。

「永康街」と聞いて「?」な人も、「ほら、小籠包の有名なお店がある通り」と聞くと、ピンとくるかもしれません。世界的に知られた小籠包の名店「鼎泰豊」の本店が、まさにこの通りの入り口にあります。台北に数店の支店がありますが、やっぱり本店の人気は別格。お店の前にはいつも小籠包を楽しみにするお客さんが行列しています。

永康街への行き方は簡単!MRT新荘・蘆洲線「東門」駅を出ると、大通りの信義路二段に沿って少し進むとすぐ。鼎泰豊のある角から永康街が始まりますよ。

永康街は人気グルメが集まる通りとしても知られています。
鼎泰豊だけでなく、点心の超有名店「永康街高記」も、永康街に入ってすぐのところにありますし、もっちりとした独特の麺がおいしい「永康刀削麺」も人気です。また台湾スイーツの王道「マンゴーかき氷」のなかでもひときわ有名なお店「永康15」や、スムージーなどで知られる「思慕昔」もこの通りに。グルメファンならずとも一度は行きたい街なのです。

さらに進むと閑静な住宅地「青田街」

青田七六の内観

永康街をさらに進んで、左手の大安森林公園方向に進んでいくと、閑静な住宅街「青田街」のエリアに入ります。

この周辺は、日本統治時代に、台北帝国大学(当時)の日本人教授らが暮らしたエリアで、今でも瓦屋根の木造日本家屋があちこちに見られ、ほかとは違う雰囲気が漂います。緑も多いので、熱い中でも木陰を辿って気持ちよく散策できます。このような日本建築は、住宅としても使われていますが、最近はカフェやレストラン、雑貨ショップなどにリノベーションされて利用されているものも少なくありません。

かつて台湾大学の地質学などを専門とする教授が住み、2006年に市の史跡にも指定された建築物「青田七六」は、建築や地質学の展示スペースとなっています。また和菓子などを出す喫茶スペースもあります。

公式サイト(中国語):http://www.geo76.tw

一方、和風の邸宅を展示スペースにした「青田十六」もあります。こちらは近隣の台湾師範大学の所有する建物で、内外のアーティストを招いて作品を展示しています。「学校珈琲館 Ecole cafe」も青田街にあります。このカフェは、台北の大人向けカフェの先駆けとして知られています。料理やドリンクの美味しさで定評があり、映画観賞会やライブなども行われています。また地下の展示室では個展なども催されているそうですよ。

HP(中国語):http://ecole-cafe.blogspot.tw

そのほかランプの専門店や中古の家具店、骨董品店など個性豊かな雑貨ショップがあちこちにありますので、散策しながら見つけてみてくださいね。

朝市から楽しい東門市場、東門外市場

ポップな雑貨はお土産にもぴったり

台湾で市と言えば、何となく「夜市」というイメージが強いのですが、もちろん朝からやっている市場もいろいろあります。その一つ、永康街のすぐ近くにある東門市場、東門外市場は訪れやすいおすすめの市場です。

MRT東門駅を出て信義路二段と交差している金山南路一段の両側に広がるのが東門市場と東門外市場。トタン屋根のアーケードの下に、あるいは露店で400近い屋台が集まる巨大市場です。肉、魚、野菜、果物などの生鮮食品から小吃、乾物まで何でも揃っていて、特に朝は活気に溢れています。朝ごはんを探しがてら早起きしてみてもいいかもしれません。

午後1時過ぎるとなんとなくお店もおしまいの雰囲気になってきますので、この市場を訪れるなら午前中がおすすめですよ。

このようにいろいろな魅力に触れられる永康街周辺、ぜひ訪れてみてくださいね。JTBではこの永康街エリアにある、世界中で有名な「鼎泰豊」本店で小籠包が食べられるミールクーポンもをご用意しています。永康街は見どころ満載。事前に「鼎泰豊」を予約しておいて並ばずスムーズに小籠包を堪能!それから永康街散策に乗り出すというのも一つの手でしょう。ぜひ、ご参考までに。

  • 食事クーポン
    TWD650~ ※目安=約2,736円~
    ※価格は予告なく変更になることがございます。
    台湾で食べたいものNo1といえば小籠包。 中でも台湾のみならず世界中で有名な「鼎泰豊」は並んでも食べたいお店です。 マイバスでは、王道メニューをしっかりそろえたセットをご用意しました。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

王 盈潔

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB