ミャンマーの観光情報

ミャンマーで見る

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    ゴールデンロックは、ヤンゴンの北東約210kmに位置するチャイティーヨー山の頂上にあります。その頂上をなす巨大な岩壁の上に、さらに高さ約7mの丸い岩が載り、落ちることなくとどまっているのです。この丸い岩がゴールデンロック。岩にはお参りに来た人々によって金箔が貼られ、黄金に輝いていることから、こう呼ばれるようになりました...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    日々発展し続ける経済の中心ヤンゴンは、交通手段やホテルも整備されつつあり、外国人旅行者にも便利になってきました。ミャンマーの玄関口、ヤンゴン国際空港から市内への移動方法を、JTB現地スタッフがご紹介しましょう。

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    ※この記事は2020年現在の情報を元に加筆・修正を実施しましたミャンマーでは、日本で一般的な新暦(西暦)も用いられますが、人々の生活により深く根付いているのは、月の満ち欠けでひと月とする旧暦や、仏教に根差した「ビルマ暦」と呼ばれる、この地域独特の暦です。旧暦やビルマ暦は毎年日付が変わるため、祝日の中にはそれに準じて日付...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    ミャンマーのほぼ中心に位置しているマンダレーは、同国最後の王朝が置かれた王都として知られています。ヤンゴンに次ぐ第2の都市としてめまぐるしい経済発展を遂げながらも、往年の穏やかな空気をそこかしこに感じられる美しい古都です。ミャンマーを訪れたらぜひマンダレーも訪れてみてください。JTB現地スタッフがその魅力をご案内します...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    黄金に輝くパゴダ、仏像、僧侶…とやはり仏教色の強いミャンマーですが、この日は、気分を変え美しく立派な大聖堂を見学して来ました。カトリック教のセントメアリー大聖堂、ヤンゴンで1番大きな教会です。赤レンガを積み上げて作られた外観。絵になる景色です。中に入ると高い天井、ステンドグラスの美しさ、時が止まったような静寂に一瞬にし...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    アンダマン海やベンガル湾に面した広い国土を持つミャンマーは、知る人ぞ知る美しい白砂のビーチの宝庫。近隣のタイやマレーシアにも負けてはいません!豊富な自然や、ローカルな雰囲気がたっぷり残っているのも嬉しいところ。国際級リゾートから庶民的な宿まで、居心地の良いホテルも充実してきました。ミャンマーのベンガル湾やアンダマン海に...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    敬虔な仏教徒の国で、豊かな仏教遺跡と人々の穏やかな空気が、訪れる旅人を魅了するミャンマー。いつか一度は訪れてみたい国の1つです。けれどミャンマーに関する情報はまだ少なく、気候やおすすめのシーズンなど旅行の基本情報が知られていません。JTB現地スタッフが季節や気温など詳細をご案内しましょう。ミャンマーはインドシナ半島の西...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    ヤンゴンの人々が地方への足として大いに利用しているのが高速バス。早朝に出発し夕方目的地に着く便や、夕方出発して翌朝に目的地へ到着する深夜便が人気です。もちろん飛行機や鉄道もあるのですが、本数が少なかったり割高だったりなどで、ローカルには利用しにくい側面もあるようです。時間に縛られない気ままな旅なら、バスを利用してみては...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    敬虔な仏教徒の国ミャンマーには、様々な都市に仏教施設やパゴダがあり、毎日多くの人々が参拝しています。第一の都市ヤンゴンや古都バガンなどへは、日本からも多くの観光客が訪れています。外国人とはいえ、ローカルの人々が大切にしている宗教施設へは、マナーを守って参拝したいもの。JTB現地スタッフが、一般的な参拝のマナーをご案内し...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    経済が急速に発展しているミャンマー。ビジネス渡航者や観光客が増えているため、首都ネービードーや経済の拠点・ヤンゴンでは英語も比較的通じるようになっています。けれどもローカルの人たちの間に入るとそれほど英語が通じるわけではありません。ミャンマーを訪れた時に、何かと役立つ現地語「ミャンマー語」を簡単にご紹介しましょう。

