地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

デンパサールから日帰りも可!あのコモドドラゴンに会いに行こう!

JTBバリ支店
宮腰めぐみ

オスは体長3メートル、体重100キロにも成長するコモドオオトカゲ

インドネシア南東部に位置するコモド国立公園には「コモドドラゴン」と呼ばれる巨大なトカゲが生息しています。コモドドラゴンは絶滅危惧種にもなっている希少な生物で、周辺の海は広大なサンゴ礁、透明度の高い海が広がっており、1991年に世界自然遺産に認定されています。バリ島から日帰りでコモドドラゴンに会いに行ってみませんか?

インドネシア南東部のヌサ・トゥンガラ諸島にあるコモド島、リンチャ島、パダール島はコモド国立公園に指定され、1991年には世界自然遺産に登録されています。周辺は潮流が非常に激しく、生態系も外界から隔絶されていたことから、コモドオオトカゲのような希少な生物が生き残ったと言われています。
コモドオオトカゲはその姿形から、1911 年に西洋人に発見された当時「恐竜の生き残り」と称されたことからコモドドラゴンと呼ばれています。成長したオスは体長3メートル、体重100キログラムとトカゲとしては最大級の大きさです。

口の中の毒で自分よりも大きい動物を捕獲することができます

先日、日本のテレビ番組でも取り上げられたことから注目度が上昇中。
普段はあまり動かず大人しくしていますが、哺乳類を主食とし、自分より大きいシカや水牛、馬なども捕食する力を持っているので、人間も襲われる恐れがあります。
動きはそれほど早くありませんが、持久力があり、獲物を追いかけるスタミナは底知れず、ほんの少しかみ傷をつけられると、口の中の毒によってしばらく放置すれば死に至ります。

コモド島の自然を体感できるトレッキングツアー

見学の際には必ずレンジャーと一緒に行動し、グループから離れないようにしましょう。見学時の注意としてはほかに、コモドドラゴンを見ても騒がないこと、たばこは吸わないこと、血の匂いにとても敏感なので生理中の女性やケガをしている人はコモドドラゴンに近づかないようにしましょう。

くだけたサンゴ礁でピンクに染まるビーチ

コモド国立公園へはバリ島から日帰りでも行くことができます。
デンパサール空港から空路1時間30分でフローレス島のラブアンバジョーまで行き、そこからスピードボートでコモド島、またはリンチャ島まで約1時間です。
コモド島、リンチャ島ともに周辺は広大なサンゴ礁に囲まれ、有数のダイビングスポットでもあります。シュノーケリングにも最適です。コモド島にはくだけたサンゴ礁が混ざってピンク色になった砂浜「ピンクビーチ」が広がっています。透明度の高い海にはクジラやアオウミガメ、ジュゴン、サメ、マンタレイなど珍しい海洋動物と出会うことができ、コモドドラゴンとともに必見です。
島は乾燥していて日差しも強いので、サングラスや帽子、日焼け止め、水などは必ず持参しましょう。

JTBではコモドドラゴンの見学とトレッキング、ビーチアクティビティを体験できる日帰りツアーを実施しています。コモド島行きとリンチャ島行きの両方をご用意しています。バリ島滞とはひと味違う楽しみ方を味わってはいかがでしょうか? ぜひご活用ください。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

宮腰めぐみ

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB