地域

お住まい|

お住まいの都道府県をお選びください。お住まいの地域に応じた情報でホームページをより便利にご利用いただけます!

閉じる

北海道版
東北版
関東版
中部版
北陸版
関西版
中国・四国版
九州・沖縄版

国内旅行・海外旅行の予約はJTB

店舗検索

ホーム

ミャンマーの観光情報

ミャンマーで食べる


  • ミャンマー初の日本食フードコート「東京・ダイニング・シティ」が先月オープンしました。ダウンタウンの中心、スーレーパゴダストリートの複合施設「スーレースクエア」の地下1階。シャングリラホテルとも直通でアクセスできる便利な場所です。


  • 南北に長いミャンマーは、地域によって気候が異なり、1年を通していろいろなフルーツが楽しめます。中でも雨季を迎える5~8月にかけては多くが旬を迎える、まさにフルーツパラダイス。ミャンマーでこの時期に楽しめるフルーツの美味しさを、JTB現地スタッフがご案内しましょう。


  • ミャンマーの人がどのようなものを食べているかなかなか想像できませんよね?ミャンマー国民が大好きな鍋料理、そして我々日本人の口にも合った鍋料理が食べられるお店を今回はご紹介いたします!


  • ミャンマーのおやつはどんなものかなかなか想像できませんよね?今回はミャンマーの代表的なおやつであるラペソーをご紹介します。このラペソー、おやつとしてだけではなく、普通の食事にも出される一品です。どのようなものか気になった方は是非ご一読ください!


  • 海外での楽しみの一つといえばナイトマーケットですよね。今までチャイナタウンにあったナイトマーケットですが、交通渋滞の緩和するために2016年11月末に移転しました。新しくなったヤンゴンのナイトマーケットをご紹介します!


  • ミャンマーには大きく8つの部族、135もの民族が存在する多民族国家です。そのためその民族独自の料理が存在します。今回はヤンゴンでジワジワと人気が高まってきているミャンマー少数民族の料理が食べられるレストランをご紹介いたします。


  • ミャンマー料理と聞いてもいまいち想像がつかないかもしれません。けれどミャンマーは、いろいろな国と国境を接する他民族国家で、料理もそんなお国柄らしく、アジアのいろいろな味わいがミックスされたような一品が揃います。中でもミャンマー風のカレーや麺料理は、ミャンマーの国民食と言っても過言ではありません。日本人にとってはまだまだなじみの薄いミャンマー料理の魅力を、JTB現地スタッフがご案内しましょう!


  • ヤンゴンの人気レストランでミャンマー料理教室を開催しています。日本で手に入る材料が多いので、現地で本格的なミャンマー料理を覚えて、日本で再現するのも良いですよ!


  • ヤンゴンで大人気のサンデーブランチをご紹介!場所はノボテルヤンゴンマックス。子供向けのペイントサービスや、大人にはアルコール飲み放題など子供から大人まで大満足できるはずです!


  • 経済発展著しいミャンマーですが、お洒落なレストランがどんどん増えてきています。今回はヤンゴンのお洒落なレストランを2つご紹介いたします。


  • アンダマン海やベンガル湾に面した広い国土を持つミャンマーは、知る人ぞ知る美しい白砂のビーチの宝庫。近隣のタイやマレーシアにも負けてはいません!豊富な自然や、ローカルな雰囲気がたっぷり残っているのも嬉しいところ。国際級リゾートから庶民的な宿まで、居心地の良いホテルも充実してきました。


  • ヤンゴンでもお洒落なレストランやカフェが続々と誕生しています。今回はミャンマー料理が食べられる地元で人気のレストランとカフェを2件ご紹介いたします!


  • ヤンゴン発着の大人気ツアー"古都バゴーをのどかに日帰り観光"がリニューアル。古都バゴーの魅力をさらに詰め込みました。思わず「一緒に日本に帰ろう」と叫びたくなる映画「ビルマの竪琴」で有名なシュエターリャウン寝仏。約500名もの僧侶が食事をする風景が見られるチャカッワイン僧院。ミャンマー3大パゴダのシュエモードパゴダに蛇寺!?まで!見所満載です。


  • 2015年末、ヤンゴンにミャンマー最大のショッピングモール"ミャンマープラザ"がオープンしました!お洒落なブランド品、日本の電化製品、100円均一のようなお店、KFCなどファーストフードのお店など色々なお店がありますよ。ヤンゴンの最新スポットをご紹介!

もっと前の記事を表示

エリアから探す

地図から探す

記事タイプから選ぶ

旅のテーマから選ぶ

旅行スタイルから選ぶ

日付から選ぶ

国内旅行・海外旅行の予約はJTB