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    2018年10月1日より、日本と韓国を対象に、ミャンマーを訪れるツーリストビザが免除されることになりました。1年間の試行期間ではありますが、秋からはミャンマーを観光するのがぐっと手軽になります。一度はヤンゴンやバガンなどに行ってみたいと憧れていた旅行フリークのみなさん、これからの1年はチャンスです!このビザ免除措置は具...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    ミャンマーへの旅行に、ビザが不要になりました!これまですべての渡航者に義務付けられていたビザが、観光目的のツーリストについては免除されることになったのです。ミャンマーは海外旅行ファンにとって1度は訪れてみたい、「秘境」のような国。これからはふと思い立ってヤンゴンに飛んでみる、そんなことだってできてしまいます。煩わしいビ...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    ミャンマーには知る人ぞ知るビーチリゾートがあります。ベンガル湾に面したガパリビーチは白い砂浜が5km以上も続き、豊かなヤシの林と青い海のコントラストが美しい海岸です。その歴史は意外にも古くイギリス植民地時代に遡りますが、2000年代に入って本格的に観光開発が始まり、2016年には「トリップ・アドバイザー」の「ベストアジ...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    ミャンマーと聞くと、ヤンゴンやバガン、マンダレーなどを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、モーラミャインという都市は、実はミャンマー第3の都市で、南部ミャンマーの中心でもあります。モーラミャインには世界最大と言われる寝仏が造られているほか、近郊には第2次世界大戦中に日本軍が敷いた泰緬鉄道の起点となる町もあります。日本...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    2018年10月から1年間限定で観光ビザが免除され、ぐっと行きやすくなっていたミャンマー。このたび免除期間がさらに延長され、2020年9月30日まで観光ビザ不要で渡航できることになりました。それだけではありません。世界三大仏教遺跡の一つとされるバガンの仏教遺跡群が、このほど世界文化遺産に登録され、ますます観光の魅力も増...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    ビザが免除となり、気軽に行ける旅行先としてこの夏大注目のミャンマーは、知られざる見どころの宝庫でもあります。中でも最近注目されているのが、マンダレー郊外にあるマハガンダーヨン僧院。日本ではまだあまり知られていませんが、実は世界的には超有名な寺院なのです。なぜ有名なのか、そしてこの寺院があるアマラプラという街の魅力を、J...

  • アシスタントマネージャー
    ニラキン

    ビザなし渡航が可能になり、手軽な旅行先として注目されているミャンマー。なかでもヤンゴンは見どころが多いだけでなく、バゴーやバガン、マンダレーなど各地の観光地の拠点となる都市で日本からの発着便があるので、多くの日本人ツーリストの大半はヤンゴンを通過します。存分に観光した後は、ヤンゴンでお土産探しに出かけてみませんか。おす...

  • JTBミャンマー支店
    野島 啓介

    ミャンマーの中央部から少し南に下ったところにあるバガン。エーヤワディー川のほとりに開かれたこの古都は、大河の流域に果てしなく広がる大平原にあります。照りつく太陽の下、乾いた大地に大小さまざまな寺院・仏塔が点々と、はるか遠くまで続きます。ただただ平らに続く約40平方キロメートルの大地に建てられた寺院・パゴダ(仏塔)など仏...

  • JTBミャンマー支店
    野島 啓介

    敬虔な仏教国であるミャンマーには、さまざまな寺院が建てられていますが、そんなお国柄でも水上寺院というのはほとんど見られません。ヤンゴン近郊のチャウタンにあるイエレー・パゴダは、川の中州に建てられた、まさに水中の寺院。訪れるには小舟で行くしかありませんが、ゆったりとした川の流れにぽっかりと浮かぶ姿はあまりにも美しくフォト...

  • JTBミャンマー支店
    野島 啓介

    ヤンゴンで観光と言えば、絶対にはずせないのはパゴダ観光。なかでもシュエダゴンパゴダはミャンマー最大の聖地で、黄金の光を放つ仏塔(パゴダ)は、ローカルも外国人も一度は必ず参拝する超有名スポットです。このシュエダゴンパゴダ、日の光に輝く日中もきらびやかでいいですが、時間があるならぜひ夕方~夜に訪れてみてください。日が暮れて...

  • JTBミャンマー支店
    野島 啓介

    アウンサン・スー・チーさんのお父さん「アウンサン将軍」は、ミャンマーでは知らない人はいない歴史的人物。「ビルマ(ミャンマーのかつての呼び方)建国の父」として、人々に深く尊敬されています。この国で長く続いた軍事政権の下では、アウンサン将軍のゆかりの地はほとんど立ち入ることができませんでしたが、近年いくつかが公開されるよう...

