ベトナムで8番目の世界遺産「チャンアン」の魅力と行き方

JTBホーチミン支店
塩沢

2014年に自然と文化の融合する「世界複合遺産」に登録されたチャンアンとその周辺の遺産群は、ベトナムで8番目の世界遺産として最近注目が集まっています。断崖絶壁の山々とその麓を流れる川や湿原が織りなす風景は雄大で、川をボートで進むとのんびりした気持ちのいいひと時を体験できます。世界遺産となったチャンアンとその周辺の魅力をJTB現地スタッフがご案内します。

2014年に世界遺産に指定

チャンアンはハノイの南約90kmにあり、ベトナム北部の大河ホン川(紅河)のデルタ地帯に広がっています。
川の水、海水、そして雨によって削り取られた荒々しい石灰岩の断崖絶壁が連なり、足元には川がゆったりと流れ湿原地帯が続きます。その独特の景観美から、「陸のハロン湾」と呼ばれています。
けれど長い間海外の旅行者にはあまり知られず、ベトナムの人たちのみが訪れる、知られざる名勝地でもありました。

そんなチャンアンが、2014年、ベトナム初の「自然・文化複合遺産」として「チャンアンの景観複合体」が世界遺産に登録されました。
チャンアンに加え、いにしえの首都としてその面影を残す古都・ホアルー、そしてチャンアンと同じく岩山と水辺の風景で知られるタムコックなどのエリアが、まとめて世界遺産として認定されたのです。

日本のベトナム旅行ファンには、どちらかというとタムコックの方が知られているかもしれません。
タムコックはすでに観光地として整備され、さまざまなサービスも整っているからです。日本のみならず世界各国から多くの観光客が訪れ、小型のボートでクルーズしながら雄大な風景を楽しんでいます。

実はタムコックとチャンアンは、川や洞窟などでつながっていると言われています。
岩壁が水面と接する部分は、まるで穴が空いているかのようにえぐり取られ、よく見ると洞窟のようになっています。
その洞窟に水が流れ、遠くタムコックとチャンアンとをつなぐ川のような役割を果たしているそうです。

チャンアン

歴史的にも重要なエリア



今回世界遺産に指定されたエリアが、自然遺産ではなく複合遺産として登録されたのは、この一帯が歴史的にも貴重な場所だからです。この周辺には数百もの洞窟や鍾乳洞がありますが、その一部の洞窟からは、約3万年前の人々が生活した跡が発見されています。洞窟には壁画なども残され、考古学的に貴重な遺跡となっているのです。

また、いくつもそびえる石灰岩の奇峰群には、寺院が多く建てられています。中には、「なぜこんなところに…?」と思わず首をかしげたくなるような、舟で訪れるほかないようなところも。けれども水面から見上げると、それぞれの建物が周囲の景色に溶け込み、とても絵になるのです。

その1つ、タムコックの近くにあるビックドン山には、3棟の寺院があります。断崖絶壁の頂上、中腹、そして麓の3カ所に建てられた寺院は、岩肌に美しく調和していて、思わず息を呑むほどです。山頂の寺院からは遠く絶景を望めますし、中腹の寺院は洞窟に建てられ、どこかおごそかな雰囲気が漂います。

初の独立王朝が誕生した古都ホアルー

ホアルーは、ベトナム初の独立王朝が、968年の建都した歴史ある街です。1010年に現在のハノイに遷都するまで、この地でさまざまな法を整備し国家の礎を築いた地でもあります。初代国王のディン・ティエン・ホアンの居城の一部が今も残っているほか、祠も残されています。
素朴で決して大きくはありませんが、ベトナムの歴史を知るうえで欠かせない歴史的遺産です。

古都ホアルー

チャンアンへの行き方



チャンアンへ行くには、ニンビンの街が拠点となります。ニンビンへはハノイのザップバット・バスターミナル発で、複数のバス会社から1日数十便が運行されています。所要時間は2時間程度です。
また、列車も運行されています。ニンビン経由でホーチミンに行く電車を利用するといいでしょう。所要時間は2時間半程度です。
ニンビンからチャンアンの観光拠点までは7km程度ですので、車をチャーターしてもいいでしょう。

とはいえ多くの観光客は、ハノイからツアーを利用しています。川をのんびりと下る手漕ぎボートクルーズとホアルーやビックドン寺院などを周遊するツアーなどが出ています。

チャンアンは観光サービスがそれほど進んでいないため、それらが充実しているタムコックやホアルーなどを組み合わせたツアーも、ハノイで多く企画されています。JTBでもツアーをご用意していますので、参考までにご覧ください。

この記事でご紹介したスポット

この記事を書いたレポーター

塩沢

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