  • JTBミャンマー支店
    野島 啓介

    いよいよ雨季も明け、乾季到来!ミャンマーでは長い雨季が明けると観光シーズンになります。今回はヤンゴン郊外の見学地、「ゴールデンロック」の情報と、初めてミャンマーに来航したPeace Boatのプチ情報をお届け致します。

  • JTBミャンマー支店
    野島 啓介

    敬虔な仏教国ミャンマーとビール、ちょっとピンとこないかもしれませんが、実はミャンマーのビールはその味とクオリティで高く評価されています。暑くしっとりとした東南アジアの風に吹かれて、ヤンゴンの街を散策した後に飲むとひときわ美味しく感じられます。そんなミャンマーのビール事情を、JTB現地スタッフがご案内しましょう。

  • JTBミャンマー支店
    野島 啓介

    ヤンゴンの北東約80キロに位置するバゴーは、知る人ぞ知る古都。街が開かれたのは573年、なんと1500年以上の歴史があります。モン族の二人の王子によって築かれた街は、やがてビルマ族に支配され、ビルマの首都となりますが、いく度かの王朝の変遷の後、1757年に戦によってほぼ壊滅してしまいます。そして長い間、歴史の表舞台から...

  • JTBミャンマー支店
    野島 啓介

    旅行の楽しみと言えば、観光に食事、そして買い物ですよね!ヤンゴンでは、ボージョーアウンサンマーケットがお土産屋さんとして有名ですが、実は素敵な雑貨屋さんが他にもあるんです!雑貨好きな方、必見です!ご紹介をした雑貨屋さんを巡るオプショナルツアーもあるので、個人ではちょっと難しいな...という方も安心です。


  • JTB

    こちらからご覧ください。var Eviry=Eviry||{}


  • JTB

    インレー湖東側の山を越えた山中に、パオ族の人々が生活をしている農村があります。秘境の地と呼ばれるこの場所にあるのが、カックー遺跡です。カックー遺跡は、2,000年に外国人旅行者に開放され、インレー湖から日帰りで訪れることが出来るようになりました。ニャウンシュエからカックーの管理事務所があるタウンジー町まで車で約1時間、...


  • JTB

    ヤンゴンから国内線で約1時間、ミャンマーの高原リゾート地とも言える、インレー湖があります。インレー湖の交通手段はボート!ボートに乗り、美しい景色を眺めながら観光箇所を巡るとても素敵な場所なのです。風光明媚という言葉がぴったりなこのインレー湖をご紹介します。ヘーホー空港到着後、インレー湖に行くにはまず、ニャウンシュエとい...


  • JTB

    チャイナタウンで営業をしていた、たくさんのマーケットや屋台たち。車窓からでも見ごたえがあり、とても賑やかだったのですが、なにせ渋滞がひどかったのです。その渋滞を緩和させるため、新しくストランド通りにナイトマーケットがオープンしました。ナイトマーケットは以前と変わらず、多くの人々で賑わっています。車道とはしっかり分かれて...


  • JTB

    カンドージ湖の南西側に位置するヤンゴン動物園。ミャンマーに来た時から気になっていたこの場所に、先日やっと行くことが出来ました。入場料は外国人もローカルも同金額の3,000Ks(約300円)でとってもリーズナブル!園内は思っていた以上に広く、綺麗に管理されています。日本でもおなじみの動物たちがたーくさんいるのですが、なん...


  • JTB

    ミャンマーには、バガンやインレー湖、ゴールデンロックなど魅力的な観光地が多くあります。しかしヤンゴンからはどこもかなり離れているので気軽には行けない。。もう少し距離が近くて無理なく日帰りできるところはないのか?という方に、ぜひ古都バゴーの観光をおすすめします。この度、以前からオプショナルツアーでご用意をしていた「古都バ...


  • JTB

    ヤンゴンにも市内を一周する環状線があり、全長45.9mを約3時間かけて回ります。せっかくなので一周してみるか!と思いましたが、さすがに3時間は長い・・・とすぐにあきらめ、ヤンゴン中央駅から6駅先のチーミンダイ駅まで行ってみる事にしました。ヤンゴン中央駅はヤンゴン市内の中心部に位置するミャンマー最大の鉄道駅です。ミャンマ...


  • JTB

     カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥールと並ぶ世界三大仏教遺跡として数えられるバガン遺跡。ここは活気にあふれる街やナイトライフアクティビティには欠けますが、現段階でまだ遺跡群を囲うゲートがないので、昼夜問わず自分の好きな時間で遺跡を眺められるのが、他の2つの遺跡との大きな違いの1つでもあります。  ...


  • JTB

    ミャンマー最大の都市「ヤンゴン」。旧首都であり以前は「ラングーン」という名前でした。1989年にヤンゴンに改名されこの名前は【戦いの終わり】を意味してます。まだまだ発展途上ではありますが、どんどん新しいホテルやショッピングセンター、コンドミニアムなどが建ち続けており建設ラッシュに沸いています。アジアならではの屋台や市場...

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